東京外国語大学のニュース

東京外国語大学が「建学150周年基金」事業のためインターネットからの寄付金募集を開始 ~さくら情報システムの「寄付金クラウド」を導入~

@Press / 2014年04月10日10時30分

国立大学法人東京外国語大学(所在地:東京都府中市、学長:立石 博高)は、2023年に建学150周年を迎えるに当たり、2014年1月に「建学150周年基金」事業を開始しました。寄付金募集においては、さくら情報システム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:入江 昭彦)が提供するWeb上で寄付金の申込から決済までを完了できるクラウドソリューション「寄付金ク [全文を読む]

日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2016-2017」(2016年8月実施)【首都圏編】大学ブランド力トップ3は、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学 「いま注目されている、旬である」大学に、青山学院大学

@Press / 2016年11月30日11時00分

【調査結果のポイント】■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の得票率を束ねて算出した総合スコア)・東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学がトップ3・前回からの上昇率は、東京外国語大学が第1位。東京海洋大学、お茶の水女子大学が続く■大学特有の魅力として・「教育機関としてのビジョンがある」「コミュニケーション能力が高い」など4項目で東京外国語大学が第1位を [全文を読む]

【経済界新書・最新刊】「人が死滅する中国汚染大陸~超複合汚染の恐怖~」を発売

DreamNews / 2014年07月25日09時00分

東京外国語大学中国語学科卒。東京外国語大学大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学、東京外国語大学などで非常勤講師を歴任。2004年夏~2005年夏にかけて台湾の明道管理学院(現、明道大学)で教鞭をとる。2011年4月~2014年3月まで拓殖海外事情研究所附属華僑研究センター長。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学非常 [全文を読む]

東京のおでかけサイト「Let's ENJOY TOKYO」 第4回 学園祭グランプリ

PR TIMES / 2012年12月20日12時29分

東京外国語大学「第90回 外語祭」が優勝 学生じゃなくても、ふらっと行って楽しい学園祭No.1が決定!■URL:http://gakusai.enjoytokyo.jp/ 飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)と東京地下鉄株式会社(東京都台東区、代表取締役社長:奥義光)が共同で運営する [全文を読む]

アメリカによる北朝鮮“空爆”や先制攻撃が「現実的には起こりえない」理由

週プレNEWS / 2017年05月18日15時00分

平和構築学が専門で“紛争解決請負人”の異名を取る、東京外国語大学の伊勢崎賢治教授は次のように分析する。 「一連の動きは、北朝鮮を仮想敵国としたアメリカ軍による壮大なデモンストレーションにすぎません。北朝鮮に対しての本格的な空爆や地上軍による先制攻撃など、現実的には起こりえません」 それはどうしてか? 「今回のシリアに対するアメリカのミサイル攻撃は、事前に [全文を読む]

【南スーダン】自衛隊はPKOの任務激化に対応を――伊勢崎賢治・東京外国語大学教授に聞く

ニューズウィーク日本版 / 2016年09月08日16時03分

紛争地での武装解除や開発援助に携わってきた東京外国語大学の伊勢崎賢治教授は時事通信社のインタビューに応じ、南スーダンに派遣された自衛隊への「駆け付け警護」の任務付与、国連平和維持活動(PKO)参加5原則、平和構築の課題などについて見解を示した。内容は次の通り。(インタビューは8月29日、聞き手=時事通信社解説委員 市川文隆、写真はニュース映像センター写真部 [全文を読む]

「ゆっくり考え、急いで動く」「言葉に頼らない」…世界トップの「学問の府」で受け継がれてきた教えとは? 『オックスフォードの自分を変える100の教え』電子版がリリース。

DreamNews / 2016年08月12日11時00分

【本書の項目例】信念には必ず原点がある意志と想像を一致させる仮面を脱ぎすてる言葉に頼らない挑戦しなければ見えてこない「違い」とつき合う急ぐときほどゆっくりせよ【著者略歴】岡田昭人 (おかだ あきと) 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。オックスフォード大学教育学博士。 1967年生まれ。同志社大学卒業後、ニューヨーク大学大学院で異文化コミュニケーシ [全文を読む]

