名古屋工業大学のニュース

LINEスタンプに「触覚刺激」付与研究、87%が「感情が豊かに伝わる」と回答 名古屋工業大学、神戸デジタル・ラボが「触覚スタンプ」の研究を開始

DreamNews / 2017年04月20日14時00分

名古屋工業大学 大学院工学研究科の坂口正道准教授と株式会社神戸デジタル・ラボ 先端技術開発部長の山口和泰が触覚コミュニケーションに関する研究を開始しました。 LINEのスタンプに触覚刺激を付与することで感情がより伝わるかどうかを検証する実験では、参加したグループが課題のスタンプに対して触覚刺激を実装し、触感が感情の伝達に有効かどうかを評価した結果、87%が [全文を読む]

今年も全日本学生フォーミュラ大会をスポンサーします!

PR TIMES / 2017年05月18日14時42分

~オートバックスグループは学生のものづくりを応援します~同大会出場5校(東北大学・茨城大学・福井大学・名古屋工業大学・九州大学)を支援株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳)は、公益社団法人自動車技術会が主催する全日本学生フォーミュラ大会の大会スポンサー、および出場予定の東北大学、茨城大学、福井大学、名古屋工業大学、九州大学の5 [全文を読む]

ヘンケル、「全日本学生フォーミュラ大会」参加14大学を製品サポート ~京都工芸繊維大が総合1位。名古屋工業大、名古屋大、同志社大は総合3、4、6位に~

DreamNews / 2016年09月21日12時00分

このうち京都工芸繊維大学が総合1位、名古屋工業大学が3位、名古屋大学が4位、同志社大学が6位に入賞しました。ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:金井博之)は、9月6日~10日に静岡県の小笠山総合運動公園で開催された「第14回全日本学生フォーミュラ大会(主催:公益社団法人 自動車技術会)」に参加 [全文を読む]

豪雨対策BCPセミナー「首都水没」にどう備える!?

DreamNews / 2014年09月09日17時00分

本セミナーでは、大都市圏の洪水リスクに詳しい公益財団法人リバーフロント研究所理事の土屋信行氏と、名古屋工業大学大学院教授で2012年に米東部を襲ったハリケーン・サンディの調査にあたった渡辺研司氏を講師に招き、企業としての豪雨対策について考えます。2014年9月24日(水)開催◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ [全文を読む]

日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【北陸・東海編】「いま注目されている」金沢工業大学、「他大学にはない魅力がある」日本福祉大学 大学ブランド力では、名古屋大学、南山大学、名古屋工業大学がトップ3に

@Press / 2013年11月22日11時00分

本リリースURLhttp://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_4/【調査結果のポイント】■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)・名古屋大学、南山大学、名古屋工業大学がトップ3に。名古屋大学は前年から6.0ポイント上昇■その大学「ならでは」の魅力として・「いま [全文を読む]

日本気象協会「熱中症ゼロへ」プロジェクト『熱中症セルフチェック』を新たに開発~ 年代・活動内容・現在いる場所の環境に応じた「自分だけ」の熱中症情報を提供 ~

PR TIMES / 2017年04月25日17時15分

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、名古屋工業大学(所在地:名古屋市昭和区、学長:鵜飼 裕之)と東北大学(所在地:仙台市青葉区、総長:里見 進)と共同で研究した熱中症リスクを評価する技術を応用し、個人ごとの熱中症の危険度を簡易的に診断する『熱中症セルフチェック』(以下、本コンテンツ)を開発しました。本 [全文を読む]

DVD『一流アスリートも実践! スポーツ能力向上のための集中力トレーニング講座』が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2017年01月20日16時30分

1963年 長崎県南島原市口之津町生まれ1981年 国立名古屋工業大学高分子工学科入学1989年 国立名古屋工業大学大学院博士前期課程材料工学科有機材料コース修了1989年 ミズノ株式会社入社(商品開発本部ウエア開発研究室配属)2003年 ミズノ株式会社退社(技術開発部ウエア開発課)2004年 元気塾設立(学習塾、カイロ整体院)2011年 アーティストフ [全文を読む]

