顔役のニュース

12星座【もしもオバさんになったら?】乙女座はぶりっこオバさん、蠍座はエロ熟女オバさん!

i無料占い / 2016年11月13日12時00分

■蟹座……みんなの顔役オバさん 愛情いっぱいで身内ラブな蟹座。トシを重ねるごとに、ただの顔なじみさえも身内となり、彼らのためにお節介まがいの親切をしまくるようになりそう。感謝されたり頼られるとうれしくて、世話焼きはさらにエスカレート。いつの間にか、「みんなのお母さん」的存在となって、「顔役」を自認することになるでしょう。■獅子座……セレブオバさん 賞賛を集 [全文を読む]

中国「人民元」が円を抜いた。IMFのSDR入りで世界第3の国際通貨に

まぐまぐニュース! / 2016年10月03日05時00分

そして、「世界の米国」の座を自ら降りて立て直しを図る一方、おそらく波乱する世界経済を安定させるために、新たな基軸と「顔役」が必要になります。僕には、その基軸がSDRで、顔役が中国になる可能性が高まったいうことに見えるのです。 IMF理事会によるバスケット評価手法の見直しは、基本的に5年に1回行われており、直近では昨年10月に開催され、この会合で、どの通貨を [全文を読む]

蟹江敬三 ロマンポルノで強姦魔を演じたときの感覚を語った

NEWSポストセブン / 2014年01月20日07時00分

勝の初監督作『顔役』(1971年)も、そんな一本だった。 「『顔役』が勝さんとの最初でした。素敵な人だと思いました。 僕は殺し屋の役で、床屋でヤクザを殺すシーンがあったのですが、椅子に横たわっている人がいて、『その陰から顔を出してニッコリ笑え』と勝さんは言うんです。笑いながら殺すというのが新鮮でしたね。それから、印象的だったのは、『録音部を困らせる喋り方を [全文を読む]

アントニオ猪木を悩ませたアリからの90億円請求

アサ芸プラス / 2012年11月22日09時59分

「アメリカ興行界の顔役とサシで話をつけた!」 猪木の懐刀、元新日本プロレス専務取締役営業本部長・新間寿氏(77)。新間氏と猪木の出会いは、まだ猪木が世に出る前のことだった。 * 「強くなりたいという願望があって、力道山先生の日本プロレスが主宰していた道場でボディビルを練習していたんだ。そこで、豊さんこと豊登(元力士、日本プロレス草創期の名レスラー。98年没 [全文を読む]

神戸山口組、抗争激化で「居酒屋禁止令」発令! “家飲みヤクザ”激増で、包丁が本来の目的に使用される異常事態

日刊サイゾー / 2017年05月14日19時00分

勢力で押されている側が盛り返したいときに、酒の席でいざこざを起こして“火種”を作るのが常套手段で、1960年にあった山口組と明友会との抗争とか、90年の八王子抗争などもそうでしたが、今はそうしたことは避ける姿勢があって、山口組系の組員だと基本、別の組織の縄張りで酒を飲む場合は、その地域の顔役に挨拶を入れてから行くようになったと聞きます」 しかし、東京・新宿 [全文を読む]

WHITNEY『Light Upon The Lake』Interview

NeoL / 2017年05月02日14時30分

人数が多いと、方向性を決めるにも中途半端になったり、バンドを一番最初に始めたときのマジックが薄れてしまうってことがあるんじゃないかな」 ―ところで、ホイットニーの地元のシカゴといえば、近年、チャンス・ザ・ラッパーやノーネームを顔役としてヒップホップやR&Bが盛り上がりを見せていますよね。 マックス「DJのジョーイ・パープ(※シカゴのラッパー集団、セイヴ・マ [全文を読む]

芸能人と宗教 三船美佳の協議離婚の裏に学会婦人部の動きも

NEWSポストセブン / 2017年03月20日07時00分

それでも、地域の信者が集まって会を開く幹部や顔役の家なら、200万~300万円の高い仏壇を買うかたも多いので、芸能人のプレゼントなら、そのクラスかもしれないですね」(教団関係者) Aが熱心な信者で、BはそのAに本気になっていることから、「仏壇を買ったことで、結婚も視野に入れているのではないか」(前出・芸能関係者)というのがもっぱらの見方だ。 [全文を読む]

木村拓哉の『キムトーーク』が始動?一方の4人には”止まらぬ冷遇”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月17日07時05分

顔役となる新番組の出来が気になるところだ。 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

「情に訴えかけるのは無駄」トランプとの向き合い方

経済界 / 2016年12月21日08時48分

マフィアの元顔役でモスクワからの移民フェリックス・セイターという人物はトランプタワーの27階に事務所を持ち、しばしば密談し、ロシア、ウクライナ、中国への進出に関して協議をしていた。 [全文を読む]

「天皇はちょっとおかしい」 安倍首相が生前退位ヒアリングにゴリ押しした“日本会議系学者“が天皇批判!

