砂塵のニュース

新発見は空飛ぶ魚! 南米アマゾン維持に不可欠な砂塵の正体とは

GIGAMEN / 2014年10月06日07時00分

南米・アマゾン熱帯雨林の健全性維持に重要な役割を果たしているのは、アフリカから風で運ばれる砂塵の大部分を占める化石化した魚の骨でした。英リーズ大学公式ウェブサイトが9月下旬、明らかにしました。 南米・アマゾンとアフリカ北部・サハラ砂漠の砂塵の密接な関係は、以前から知られていました。 中部アフリカ・チャドのボデレ低地から南米まで運ばれる砂塵は、植物の健全な成 [全文を読む]

緑地で北京に青空を、PM2.5捕捉を目指す―中国

Record China / 2017年04月19日21時50分

中国国家林業公益性業界重大科学研究特別プロジェクト「森林のPM2.5などの粒子状物質への制御機能・技術の研究」によると、北京市の海淀区・朝陽区・豊台区などの市街地6区すべての植物の、年平均砂塵捕捉量は9789トンに達する。うちPM2.5は105トン、中型粒子状物質は1227トン、大型粒子状物質は8457トン。緑地と植物により、北京の大気レベルが「2級優良」 [全文を読む]

日本にも飛来?中国北方各地を襲う強い砂嵐、その原因を分析―中国メディア

Record China / 2017年05月07日09時50分

4日の夕方時点で、中央気象台は砂塵青色警報を引き続き発令している。新華社が伝えた。 気象モニタリングデータによると、今月3日に始まった今回の砂嵐は、範囲が非常に広いことが特徴で、新疆、甘粛、寧夏、陝西、内蒙古、山西、河北、北京、天津、遼寧、吉林、黒龍江の10数省(自治区・直轄市)の総面積163万平方キロメートルに影響が及んでいる。また、砂嵐が極めて強大で、 [全文を読む]

春のまとめ 顕著な高温 黄砂少なく

tenki.jp / 2016年06月02日15時24分

黄砂は、モンゴルにあるゴビ砂漠やタクラマカン砂漠の雪がとけ、強風や砂塵嵐によって巻き上げられた砂が、上空の偏西風に乗って、日本まで流れ込んでくるものです。モンゴルでの砂塵嵐の発生数を調べてみると、黄砂が話題となった2006年と同じぐらいの発生数を観測しています。 その割に、日本での観測数が少ないのは、今年は5月中の寒気の南下がほとんどなかったことが理由に [全文を読む]

発がん性物質を含むPM2.5 中国だけでなくインドでも発生中

NEWSポストセブン / 2015年04月20日16時00分

「黄砂は、中国大陸内陸部のゴビ砂漠などの砂塵が風によって数千mの高度にまで巻き上げられたもので、粒径は4.5μm(マイクロメートル。1μmは1000分の1mm)くらいのものが多いです。春の偏西風に乗って遠くまで運ばれ、日本にも飛来します。土壌物質なので有害性は低いですが、中国の上空を通って日本に飛んでくる途中で化学物質、排ガスなど有害物質が多く吸着してお [全文を読む]

【フジテレビ】 超耐久型オフロード・レース映像をネットで無料配信 『「キング・オブ・ハマー2012」 ~最も過酷なレース 砂塵の向こうへ!~』 7月17日(火)より

PR TIMES / 2012年07月10日13時18分

=========================================================================全米で話題沸騰!超耐久型オフロード・レース映像をネットで無料配信『「キング・オブ・ハマー2012」 ~最も過酷なレース 砂塵の向こうへ!~』 7月17日(火)より配信スタート http://misanga.fuj [全文を読む]

愛車のボディを汚す「黄砂」、洗わずに放置するとどんな悪影響を及ぼすの?

clicccar / 2017年05月09日11時33分

黄砂は「Asian Dust」とも呼ばれ、東アジアのゴビ砂漠、タクラマカン砂漠域や、黄土地帯から強風により吹き上げられた多量の砂塵(黄砂)が上空の風に乗って浮遊する現象で、主に砂嵐が発生源とされています。 日本で1年間に飛来する黄砂の量は、1平方キロメートル当たり1~5トンにもなるそうで、その粒子は0.5〜5ミクロン程度と細かく、過去には太平洋を横断し、 [全文を読む]

