遊女のニュース

人妻の素人女性が「売春」をする「地獄」とは!? 知られざる江戸時代の性事情

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月09日18時00分

しかし、「遊女」に対する印象はどうだろうか? 多くの小説やマンガの題材になっていることからも、同じ「売春」という行為をしていながら、人々の遊女に対する興味や関心が大きいことが分かる。『江戸の売春』(永井義男/河出書房新社)は、江戸時代の「売春」事情について、遊女の最高位である「花魁」から、最下層である「夜鷹」まで、幅広く網羅した遊女大全である。 そもそも、 [全文を読む]

能の名曲「江口」名手を揃え上演 狂言は人間国宝・野村萬による「舟渡聟」【横浜能楽堂】

PR TIMES / 2017年05月01日12時58分

[画像1: https://prtimes.jp/i/14302/229/resize/d14302-229-172005-0.jpg ]紫綬褒章受章者で現代の能楽界を代表するシテ方の浅見真州らが出演能「江口」(観世流)[画像2: https://prtimes.jp/i/14302/229/resize/d14302-229-483545-1.jpg ] [全文を読む]

恋愛は究極の贅沢品? 江戸の男性が「遊郭」に惹かれた理由とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月05日06時30分

まず、客は「引手茶屋」という案内所で遊女の指名をする。それから、遊女と会う店に向かう。これは、「揚屋(あげや)」と呼ばれる料理屋の座敷だ。指名を受けた遊女は、生活の場である「置屋(おきや)」にてゆるりと支度をし、「道中(どうちゅう)」という行列を組んで、客のもとへ向かう。案内所から座敷までの移動、道中行列といった一見面倒なこれらの行為は、日常から非日常へ [全文を読む]

【江戸検合格講座・江戸の遊廓】花魁の語源は?多い客層は?

NEWSポストセブン / 2012年10月04日07時01分

吉原では格の高い遊女を「花魁」と呼んでいましたが、その語源といわれているのは、どれでしょう? (い)妹分の遊女たちが「おいらの姉さん」と呼んでいたのが縮まった (ろ)ベテランで年齢のいった「老いらく」の遊女だったから (は)ポルトガル語の「女神」を表わす言葉が訛った (に)オランダ語の「天国」を表わす言葉が訛った 【問2】遊里としても繁栄した宿場町の品川。 [全文を読む]

大阪・飛田新地「遊女の真実」(前)(1)タレント級の美女がワンサカ

アサ芸プラス / 2012年08月28日10時59分

著者の杉坂圭介氏は、10年間飛田料亭経営に携わったあと、現在スカウトマンとして活躍しており、同書では欲望と哀愁がむき出しに交差する、誰も知らなかった“遊女”たちの世界が驚愕のエピソードとともに語られている。 「隣接する阿倍野区の再開発、近代化が進む中、飛田は重要な岐路に立っています。廃止を求める声も出てくるでしょう。でも、男にも女にとっても、この街は必要で [全文を読む]

初の花魁役演じた安達祐実 ヌードシーンと濡れ場の心情語る

NEWSポストセブン / 2014年09月12日16時00分

11月8日公開の映画『花宵道中』で、主役の遊女・朝霧を演じ、初めてヌードに挑戦した安達祐実(32才)。初めての花魁の役に対し「濡れ場があっても今の私ならできるだろう」と向かっていった安達だが、初めての本読みでは豊島圭介監督から「上手すぎるから、むしろ下手にやってほしい」と言われたという。女優として30年ものキャリアを持つ安達が思いも寄らなかった監督からの指 [全文を読む]

大阪・飛田新地「遊女の真実」(後)(1)女の子に手を出して店が崩壊

アサ芸プラス / 2012年09月04日10時59分

【関連記事】 大阪・飛田新地「遊女の真実」(前)(1)タレント級の美女がワンサカ 大阪・飛田新地「遊女の真実」(前)(2)3年で借金3000万を完済 大阪・飛田新地「遊女の真実」(後)(2)最近は「夫公認」の人妻が増えた 大阪・飛田新地「遊女の真実」(後)(3)1年で3000万貢いだ子も 大阪・飛田新地「遊女の真実」(前)(3)「欲求不満妻」が親方を誘惑 [全文を読む]

