薩摩藩のニュース

幕末薩摩のちびっこ教育がものすごかったという話

週プレNEWS / 2013年01月28日00時30分

■それは戦国時代の知恵の生き残り 磯田 幕末から日露戦争にかけ、かなりの確率で勝てる政治判断を下した人材を、薩摩藩は多く生み出しました。そんな薩摩藩では、武士の子供たちに「郷中(ごじゅう)教育」という独特の教育が行なわれていたんです。「郷中教育」とは、方限(ほうぎり:地域のこと)ごとに6歳から15歳くらいの少年が集まり、そこに15歳以上の先輩がついて行な [全文を読む]

ご存知ですか? 9月7日は伏見の船宿「寺田屋」の女将・登勢が亡くなった日です

文春オンライン / 2017年09月07日07時00分

文久2(1862)年4月23日には、寺田屋に集結した尊王攘夷派の薩摩藩士が、島津久光の命を受けた同藩士に斬殺されるという事件(寺田屋騒動)が起こった。その後、毎月23日には、寺田屋が薩摩藩に代わって、事件で死んだ藩士たちの弔祭を行なうようになる。ここから寺田屋は薩摩藩との関係をさらに深めていく。 伊助が元治元(1864)年9月に亡くなり、登勢が店の業務の一 [全文を読む]

江戸城の無血開城は嘘? 西郷隆盛が混乱を画策した史料存在

NEWSポストセブン / 2017年07月18日16時00分

役人が来たら三田の薩摩藩邸に逃げ込む。江戸の町民はこの集団を『薩摩御用盗』と呼んで恐れました。 こうした蛮行に堪忍袋の緒が切れた諸藩が薩摩藩邸を包囲。下手人の身柄引き渡しを要求したものの拒否され、押し問答の末に薩摩藩邸を砲撃し、『薩摩藩邸焼き討ち』となったとされています」(歴史家の安藤優一郎氏) ※週刊ポスト2017年7月21・28日号 [全文を読む]

東大卒の3分の1は社会で活躍できない理由

プレジデントオンライン / 2017年04月20日09時15分

薩摩藩では「郷中(ごじゅう)教育」というのがありました。これは年長者が年下の人間を心技体の面で指導する青少年の集団教育システムです。その影響からか、子どもの頃から地域に兄貴分がいて、人が集まっていろいろな行事を行う。それが頭にあったのかもしれません。 【弘兼】教育産業では、人材が肝です。つまり誰が教えるか。東進ハイスクールには、「今でしょ!」で有名になった [全文を読む]

鈴木亮平主演「西郷どん」で高梨臨が大河初出演!

Smartザテレビジョン / 2017年04月12日16時07分

先日の会見には、瑛太(大久保利通役)や黒木華(西郷の3番目の妻・糸役)らが登場したが、今回は“薩摩のキーパーソン”として、北川景子(篤姫役)、沢村一樹(薩摩藩の重臣・赤山靭負役)、鹿賀丈史(薩摩藩主・島津斉興役)らの出演が決定。 高梨が演じるのは、西郷が年貢徴収の役人の補佐として働く中で出会う、農民の娘・ふき。彼女との出会いをきっかけに、西郷が正義の道に目 [全文を読む]

原田伊織氏「明治維新の“尊皇攘夷”は方便でしかなかった」

NEWSポストセブン / 2017年08月31日07時00分

明治維新とは長州藩、薩摩藩の下級武士が主導した軍事クーデターに過ぎず、政権を強奪した薩長は「勝てば官軍」とばかりに歴史を書き上げた。我々が習うのはその「官軍の書いた歴史」である。 公教育を通じて、勝者の歴史物語を国民に刷り込ませるのは世界各国に共通する現象であり、ことさら批判する気はないが、官軍史観は現代に多くの「目に見えない歪み」をもたらしている。150 [全文を読む]

離婚歴2回、結婚3回…幕末の英雄・西郷隆盛はどんな人物だったのか?

