小野薬品工業のニュース

日本は魅力的な市場か 薬剤費の上昇に伴い糖尿病薬や抗がん剤の薬価設定は好調

JCN Newswire / 2015年04月27日18時07分

一つは小野薬品工業のチェックポイント阻害薬「オプジーボ(Opdivo)」で、標準営業利益率を60%押し上げました。もう一つは、大塚製薬の新規抗結核薬「デルティバ(Deltyba)」で、40%の上昇を達成しています。類似薬効比較方式で最も高い薬価を獲得したのは、ブリストル・マイヤーズ スクイブのC型肝炎薬「ダクルインザ(Daklinza)」で、この場合も40 [全文を読む]

半額になったオプジーボ 高額化について製薬会社の見解

NEWSポストセブン / 2016年12月02日07時00分

オプジーボは世界で初めて承認されており、標準の営業利益率(16.9%)に6割加算した高い利益率に設定がなされました」(医療経済ジャーナリストの室井一辰氏) 結果、オプジーボを製造販売する小野薬品工業の16年中間連結決算の売上高は、前年比67.5%増で中間期として過去最高をマーク。売上高全体の半分をオプジーボが占めた。 経営学用語では、競争のない未開拓の市場 [全文を読む]

国内外の金融関係者注目のRING氏 がん新薬、人工知能株狙う

NEWSポストセブン / 2016年01月12日07時01分

小野薬品工業(東証1部・4528)が、がん免疫薬『オプジーボ』でがん領域に参入したことを受け、買われています。昨年秋から2倍近く株価が上がりました。この手の医薬関連の株は期待先行で買われることが多い。 しかし、小野薬品工業の場合、オプジーボの売り上げも伸び、業績にも寄与し始めている。テーマ先行の銘柄とは違う動きを見せていて、薬の適応範囲が拡大されれば、 [全文を読む]

『「ペコロスの母」に学ぶ ボケて幸せな生き方』(岡野雄一)発売

認知症ねっと / 2014年12月14日11時55分

作品募集は、小野薬品工業が行っており、今回で6回目となる。過去の受賞作品は、Webサイトで公開されている。 審査員は、片岡鶴太郎氏(俳優・画家)を含めた5名が行い、作品を選考する。第5回作品展への応募に関しては、特別賞として10作品が選ばれている。 今回の特別賞受賞作品は、2015年5月にWebサイトで発表し、作品を掲載する。 作品は撮影してWebサイトか [全文を読む]

6月9日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株

ZUU online / 2017年06月09日18時20分

(提供:岡三オンライン証券)■勝ってる人の買ってる株順位 / 銘柄コード / 銘柄名 / 市場 / 買人数比率 / 終値 / 前日比1 / 3661 / エムアップ / 東証1 / 54.2% / 2145 / -772 / 4901 / 富士フイルムホールディングス / 東証1 / 70.6% / 3964 / -1663 / 3853 / インフォテリ [全文を読む]

5月9日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株

ZUU online / 2017年05月09日17時40分

(提供:岡三オンライン証券)■勝ってる人の買ってる株順位 / 銘柄コード / 銘柄名 / 市場 / 買人数比率 / 終値 / 前日比1 / 4597 / ソレイジア・ファーマ / 東証M / 57.8% / 560 / -402 / 3667 / enish / 東証1 / 51.2% / 984 / -2463 / 9702 / アイ・エス・ビー / 東 [全文を読む]

5月8日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株

ZUU online / 2017年05月08日18時10分

(提供:岡三オンライン証券)■勝ってる人の買ってる株順位 / 銘柄コード / 銘柄名 / 市場 / 買人数比率 / 終値 / 前日比1 / 1357 / 日経平均ダブルインバース / 東証E / 86.8% / 1762 / -852 / 3667 / enish / 東証1 / 52.3% / 1230 / 693 / 4585 / UMNファーマ / [全文を読む]

このトランプ銘柄は買いだ! 2017年「注目業界&推奨銘柄」

プレジデントオンライン / 2017年02月16日09時15分

2つめは、小野薬品工業です。がん免疫治療薬『オプジーボ』の薬価引き下げで業績は低迷しており、株価は先行して下落しています。医薬品セクターは、大統領選でも取り上げられたアメリカの薬価引き下げ案等を受けて売られていますが、需要がなくなることはありません。今後は緩やかな安定成長に入るのではないでしょうか」 フィスコリサーチアナリストの飯村氏が注目する銘柄は次の [全文を読む]

「EvaluatePharma(R) ワールドプレビュー 2016 2022年への展望」日本語版リリースのお知らせ

JCN Newswire / 2016年12月12日16時00分

● 外資系製薬企業で売上を伸ばしたのはイーライリリーとバイエルだけであり、日本の製薬企業では、小野薬品工業が「オプジーボ」の好調な立ち上がりにより最高の成長を記録した。(+18.1%)● PD-1阻害薬の売上とその高薬価は、日本の一部新薬のコスト高に対する注目をさらに集める結果となっており、政府は薬剤費抑制のためさらに対策をとることが予想される。● 第一三 [全文を読む]

次世代ガン治療薬・オプジーボ。現役医学博士から見た期待度は?