大阪・飛田新地「遊女の真実」(前)(2)3年で借金3000万を完済

アサ芸プラス / 2012年08月29日10時59分

それで実際に看護師の資格を取って、今も病院で働いている子がいます」 【関連記事】 大阪・飛田新地「遊女の真実」(前)(1)タレント級の美女がワンサカ 大阪・飛田新地「遊女の真実」(後)(1)女の子に手を出して店が崩壊 大阪・飛田新地「遊女の真実」(後)(2)最近は「夫公認」の人妻が増えた 大阪・飛田新地「遊女の真実」(後)(3)1年で3000万貢いだ子も [全文を読む]

「近くにいるのに名乗れない」愛し合う2人の偶然の再会!のはずが……見て聞いて思い知った辛い現実 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2017年04月08日14時00分

川を彩る花の船、男を誘う遊女たちの一行 明石とのやりとりをした夕方、源氏は人目を気にせず逢いに行きたい衝動に駆られますが、多くのお供がいるのでそれも無理。くっついてきた貴族たちは、遊女たちを乗せた船に興味津々。作中でも遊女が出てくるシーンはここだけです。 きれいなお姉ちゃんに釘付けになっているお供をよそに、源氏は「中身のない相手と遊びの関係をもつのには全 [全文を読む]

超絶面白い映画!『幕末太陽傳』の尋常ならざるリアリティの理由【お江戸ルほーりーの時代劇、勝手に応援し隊 第五夜】

サライ.jp / 2017年03月15日17時00分

壁が土蔵の様なナマコ壁であることから土蔵相模と呼ばれた実在の遊女屋で、攘夷派志士の根城として長州藩の高杉晋作らが出入りしていたことでも有名である。『幕末太陽傳』の魅力はこういった史実に『居残り佐平次』『三枚起請』『品川心中』といった落語の世界が絶妙にミックスしたストーリーにある。予備知識がなくても楽しめるのは勿論、歴史に興味があれば更に味わい深くなるという [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】吉原の高級遊女「花魁」(おいらん)の語源は?江戸の遊郭雑学クイズ4問

サライ.jp / 2017年02月09日19時00分

しかし、華やかな吉原や花魁と聞いてその姿のイメージはできても、遊郭の様子や生活、そして吉原以外の遊女については知らないことが多いのではないでしょうか。クイズを通じて、彼女たちの一面を少しだけ見てみませんか?全4問です。さて、あなたは何問解けますか?【クイズ1】吉原に通うためにこの舟に乗るとき、揺れても舟べりにつかまらないのが通人とされた、高速が自慢のひとり [全文を読む]

日本とフランス、美容師の元祖って?

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

■日本の美容師の元祖は「髪結い」!では日本では、どのように美容師が誕生したのでしょうか? フランスをはじめとしたヨーロッパでは貴族以上の人々が流行を作りましたが、日本では役者や遊女といった低い身分にいた人々が流行を作っていたのです。江戸時代は特にそうでした。1790年の江戸の深川に住んでいた上方役者の山下金作という男性が最初の髪結い、つまり今で言う美容師を [全文を読む]

テリー伊藤対談「日南響子」(4)“死にたい”という願望はあったの?

アサ芸プラス / 2015年02月24日09時57分

日南 私は昔から「遊女」をモチーフにするのが好きで。いわゆる江戸時代の‥‥。小学生の時にも「金魚売りの恋人」という詩を書いていて、それも遊女の話だったんです。前世は遊女だったんじゃないかっていうぐらい。 テリー やっぱり特別な感受性があるんだね。でも遊女に魅かれるような感性を持っていると、例えば自殺したいとか、そういう願望はなかった? 日南 正直、めちゃ [全文を読む]

萌えとエロスと...、浅草にみる知られざる歌舞伎の原点

tocana / 2014年06月30日18時00分

後にこの踊りは、遊女に踊らせる「遊女歌舞伎」などに。ところが、この「遊女歌舞伎」は、1629年に幕府に禁令を出されてしまいます。遊女といえば、今で言えば性風俗関係者のようなもの。相当エロチックなショーだったので、禁止されるのは当然だったのかもしれません。 ですが、この禁止令を受け、女性がダメならば、「男性で」とばかりに、「若衆歌舞伎」が生み出されました。ま [全文を読む]

