不戦勝のニュース

中国、不戦勝か――米「パリ協定」離脱で

ニューズウィーク日本版 / 2017年06月05日16時00分

不戦勝に輝く勝者のような面持ちである。李克強首相、メルケル首相らと会談タイミングもまた中国に利した。アメリカでトランプ大統領がパリ協定離脱宣言をしているちょうどその時に、李克強首相はドイツのベルリンでメルケル首相と会っていた。2004年から始まっている中独二国間首相年次会談制度(シャトル外交)に基づいた会談で、中国は政府間協議を含む70余りの二国間協議協力 [全文を読む]

一部観客の相手選手襲撃があったバスティアvsリヨンは再試合を行わず、リヨンの不戦勝に

超ワールドサッカー / 2017年05月06日14時54分

▽LFP懲戒委員会は4日、バスティアサポーターのリヨン選手への襲撃事件によって中止になっていた先月16日のリーグ・アン第33節、バスティアvsリヨンに関して再試合を行わず、バスティアの不戦敗とすることを決定した。 ▽先月16日にバスティアホームで行われた同試合では、試合途中にピッチに乱入した一部バスティアサポーターが、リヨンGKアントニー・ロペスを襲撃する [全文を読む]

日本の不戦勝も?初戦の相手ナイジェリアが試合2日前でも入国できず

ゲキサカ / 2016年08月03日18時23分

試合に間に合わなければ、前代未聞の不戦勝となることも考えられる。ただ間に合ったとしても、日本がコンディション面で優位に立つことは間違いなさそうだ。 日本対ナイジェリアは日本時間5日午前10時キックオフを予定している。NHK総合で生中継される。 ●リオデジャネイロ五輪特集 [全文を読む]

習近平が安倍首相より厚遇した二階総務会長の評判。存在感を増す裏ボスのバラマキ体質

週プレNEWS / 2015年09月30日06時00分

実際、先の自民総裁選不戦勝でも大きな存在感を示したとされる(参照記事→「自民総裁選不戦勝を陰で操った裏ボス・二階総務会長の凄味とは…」)。 その存在感は日本を超え、中国にまで及んでいる。実際に今年5月、二階氏が訪中した際、習近平国家主席は歓迎レセプションに顔を出し、満面の笑みで30分近く二階氏と会話した。 2014年11月に安倍首相が訪中して首脳会談を行 [全文を読む]

市民講座「不戦勝、認知症!~闘わずして勝つ方法は?~」2月24日横浜で開催

認知症ねっと / 2015年02月09日10時40分

認知症とうまく共存するには横浜市立大学は横浜市港北区と共催で、「不戦勝、認知症!~闘わずして勝つ方法は?~」と題した市民医療講座を開催する。病気からの回復を目指す状態は“闘病”というが、ひたすら闘って勝つのかどうか、患者や介護者には不安もある。同講座では認知症の症状と“闘病”するのではなく、闘わずして勝つ“不戦勝”を目指すための方法を考える。日時は2月24 [全文を読む]

[選手権予選]宮崎県予選特集

ゲキサカ / 2014年11月03日22時28分

高校サッカー選手権2014 【宮崎】 [2014年全国選手権予選] 【決勝】(11月16日) 【準決勝】(11月9日) 鵬翔高 - 宮崎日大高 都城工高 - 日章学園高 【準々決勝】(11月3日) 鵬翔高 6-0 佐土原高 日南振徳高 0-7 宮崎日大高 都城工高 1-0 都城高 宮崎大宮高 0-1 日章学園高 【3回戦】(11月1日) 鵬翔高 3-0 宮 [全文を読む]

習近平「遠攻」外交で膨張する危険な中国

ニューズウィーク日本版 / 2017年06月06日10時00分

【参考記事】中国、不戦勝か――米「パリ協定」離脱で親中派の議員を熱烈歓迎こうした「近攻」の一方で、中国は近年「遠交」よりも「遠攻」を志向しているようだ。既に対米政策は冷戦時代のスパイ映画さながらの摩擦を生んでいる。ニューヨーク・タイムズ紙によると、中国は10~12年の間に少なくとも12人ものCIA情報提供者を殺害したという。中国外務省の報道官は、「中国の安 [全文を読む]

伊藤忠社長の岡藤節が炸裂 「物産・住商」は眼中になし!?

