宇多天皇のニュース

平安時代の極上キャットフード!?猫好き天皇が愛猫に与えた「乳粥」を再現してみた【にゃんこサライ特別編1】

サライ.jp / 2017年04月28日13時00分

宇多天皇の愛猫は黒猫だった。『寛平御記』には、明るい所では細くなる猫の瞳孔の描写もあり、宇多天皇が細部にわたるまで猫を観察していたことが伺える。文/一乗谷かおり猫飼いにとって必須のキャットフード。今ではペットショップに行かなくても、スーパーなどで当たり前のように売られており、猫飼いにとってはありがたい時代になった。その歴史は存外新しく、初めてアメリカでキャ [全文を読む]

日本はずーっと昔から猫ブーム!? にゃんとも猫まみれな歴史読み物『猫の日本史』

サライ.jp / 2017年04月15日15時00分

本書が取り扱う範囲は、宇多天皇治世の10世紀から明治維新期の19世紀後半までの約千年と広いが、内容が散漫になるのを避け、平安時代の天皇・貴族に飼われた猫、戦国期の戦国大名・公家と猫の関わり、江戸時代の町なかの猫の3章に区切られている。 第1章の出だしでは、日本史上において記録に残るはじめての猫として、宇多天皇の日記に書かれた黒猫が紹介される。「臥せると、 [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

仁和寺は光孝天皇が建立を発願した寺院を、第7皇子・宇多天皇が引き継ぎ888年に造営された寺院です。宇多天皇は31歳で、第一皇子・醍醐天皇に譲位し899年に法皇になりました(法皇は仏門に入った天皇)。仁和寺は宇多法皇が仁和寺に室(むろ)を構え、御所としたことからこの場所が「御室(おむろ)御所」と呼ばれるようになりました。その後御室は仁和寺一帯を指す地名とな [全文を読む]

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

中国の歴史や漢字を教える先生にもなり、宇多天皇に重宝され、天皇の秘書にまで出世します。しかし宇多天皇から醍醐天皇に代わると当時、左大臣だった藤原時平によって大宰府へ左遷されてしまいます。これが901年 昌泰の変(しょうたいのへん)です。藤原時平から見れば、あまりに優秀な道真は政敵だったのです。左遷された道真は京に戻る事が出来ず、そのわずか2年後に太宰府で亡 [全文を読む]

思わず背筋がゾッとする。京都の地名に隠された怖いエピソード8選

まぐまぐニュース! / 2017年05月09日04時30分

また、宇多天皇が真夏に雪が見たいと望まれたので、山に白絹をかけたという故事から「衣かけ山」と呼ばれたとも言われています。こちらの由来のほうがいいですね。 現在、衣笠山やきぬかけの道があるエリアは金閣寺、龍安寺など世界的に有名なお寺が点在する大人気の観光名所のひとつです。周りの多くは閑静な住宅地で立命館大学の衣笠キャンパスなどもあり、アカデミックでとても文 [全文を読む]

伝えられないからこそ気をつけて にゃんこの健康大丈夫?

ZUU online / 2017年02月22日17時10分

日本の歴史をみると、平安時代に宇多天皇が飼い猫を大変可愛がっていたという記述が残っています。鎌倉時代には、ネズミから食料を守るために一般の人も猫を飼うようになったといわれています。日光東照宮の眠り猫に代表されるように、日本人にとって猫は古くから大切なパートナーとして扱われてきたといえます。■猫がかかりやすい病気を知ろう猫は体の調子が悪くても飼い主に伝えるこ [全文を読む]

逆境に負けない力を得られる!?天満宮のご利益とは【1月25〜29日】

ANGIE / 2017年01月24日17時00分

宇多天皇の代にはその才を見込まれ、右大臣(今でいう副総理)にまで出世。 ですがその才能を恐れた他の公家たちにより、無実の罪に問われ、都から遠く離れた九州太宰府に左遷されたのです。道真公は太宰府の地で身の潔白を訴えながら、59歳で亡くなりました。 ところが道真公の死後、敵対関係にあった公家や、それに加担した者たちが次々と怪死。さらには御所が落雷に見舞われるな [全文を読む]

五重塔や国宝が立ち並ぶ!5分で知る仁和寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月16日16時15分

宇多天皇の勅願により888(仁和4)年に創建。以来、明治維新まで代々皇子皇孫が住職を務めた門跡となり、その筆頭にあった寺院。京都3大門の一つ、二王門から境内に一歩足を踏み入れると、国宝の金堂や、重要文化財の五重塔、御影堂などの堂宇(どうう)に加え、仁和寺御殿と呼ばれる御所風建築物が立ち並ぶ。1994(平成6)年、世界文化遺産に登録。中門内の西側一帯にある御 [全文を読む]

10円玉でおなじみ「平等院鳳凰堂」の落書きでわかった庶民たちの苦悩

まぐまぐニュース! / 2016年06月12日19時00分

かつては、陽成天皇の隠御所があり、宇多天皇や朱雀天皇もこの地を晩年の御所としていた場所です。 現在の平等院の地は、源氏物語のモデルとなった源融(みなもとのとおる・嵯峨天皇の皇子)の宇治院があった場所とされています。この地は999年に藤原時代の栄華を築いた藤原道長が手に入れ、息子の頼通によって平等院が建てられたのです(ちなみに源融はこの地の他に現在の嵯峨清凉 [全文を読む]

観光客の少ない今が狙い目!梅の名所をめぐる京都「おとなの旅」

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日00時00分

平安時代、宇多天皇の病気平癒祈願のために、医薬の神である少彦名命(すくなひこなのみこと)を祭神として建てられた神社です。境内末社の大国社は、日本神話に因んだ狛犬ならぬ狛ネズミが鎮座することでも有名です。創建は古いですが、狛ネズミがつくられたのは、昭和44年とのことです。かつて大国主命が野火に囲まれ困っているとき、 ネズミが洞穴に導いて命を救ったという「古 [全文を読む]

節分の「豆」知識。どうして豆で鬼が追い払えるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年01月24日19時00分

平安初期、宇多天皇の時代に鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らしたと伝えられています。すぐさま鬼の穴を封じ、大豆で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたと言います。この時の故事伝説が鬼の始まりだとされているようです。豆は語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する。また「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、「魔」を「滅する」ことになります。いずれ [全文を読む]

旅行する大切な人に渡しておきたいお守り。太宰府天満宮の旅行お守りと航空お守り

GOTRIP! / 2016年01月16日10時06分

日本の平安時代の貴族として宇多天皇に重用されて寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで出世した当時の政界の出世頭でした。それをよく思わなかった時の左大臣藤原時平によって無実の罪を着せられてしまい、現在の福岡県・大宰府市へと左遷され、この地で生涯を全うしました。ところが道真公の死後、無実の罪である事が明らかになった上、天変地異が多発したことから、人 [全文を読む]

ついに動き始めた悠仁様 「帝王教育」のカリキュラムを紹介

NEWSポストセブン / 2013年05月19日16時00分

悠仁様もいずれ、宇多天皇が醍醐天皇への譲位に際して、天皇の心得を記して与えた『寛平御遺誡(かんぴょうのごゆかい)』や宮中の有職故実を順徳天皇自身が解説した『禁秘抄(きんぴしょう)』などの書物もしっかりと学ばれることになろう。 歌会始や月次(つきなみ)祭などでは和歌を詠まれるが、和歌をはじめ毛筆のため書道も欠かせない。天皇の「おことば」はすべてご自身で考えら [全文を読む]

フォーカス