日刊SPA! / 2017年08月30日08時43分

薩摩藩の下級藩士だった西郷は、やや自分より身分が上の城下士である伊集院兼善の娘・須賀と結婚。しかし、間もなく薩摩藩主の島津斉彬に抜擢され、江戸で働く出世コースを歩む。いわゆる単身赴任だ。鹿児島に残されてしまった須賀は、西郷の弟や妹と同居し、貧しい生活を強いられてしまう。娘の大変さを見かねた伊集院家から離縁の相談を受け、やむなく西郷は同意して離婚することにな [全文を読む]

安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時45分

日本の歴代総理大臣に150年続く、ある「共通点」 家系図を俯瞰してみると明治維新の雰囲気が! ご存知のとおり、朝廷の権威を掲げて徳川幕府を倒して明治維新を成し遂げたのは長州藩(現山口県)、薩摩藩(現鹿児島県)を中心とした勢力です。結果として、現代の日本政府に通じる新政権が樹立された訳です。今日からみますと、150年ほど前の話です。 明治時代の総理大臣は、 [全文を読む]

明治維新150周年カウントダウンシンポジウム in 札幌を11月20日開催 落語家 桂竹丸師匠が島津家第33代当主&北海道博物館館長と明治維新パネルディスカッション!北海道開拓に尽くした薩摩の志士たち~北海道と鹿児島の絆~

@Press / 2015年10月26日13時30分

また本年が薩摩藩英国留学生の渡英150周年に当たり、その留学生のうち北海道で活躍した村橋久成や、北海道開拓使 黒田清隆など北海道にゆかりのある人物に焦点を当てるとともに、北海道と鹿児島県の共通点を探求することで、明治維新150周年と鹿児島県に対する周知を図る機会といたします。【開催の背景】薩摩藩は、西郷隆盛や大久保利通など独自の郷中教育で育まれた優れた人材 [全文を読む]

「西郷どん」黒木華、“薩摩ことば”のお気に入りは『にゃも』

ザテレビジョン / 2017年09月01日06時15分

幕末の薩摩藩の重臣である赤山靱負(ゆきえ)を演じる沢村は「自分が生まれ育ったふるさとで『西郷どん』のスタートに関わることができ、本当にうれしく思っています」と、素直な感激のコメントを。 そして、「今回、新時代の薩摩藩士を育てる立場の役で、責任のある役だということは現場で若い役者さんと接する中でも感じています。一年かけて若い藩士たちがどのように成長していく [全文を読む]

渡辺謙が不倫で大ダメージ?釈明会見開かず大河出演で株価急落

デイリーニュースオンライン / 2017年07月02日11時50分

俳優の渡辺謙(57)が、大河ドラマ『西郷どん』(NHK)で薩摩藩藩主・島津斉彬を演じることが6月27日に発表された。しかし「きっちり話をさせてもらいます」と宣言した不倫スキャンダルに関する会見は3ヶ月経った今も開かれず、マスコミやファンから槍玉に挙げられている。 ■約束の会見、今だ開かれず ファンも非難「小さい男」 ハリウッドを舞台に世界知名度を誇る渡辺。 [全文を読む]

今、“薩摩(さつま)錫器(すずき)”が人気!横浜高島屋にて、薩摩錫器を展示販売中!

Digital PR Platform / 2017年05月12日18時41分

クールでスタイリッシュ! 300年の歴史をもつ、薩摩藩ゆかりの伝統工芸品! “薩摩錫器”は、江戸時代に錫鉱山が発見され、 島津光久公が幕府から採掘許可を得たことに始まる 薩摩藩ゆかりのものです。 錫器は、古くは、薬種の容器として使われていましたが、 庶民の日用品にまで広がったのは明治時代以降のことです。 細かな削りや磨きによって、やわらかく上品な光沢感、 [全文を読む]

渡辺謙、不倫の代償

NewsCafe / 2017年04月13日11時07分

「文春の動きを察知したNHKが渡辺については当面起用は凍結したとみていいかもしれまん」 確かに、篤姫に北川景子(30)、薩摩藩主・島津斉興=なりおき=に鹿賀丈史(66)などが発表されたが、渡辺の名前はなかった。 「幕末の薩摩藩を支えた斉興の息子、斉彬(なりあきら)役に渡辺が有力視されていますが、まだまだ文春報道の火種が気になり、NHKが渡辺を完全に外す可 [全文を読む]

「西郷どん」鈴木亮平が沢村一樹のプレッシャーにたじたじ!