J-CASTニュース / 2017年05月30日07時00分

16年3月期の純利益で初めて首位に立った際の決算発表会見で、岡藤社長は「ライバルが土俵から降りたから、不戦勝や」と総括した。 そのライバルたちは、資源価格の底入れとともに息を吹き返した。三菱だけでなく、資源事業の割合が大きい三井物産が伊藤忠の背中を追う。その中で、岡藤社長が語るとおり、伊藤忠は成長を続け、「商社2強時代」の一角を担い続けられるのだろうか。 [全文を読む]

木村拓哉『A LIFE』の好調要因か?あの俳優の怪演と関係者の働きかけ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日08時00分

木村があまり前に出過ぎない、演出の勝利ともいえるでしょう」(芸能記者) ■ライバルは不戦勝?放送枠でも最大限の配慮 配役もさることながら、今ドラマが視聴率のためにもっともアシストしたことといえば、その放送枠であろう。 「『A LIFE』は、当初昨年10月期に放送が予定されていたと言われていました。しかし、同じ医療系ドラマで大人気の『ドクターX~外科医・大門 [全文を読む]

12星座【恋の生存競争】ランキング 牡羊座にとって恋は「勝ち取るもの」!

i無料占い / 2017年03月04日12時00分

第10位・牡牛座の恋は揺らぎません! 競争相手が息を切らして消え去ったときに、不戦勝を決めるはず!? 第11位は、心が揺れがちの魚座。周りの影響で揺れ動くので、恋の生存競争には向かないでしょう。 第12位は、いろいろな意味でクールな水瓶座です。水瓶座の辞書には、恋は「どうでもいいもの」と記されています。恋の優先順位は低く、恋の生存競争に参加してまで、その [全文を読む]

大物喰い力士に注目 隠岐の海、勢、嘉風、宝富士、逸ノ城ら

NEWSポストセブン / 2017年02月25日07時00分

昨年初場所以降に、関脇以下の力士が横綱・大関からあげた勝ち星の数(不戦勝は含まず)を調べると、高安の14勝に次ぐ13勝をあげているのが隠岐の海(八角部屋)です。とくに秋場所は2横綱3大関を破って初日から6連勝という圧巻の強さを見せた。ただ、場所を終わってみたら9勝6敗と調子の波が激しい。そこを楽しむのもいいでしょう。 同様に調べて横綱・大関から勝ち星が多い [全文を読む]

ゼーマン・マジック炸裂! ゼーマン初陣の最下位ペスカーラが5発圧勝で“今季初勝利”!《セリエA》

超ワールドサッカー / 2017年02月20日05時10分

▽選手登録違反で不戦勝となった第2節サッスオーロ戦を除き、17敗6分けと大苦戦を強いられていた最下位ペスカーラは、14日にオッド前監督を解任。2011-12シーズンにヴェッラッティ(現パリ・サンジェルマン)、インシーニェ(現ナポリ)、インモービレ(現ラツィオ)の“三銃士”を擁し、セリエB優勝に導いた名伯楽のゼーマン監督を6年ぶりに招へいした。 ▽鬼才ゼー [全文を読む]

最下位ペスカーラ、オッド監督がついに退任…不戦勝を除き今季未勝利…

超ワールドサッカー / 2017年02月15日01時35分

▽そして、昨年7月に2019年までの長期契約を結んだオッド監督だが、昨夏に目立った補強を行えなかったチームは、選手登録違反で不戦勝となった第2節サッスオーロ戦を除き、17敗6分けと大苦戦を強いられていた。 ▽ペスカーラはこの成績不振を受けて、14日にオッド監督とダニエレ・セバスティアーニ会長、ルカ・レオーネSD(スポーツ・ディレクター)で緊急会談を開き、 [全文を読む]