大阪市内にて固定型受信機の有用性と見守りプラス活用実験

認知症ねっと / 2016年10月29日18時00分

認知症による徘徊者の捜索システムの研究開発のため実証実験開始 平成28年10月14日、認知症から起因する徘徊者の捜索システムの研究開発のため、固定型受信機を用いた位置情報の取得実証及び、徘徊者捜索の模擬訓練での徘徊見守りプラスの試験活用の実証実験を行うと、国立大学法人名古屋工業大学が発表しました。 場所はどちらも大阪市内協和西自治区内で、期間は位置情報の取 [全文を読む]

ネクストジェンのIP-PBX「NX-C1000 for Enterprise」が名古屋工業大学の次世代コミュニケーションシステム「マルチモーダル・ユニファイドコミュニケーションシステム」に導入

@Press / 2016年04月28日14時30分

株式会社ネクストジェン(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員 社長:大西 新二、以下 ネクストジェン)は、このたび、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)が構築した、国立大学法人名古屋工業大学(愛知県名古屋市、学長:鵜飼 裕之、以下 名古屋工業大学)の次世代コミュニケーションインフラ「マルチモーダル・ [全文を読む]

新曲の練習や、うろ覚えの楽曲の歌唱に最適!歌声合成技術を採用した新機能『ボーカルアシスト』を搭載

PR TIMES / 2013年10月28日12時12分

株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、社長:吉田篤司)は、本日10月28日(月)から、名古屋工業大学が中心となって開発した歌声合成技術を採用した歌唱補助機能『ボーカルアシスト』を業務用通信カラオケシステムの最新機種「JOYSOUND f1」および「JOYSOUND fR」に搭載します。本機能は、ボーカリストの生の歌声を収録した従来のお手本歌唱コンテンツ [全文を読む]

熱中症の危険性、どのくらいある? セルフチェックサイトが登場

Jタウンネット / 2017年06月11日07時41分

これは世界初だそうで、名古屋工業大学の平田晃正教授が開発したものです。年代や現在地などを入力平田教授は「これまで熱中症といえば最高気温や、暑さ指数などが指標とされてきた。高齢者がリスクが高いとしながらも、周りの人がどういう気配りをすればいいか分からない状況だった。それを瞬時にわかるシステムが必要と思い開発した」とお話されました。ツールに年代や活動の状況、現 [全文を読む]

事例で解説!ベストなユーザ体験を考えるWeb改善セミナー~検索ナビゲーションのパターン別改善事例×ユーザ中心のサイト設計事例~2017年6月28日(水)開催のお知らせ

DreamNews / 2017年06月08日11時00分

1989年名古屋工業大学 電気情報工学科 電子工学専攻を卒業し、株式会社リクルート入社。名古屋INS事業部、1996年からは大阪にて大企業ネットワークの企画・提案を担当。草創期のインターネット回線の活用についても企業向けに提案を行う。1998年より、東京に異動し、新しいポータルサイト「ISIZE」の立上げメンバーに加わる。その後、webとメールを活用したプ [全文を読む]

男女平等の理念のもと「女性を優先して採用」例も

NEWSポストセブン / 2017年05月18日11時00分

防災科学技術研究所、国立大学法人では名古屋工業大学や山梨大学、公立大学法人の熊本県立大学なども同様に、「同等なら女性優先」とする募集要項を掲げた職種がある。海洋研究開発機構に女性優先採用の理由を尋ねた。 「男女共同参画基本計画で科学技術学術分野においても女性採用の目標割合が盛り込まれていたため、それを達成しなければなりませんから、新規採用の研究者において女 [全文を読む]

