双葉郡のニュース

双葉郡医師会が「ヒフミル」を導入・後援

PR TIMES / 2016年09月07日10時40分

医療過疎が進む地域の状況に合わせた「ヒフミル病院版」を開発・提供し、 マイナー科疾患のトリアージなど原発地域で活動する医師をサポート この度、医師間(DtoD)臨床支援アプリ「ヒフミル」を展開する株式会社エクスメディオ(高知県高知市:代表 物部真一郎、以下エクスメディオ)は、今も東日本大震災による原発問題の渦中にある福島県双葉郡の医療体制に合わせた「ヒフミ [全文を読む]

全国の公務員30名が、鯖江市の「JK課インターンシップ」に参加!<10月11日(日)@鯖江市役所JK課>

@Press / 2015年10月07日17時30分

また、福島県双葉郡教育復興ビジョン推進協議会の他地域交流事業として、福島県双葉郡の中高生9名もプログラムに参加します。 ■ 鯖江市役所JK課・WEBサイト http://sabae-iju.jp/ ■「JK課インターンシップ」概要 日時:2015年10月11日(日)8時半~17時 場所:鯖江市嚮陽会館 大会議室(10時以降は鯖江市内各所にて活動) ※10月 [全文を読む]

“国内最大級” 最新設備を導入した結晶系太陽光モジュール製造工場を福島県内に新設! ~2017年7月6日(木)竣工式を開催~

DreamNews / 2017年06月08日14時00分

“エネルギーの総合企業”アンフィニ株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区湊町1丁目4番38号 代表取締役:親川智行)は、福島県双葉郡楢葉町に新設した工場の竣工式を2017年7月6日(木)に執り行います。 “エネルギーの総合企業”アンフィニ株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区湊町1丁目4番38号 代表取締役:親川智行)は、福島県双葉郡楢葉町に新設した工場の竣工式を [全文を読む]

“原発に最も近い病院”の医師が焼死…次女が語る孤独な闘い

WEB女性自身 / 2017年01月22日17時00分

だからいつかこんな日がくるだろうと後継者のことも考えていましたが、まさかこんな形で急に逝ってしまうとは 」 こう語るのは、福島第一原発から南に22km福島県双葉郡広野町にある高野病院理事長・高野己保さん(49)だ。高野病院は双葉郡8町村で唯一存続している民間病院で、稼働する病院としては原発に最も近い。常勤医師は震災後6年間、己保さんの父で院長だった故・高野 [全文を読む]

美味しんぼ騒動について原発作業員、被災者に再び聞いてみた by久田将義

東京ブレイキングニュース / 2014年05月20日16時00分

単純計算で二十人前後の双葉郡の住民やもっとも放射線を浴びているはずの作業員たちの間でも、鼻血が出るなんてことは聞いたことがないし、本人たちにもそういった症状は出ていないという。 しかし、元双葉町長・井戸川氏や取材に行った原作者・雁屋氏が鼻血を出して倦怠感を訴えている。これが「福島の真実」なのかと言われれば、違和感を感じないほうがおかしい。「井戸川氏や雁屋氏 [全文を読む]

福島県いわき市 歓楽街で遊ぶ避難者に憤り感じ快く思わぬ声

NEWSポストセブン / 2014年03月18日07時00分

翌2013年1月9日未明には、双葉郡楢葉町と広野町の避難者計1800人が暮らす仮設住宅などで、停めてあった車7台が何者かに破壊される事件も発生した。狙われたのは避難者のマイカーで、窓ガラスを叩き割られたりペンキがかけられたりしていた。 当時のいわき市長・渡辺敬夫氏が記者団に、「(双葉郡の避難者は)東電から賠償金を受け多くの人が働いていない。パチンコ店も満員 [全文を読む]

福島第二原発「燃料棒取り出し」緊迫の1日を密着ルポ!(1)「警報音が鳴ると、防護服を着ていても戦慄を覚えた」

アサ芸プラス / 2012年10月19日10時58分

東電福島第一原発事故による放射能汚染で、福島県沿岸部の双葉郡一帯に「警戒区域」という名の無人地帯が出現してすでに約1年半。区域内には福島第一原発の南12キロに東電が運営するもう1つの原発・福島第二原発が双葉郡富岡町と楢葉町にまたがって位置する。私が目にした使用済み燃料プールは、まさにこの第二原発のものだった。 東電福島第二原発は昨年3月11日の東日本大震 [全文を読む]

九州北部豪雨による大打撃を受けた福岡県東峰村『小石原焼』を福島県浪江町「大堀相馬焼 松永窯」にて期間限定で販売支援開始

@Press / 2017年07月19日09時30分

東日本大震災により、廃業を余儀なくされた、福島県双葉郡浪江町(旧大堀村)一円で生産される焼き物「大堀相馬焼」。その窯元のひとつである「松永窯」(4代目:松永武士)の店舗の一部を使い、九州北部豪雨によって大打撃を受けた福岡県朝倉郡東峰村の『小石原焼』を、期間限定で販売します。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/13 [全文を読む]

東日本大震災から6年…福島「避難者VS地元住民」県内断絶の悲劇実態!(1)県民同士がいがみあう状態

アサ芸プラス / 2017年03月11日09時55分

「市内に家を建てた双葉郡からの避難者が、この冬に隣人から『お宅の屋根から自分の敷地に雪が落ちてきた』と文句を言われたというんだ。『向こうでは、そんなこと言われたことがない』と相談されたが、その隣人が避難者を毛嫌いしているのを知っていたから何とも答えようがなかった」 被災地の住民対立について、直後から現地取材をしているフリージャーナリストの村上和巳氏が言う。 [全文を読む]

浪江町避難解除も豊かな生活戻らず…環境省“デタラメ除染”後編

WEB女性自身 / 2017年03月10日17時00分

「年間被ばく線量が※20ミリシーベルトを下回った」として、今年3月末に政府が避難指示を解除する福島県双葉郡浪江町。政府はこれまで、除染に4兆円注ぎ込んでいるが、いくら除染をしても「安心して住める」環境ではないことが本誌の取材で明らかになった。浪江町から東京都に避難中の門馬昌子さん(74)に現状を聞いた。 「夫は、ほとんど病気もしたことがない元気な人でした。 [全文を読む]

フォーカス