星野源の初主演ドラマを手がけた異才が語る“こじらせ少年”の末路 「東京に出てきてからずっと途方に暮れている」

週プレNEWS / 2017年02月07日10時00分

主な著書に、ドラマ化された『去年ルノアールで』や『不戦勝』(ともにマガジンハウス)、『逡巡』(新潮社)、『海辺の週刊大衆』(双葉社)などがある。また、又吉直樹氏との共著『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』(ともに幻冬舎文庫)、西加奈子氏との共著『ダイオウイカは知らないでしょう』(文春文庫)では、それぞれ自由律俳句と短歌に挑んでいる [全文を読む]

逆につまんない?全国の「渡辺さん」と「坂田さん」は豆まき不要

しらべぇ / 2017年02月03日15時30分

ちなみに渡辺綱が茨木童子の腕を切り落としたと言われる刀が髭切— いぬお (@ssi_no) February 3, 2017■「渡辺さん」と「坂田さん」に驚きとうらやむ声が続々渡辺さんか坂田さんと結婚するしかねぇな〜(๑˘ᴗ˘๑)恵方巻きは食べたみ— ゆか (@ykrrrrr) February 3, 2017ふむ、渡辺さんとこ嫁ぐか— 楓太@CC福岡コス [全文を読む]

白鵬、初場所で「協会に恥をかかせてやる」と反発か

NEWSポストセブン / 2017年01月30日07時00分

しかも今場所は2横綱(日馬富士、鶴竜)が休場して稀勢の里と対戦がなく、優勝争い大詰めの13日目も大関・豪栄道の休場で不戦勝するなど、展開に恵まれていたのは確かだ。 「直近2場所の成績だけだと条件を完全に満たしていないという認識が協会側にあったのでしょう。だから6場所分の成績を記した資料が配られた」(同前) 協会が稀勢の里の実力を本物だと考えているなら、か [全文を読む]

「第2期叡王戦」佐藤天彦九段が優勝。来春に将棋ソフト「PONANZA」と対局決定

ITライフハック / 2016年12月13日13時00分

また同日、大晦日に行なわれる「電王戦合議制マッチ」の対戦者など詳細を公開したほか、10月に行われた叡王戦本戦トーナメントで久保利明九段の遅刻による豊島将之七段の不戦勝となった一戦をエキシビションマッチとして12月18日(日)に実施することを発表した。■第2期叡王戦 決勝三番勝負 結果 ◆第1局:2016年12月4日(日)会場:万国津梁館(沖縄県名護市)【先 [全文を読む]

【シートベルト】車に乗る人を守ってくれるやつ

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年12月08日09時00分

彼の不戦勝である。 ◆ ◆ ◆ さて、シートベルトはフランスの技術者であるギュスターヴ・ルボーが開発したものが原型と言われ、最初は“自動車等防御用ベルト”と、割とそのまんまの呼称でした。 その後普及に至ったのは、1966年7月1日に施行されたアメリカの連邦交通車両安全法の影響で、安全基準の観点から自動車に搭載することが推し進められ、1967年から本格的に [全文を読む]


あなたも“たとえ”たくてしょうがなくなる!? 芥川賞・直木賞作家も嫉妬する文筆家・せきしろの表現力の秘密

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月05日06時30分

主な著書に、映像化された『去年ルノアールで』や、『不戦勝』『逡巡』『海辺の週刊大衆』などがある。また、又吉直樹との共著『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』、西加奈子との共著『ダイオウイカは知らないでしょう』では、それぞれ自由律俳句と短歌に挑んでいる。 ※掲載内容は変更になる場合があります。 [全文を読む]

フォーカス