Smartザテレビジョン / 2017年04月12日14時44分

薩摩藩の重臣・赤山靭負(ゆきえ)役の沢村は、実は、今回新たに発表されたキャストの中では唯一の鹿児島出身。 沢村は、「鹿児島弁は本当に大変なので、上京している友人たちと鈴木君を囲む会を開いて、叩き込んでやろうかと思っています(笑)。でも、吸収するスピードも早いと期待しているので、撮影前に何度か食事できたらいいなと思います」と温かい言葉を掛けた。 これには鈴 [全文を読む]

桜島を借景する薩摩の大庭園「仙巌園」で歴史を体感する

IGNITE / 2016年09月17日10時00分

街中を抜けて海が近くなってきた頃、薩摩藩の庭園「仙巌園」が見えてきた。 正式名称は「仙巌園 附 花倉御仮屋庭園(せんがんえん つけたり けくらおかりやていえん)」という長くて難しいものだが、地元では親しみを込めて「磯庭園(いそていえん)」と称している。 薩摩藩にとっては庭園であるばかりでなく、近代においては迎賓館のような役割も果たしていたそうで、外国の文化 [全文を読む]

狙うは中国の孤立。安倍総理がロシア経済分野協力担当相を新設した思惑

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日21時00分

今こそ「坂本龍馬」を見習うべき理由 薩摩と長州が和解したケース 薩摩藩と長州藩は、憎み合っていました。坂本龍馬は、「薩摩と長州が手を組めば、幕府に勝てるぜよ」と思った。それで、両藩を和解させるためにどうしたか? 幕府戦に備える長州は、外国製の高性能な武器が欲しかった。しかし、幕府は外国に「長州に武器を売るな」と依頼していた。長州は、武器が買えない。そこで [全文を読む]

歴史の中の多様な「性」(2)

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月01日17時26分

こうした学生の男色文化は、一四歳から二〇歳までの少年・青年で組織される「兵児二才(へこにせ)」制と呼ばれる薩摩藩特有の教育訓練システムに顕著な年長の少年が年少の少年を犯す男色文化が、旧薩摩藩出身の学生によって東京に持ち込まれたとする説が当時から根強い。好ましい年下の少年を「ニセさん」とか「ヨカチゴ」と薩摩言葉で呼ぶのがその証拠だとされた(谷崎潤一郎「幼少 [全文を読む]

サッポロ 麦とホップ The gold「薩摩藩英国留学記念缶」を限定発売~薩摩の誇りに乾杯!サッポロビールは鹿児島人がつくった~

PR TIMES / 2015年05月27日13時38分

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は、サッポロ 麦とホップ The gold「薩摩藩英国留学記念缶」を、2015年6月4日(木)に鹿児島県・宮崎県にて数量限定で発売します。 この商品は、1865年に村橋久成(注1)が参加していた「薩摩藩英国留学生」の派遣から150周年を迎えるのを記念するもので、昨年発売し好評を得た「村橋 [全文を読む]

<琉球は「戦利品のリゾート」と「植民地」?>なぜ沖縄の「基地の土地」は返還されず、県外移転もできないのか

メディアゴン / 2014年10月30日16時35分

1609年、薩摩藩が首里城に侵攻、琉球王府は制圧された。以後、薩摩藩の服属国となって通商と技術の伝播を義務付けられたが、中国・清にも朝貢を続けていた。この時点では、「琉球」は未だ独立王国として存在し続けていたといえる。時を経て、明治の薩長政府は、1872年から1879年にかけて琉球諸島の施政を委任してきた中山王府を廃し、県を置く施策を行った。いわゆる「琉球 [全文を読む]

日本人の誇りがここにある!藩校教育が現代を照らす~全国藩校サミット行田大会~

クオリティ埼玉 / 2014年07月12日01時55分

参加藩および(藩校名) 盛岡藩(作人館)、仙台藩(養賢堂)、庄内藩(致道館)、天童藩(養正館)、米沢藩(興譲館)、福島藩(講学所)、湯長谷藩(致道館)、守山藩(養老館)、白河藩(立教館)、二本松藩(敬學館)、棚倉藩(修道館)、水戸藩(弘道館)、結城藩(秉彝館)、壬生藩(学習館)、忍藩(進脩館)、川越藩(講学所[博喩堂])、佐倉藩(成徳書院)、江戸幕府(昌 [全文を読む]

フォーカス