ビクトリノックスが『ビクトリノックス・スイスアーミー』のダイバーズウォッチにステンレススチールベルトモデルを追加 5月1日発売へ

ガジェット通信 / 2017年04月27日14時00分

高さ10mからコンクリートへの自然落下テスト、64トンの戦車にひかせる耐圧テスト、砂嵐の中や洗濯機の中での約2時間の耐砂塵、耐防水テストなど、スイス腕時計産業標準(NIHS)の項目とは別に30の独自耐久テストを加えた計130のテストをクリアしているとのこと。 『I.N.O.X プロフェッショナルダイバー』は、200m防水に対応。プロフェッショナルダイバーズ [全文を読む]

戦車に轢かれてもOKな「I.N.O.X.V」が軽くなって使いやすそう!

&GP / 2017年04月15日12時00分

64トンの戦車に轢かせる耐圧テスト、砂嵐の中や洗濯機の中での約2時間の耐砂塵テストなど、従来モデルと同様の130ものテストをクリア。おなじみのパラコードストラップには、グレー×ピンクやブルー×レッドの軽快な配色を採用、カジュアルながらおしゃれに使える仕上がりです。 このほかホワイト、ブラックのラバーストラップモデルを合わせて計4モデルをラインナップ。価格は [全文を読む]

一日の中で冬と初夏が共存

tenki.jp / 2017年04月14日20時00分

※巻き上げられるものが、砂が多い場合は砂塵(さじん)と呼ばれます。 新潟市の最大瞬間風速は17.2メートル/秒。11時55分に観測されました。 今後も風が強く、空気が乾いている時はチリや砂などが舞い上がりやすくなりますので、車の運転など十分お気をつけください。 [全文を読む]

ビクトリノックスが腕時計『ビクトリノックス・スイスアーミー』のミディアムサイズモデル『I.N.O.X. V』を5月1日発売へ

ガジェット通信 / 2017年04月12日13時00分

高さ10mからコンクリートへの自然落下テスト、64トンの戦車にひかせる耐圧テスト、砂嵐の中や洗濯機の中での約2時間の耐砂塵、耐防水テストなど、スイス腕時計産業標準(NIHS)の項目とは別に30の独自耐久テストを加えた計130のテストをクリアしています。 『イノックス V』は、従来モデルの直径43mmから直径37mmに小型化し、約30%軽量になったモデル。ケ [全文を読む]

耐久低いチューンドカーで耐久レースをやってみた時代があった

clicccar / 2017年03月10日11時54分

レース修了後、ほとんどのマシンは、再び自走で帰路についたのだ! [この日、春一番の風が巻き上げ、砂嵐のような砂塵が舞い上がっていたようです。写真を見ただけで・・・目が痛い!] <筑波チューンドカーレース総合結果> 1位 RE雨宮自動車・RX-7 13Bサイド Dr. 雨宮勇美/井上ハルオ 2位 トラスト・セリカXXツインターボ Dr. 人見隆作 3位 エッ [全文を読む]

砂、振動、落下…そして洗濯機!「TORQUE X01」は最強ケータイだった

&GP / 2017年02月24日07時00分

▲お菓子の袋がパンパンに膨らむ低圧条件でもOK ▲バナナがカチカチに凍る低温でも壊れない ▲細かな砂塵に埋もれたって平気 ▲こちらは電源をONにしてから、なんと5日目 ▲ブルブル振動する機械に巻きつけられたTORQUE。耐振動もバッチリ ▲湯気ホカホカのお手拭きマシンの中に入れられたってへっちゃら ▲「あっ」と声が出てしまいそうな瞬間。下にはコンクリート [全文を読む]