まぐまぐニュース! / 2016年11月22日20時00分

image by: 小野薬品工業 『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』 著者:しんコロ ねこブロガー/ダンスインストラクター/起業家/医学博士。免疫学の博士号(Ph.D.)をワシントン大学にて取得。言葉をしゃべる超有名ねこ「しおちゃん」の飼い主の『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』ではブログには書かないしおちゃんのエピソードや [全文を読む]

小野薬品工業株式会社 プロモーション資材審査システムのプラットフォームとして『Veeva Vault PromoMats』を導入

@Press / 2016年11月08日11時00分

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、ライフサイエンス業界向けクラウドアプリケーション『Veeva Vault PromoMats』が、このたび小野薬品工業株式会社(代表取締役社長:相良 暁、本社 大阪市中央区)で、プロモーション [全文を読む]

1人年間3500万円…画期的がん治療薬、利用急拡大で国家破綻が危ぶまれる事態に

Business Journal / 2016年11月05日06時00分

オプジーボは免疫力を高めることにより悪性腫瘍を攻撃する新しいタイプの抗がん剤で、京都大学名誉教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏の研究がきっかけで開発され、日本の小野薬品工業が製品化している。 いわゆる「免疫療法」は自由診療で効果が不確かなものも多いが、オプジーボは薬事承認された確かな薬品であり、これまでの治療で効果がなかった患者を救えるようになることが期 [全文を読む]

画期的ながん治療薬、費用は1人年間3500万円!驚愕の高価格になる製薬業界の異常な慣習

Business Journal / 2016年07月15日06時00分

世界に先駆けてこの薬を実用化したのは、関西の中堅製薬会社、小野薬品工業です。 今回はオプジーボの驚愕の価格について解説していきます。●薬剤費は1年間で3458万円! オプジーボは、その効果のみならず、医療費の問題でも注目を集めています。このオプジーボを肺がん患者が使うと、一体いくらかかるのでしょうか。その薬剤費がどれくらいになるのか実際に計算してみたいと思 [全文を読む]

劇的にがん患者の生存率を高める夢の新薬で、一部の人に重篤な糖尿病等の副作用発生!

Business Journal / 2016年07月14日06時00分

世界に先駆けてこのチェックポイント阻害剤を実用化したのは日本の中堅製薬会社、小野薬品工業です。今回は、「オプジーボの効果」について考えてみましょう。●劇的な効果を示した治験 オプジーボは2014年7月に皮膚がん「悪性黒色腫(メラノーマ)」の新薬として、世界に先駆けて日本で承認されました。15年12月には肺がんについても追加承認されたのです。 オプジーボは [全文を読む]

最も高い「がん消失」率のがん治療薬誕生!抗がん剤よりはるかに効く!根治切除不能でも治療

Business Journal / 2016年07月10日06時00分

世界に先駆けて免疫チェックポイント阻害薬を実用化したのは、関西の中堅製薬会社である小野薬品工業です。 本連載では、オプジーボに関して効果や副作用などを細かく検証してみたいと思います。今回は、オプジーボが誕生するまでの流れをみてみます。●オプジーボががんに効く仕組み 2012年、「オプジーボが従来の抗がん剤と比べ、極めて有効」という論文が臨床医学誌「ニュー [全文を読む]

日本が生んだ夢の「がん治療薬」、たった一剤で国を滅ぼす

まぐまぐニュース! / 2016年06月12日19時30分

日本では京大の本庶佑博士の研究チームが開発に努め、小野薬品工業が日本初の免疫チェックポイント阻害剤・ニボルマブ(商品名オプジーボ)の発売を2014年9月から開始した。最初は「根治切除不能な悪性黒色腫」に対して承認され、2015年12月に「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」へ適応が拡大され、今後他のがんに対しても適応が拡がると予想される。大腸炎、皮膚炎 [全文を読む]

演技派女優・山口まゆ 話題の出産シーンは「自分の殻を破れた気がします」

anan NEWS / 2016年04月19日22時00分

ACジャパンや小野薬品工業のCMでもおなじみ。 ◇オシャレに興味津々! 特にバッグがスキ。かわいいのを見つけるとつい買っちゃう。最近はリュック派です。 ◇卒業式でもらった感動のメッセージ。大変だった日々を思い返し、卒業式は泣けました。友人からの手紙は宝物! ◇きれいな景色に出合うと撮らずにはいられない! 夕陽や風景などをスマホで撮影しては、自分で見て楽しん [全文を読む]

武田薬品の危機…収益悪化で世界トップ10入りの夢が頓挫、大型M&A軒並み失敗

Business Journal / 2016年01月22日06時00分

小野薬品工業はがん免疫薬「オプジーボ」が肺がん治療薬として承認され、これを材料に株価は急騰。15年12月18日には2万2400円と上場来高値をつけた。ただ、1月14日には1万8000円まで値下がりした。●カギ握る銀行 今後、銀行主導の再編もあり得る。 三菱東京UFJ銀行をメインバンクとする製薬会社は、小野薬品のほか排尿障害改善薬の日本新薬、慢性疼痛治療薬の [全文を読む]

爆騰期待の大化け株 3人のプロが「バイオ・医薬」を挙げる

NEWSポストセブン / 2016年01月05日16時00分

小野薬品工業(東証1部・4528)は『オプジーボ』というがんの治療薬があり、従来は皮膚がんのみとされてきましたが、その他のがんに対しても有効であることがわかり始めました。現在、臨床試験を進めており、過去最大級のがん治療薬になる可能性を秘めています」 ※週刊ポスト2016年1月15・22日号 [全文を読む]

肺がんは5年頑張れば死なずに済む病気に 新薬が注目集める

NEWSポストセブン / 2015年12月23日07時00分

小野薬品工業が開発した「ニボルマブ(商品名・オプジーボ)」が「悪性黒色腫(メラノーマ、皮膚がんの一種)」の新規治療薬として承認された。 今後は「近い将来、肺がんでも適用される予定」(前出・河上教授)だという。 ※週刊ポスト2016年1月1・8日号 [全文を読む]

フォーカス