「KIROBO mini(キロボミニ)」の音声にVoiceTextが採用

@Press / 2017年05月11日11時30分

本製品は名古屋工業大学の徳田恵一教授を中心として開発されたHMM方式の音声合成技術を利用しています。 ■VoiceText Micro製品ページ:http://voicetext.jp/products/vt-engine/ [本件に関するお問い合わせ先] HOYAサービス株式会社 音声ソリューション事業部 TEL:03-5913-2312 ホームページ [全文を読む]

「熱中症ゼロへ 2017シンポジウム」を開催~『夏季スポーツ時の熱中症対策』をテーマにディスカッションを実施~

PR TIMES / 2017年04月28日16時36分

本コンテンツを監修した名古屋工業大学大学院教授・平田晃正氏が「新しい熱中症予防コンテンツの発表と解説」として、本コンテンツで用いた技術の解説を行いました。本コンテンツは、今までのWBGT値では加味できなかった、個人差を考慮した予防策を診断できるのが特徴です。参会者からは「一般の人が興味を持ちやすく、視覚的に分かる情報なので理解しやすい」「発汗量や休憩時間の [全文を読む]

自分の危険度が分かる 「熱中症セルフチェック」公開

OVO [オーヴォ] / 2017年04月27日10時51分

屋内にいても熱中症にかかる場合があるが、みんなは自分の危険度をどのくらい把握している? 日本気象協会は、名古屋工業大学および東北大学と共同で熱中症リスクを評価する技術を開発。その技術を応用して、個人ごとの熱中症の危険度を簡易的に診断するコンテンツ「熱中症セルフチェック」(パソコン・スマホ対応)をサイト「熱中症ゼロへ」で公開した。 熱中症は、同じ気象条件下で [全文を読む]

「熱中症ゼロへ」プロジェクト2017 がスタート!「熱中症ゼロへ」プロジェクト シンポジウム開催 ~夏季スポーツ時の熱中症対策ほか、熱中症の最新情報を解説~

PR TIMES / 2017年04月14日13時20分

「熱中症ゼロへ 2017 シンポジウム」 日時 :2017年4月25日(火)16:00~18:00(開場15:30) 会場 :毎日ホール(千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル地下1階) 内容 : 開会 日本気象協会 常務理事 事業本部長 古市信道 講演 1.「天候の変化と今年の暑さと傾向について」日本気象協会 気象予報士 石榑亜紀子 2.「熱中症の [全文を読む]

コミュニケーションロボット「ATOM(アトム)」にVoiceTextが採用

@Press / 2017年04月04日11時00分

本製品は名古屋工業大学の徳田恵一教授を中心として開発されたHMM方式の音声合成技術を利用しています。 VoiceText Micro製品ページ:http://voicetext.jp/products/vt-engine/ [本件に関するお問い合わせ先] HOYAサービス株式会社 音声ソリューション事業部 TEL:03-5913-2312 ホームページ: [全文を読む]

ぬいぐるみ型ロボット「ここくま」にVoiceTextが採用

@Press / 2017年02月03日11時00分

本製品は名古屋工業大学の徳田恵一教授を中心として開発されたHMM方式の音声合成技術を利用しています。> VoiceTextキャラクターボイス(音声合成の声優事務所):http://voicetext.jp/voiceactor/> VoiceText Micro製品ページ:http://voicetext.jp/products/vt-engine/ [全文を読む]

制御システムに関わる全ての関係各社がナレッジを共有し連携することを目指す『重要インフラサイバーセキュリティコンファレンス』を初開催

PR TIMES / 2017年02月01日11時22分

実行委員長には新 誠一氏(制御システムセキュリティセンター(CSSC)理事長 / 電気通信大学 教授)と渡辺 研司氏(サイバーセキュリティ戦略本部・重要インフラ専門調査会 会長 / 国立名古屋工業大学大学院 教授)を迎え、講演には官公庁や各業界のトップ企業から実務者の方々にご登壇いただきます。重要インフラ事業者を始め、制御システムセキュリティに携わるすべて [全文を読む]

フォーカス