鳥羽水族館のニュース

【訃報】6年間絶食のダイオウクゾクムシがついに逝去。

秒刊SUNDAY / 2014年02月14日20時40分

鳥羽水族館で人気となっていたダイオウクゾクムシNO1が、2月14日なくなったと発表された。NO1は6年間絶食中として各種メディアでも話題となっていたが、なぜ絶食しているのかは明らかになっておらず体調が心配されていた。ほんとうに残念だが、我々に生命の神秘を伝えてくれたNO1に敬意を評したい。 【広報】ダイオウグソクムシNO.1が残念ながら死亡いたしました。こ [全文を読む]

超お得!「伊勢神宮参拝きっぷ」を使って伊勢志摩を満喫してみた

Woman Insight / 2017年01月06日18時30分

夫婦岩が有名な二見興玉神社神社や、鳥羽には飼育種類数日本一の鳥羽水族館、スペインの街並みを再現したテーマパークの志摩スペイン村、TVなどでもよく取り上げられている真珠の取り出し体験ができる賢島などなど、見所たくさん! 伊勢神宮参拝きっぷではバスや近鉄電車の乗り放題区間で、上記の伊勢志摩の有名な観光スポットが全部網羅できちゃうんです♪ 伊勢うどん。麺が太い [全文を読む]

【ドライブで行く】三重の人気観光スポット~話題の水族館から古の熊野古道まで!~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年06月23日09時00分

・アクセス 東名阪自動車道四日市IC→国道477号線 ・営業日 冬季(例年12月~4月初旬) ※閉鎖期間あり ・営業時間 24時間通行可(無料) ・駐車場 旧料金所約60台 武平駐車場(武平峠展望所)30台など ・住所 三重県三重郡菰野町 ・URL 菰野町観光協会 http://www.kanko-komono.com/ 鳥羽水族館(三重県鳥羽市) 「鳥 [全文を読む]

【訃報】6年間絶食していない「ダイオウグソクムシ」No.17が死去。

秒刊SUNDAY / 2014年01月25日15時11分

鳥羽水族館の公式ツイッターアカウントによると、人気節足動物「ダイオウグソクムシ」(No.17)が23日に死亡していることが判った。死因は解剖したがわからないという。また、6年間絶食中の「No.1」についてはまだ死んだという報告はないので生存中のようだ。なぜ6年間全く食べないダイオウグソクムシが生き延び、普通に食生活をおくっている「No.17」が死んでしまっ [全文を読む]

【訃報】4ヶ月間絶食のダイオウグソクムシ『9号たん』死去

秒刊SUNDAY / 2013年06月03日21時46分

鳥羽水族館の人気生物「ダイオウグソクムシ」が死亡していることが判った。この水族館では5年間絶食中の「No1」も生息していることが話題だが、その仲間である「No9」が4ヶ月間絶食の末息絶えた。死亡原因は餓死ではなく、体調を崩していたとのことで数ヶ月前に足を怪我していたのが原因ではないかと言われている。5年間絶食中のNo.1はまだ健在のようだ。 (画像)htt [全文を読む]

真珠に人魚伝説…伊勢~鳥羽エリアのおすすめスポット

Walkerplus / 2016年06月06日15時30分

鳥羽水族館 日本最多の約1200種、3万点もの生きものを飼育する海辺のアクアリウム。日本で唯一飼育されているジュゴンなどの人気者から、珍しい生きものまで展示している。今年4月には「セイウチ-アシカ類の繁殖-親子水槽」が完成し、親子が泳ぐ姿を見られる。 鳥羽水族館で一番の人気者なのが人魚伝説のモデルになったと言われるジュゴンの「セレナ」。現在は生息数が [全文を読む]

横浜・八景島シーパラダイス 関東で唯一の展示!! 白と黒の体色をしたパンダみたいなイルカ「イロワケイルカ」がやってくる!!2016年6月10日(金)展示スタート

PR TIMES / 2016年05月30日11時21分

「イロワケイルカ」の中長期的な繁殖を目指し、 『仙台うみの杜水族館』『鳥羽水族館』と連携へ「海」、「島」、「生きもの」の魅力を楽しめる日本最大級の水族館『横浜・八景島シーパラダイス』では、白と黒の鮮やかな体色が特徴の「イロワケイルカ」を2016年6月10日(金)より展示いたします。[画像1: http://prtimes.jp/i/11571/96/res [全文を読む]

