満州国のニュース

満州国に存在した「幻の大学」とスーパーエリートたちが目指した“五族協和の理念”とは?

週プレNEWS / 2016年04月19日11時00分

そんな大学が日中戦争の最中に、しかも日本の支配下にあった「満州国」に存在していたなんて、信じられるだろうか? 大学の名は「満州建国大学」(以下、建大)。満州国の最高学府として設立され、歴史の渦にもまれながら、1938~1945年のわずか8年足らずの間だけ存在した。 この「幻の大学」と卒業生たちの数奇な「戦後」を描き、第13回開高健ノンフィクション賞を受賞 [全文を読む]

JTBロイヤルロード銀座 愛新覚羅 溥儀 没後50年特別企画 ラスト・エンペラーの‘我が人生’を辿る旅 2コース同時発売!

PR TIMES / 2017年07月12日16時30分

当ツアーは、溥儀氏の足跡を辿りながら、改めて日本と満州国の歴史に触れ、新しい(現代の)中国を知る旅です。 ◆ラスト・エンペラーの人生を彼の目線から忠実に辿る 1コースは溥儀氏が人生の前半生と後半生を過ごした北京を中心とした「北京・天津4日間」。もう1コースは彼の足跡を辿ることを忠実に再現した「北京・天津・旅順・長春8日間」です。8日間コースでは生誕した北京 [全文を読む]

満州国立建国大学、スーパーエリートたちの夢とその後――「そこには言論の自由があった」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月07日17時30分

満州国立建国大学に在籍していた者たちに取材を試みた『五色の虹』(三浦英之/集英社)だ。かつての学生たちは、現在若くても85歳。鬼籍に入った者も少なくない。卒業から70年ほどが経つにもかかわらず、また、卒業後、日本・中国・ソビエトなど各地に散らばってしまったにもかかわらず、青春を共にした同窓意識はなお健在だ。本書から、時の流れの中に埋もれゆくところであった建 [全文を読む]

【著者に訊け】船戸与一 圧倒的スケールで描く『残夢の骸』

NEWSポストセブン / 2015年03月05日16時00分

【著者に訊け】船戸与一氏/『残夢の骸 満州国演義9』/新潮社/2200円+税 原稿枚数、7500枚超。全9巻に及んだ船戸与一著『満州国演義』が、『残夢の骸』をもって遂に完結した。その全てを「鉛筆で手書き」した船戸氏は2009年以来、癌との闘病を強いられつつ、第1巻から約8年に亘った道程は余人の想像を絶する。「今は脱力感だな。やれやれという以外、感想はない」 [全文を読む]

モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

ニューズウィーク日本版 / 2017年06月20日10時15分

あえて東京で結成したのは、大日本帝国がかつてモンゴル人の故郷に満州国と蒙疆政権を樹立したから。フランスが旧宗主国としてアフリカ各国の政治に関わるように、日本の関与をモンゴル人たちも求めている。今月初め、クリルタイは再び東京に集結。永田町の参議院議員会館で会見を行った。なかでも注目は、66~76年の中国の文化大革命期に内モンゴルで起きた大量虐殺・拷問に関する [全文を読む]

木村佳乃はロンドン!「海外生まれ」と聞いて驚く有名人ランキング

VenusTap / 2016年12月07日21時40分

■第4位:梅宮辰夫(41票)梅宮辰夫は旧満州国という、現在の中国東北部に存在した国家(現・中国)の生まれなのだとか。生まれたのは第二次世界大戦前の1938年3月11日です。満州国で生まれたという話は、2016年に放送された『ファミリーヒストリー』(NHK総合)でも取り上げられていました。医師である梅宮辰夫の父親が満州国にあるハルビン医科大学病院で勤務をし始 [全文を読む]

黒歴史を忘れない。日本人に突きつけられた「21世紀の不平等」

まぐまぐニュース! / 2016年05月17日19時30分

1930年代はじめ、満州国問題で国際連盟と揉めた。日本以外のすべての国が、満州国建国に反対した。それで、日本はブチ切れて、国際連盟を脱退してしまった。国民は、政府の勇気ある決断を支持し、帰国した松岡全権代表は、「国民的英雄」として、大歓迎されたのです。 しかし、その後の日本はどうでしょう? 世界を敵にまわして戦い、大敗北です。このことは、いまの日本人も「大 [全文を読む]

もし日本が「核を持つ」と言ったら、世界は反対しないのか?

まぐまぐニュース! / 2016年04月18日19時00分

日本がNPTから脱退し核武装に突き進めば、「満州国」の時と同じように、世界的に孤立して破滅するだろう。 戦前・戦中と同じように、アメリカは日本への石油輸出をとめることもできるし、過酷な経済制裁、金融制裁も課すこともできる。 とまあ、こんな話でした。 この件、「賛成」「反対」、本当に多くのメールをいただきました。日本の未来や安保について真剣に考えている読者 [全文を読む]

船戸与一氏「イスラム国が一面の真理を突いているのは確か」

NEWSポストセブン / 2015年04月02日07時00分

満州国という人工国家の成り立ちから終わりまでを、歴史に翻弄された四兄弟の生き様を通じて描き切る船戸与一氏の大河小説『満州国演義』(新潮社)全九部がついに完結した。 この小説は、歴史とは何か、国家とは何かという大きな問いを読者に突きつける。今の時代とどんな関係があるのか。作家・高山文彦氏が船戸氏に聞いた。 ──満州国という人工国家を考えた場合、どうしてもいま [全文を読む]

井沢元彦氏「ライダイハン問題をもっと議題にすべき」と提言

NEWSポストセブン / 2014年11月11日16時00分

中国は「日本は我が国を侵略し満州国という傀儡国家を作り人民を苦しめた」と主張するだろう。それはその通りであると認めた上で、戦後の日本はそのことを反省した上で中国が一流国家になるためにいかに膨大な援助をしてきたか、日本人の感覚ではそうしたことを口にするのは恥ずかしいことだが、相手は中国だ、そんな遠慮は無用である。 彼等は日本の援助でできた空港や公共施設も全 [全文を読む]

フォーカス