風雪のニュース

火災保険を「保険料」「保険金」だけで決めてはいけない

ZUU online / 2017年05月20日18時20分

■リスク細分型保険はどうか保険会社のデータによると、保険事故が多いのは汚破損や水漏れで風雪災など自然災害が続いている。保険金の支払額も自然災害が最も多く、水漏れや汚破損が続いている。火災は1件当たりの支払保険金は大きいが件数そのものは多くない。損害保険料率算出機構のデータによると、2014年度に払われた保険金1311億円のうち、自然災害が520億円と約4割 [全文を読む]

“北朝鮮からサリン“と煽りながら...安倍首相が芸能人集め「桜を見る会」! しかも昭恵夫人同伴の厚顔

リテラ / 2017年04月15日16時00分

しかも、安倍首相はこの会で、「風雪に 耐えて5年の 八重桜」と一句詠んだという。森友問題の説明責任も果たさず逆ギレ発言ばかりしている人間が「風雪に耐えて」とは被害者ヅラも甚だしいが、さらに驚くべきは、きょうの花見にあの人物を同伴したことだろう。 そう、なんと安倍首相は、昭恵夫人をこの花見に出席させたのだ。連日お伝えしているように、昭恵夫人をめぐっては、総 [全文を読む]

120年の風雪を経た堂々たる黒瓦の終着駅!城端駅(JR城端線)【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第25回】

サライ.jp / 2017年04月01日11時30分

白く塗られた外壁は分厚そうな下見板張りで駅前の植え込みも立派、開業以来120年の風雪を経たたたずまいが心地よかった。 この城端は、世界遺産・五箇山の玄関で、山地と砺波平野が接するところに開けた中世からの門前町だ。しかも越中富山にありながら、江戸時代は加賀藩に属していた。 地図を見ると、砺波平野が深々と南に食い込んでいる。金沢と城端は山を隔てて隣り合わせの [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 太田 全治 写真展「石は妖精」 期間:2017年3月30日(木)~4月5日(水)

PR TIMES / 2017年03月27日10時32分

私は思ったのです 「なぜ、人の顔に似ている?」 「人が似ていると思っているだけ?」 「それが人の顔だと思うように私達はインプットされているのか?」 石にとっては 「単にこうなっただけだ」 「お前が勝手に人の顔に似ていると思うだけで俺は俺」 「時を経れば風雪でまた違う姿になる」 なのかもしれません。 その時によぎったのが「石は妖精かも」という言葉でした。善 [全文を読む]

北海道 一部で天気一変!風雪強まる!

tenki.jp / 2017年03月15日17時05分

しかし、こんや遅くから天気が一変して、あす(16日)にかけて風雪の強まる所がある見込みです。あす(16日)にかけて風雪の強まる所が!風雪が強まる地域は宗谷地方やオホーツク海側宗谷北部や利尻・礼文には風雪注意報が発表されました。こんや遅くからあす(16日)朝にかけては風雪が強まりそうです。また、あす(16日)の道内は、北西の風が10~15メートルとやや強く吹 [全文を読む]

年末年始は大雪の恐れ…ウェザーニューズが、降雪傾向を発表

インターネットコム / 2016年11月16日16時00分

■エリアごとの降雪傾向◆北海道:平年並の降雪量~年末年始は暴風雪・大雪の恐れ、帰省の交通機関への影響に注意~12月は、低気圧や寒気の影響で日本海側では雪の降る日が多くなる。年末年始は暴風雪や大雪となる日があり、積雪が増加する予想。1月~2月前半は、冬型の気圧配置となる日が多く、日本海側ほど雪の日が多くなる。また時々低気圧が発達しながら通過し、太平洋側でも風 [全文を読む]

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

「寒青」とは、風雪ですべてが枯れ果てる冬に、青々と葉を茂らせる松のことだそうですね。 「健さんがこよなく愛した言葉で、冬の松のように自分も生きたいと、時計の裏に彫って持ち歩いていたそうです。この『寒青』こそ、高倉健というジグゾーバズルを完成させるために欠かせないピースだと思ったんです。健さんが目指した到達点だったのではないかと。 だから、ラストは冬の松のシ [全文を読む]

熊本地震に耐えた!加藤清正の「宇土櫓建築法」が凄いと話題

まぐまぐニュース! / 2016年04月18日08時00分

宇土櫓生き残ってるじゃんすげー pic.twitter.com/toBn3KruWB — くまぴー (@kmkm0507) 2016年4月18日 どうも熊本城の崩れた部分は新しく積んだ石垣や建築した天守の屋根が大部分のようで、それこそ400年風雪にもなんなら西南戦争の砲撃にも耐え抜いた宇土櫓は無事らしい。すごいな加藤清正、というか、400年前の大工さんと [全文を読む]


【星野哲郎作詞作品】シングル99タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年07月16日12時00分

発売商品 北島三郎■度胸船 収録曲:1. 度胸船 2. 男の涙 CRMEG-10268 価格1,000+税■どんぞこ 収録曲:1. どんぞこ 2. おゝわが友よ CRMEG-10269 価格1,000+税■勝負師 収録曲:1. 勝負師 2. 風雪月花 CRMEG-10270 価格1,000+税■残俠物語 収録曲:1. 残俠物語 2. 男腹太鼓 CRMEG- [全文を読む]

北海道は8日にかけて暴風雪に警戒

tenki.jp / 2014年03月07日19時24分

北海道は8日朝にかけて、風雪がさらに強まる見込みだ。札幌管区気象台では、見通しのきかない猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒するよう呼びかけている。(日本気象協会)7日正午の実況天気図、オホーツク海で低気圧が発達見通しのきかない猛ふぶきのおそれ発達した低気圧がオホーツク海にあって動きが遅く、日本付近は冬型の気圧配置が強まっている。北海道は、これか [全文を読む]