夏の1週間限定!鳥羽水族館でナイト営業

Walkerplus / 2017年06月07日22時24分

三重県にある鳥羽水族館では、2017年8月1日(火)から8月7日(月)までの1週間限定で「ナイト営業」が行われる。日本で唯一ジュゴンが飼育されている水族館としても有名な鳥羽水族館。実は、約1200種類もの生き物を飼育する飼育種類日本一の水族館でもある。 期間中は、通常営業とは別に照明が切り換えられ、昼間とは異なる落ち着いた雰囲気を楽しめる。さらに、3頭のア [全文を読む]

重さ2.3キロ!巨大イセエビが鳥羽水族館に

Jタウンネット / 2017年05月13日07時16分

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2017年5月2日放送の「けさの徳ダネ!」のコーナーでは、鳥羽水族館に運ばれた巨大イセエビについて紹介されていました。 鳥羽水族館(Miyuki Meinakaさん撮影、Wikimedia Commonsより) 4月21日に志摩市で捕獲された巨大イセエビが、鳥羽水族館で展示されています。志摩市で漁業を営む男性の網にかかり、水族館 [全文を読む]

鳥羽水族館の飼育係や職員がフェイスペインターに!?

PR TIMES / 2016年03月18日11時51分

~地域活性化「ご当地ペインター育成プロジェクト」を鳥羽水族館が導入~「しくみとしかけをデザイン」をコンセプトに事業や商品のプロデュースを行う株式会社POOL(東京都大田区/代表 中村友哉)は同社が発売し、昨年120万本以上の出荷を記録し国内トップシェアとなった「国産ボディペイント用絵具ミラクルペイントを活用した全国地域活性化プロジェクト」として、地元フェイ [全文を読む]

眺めるだけじゃない! 水族館の楽しみ方

マイナビ進学U17 / 2015年10月02日12時25分

三重県の鳥羽水族館で2009年から5年もの間絶食の日々を続けていたダイオウグソクムシ(通称「1号たん」)。なんとか1号たんの食事の瞬間を捉えようと、当時の飼育員が動画配信を開始。なぜ食事を摂らなくても生きていられるのか、そもそも、ダイオウグソクムシってどんな生活をしているのか。謎が謎を呼び、1号たんは大人気に。しかし、残念ながら絶食6年目に謎を残したまま死 [全文を読む]

鳥羽水族館の水中入社式 観客や魚に祝福されながら辞令受取

NEWSポストセブン / 2015年04月06日16時00分

そんな新入社員を温かいサービス精神で迎えたユニークな入社式のひとつが、鳥羽水族館(三重県・鳥羽市)で行なわれた。 今年で開館60周年を迎える鳥羽水族館実施された“水中入社式”が行なわれた。「水族館らしい入社式で」との発案から始まったもので、今年で9回目。新入社員4人のうち2人が水量約800トンの水槽にスーツ姿で潜った。 「一生の思い出に残る体験だった」と [全文を読む]

伊勢志摩観光すべてが網羅できるレジャーパス付きキップ発売中

NEWSポストセブン / 2014年07月28日07時00分

「『志摩スペイン村パルケエスパーニャ』や、『鳥羽水族館』もこの1枚で入ることができます」 伊勢神宮を参拝し、志摩スペイン村で遊び、鳥羽湾めぐり&イルカ島の観光船に乗って、鳥羽水族館と『ミキモト真珠島』に行けば、大人1人1万600円、子供1人6250円もお得になる計算に。発売は2014年12月26日まで。 【伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート“まわりゃんせ [全文を読む]