リテラ / 2016年11月09日12時00分

いわば、極右イデオロギーの"顔役"ばかりではないか。 と、思っていると、7日の初回ヒアリングでさっそく、その「専門家」からとんでもない発言が飛び出した。「ご自分で定義された天皇の役割、拡大された役割を絶対的条件にして、それを果たせないから退位したいというのは、ちょっとおかしいのではないか」 ヒアリング後に記者団にそう語ったのは、平川祐弘東大名誉教授。この平 [全文を読む]

「YKK秘録」にみる政治の活力―YKKの特質―

Japan In-depth / 2016年10月24日19時00分

普通の政治家は妻や子供が支えるが、小泉家は横須賀の代々顔役で、”小泉一家”ともいうべき様にみえた。 ▪️出身派閥の違う珍しいトリオー政治に活力を吹き込んだかーYKKは派閥全盛時代にあって、次の派閥領袖になる人物が派閥を越えて、沈滞している自民党政治に息を吹き込み活力をもたらそうと組んだ珍しいトリオだった。加藤氏が山崎氏に持ちかけ、加藤氏がもう一人に小泉氏の [全文を読む]

武豊、伊勢丹トークショーで「リップサービス」全開! 比類なき存在であるからこその「スター性」と「不安」

Business Journal / 2016年09月02日12時00分

競馬界の顔役・武豊騎手が1日、新潟伊勢丹のアートホールで開催されている、デビュー30周年を記念した「武豊展」でトークショーを行った。スターを一目見ようと、200人ものファンが会場を埋めた。 武騎手は「(今日のスーツは)伊勢丹で買いました」、一番気になる騎手は「藤田菜七子です。カメラの多さに嫉妬した」と相変わらずの「ユタカ節」で笑いを誘う。トーク終盤には30 [全文を読む]

「売名作戦」も即賞味期限切れ!? 武豊と「不倫疑惑」美馬怜子が一瞬で消えた「深刻理由」

Business Journal / 2016年08月10日14時00分

そもそもテレビやマスコミにとって大きなスポンサーであるJRAの顔役と不倫疑惑になったタレントを積極的に起用することもできませんしね」(記者) 美馬は地元の大分県では有名なホテルの社長令嬢。生活に困ることはなさそうなので、タレントをやれるうちは続けようということなのかもしれないが、それももはや風前の灯のようだ。 [全文を読む]

ジャニーズの御用マスコミだけ撮影許可?木村拓哉”熊本炊き出し”での塩対応

デイリーニュースオンライン / 2016年06月19日16時06分

ジャニーズ事務所の顔役に、陰りが見え始めている。SMAP解散騒動でも1人残留をいち早く決断した木村拓哉(43)だ。熊本地震の被災地で行われた石原プロモーションの炊き出しに参加した木村拓哉は、後輩のTOKIO・長瀬智也(37)、V6・岡田准一(35)と一緒に汗をかきながら焼きそばを作りふるまった。そんな木村の被災地入りは、ジャニーズ事務所の“思惑”が隠されて [全文を読む]

リアルな"部屋住み"とヤクザの本音満載の映画『ヤクザと憲法』|久田将義コラム

東京ブレイキングニュース / 2016年06月15日16時00分

つまり、その土地々々に「顔役」が「座して」いて、興行などを仕切っていたのではないかという説を採っています。 [全文を読む]

サミットのドサクサに紛れて悪法「酒の安売り規制」が成立、野党も自民党に同調した愚かしさとは

週プレNEWS / 2016年05月31日06時00分

しかも酒屋は地域の商店街の顔役を務めることが多く、商工票を取りまとめる力を持っている。政党からすれば、酒販組合や商店街は大きな票田なのだ。 もともと、自民党は昨年、中小の酒販店でつくる政治団体の陳情を受け、酒の安売り規制法案を成立させる腹積もりだった。しかし、消費者の評判が悪い上に、安保法制審議が予想以上に難航してしまった。そのため、国民受けの悪い法律の審 [全文を読む]

武豊、世界制圧なるか!? 全盛期の「殺人スケジュール」復活の兆しも、妻の佐野量子は......

Business Journal / 2016年04月01日15時00分

日本競馬の顔役、武豊。昨年彼が最も世間の注目を集めたのはフリーアナとの「不倫疑惑」ではあったものの、年末には香港G1「香港C」をエイシンヒカリで制し、国内のみならず海外でもその手腕を改めて見せつけてくれた。 そんな武騎手、今年はどうやら「旅人」になるという話がネットで話題になっている。いったいどういうことなのか。 武騎手といえば、先月26日の「ドバイワール [全文を読む]

警察は暴力団にいてもらわなくては困る事情あり

NEWSポストセブン / 2016年03月16日16時00分

溝口:抗争できない暴力団になっていくとすると、私は、今後は連合的な広域暴力団は衰退し、地元コミュニティの顔役としてしか、ヤクザの生き残る道はないのではないかと思います。鈴木さんはどうなると見ていますか。鈴木:暴力団はいわば様々な犯罪を細かく手がける“犯罪の雑貨屋”ですが、今後は海外の犯罪組織のように薬物なら薬物と専門に特化していくのではないかと思います。 [全文を読む]

京都のサーキット・イ ヴェント『いつまでも世界は...』が第三弾ラインナッブを発表

okmusic UP's / 2016年03月07日11時00分

企画メンバーは、KYOTO MUSE・VOXHALL・DEWEY、そしてLivehouse nano といったライブハウスの各店長や、モルグモルマルモ・THE ロック大臣ズ・タカダスマイルといった地元のミュージシャン、そして西島の呼びかけに共感した音楽好きたちなど、顔役から裏方の枠を越えた様々なメンバーから成る。また、今回からブッキングは一部キュレ―ション [全文を読む]

武豊にキングカズも......“レジェンド“の輝きに影を差す、親族の「薬物問題」とマスコミタブー

Business Journal / 2016年02月27日15時00分

若くして競馬界の「顔役」となった弟への嫉妬が膨張し、薬物に手を染めてしまったという。 1990年代後半から2000年といえば、当然武騎手がG1を含む重賞という重賞を勝ちまくっていた時期。騎乗技術においてはこの頃こそが"全盛期"という声も多く、JRA(日本中央競馬会)の売上が史上最高の4兆円を記録した97年とも重なる。 巨大すぎるムーブメントの中心にいた武騎 [全文を読む]

フォーカス