大胆な濡れ場に挑戦した日南響子ちゃんに直撃 「自由奔放なタイプなので・・・」

AOLニュース / 2013年07月19日17時05分

モデル、歌手、女優と活躍中の日南響子クンが大胆な濡れ場に挑戦した、スキャンダラスな時代劇『桜姫』が超絶公開中! 愛する男を追い、遊女にまで身を落とすヒロインの桜姫を演じた日南クン! 「同世代の女子に観てほしいです!」と同性のファンへ推奨した! 幕末の歌舞伎狂言作者・四世鶴屋南北の演目「桜姫東文章」に大胆なアレンジを加え、現代風にしたエンターテインメント! [全文を読む]

浅田舞「美バスト下部見せ衣装」公開で浮上した「残念な肉体変化」疑惑!

アサ芸プラス / 2017年06月06日09時59分

元フィギュアスケーターで浅田真央の姉である浅田舞が6月1日、舞台「煉獄に笑う」に遊女役で出演すると発表した。これは同名の漫画を舞台化したもので、戦国時代を舞台に絶大な力を持った大蛇を追い求めて武将たちが東奔西走するという物語。浅田は情報屋の遊女を演じる。 遊女役ということで、公開された舞台衣装は凝視するのが恥ずかしくなるほどの艶っぽさ。上衣の丈が短く、胸の [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】吉原遊びのガイドブックは何と呼ばれた?吉原遊郭に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年05月06日19時00分

その店を何と呼んだでしょう?(い)水茶屋(ろ)引手茶屋(は)編笠茶屋(に)芝居茶屋【クイズ4】吉原には「太夫」と呼ばれる最高級の遊女がいましたが、明和期(1764~72)に大きな変化があり、太夫は姿を消しました。では、これ以降もっとも格式が高いとされた遊女は、次のうちどれでしょう?(い)付廻(ろ)呼出(は)座敷持(に)部屋持以上、4問です。いかがでしょうか [全文を読む]

優香、ビジュアルの変化に厳しい声も...女優業では大きな武器に!?

メンズサイゾー / 2016年01月26日10時00分

「現在、優香さんはNHK木曜時代劇『ちかえもん』に出演中で、"年増"の遊女を演じています。このドラマは元禄時代に活躍した人形浄瑠璃作者の近松門左衛門が、傑作『曽根崎心中』を書き上げるまでを描いたもの。主人公の近松を演じるのは、自身も劇団を主宰する松尾スズキさん(53)で、彼を筆頭にかなり個性的なキャストがそろっている。時代劇とはいえ、『プレッシャーなんです [全文を読む]

もともと売春で栄えた地域なのに......三重県志摩市の海女「萌えキャラ」をめぐる不毛な論争

おたぽる / 2015年08月14日13時00分

その必然として、遊女は当たり前のように存在していたのである。戦前、鳥羽に在住していた岩田準一が著した『志摩のはしりがね』(国立国会図書館近代デジタルライブラリーで閲覧可能)には、明治の頃まで存在したこの地方独特の船遊女の生態について克明に記録されている。 志摩国にも鳥羽をはじめ、あちこちの小港に女郎がいて、これを"はしりがね"の総称をもって呼んでいた。 船 [全文を読む]

男性のアレがモチーフ? 節分の「恵方巻」驚きの起源とマーケティング戦略とは

しらべぇ / 2015年02月02日17時00分

船場の花街、当時の「風俗街」では、節分になると遊女たちに巻寿司を丸かじりさせることが流行。商人たちは、太巻き寿司を男性のアソコに見立て、女たちがそれにかぶりつくさまを楽しんだ。 恵方巻のルーツは、そんなセクハライベント。「巻き寿司を切らず一本丸ごと食べるのは『縁を切らない』という意味が込められている」などともっともらしいことが言われるが、その頃は、遊女[全文を読む]

フォーカス