日米地位協定がいかに「異常」であるか、参院選前の今こそ改正の声を上げるべき

週プレNEWS / 2016年07月01日06時00分

米軍による蛮行が沖縄で繰り返されるたびに問題になる「地位協定」とはそもそもなんなのか? 他国と比べて日米の協定はいかに不平等か? その問題点を解説した前編『どれほど特殊で不公平かを日本人は知らない? 憲法より「日米地位協定」をまず改正すべき理由』に続き、東京外国語大学大学院総合国際学研究科教授で、世界の紛争の現場に詳しい伊勢崎賢治(いせざき・けんじ)氏に [全文を読む]

どれほど特殊で不公平かを日本人は知らない? 憲法より「日米地位協定」をまず改正すべき理由

週プレNEWS / 2016年06月30日06時00分

東京外国語大学大学院総合国際学研究科教授で、世界の紛争の現場に詳しい伊勢崎賢治(いせざき・けんじ)氏に聞いた。 ■地位協定を生んだ米ソの冷戦構造 ―今年4月、沖縄県うるま市で、米軍関係者による日本人女性への強姦(ごうかん)殺人事件が起きてしまいました。しかし日米の両政府は今回も「地位協定」の改正には一切踏み込まず、「運用の改善」で済まそうとしているようです [全文を読む]

『難民の日』トークイベント 吹き荒れる暴力~テロの背景にあるもの~

PR TIMES / 2016年05月13日19時25分

6月20日の『世界難民の日』を前にAAR Japan[難民を助ける会]がお送りするトークイベントでは、シリアの専門家、東京外国語大学教授の黒木英充さんと、中東と アメリカを長年にわたり取材してきたジャーナリスト、読売新聞社の岡本道郎さんをゲストにお迎えし、AAR理事長の長有紀枝とともにテロの背景と難民について考えます。 [画像1: http://prtim [全文を読む]

『難民の日』トークイベント「吹き荒れる暴力~テロの背景にあるもの~」

PR TIMES / 2016年04月26日14時48分

6月20日の『世界難民の日』を前に、シリアの専門家、東京外国語大学教授の黒木英充さんと、中東とアメリカを長年にわたり取材してきたジャーナリスト、読売新聞社の岡本道郎さんをゲストにお迎えし、AAR Japan[難民を助ける会]理事長の長有紀枝とともに考えます。[画像1: http://prtimes.jp/i/9344/19/resize/d9344-19- [全文を読む]

外国人も日本人も住みやすい東京をめざしたイベント東京5大学×二枚目の名刺「多文化共生都市・東京をめざして」を12月19日(土)、中野キャンパスで開催します

@Press / 2015年12月11日15時30分

そして、フェスタでは、山脇ゼミの企画運営によって、大学対抗多文化共生プレゼンコンテストが開催され、中央大学、東京外国語大学、法政大学、明治大学、早稲田大学の5大学のゼミが参加しました。 今回は、山脇ゼミと、ビジネスパーソンを中心とした社会人とSPO(社会的課題の解決をめざす団体)の出会う場を提供するNPO法人「二枚目の名刺」そして電通ダイバーシティ・ラボの [全文を読む]

経済失速と激化する権力闘争により壊死寸前の中国を徹底分析!『中国壊死――百年変わらない腐敗の末路』

DreamNews / 2015年11月25日16時00分

夫は東京外国語大学名誉教授、岡田英弘。 東京外語大学アジア・アフリカ言語研究所共同研究員、東京外国語大学・常磐大学・国士舘大学などの非常勤講師を歴任。最近は、ケーブルテレビやインターネット動画で、モンゴル史、韓国史、中国史、日本近現代史等の講義をしている。 代表作に『真実の満洲史[1894-1956]』(ビジネス社、岡田英弘監修)、『真実の中国史[1840 [全文を読む]