カーボンケースが強さの証!タフさと個性が融合した「イノックス」新モデル

&GP / 2017年02月03日08時00分

耐衝撃や耐圧、耐砂塵、耐防水、耐熱耐寒、耐加重、耐腐食など、独自の30項目を含む130もの試験をクリアする驚きの耐久性と堅牢性を備える。 ▲ラバーストラップの「241777」モデル 新登場の「I.N.O.X. CARBON」はその名の通り、ケース部分に軽く耐久性の高いカーボン素材を採用し、フェイスやケース、ストラップを黒で統一したオールブラックモデルだ。ス [全文を読む]

火星に不時着した「ハート型UFO」をNASAが激写! 専門家「操縦席も発見」、「修理すればまだ飛べる」

tocana / 2016年11月24日07時30分

確かに、三角形型UFOらしきものがハッキリと写っているではないか! 機体後方の砂塵の乱れは着陸時の衝撃によるものだろうか? いずれにしても、無事に着陸したというよりは、何らかのトラブルが発生し緊急着陸したかのような印象を受ける。「UFOvni2012」によると、全長はなんと190m! 一般的なスペースシャトル(40~60m)の3~4.5倍ほどもあるとなる [全文を読む]

超タフウォッチ、ビクトリノックス「I.N.O.X.」にチタンケースが登場!

&GP / 2016年09月14日07時00分

高さ10mからコンクリートへの自然落下衝撃テスト 64トンの戦車に轢かせる耐圧テスト 砂嵐の中や洗濯機の中での約2時間の耐砂塵・耐防水テスト -51℃から+71℃まで耐熱耐寒テスト 12Gでの加減速による耐加重テスト ガソリン・溶剤・洗剤や殺虫剤などの化学薬品による耐腐食テスト これらを含め計130のテストをクリアした、これでもかというほどタフな時計です [全文を読む]

ビクトリノックス・ウォッチ「I.N.O.X. TITANIUM」

PR TIMES / 2016年09月13日14時18分

高さ10mからコンクリートへの自然落下衝撃テスト、64トンの戦車に轢かせる耐圧テスト、砂嵐の中や洗濯機の中での約2時間の耐砂塵、耐防水テスト、また-51℃から+71℃まで耐熱耐寒テスト、12Gでの加減速による耐加重テスト、さらには、ガソリン、溶剤、洗剤や殺虫剤などの化学薬品による耐腐食テストなど、スイス腕時計産業標準(NIHS)項目とは別に、30の独自耐久 [全文を読む]

「ハンターヒーロー -HUNTER HERO-」強敵を打ち倒し、難攻不落の塔を踏破せよ!新ダンジョン「試練の塔・極」実装決定!

PR TIMES / 2016年09月08日19時05分

見事、彼らに勝利すると、強力な一撃で敵の動きを阻害するパートナー「<異界の砂塵>べスター」を仲間にするための心得などが獲得できます![画像3: http://prtimes.jp/i/15059/45/resize/d15059-45-298448-5.jpg ][画像4: http://prtimes.jp/i/15059/45/resize/d1505 [全文を読む]

爆音演習で不眠…「オスプレイ訓練」へ沖縄県民の悲鳴相次ぐ

WEB女性自身 / 2016年09月02日06時00分

離発着のときには、巨大な風圧で砂塵を巻き上げ、周囲の木々をなぎ倒し、環境を破壊する。墜落事故が多く、飛ぶときに発する低周波による健康被害が指摘されている。オスプレイの爆音や低周波に驚いてパニックを起こしたのか、やんばるの森にしか生息しない、国の天然記念物であるノグチゲラという鳥が相次いで窓ガラスに激突して死んでいるのが見つかっている。さらに夏前から増加して [全文を読む]

火星で活動中の「カニ」が激写される! 移動した痕跡までハッキリ残存

tocana / 2016年08月18日07時00分

火星にはしばしば強風が吹き荒れ、それにより火星表面の砂塵は刻一刻と形を変えるため、砂地の痕跡が長時間残るとは考えにくいからだ。また、他に類似した線が近くに見られないことから、風によって形成されたものでもなさそうだ。 平均気温マイナス43度の極寒砂漠を歩き回る「火星カニ」。もし本当に生き物だとしたら、驚異的なタフネスだ。さらに生命維持や移動にはエネルギーが必 [全文を読む]

フォーカス