贖罪のニュース

三上博史が激白!「現場では常に頭がおかしくなる」

Movie Walker / 2015年01月19日20時22分

三上博史主演のWOWOWの連続ドラマW「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」が1月24日(土)よりスタートする(毎週土曜22:00~)。このドラマの第1話の完成披露試写会が、1月19日にスペースFS汐留で開催された。 主演の三上、共演のとよた真帆、青山真治監督が舞台挨拶に登壇。三上は「役者をやらせてもらえて幸せですが、常に、いつ止めるんだろうということを考えてる。カチ [全文を読む]

高畑淳子、テレビ出演復帰に賛否両論の声 「豪邸売却だけでは違約金足りず?」の声も

おたぽる / 2016年12月21日19時00分

「高畑は、8月26日に開いた謝罪会見の場で『私の贖罪贖罪)だと思っている』と語った、主演舞台『雪まろげ』への出演だけは辞退せず、9月から今月4日までの全公演に出演したのですが、喜劇タッチの舞台だっただけに、観客からは、『あんな事件の後では心から楽しめなかった』という声も少なくなかったようです。また、事件発生当初は、高畑に同情する声は多かったものの、今回 [全文を読む]

放送禁止のお墨付き?注目V系バンドSynk;yetとは

dwango.jp news / 2015年02月26日11時19分

心に渦巻いた「罪と狂気」の理由を追求することが贖罪となるのなら…「罪と狂気」を表現するビジュアルメタル系バンドSynk;yetが、TSUTAYA O-WESTでワンマンを実施。事務所やレーベルのバックアップがあれば早い速度で成長していくが、バンド自身の活動だけでは脚光を集める術を得るのが難しいと言われるビジュアルシーン。その環境の中、Synk;yetは何の [全文を読む]

三上博史が視聴者にお願い!「まだやれると言って」

Smartザテレビジョン / 2015年01月20日12時27分

WOWOWプライムで1月24日(土)より放送スタートとなる連続ドラマW「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」の完成披露試写会が都内で行われ、主演の三上博史と、とよた真帆、青山真治監督が登壇した。 本ドラマは'09年に「さよならドビュッシー」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した中山七里原作の法廷ミステリー。三上は過去に重大な罪を犯した弁護士・御子柴礼司を、とよた [全文を読む]

藤田ニコルの矛盾。いじめ加害者へのネットリンチを心配「いじめた側の子たちが一生罪悪感を背負っていかなきゃいけなくなっちゃう」

messy / 2017年06月07日23時00分

しかしテリーの言葉を遮るように西川史子(46)が「いじめた側は、一生贖罪として残していかなきゃいけない。1人の人を死なせてしまったっていうのは絶対に受け止めて生きていかなきゃいけない」と割って入った。 一連の流れに違和感を覚えた視聴者たちがネットにコメントを投稿し、主に藤田ニコルとテリー伊藤の発言への疑問が多く上がっている。いじめが揉み消されそうになってい [全文を読む]

藤田ニコル、いじめ自殺した中3女子の加害者を心配 「ふざけるな!」と非難殺到

しらべぇ / 2017年06月05日17時00分

この意見に対して、西川史子(46)は「いじめた側っていうのは、一生贖罪として残していかなきゃいけない」と強く反論。加害者側のプライバシーや罪の意識の問題について激しい議論に。また、アンミカはこれまでの教育委員会の態度を批判。いじめを認めなかったことで「加害者の子たちの更生の機会も奪っている」と主張した。■ニコルに対し否定的な意見ニコル自身もかつていじめられ [全文を読む]

『リバース』テレビドラマ・TBS系4月14日(金)放送スタート! 原作:湊かなえ著『リバース』(講談社文庫)3月15日発売!