関東 帰宅時間帯の雪は

tenki.jp / 2014年02月04日15時20分

東京大手町では昼前から「みぞれ」で、23区には、去年の成人の日の大雪以来の「風雪注意報」が発表されています。この雪は、帰宅時間まで残る所もありそうです。雪が止んでも、路面の凍結にご注意下さい。関東の雪の時間関東で降っている雪ですが、15時の積雪は、宇都宮で7センチ、秩父で5センチ、熊谷で3センチとなっています。 都心では、昼前から「みぞれ」を観測しており、 [全文を読む]

「おじゃMAP!!」で香取慎吾が20年ぶりにキャンバス列車修復へ

ザテレビジョン / 2017年06月05日19時22分

20年の風雪を堪え忍んできた列車は香取とかつての子供たちの手によりどんな姿によみがえるのか。 また、子供たちの20年、香取の20年、そして彼らと香取との意外な交流などさまざまな「20年」が今回初めて明らかになる。 [全文を読む]

【日本ハム】道民の道民による道民のための特別シリーズ開催!

ベースボールキング / 2017年05月28日14時48分

トリコロールはフランス語で三色を意味し、北海道旗の濃紺・白・赤の配色を基調に、濃紺は北の海や空、白は光輝と風雪、赤は道民の不屈のエネルギー、またその光芒は未来への発展を象徴した。また、胸に北海道の頭文字HとAMBITIOUSを記載し、左袖に北海道地図を描き、北海道民と共に大志を抱き、戦うことを表現している。 なお、8月5日のオリックス戦では来場者全員に限定 [全文を読む]

重厚な格子組みには秘密が!飛騨高山の町家を探求する講座【立命館大学公開講座より】

サライ.jp / 2017年05月24日21時00分

風雪に耐える雪国の家、という感じで、いわゆる民芸作りの趣が日本的でかっこいい。講義で青柳先生から、高山の町家を表す言葉として紹介されたのが、民家研究の第一人者・伊藤ていじさんの「(高山の町家は)組織化された格子が奏でる空間の凱歌である」という言葉。空間の凱歌! 何て、かっこいい言い回しなんだろう。青柳先生はかつて、高山の町家28棟を調査し、その梁組の構造が [全文を読む]

「自公離反」「民進崩壊」を呼ぶ“小池台風”

文春オンライン / 2017年05月10日17時00分

何回も風雪に耐えてきた」と連立政権の結束をアピールしたが、党首会談でも日程ひとつ決められない隙間風は隠しようもない。 国対委員長らの調整で、公明党が折れる形で4月6日の審議入りは決まったが、不協和音の背景にあるのは都議選での公明党と小池率いる都民ファーストの会(都民ファ)の選挙協力だ。 あらかじめ公明党の支持母体、創価学会副会長の佐藤浩が「国政とは関係なく [全文を読む]

安倍首相、トラブル続出でも「余裕」のワケ

日刊大衆 / 2017年05月07日08時05分

強風に負けじと花を咲かせる桜を見て、「風雪に耐えて五年の八重桜」と、一句ひねりだし、参加者の失笑を買った。「強風に耐える桜を自身と重ね合わせた句ですが、強風を吹かせている人がすぐ隣にいるんですから、まったく滑稽な光景でした」(前出の政治部記者) 芸能人ら招待客をバックに安倍首相に寄り添い、写真に収まっていたのは、話題の“あの人”。アッキーこと昭恵夫人だった [全文を読む]

ネットで顕著な「パラノイア構造」 共通の敵を作り一致団結

NEWSポストセブン / 2017年05月05日16時00分

そしていつもは夫・安倍首相が止めようとも、好き勝手に振る舞い、雄弁に語ってきた昭恵さんだが、ぐっと涙をのんで、“風雪”に耐え忍んでいる。中川:ネット上では、籠池さんとか、昭恵さんとか、誰でもいいんですけど、誰かを代理に立てて、自分の願望をネット上に反映させているというところに気持ち悪さを感じました。片田:精神医学では、『幻想的願望充足』と呼びます。○○だ [全文を読む]

京大卒、元外資系金融マンが「100年続く農業」を目指す理由

Forbes JAPAN / 2017年04月25日08時00分

風雪にさらされて煤けたレンガ造りの柱も、いくつもの橋脚が連続し、隧道のように見えるだまし絵のような意匠も。京都・南禅寺境内。1890年に造られた琵琶湖から京都市内に引いた水路の橋だ。有機野菜の販売を手がける「坂ノ途中」の代表取締役である小野邦彦は、写真家の求めに応じて京野菜”聖護院大根”を抱え、橋脚に腰掛けた。京都市内の事務所で、彼がこう語ったのを思い出す [全文を読む]

仏師の気迫がこもる鑿跡の美しさ!日本の木彫仏1000年の歴史を辿る「木×仏像-飛鳥仏から円空へ」展

サライ.jp / 2017年04月08日11時30分

樹木は、人間の寿命をはるかに超えた長時間、風雪に耐えて大地に立ち続けます。日本人はそうした「樹」を身近な祈りの対象としてきたのです。 大地から伐りとられた「木」に彫られた仏像や神像などの木彫像は、素材になった木材の特徴や彫られ方から仏像に込められた深い意味が伝わってきます。そんな日本の木彫仏の遙かな歴史を辿る展覧会「木×仏像-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫 [全文を読む]

フォーカス