暗室のニュース

村田製作所、車載機器用の電波暗室を新設してEMCサポートを強化

clicccar / 2016年02月10日14時33分

電子部品メーカーの村田製作所は、車載機器用の電波暗室を同社横浜事業所に新設し、EMC評価サポートを開始することを発表しました。 EMCとは、Electro Magnetic Compatibilityの略で、電子機器が電磁波による障害を受けない特性を持っていることを意味します。 近年の自動車には多数の電子機器が備えられていますが、一方自動車にはスパークプラ [全文を読む]

OKI、試験受託サービス事業拠点「本庄テクノセンタ」を開設

JCN Newswire / 2012年09月03日11時44分

このたびOEGでは、電波暗室※5、シールドルーム※6、恒温恒湿室などを完備した「本庄テクノセンタ」を開設することにより、車載向けのEMC試験を行う車載電波暗室とシールドルームが、ともに従来の1室から2室になります。新設のシールドルームは既存設備に比べ、内容積比で約2倍と大型のため、広い試験スペースが必要なLED照明機器のエミッション試験※7や、電子回路基板 [全文を読む]

関西初「EMI対策」雑音端子電圧ノイズ成分を切り分ける検証サービス開始

@Press / 2016年10月14日10時30分

株式会社Wave Technology(所在地:兵庫県川西市、代表者:石川 高英)は、簡易電波暗室を用いた『EMI対策検証サービス』を2016年11月に開始します。雑音端子電圧の測定に使用する電源インピーダンス安定化回路網(LISN:Line Impedance Stabilization Network)には、ディファレンシャルモードノイズとコモンモード [全文を読む]

写真家板谷麗の壮大な世界観。10月2日よりROCKETで個展開催

NeoL / 2015年09月27日23時21分

初個展となる本展では、「暗室から宇宙へ」をテーマに、未発表の新作をはじめ、これまでに撮りためた作品を展示する。 「この場所を、どの単位で考えるのか。」 自身のいる暗室から宇宙までを、くるくるとつなげて考えることは、彼女にとって自分と外の世界をつなげる手段。 家族との家、住んでいる町、東京、日本、アジア、地球、太陽系、銀河系…。 カテゴライズされる枠とそれ [全文を読む]

BOOK LAUNCH ARTIST TALK & DEMONSTLATION | AM PROJECTS「ABSTRACTS」

NeoL / 2015年06月18日18時43分

アントニー・ケアンズ(Antony Cairns)は、撮影技術と暗室技術の二つを実験的に使用して夜のロンドンの風景から抽象的なイメージを作り出した。35mmスライドを使用し露出過度で反転させて再び現像することで、アルミニウムの表面上にこだまするような都市の断片を作り上げている。 ティアン・ドアン・ナ・チャンパサック(Tiane Doan na Champ [全文を読む]

OKI、「カーエレクトロニクス テストラボ」開設

PR TIMES / 2017年04月20日16時34分

新設の「カーエレクトロニクス テストラボ」は、車載電子機器・装置専用の電波暗室4室と電磁波を持続的に反射反響させるための電磁波攪拌装置を設置して、多方向からの電磁波耐性試験が可能なリバブレーションチャンバー(注3)など、EMC試験設備、熱衝撃や泥水・塩水に対する耐性評価を行うアイスウォーター衝撃試験や、冬季の道路使用環境を模擬した塩水複合サイクル試験などの [全文を読む]

往年の名品が復刻!BLACKWINGの鉛筆が使ってみたくなる!

&GP / 2016年11月14日19時00分

■新モデルは暗室をイメージ!写真家ドロシア・ラングへのオマージュ 「PALOMINO」ブランドの一つとしての再スタートしたブラックウィングは、書き味だけでなくそのデザイン性の高さから、2015年からはニューヨークのMoMAショップでも販売されている。復刻に際して、SOFT(4B程度)、FIRM(B程度)、BALANCE(2B程度)、EXTRA - FIR [全文を読む]

島津製作所が燃料電池内部を探る「FC-3Dモニタ FCM-3D-Oxy」を展示【人とくるまのテクノロジー展】

clicccar / 2016年05月29日14時33分

3.設置面積1m×1mで導入しやすい一体型ユニット 従来製品は暗室で使用する必要がありましたが、本製品は、制御部と本体部を一体化して設置面積1m×1mの単一ユニットに収納。暗室が不要で、研究開発現場への導入が容易。 (山内 博・画像:島津製作所) [全文を読む]

まるでフィルムカメラ!モニタがないライカの最新デジタル

&GP / 2016年05月09日20時00分

通常の写真のファイル形式であるJPEGをカメラ内で生成してくれないので、フィルム時代に撮影後に暗室にこもったように、このライカで撮った後には、デジタル暗室にこもる ─専用ソフトで1枚1枚丁寧に時間をかけて画像処理をする……こととなるが、ライカを手にするような人であればむしろ「望むところ」だろうか。価格は87万4800円。 (文/&GP編集部) [全文を読む]

OKI、EMC試験受託サービス事業を拡大

PR TIMES / 2016年03月28日10時59分

「第二EMCセンター」は、OEGで2基目となる10m法電波暗室(注3)と 製品安全試験室を備えています。新しい10m法電波暗室には、給排水設備、排気設備、耐荷重3tまで可能な5mのターンテーブルが整備されています。これ らの設備により給排水が必要な歯科診療台、耳鼻吸引器、超音波エコー診断装置などの医療機器、排気が必要なハイブリッド車用の車載機器、大型ターン [全文を読む]