PR TIMES / 2017年03月15日10時35分

湊かなえ著『リバース』がついに文庫化! “イヤミスの女王”が描く友情×贖罪×美しき愛の物語。 ドラマ出演は、藤原竜也、戸田恵梨香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、小池徹平、三浦貴大、門脇麦、市原隼人、YOU、志賀廣太郎、片平なぎさ、武田鉄矢 ほか豪華キャスト! (あらすじ) [画像2: https://prtimes.jp/i/1719/1263/res [全文を読む]

薬物事件を起こした芸能人は復帰できない? 閉ざされる社会復帰と贖罪のあり方

ヘルスプレス / 2016年12月30日22時40分

2016年は有名人の薬物事件がマスコミや世間を騒がせた一年だった。特に師走のマスコミを騒がせたのは、歌手ASKA氏の再逮捕劇――。 11月28日、覚せい剤の使用容疑で再逮捕されたものの、12月19日に嫌疑不十分で釈放となった。警察は、尿から覚せい剤の陽性反応が出たとして逮捕したが、ASKA氏が<尿ではなくお茶にすりかえた>という主張を覆すができなかった。 [全文を読む]

関東連合元リーダーが明かす「私が接触した“酒鬼薔薇聖斗”の正体」(3)“隙間”の役割を果たしたい

アサ芸プラス / 2016年11月02日05時53分

犯罪者は一生「贖罪」を背負わなければならない。私自身、何かが起こるたびに自身の「業」に気付き、その重さに押しつぶされそうにさえなる。それでも消せないから「贖罪」なのだ。 A氏がその後私から「逃亡」したことで、私の「絶歌」はいわば未完成となった。批判こそ次の表現の始まり。私は彼からの連絡を待ち続けている。■柴田大輔(ノンフィクション作家):ペンネーム・工藤明 [全文を読む]

高島礼子と高畑淳子 犯罪者と暮らした“禁”行状「特捜最前線」(2)親子で一緒になって…

アサ芸プラス / 2016年09月10日17時57分

はっきり言ってバカ母です」 9月1日、高畑は、みずから「贖罪」と呼ぶ24日から開幕の舞台「雪まろげ」の稽古を本格化。主役として、舞台に泥を塗ったことを共演者たちに謝罪した。「『贖罪』とは被害者に誠心誠意向き合うことに使う重い言葉です。息子の成長過程に溺愛が影響を及ぼしたと思っているので使ったのでしょうが、舞台を続けることとは違います。本末転倒です」(前出・ [全文を読む]

宮崎氏は、地域で奉仕を 「育休」議員の贖罪 その2

Japan In-depth / 2016年02月17日12時35分

岩田太郎(在米ジャーナリスト)「岩田太郎のアメリカどんつき通信」不倫を認めて辞職を表明した宮崎謙介衆院議員(35)には、中1リンチ殺人事件が起こった川崎市で、子供たちに安全な場所や食事を提供する「子供食堂」を私財で経営させ、切迫流産の危機を乗り越えて2月5日に生まれたばかりの長男「謙二君(仮の呼び名)」に対する罪滅ぼしをさせる。「謙二君」を育てながら、地域 [全文を読む]

宮崎氏は、貧困地区で子供食堂経営を 「育休」議員の贖罪 その1

Japan In-depth / 2016年02月17日12時34分

岩田太郎(在米ジャーナリスト)「岩田太郎のアメリカどんつき通信」イクメン国会議員として高らかに育休宣言した自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が、結婚後の複数女性との不倫を認め、議員辞職を表明した。長男を出産したばかりの妻・金子恵美衆院議員(37)に対しては、離婚を勧める声がネットを中心に高まっている。人生そのものがパフォーマンスで、誠意のかけらもないゲス男は [全文を読む]

dTVが「下町ロケット」など話題のドラマを配信!

Smartザテレビジョン / 2015年11月14日00時06分

15日(日)に追加となるタイトルは、中小企業が大企業に抗い奮闘する様子を描いた池井戸潤の直木賞受賞小説を映像化した「下町ロケット」('11年)や、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を登場する5人の女性の視点でそれぞれ描き、ヴェネチア国際映画祭で上映された「贖罪(しょくざい)」('12年)のほか、「レディ・ジョーカー」('13年)など、国内外で定評のある全14作 [全文を読む]