ダイオウグソクムシ・ブームに乗った!? “グソドル“原田真緒の戦略とグソクへの愛

おたぽる / 2014年06月21日13時00分

――ダイオウグソクムシは、いつから好きになったのですか?原田 三重県の鳥羽水族館にいた"1号たん"が、5年ほど絶食しているというネットのニュースを見て、ダイオウグソクムシを知りました。その後、3月29日のニコニコ生放送で、本当に食べないのかというのを48時間観察する生放送があったんです。鳥羽水族館の水槽をただ眺める放送だったのですが、それを観ていたらめちゃ [全文を読む]

「ニコニコ超会議3」でダイオウグソクムシ「1号たん」実物大模型を展示、カルトクイズ優勝者に贈呈

インターネットコム / 2014年04月22日19時30分

模型の元になる 3D データは、鳥羽水族館で飼育されていた個体 NO.1、通称「1号たん」を実際に 3D スキャナで解析したもの。同イベントは、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で4月26日と27日に開催される。 ダイオウグソクムシは、ダンゴムシやフナムシの仲間。メキシコ湾や西大西洋周辺の深さ 200m から 1,000m の海底に生息し、堆積する有機物や落 [全文を読む]

ITライフハックに期待の超新星現る! 新米記者がニコニコ超会議3の発表会に行ってみた

ITライフハック / 2014年04月09日15時30分

さて、鳥羽水族館の「ダイオウグソクムシ」をご存じだろうか。ニコニコ生放送やニコニコニュースなど、さまざまな場所で話題になっていた。丸五年もの間餌を食べず、ついに死んでしまったのが今年の2月19日のこと。生放送中では「1号たん」と呼ばれ、親しまれていた。「超ダイオウグソクムシブース」では、その1号たんが3Dプリンタで出力されたり、iPhoneケースになって帰 [全文を読む]

ニコニコ超会議3にも登場! ネットで大人気のダイオウグソクムシって?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月26日11時30分

さらに、先月死んでしまった鳥羽水族館のダイオウグソクムシ「1号たん」ことNo.1を3Dプリンタで再現した復活祭も行われる。そんなダイオウグソクムシだが、どんな生物なのかいまいちわからないという人もいるはず。そこで、3月10日に発売された『深海生物の奇妙な生態』(深海生物研究会/宝島社)から、ダイオウグソクムシについて見てみよう。 関連情報を含む記事はこちら [全文を読む]

「ウチのダイオウグソクムシは“食べますよ”」-- 新江ノ島水族館の“食欲旺盛”なグソクたん、8月23日『ニコ生』登場!

えん食べ / 2013年08月19日19時20分

これまでの生中継では、絶食生活が5年目に突入した「NO.1(通称:1号たん)」とその仲間たちの様子が、鳥羽水族館から約190時間にわたって配信されました。 生中継で注目されるのは「グソクたんがゴハンを食べるのかどうか」という点。しかし残念ながら、その“捕食シーン”が映されたことは一度もありません。…でしたが!…なんと今回!「新江ノ島水族館で飼育されている『 [全文を読む]

「No.9は本当に皆さんに愛されていた」-- “絶食”中に死亡したダイオウグソクムシ「9号たん」に悲しみの声多数 ニコ生で追悼番組も

えん食べ / 2013年06月07日19時10分

「No.9 は本当に皆さんに愛されていたダイオウグソクムシだったと思います」(鳥羽水族館)―― ニコニコ生放送などで人気だった、鳥羽水族館のダイオウグソクムシ「No.9(9号たん)」が6月3日までに死亡したことで、ネット上ではショックと悲しみの声が多数あがっています。No.9 は「絶食中」と伝えられていましたが、直接の死因は不明とのこと。 2013年1月2 [全文を読む]

「沖縄美ら海水族館」にフチ子さんが降臨!GWのお土産にピッタリな「PUTITTO」シリーズ

えんウチ / 2017年04月29日08時00分

これまで大阪「NIFREL」、三重「鳥羽水族館」、東京「サンシャイン水族館」とコラボしてきた「PUTITTO MUSEUM SERIES」。今回は、年間入館者数300万人以上を誇る日本最大の水族館「沖縄美ら海水族館」の生き物たちが、コップにかけられるミニフィギュアになって登場する。 ラインナップは7種類。フチ子さんは「メガネモチノウオ」を抱えたシュノーケ [全文を読む]

フォーカス