モノクロプリント用インクジェットメディア「イルフォードギャラリープレステージゴールドモノシルク」発売

@Press / 2013年03月01日13時30分

ジェットグラフ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新藤 桂市)は、暗室で作成された伝統的な銀塩バライタペーパーを彷彿とさせるモノクロ用インクジェットメディア「イルフォードギャラリープレステージゴールドモノシルク」を2013年3月1日より日本で販売開始いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。http://www.ilford-jetgrap [全文を読む]

OKI、大型LED等の照明器具向け「配光性評価サービス」を提供開始

JCN Newswire / 2012年12月13日12時39分

OEGはこのたび、奥行き15mの光特性評価用暗室および大型配光測定システムを新たに設置し、最大1.2mの直管形LEDランプに関して、JIS規格(JIS C 8105-5)に基づく配光測定を可能としました。これにより、今年6月にスタートした業界最大級の積分球による全光束測定サービスと併せて、さらに充実した光学特性評価サービスを提供していきます。今後、OEGは [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 池谷俊一 捨診界典 「~KAOSとは半過去と暗室からのメッセージ~」 期間:2012年3月8日(木)~3月14日(水)

PR TIMES / 2012年03月05日10時29分

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)http://www.aidem.co.jp/が運営するフォトギャラリー[シリウス]http://www.photo-sirius.net/は、池谷俊一 捨診界典 「~KAOSとは半過去と暗室からのメッセージ~」を3月8日(木)~3月14日(水)に開催いたします。 ■写真展案内 人間 [全文を読む]

トヨタのお膝元で車載機器の適合評価を実施。米・UL社が試験施設を開設

clicccar / 2017年06月03日07時03分

2ヶ月ほど前に完成した「ATC」の真新しい2階建ての「ATC」社屋内部には、電子機器などの内部や外部から放出される電磁波の影響で誤作動を起こさないかを判定するEMC(電磁両立性)試験が行える電波暗室(6部屋)や、シールドルーム(2部屋)が設けられており、車載機器の電波・電磁性能検証が可能になっています。 近年、HVやPHV、EV、FCVといった電動車両の [全文を読む]

BenQ、アイケア技術を搭載した23.8型/28型フルHD液晶

価格.com 新製品ニュース / 2017年06月01日13時05分

なお、「GW2470ML」のブルーライト軽減機能は、4つのユーザーシナリオモード(標準/エンターテインメント/オフィス/暗室モード)に対応した「ブルーライト軽減Plus(プラス)」を搭載する。 ■23.8型モデル「GW2470ML」 画面の色が薄くなる、従来のVAパネルを改善したAMVA+パネルを搭載。上下左右178度の広視野角と3000:1のコントラス [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 山田喜藏 写真展 「彩水の変(さいすいか)」期間:2017年6月1日(木)~6月7日(水)

PR TIMES / 2017年05月29日10時00分

撮り始めは被写体を定めずあれもこれも撮影し、自家製の暗室でモノクロフィルム現像と プリントの焼き付けを自己流で行っていました。 印画紙に焼き付けた後、現像液に浸しながら画像が現れるか否か、一瞬の緊張と楽しみ 感動もありました。 後に、被写体は風景へと移行、昼夜を問わず四季を追っかけ多方面へ出かけました。 そして、霊峰富士に出会い刻々と変化する幻想的な魅力 [全文を読む]

気品さと厳格さが魅力!Jeanloup Sieff写真展「Fashion Portrait」を開催【Art Gallery M84】

ITライフハック / 2017年05月26日17時00分

突然の訃報から10年後、夫人のバルバラを中心に未発表作品の見直しが行われ、これらの作品は、作家と共に歩んだ名プリンター「イブ・ブレガン」により伝説の暗室で蘇った。今回は、G.I.Pコレクションの中からジャンルー・シーフのその蘇ったFashion Portrait作品、約30点を展示する。非常に希少性の高いゼラチンシルバープリントによるモノクローム作品だ。 [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 池谷俊一研東京展「激変するカメラ文明に反射した写真展の現状」 期間:2017年5月25日(木)~5月31日(水)

PR TIMES / 2017年05月22日10時00分

自宅プリンター作品からモノクロ暗室手焼き作品。現代カメラ事情のネオリアリズムを一同に展示し、写真という「文明力」と写真作品という「文化力」を精査具現化する。FSCからDSC一色の現代。写真氾濫と写真洪水の行く先は、街町のスナップではすでになく、人間が人間を撮影する時代も消え、町から写真館が消え、ネイチャーだけの写真群の写真展多し。この第2回展は、従来の展と [全文を読む]

東京都写真美術館のTOPコレクション。“平成”をテーマに佐内正史、ホンマタカシら9名の作品シリーズにフォーカス

FASHION HEADLINE / 2017年05月10日12時00分

会期中の第1、第3金曜日の16時からは、同展担当学芸員によるギャラリートークが開催される他、5月28日と6月4日の各日10時30分から12時30分には、障害の有無に関わらず言葉を交わしながら美術を鑑賞するワークショップ「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」(参加費500円)が、さらに6月25日と7月2日の各日10時30分から12時30分には、小学生 [全文を読む]

OKI、コネクテッドカー向け多方向電磁波環境試験サービスを開始

PR TIMES / 2017年04月03日10時18分

従来の電波暗室では、一つの方向からの電磁波に対する耐性試験しか行えませんでしたが、新設したリバブレーションチャンバーでは室内に電磁波を持続的に反射反響させるための電磁波攪拌装置を設置しており、実環境下に近い多方向からの電磁波耐性試験が可能となっています。近年、欧米の自動車メーカーでは多方向からの電磁波環境試験を採用し始めており、今後国内においても需要が高ま [全文を読む]

フォーカス