安倍首相が「日本の美」懇談会座長に据えた津川雅彦の“ネトウヨ脳“がスゴい! 徴兵制復活、「東北は贖罪適格者」発言も

リテラ / 2015年10月15日08時00分

朝日新聞のような大新聞から、ノーベル賞を取った大江健三郎までが、自虐史観丸出しの道化師的ナルシズムで、中国や韓国に媚びる」「日本男子である限り、誇りを傷つける売国文化人や国益を損じる政治家、左翼化したテレビ、さらに自虐史観で子供たちを蝕む日教組、彼らへのまっとうな小言は言い続けたい」(すべて「週刊プレイボーイ」(集英社)/13年1月14日号)「安倍憎しと! [全文を読む]

元少年AがHP公開 教祖と化し信者続出する可能性との分析も

NEWSポストセブン / 2015年09月12日07時00分

そこにアクセスすると、贖罪意識のかけらもない自己紹介文と全裸も含める数々の写真が掲載されていた。このような少年Aの行動に対して、犯罪心理学者の矢幡洋氏に分析を依頼した。 * * * この手紙に書かれているのは、表現者として自分が表舞台に出たいという願望のみです。Aには罪悪感や贖罪意識というものがまるでない。 自分を“異端者”と表現しており、あくまでも共同体 [全文を読む]

三上博史、「30代のころ役者を辞めようと思っていた」

Movie Walker / 2015年01月23日11時56分

「交渉人」(03)や「パンドラ」(08)、「下町ロケット」(11)、「震える牛」(13)と、過去7本のWOWOWドラマに出演経験のある三上博史が、1月24日(土)よりスタートするWOWOW連続ドラマW「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」に主演。過去に殺人を犯したことがある弁護士・御子柴礼司を熱演した彼に、ドラマへの意気込みを聞いた。 WOWOW連続ドラマWに再び戻っ [全文を読む]

ASKA「家族で墓参りに…」実父明かした“贖罪”の帰省

WEB女性自身 / 2015年01月22日06時00分

ASKA(56)の逮捕から8カ月。福岡に住む元自衛官の父・Kさん(84)は一時期に比べると、元気を取り戻しつつあるようだった。昨年夏ごろには、千葉県内の病院で薬物依存治療中の息子と面会していたKさんだが、実は最近もASKAと会っていたというのだ。「私もね…、このところずっとあれ(息子)とは、話してないんですけどね。年末に、私の実家の墓参りを、息子たちと一緒 [全文を読む]

小出恵介、倉科カナ、千葉雄大らが「天使のナイフ」に出演決定!

Smartザテレビジョン / 2014年12月17日08時00分

被害者と加害者、両者の視点から“真の更生”“贖罪”について問うミステリー小説がドラマ化される。 小出は、妻を少年たちに殺害された主人公・桧山役。愛する人を奪われる悲しみに加え、少年法の壁に苦しめられる役どころに「自分の見解はともかく、正誤を判断し難い『法律』というものを照らす作品に関わることは初めてなので、とても楽しみにしています。少年法、少年犯罪、援助交 [全文を読む]

こんなドンゴンみたことない!? 映画「泣く男」スペシャルシュート解禁!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年10月12日07時30分

贖罪と任務に挟まれ、心の葛藤に揺れ動く<ぶれる男>。演じたのは韓国のトップ俳優チャン・ドンゴン、本作で新たな境地に足を踏み入れ、俳優としてもまさに脂がのった、今までにない魅力をみせつけている。そんなドンゴンのスペシャル写真が到着!ポスタービジュアルとは異なり、鍛えた上半身を真正面から見せるドンゴン。膝の上でクロスさせた指は、<贖罪>の祈りをささげていかのよ [全文を読む]

【2104春HOPE美女】『悪夢ちゃん』出演で話題の13歳の天使すぎる美少女・木村葉月

週プレNEWS / 2014年05月18日11時00分

12年に放送された連続ドラマ『贖罪(しょくざい)』で女優デビューを果たした13歳、今春で中学2年生になったばかりの葉月ちゃんはキラキラオーラが全開!! 「4歳で芸能界に入って、最近は念願の演技のお仕事もできてうれしいです。『悪夢ちゃん』の撮影現場は同年代のコがいっぱいいて、学校みたいですごく楽しかった」 13歳にして落ち着いた雰囲気で話す彼女の、リアルな学 [全文を読む]

フォーカス