贖罪のニュース

田中麗奈が涙「お別れするのは寂しい」「幸せな2ヶ月間」

モデルプレス / 2017年03月25日08時00分

贖罪の日々を送る葉子からは、もはや悪魔の心は消え去ったと思われた。しかし彼女は自分の罪の償いとして、ある恐ろしい計画を進めていた…。と、最後まで普通には終わらない、『真昼の悪魔』の醍醐味を見せている。 ◆田中麗奈らが見どころを語る 最終回に向けての見どころを中村は、「見てくださっている方の今までのもやもやが、きっとすっきりすると思います。でも、最終回だから [全文を読む]

三上博史が激白!「現場では常に頭がおかしくなる」

Movie Walker / 2015年01月19日20時22分

三上博史主演のWOWOWの連続ドラマW「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」が1月24日(土)よりスタートする(毎週土曜22:00~)。このドラマの第1話の完成披露試写会が、1月19日にスペースFS汐留で開催された。 主演の三上、共演のとよた真帆、青山真治監督が舞台挨拶に登壇。三上は「役者をやらせてもらえて幸せですが、常に、いつ止めるんだろうということを考えてる。カチ [全文を読む]

高畑淳子、テレビ出演復帰に賛否両論の声 「豪邸売却だけでは違約金足りず?」の声も

おたぽる / 2016年12月21日19時00分

「高畑は、8月26日に開いた謝罪会見の場で『私の贖罪贖罪)だと思っている』と語った、主演舞台『雪まろげ』への出演だけは辞退せず、9月から今月4日までの全公演に出演したのですが、喜劇タッチの舞台だっただけに、観客からは、『あんな事件の後では心から楽しめなかった』という声も少なくなかったようです。また、事件発生当初は、高畑に同情する声は多かったものの、今回 [全文を読む]

放送禁止のお墨付き?注目V系バンドSynk;yetとは

dwango.jp news / 2015年02月26日11時19分

心に渦巻いた「罪と狂気」の理由を追求することが贖罪となるのなら…「罪と狂気」を表現するビジュアルメタル系バンドSynk;yetが、TSUTAYA O-WESTでワンマンを実施。事務所やレーベルのバックアップがあれば早い速度で成長していくが、バンド自身の活動だけでは脚光を集める術を得るのが難しいと言われるビジュアルシーン。その環境の中、Synk;yetは何の [全文を読む]

三上博史が視聴者にお願い!「まだやれると言って」

Smartザテレビジョン / 2015年01月20日12時27分

WOWOWプライムで1月24日(土)より放送スタートとなる連続ドラマW「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」の完成披露試写会が都内で行われ、主演の三上博史と、とよた真帆、青山真治監督が登壇した。 本ドラマは'09年に「さよならドビュッシー」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した中山七里原作の法廷ミステリー。三上は過去に重大な罪を犯した弁護士・御子柴礼司を、とよた [全文を読む]

出頭した美穂子(戸田恵梨香)、深瀬(藤原竜也)に最後の告白 もう一人の犯人…?「リバース」<第9話あらすじ>

モデルプレス / 2017年06月09日10時00分

◆友情、贖罪、そして美しき愛のミステリー 原作は今年デビュー10周年を迎え、数々の賞に輝いた人気ベストセラー作家・湊かなえ氏の同名小説。彼女の作品は女性が主人公の物語が多いが、本作では男性が主人公。“イヤミス(=読んで嫌な気分になるミステリー)の女王”が描く友情、贖罪、美しき愛の物語で、ミステリーとともにそれぞれの人間模様が描かれる。 主人公・深瀬和久を演 [全文を読む]

藤田ニコルの矛盾。いじめ加害者へのネットリンチを心配「いじめた側の子たちが一生罪悪感を背負っていかなきゃいけなくなっちゃう」

messy / 2017年06月07日23時00分

しかしテリーの言葉を遮るように西川史子(46)が「いじめた側は、一生贖罪として残していかなきゃいけない。1人の人を死なせてしまったっていうのは絶対に受け止めて生きていかなきゃいけない」と割って入った。 一連の流れに違和感を覚えた視聴者たちがネットにコメントを投稿し、主に藤田ニコルとテリー伊藤の発言への疑問が多く上がっている。いじめが揉み消されそうになってい [全文を読む]

藤田ニコル、いじめ自殺した中3女子の加害者を心配 「ふざけるな!」と非難殺到

しらべぇ / 2017年06月05日17時00分

この意見に対して、西川史子(46)は「いじめた側っていうのは、一生贖罪として残していかなきゃいけない」と強く反論。加害者側のプライバシーや罪の意識の問題について激しい議論に。また、アンミカはこれまでの教育委員会の態度を批判。いじめを認めなかったことで「加害者の子たちの更生の機会も奪っている」と主張した。■ニコルに対し否定的な意見ニコル自身もかつていじめられ [全文を読む]

美穂子(戸田恵梨香)、復讐劇の真の目的は?深瀬(藤原竜也)偽りの運命に愕然…「リバース」<第8話あらすじ>

モデルプレス / 2017年06月02日10時00分

◆友情、贖罪、そして美しき愛のミステリー 原作は今年デビュー10周年を迎え、数々の賞に輝いた人気ベストセラー作家・湊かなえ氏の同名小説。彼女の作品は女性が主人公の物語が多いが、本作では男性が主人公。“イヤミス(=読んで嫌な気分になるミステリー)の女王”が描く友情、贖罪、美しき愛の物語で、ミステリーとともにそれぞれの人間模様が描かれる。 主人公・深瀬和久を演 [全文を読む]

「リバース」告発犯の正体発覚?深瀬(藤原竜也)が辿り着いた残酷な真実とは…<第7話あらすじ>

モデルプレス / 2017年05月26日10時00分

◆友情、贖罪、そして美しき愛のミステリー 原作は今年デビュー10周年を迎え、数々の賞に輝いた人気ベストセラー作家・湊かなえ氏の同名小説。彼女の作品は女性が主人公の物語が多いが、本作では男性が主人公。“イヤミス(=読んで嫌な気分になるミステリー)の女王”が描く友情、贖罪、美しき愛の物語で、ミステリーとともにそれぞれの人間模様が描かれる。 主人公・深瀬和久を演 [全文を読む]

フォーカス