JMOOCにて、東京外国語大学「新タイ経済発展論」の受講受付を開始

PR TIMES / 2015年11月04日15時02分

~微笑の国「タイ」の多様な経済発展のあり方を学ぶ~ JMOOC公認のプラットフォーム「OpenLearning, Japan」(ネットラーニング提供・運営)において、本日より、東京外国語大学「新タイ経済発展論」の受講受付を開始 JMOOC[※1]公認のプラットフォーム「OpenLearning, Japan[※2]」において、本日より、東京外国語大学 宮田 [全文を読む]

小熊英二×伊勢崎賢治が語るマスコミ不信「デモをまともに報じない大手メディアは異常です」

週プレNEWS / 2015年09月22日11時00分

さらに国連PKO幹部として、シエラレオネなどで武装解除を指揮してきた自称“紛争屋”、伊勢崎賢治氏(東京外国語大学大学院教授)のふたりに「日本のデモ」をテーマに語り合ってもらった後編。(前編→「日本のデモはなぜもっと成果を誇らない? 政権は敏感に恐れている」) * * * 伊勢﨑 反原発デモや安保法案反対デモを開催するSEALs(シールズ)もそうですけど、テ [全文を読む]

国際日本学部・山脇ゼミが「多文化共生プレゼンコンテスト」を企画・運営10月10日(土)東京国際フォーラムにて

@Press / 2015年09月15日13時15分

中央大学、東京外国語大学、法政大学、早稲田大学の学生とともに、山脇ゼミも、東京を国籍や民族などにかかわらず誰にとっても住みやすい都市(多文化共生都市)にするにはどうしたらよいか、プレゼンを行います。 大学生による多文化共生プレゼンコンテスト 日時 2015年10月10日(土)13時~16時 会場 東京国際フォーラム G棟会議室 G402 テーマ 多文化共生 [全文を読む]

小熊英二×伊勢崎賢治「日本のデモはなぜもっと成果を誇らない? 政権は敏感に恐れている」

週プレNEWS / 2015年09月14日06時00分

反原発デモはなぜ多くの人を集めたのか? 普通の人たちのデモはこの国を変える力を持つのか? 作品を企画・製作・監督した慶應義塾大学教授の小熊英二(おぐま・えいじ)氏と、紛争解決のスペシャリストで若き日にインドのスラム街で社会運動のリーダーとして活躍した経験もある伊勢崎賢治(いせざき・けんじ)・東京外国語大学大学院教授に語ってもらった。 ―伊勢崎さんはこの映画 [全文を読む]

第6回 学園祭グランプリ 東京外国語大学 府中キャンパス 「第92回外語祭」が優勝!

PR TIMES / 2014年12月22日18時36分

学園祭No.1を決定するユニークな取り組み!■URL:http://gakusai.enjoytokyo.jp/飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)と、東京地下鉄株式会社(東京都台東区、代表取締役社長:奥義光)が共同で運営する東京のおでかけサイト「Let’s Enjoy TOKYO」 [全文を読む]

世界を目指す「スーパーグローバル大学」の役割

JIJICO / 2014年10月06日15時00分

トップ型には旧帝大や早稲田・慶應大学が、牽引型には東京芸術大や国際教養大、東京外国語大学など、特色ある大学が選ばれました。 さて、このスーパーグローバル大学を目指すことに、どんな利点があるのでしょうか。私の教え子に上智大学や東京外国語大学に通っている学生がいますが、口をそろえて「外国の言語・文化と接するのが当たり前に感じるようになった」と話しています。 現 [全文を読む]

日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【首都圏編】「いま注目されている」明治大学、「高い専門性」東京工業大学 国際性では、上智大学、東京外国語大学、国際基督教大学が上位

@Press / 2013年11月22日11時00分

本リリースURLhttp://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_3/【調査結果のポイント】■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)・東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学がトップ3に■その大学「ならでは」の魅力として・「いま注目されている」第1位に明治大学、「高い専 [全文を読む]

フォーカス