豪雪地帯のニュース

シャープ、産業用積雪対応多結晶太陽電池モジュールを発売

JCN Newswire / 2013年02月12日17時10分

業界トップクラスの積雪2.0mの耐荷重性能を実現Osaka, Feb 12, 2013 - (JCN Newswire) - シャープは、積雪2.0mの耐荷重性能を備え、豪雪地帯でのメガソーラー用途に適した産業用 積雪対応多結晶太陽電池モジュール「ND-240SA」を発売します。一般的に、北海道や東北などの豪雪地帯に設置する太陽電池モジュールには、雪の重み [全文を読む]

岩手県・西和賀で豪雪地帯をまるごと楽しむ『大人の遠足』“かんじき体験&古民家ランチ”プランを提供開始

@Press / 2017年02月06日11時30分

岩手県西和賀町の湯川温泉にて旅館業を営む「山人-yamado-」(運営:株式会社山人、代表取締役:高鷹 政明、所在地:岩手県和賀郡西和賀町)は、山人探訪「大人の遠足 ~ かんじき体験&古民家ランチ ~」という豪雪地帯西和賀(にしわが)ならではの冬を体験する新プランの提供を開始しました。▽「山人-yamado-」公式ホームページhttp://www.yama [全文を読む]

~全国に2万もの雪崩の危険箇所が!?~ 雪崩(なだれ)から身を守るために

PR TIMES / 2015年02月10日11時41分

国土の半分以上が「豪雪地帯」に指定されている日本では、毎年、雪崩(なだれ)による災害が発生しています。豪雪地帯の住民や登山者のほか、レジャー目的で訪れる観光客も巻き込まれるおそれがあります。今回は、政府広報オンラインより、「雪崩(なだれ)から身を守るために」をお伝えします。[画像1: http://prtimes.jp/i/7444/42/resize/d [全文を読む]

屋根からの「落雪」で通行人がケガしたら・・・建物の持ち主の責任はどうなる?

弁護士ドットコムニュース / 2013年12月02日16時15分

あたり一面真っ白に覆われた雪景色は眺める分には美しいが、雪かきや雪下ろしは、豪雪地帯に暮らす人々にとって悩みの種だ。降り積もり、シャーベット状になった屋根雪は氷の固まりのようなもので、落ちたところに居合わせたら命の危険すらある。 屋根雪をめぐり、Q&Aサイトにこんな相談があった。相談者の実家は豪雪地帯の福井県。実家の屋根から落下した雪が隣家の屋根を壊してし [全文を読む]

雪の中で半年眠らせた、まろやかな味わい「KURAND CRAFT PROJECT 雪中貯蔵」解禁!

DreamNews / 2017年04月18日17時00分

「雪中貯蔵」とは、雪でつくった天然の雪蔵の中でお酒を管理する豪雪地帯特有の貯蔵方法です。一般的な冷蔵庫では室内冷却器の霜取りなどで室温が変化したり、動作振動などでお酒にとって少なからずストレスが掛かります。それに対して雪蔵は、雪による自然冷却のため、室内温度の安定した静かな環境で貯蔵することが可能です。まさに日本酒にとっては理想的な熟成環境と言えます。 [全文を読む]

豪雪地帯の早春を名酒と名湯で満喫!新潟・松之山温泉【魅惑の温泉案内vol.101】

サライ.jp / 2017年04月14日21時00分

取材・文/関屋淳子 豪雪地帯で知られる新潟県十日町市。4月に入りようやく春めく長閑な里山です。冬はスキーヤーで賑わう松之山温泉は、美しい棚田やブナ林に囲まれる温泉で、開湯は南北朝時代に遡るといわれています。 傷ついた鷹が羽を休めていたことで発見されたと伝わり、上杉家の隠し湯ともされています。 松之山温泉・玉城屋旅館の露天風呂 松之山温泉は、約1200万年前 [全文を読む]

北陸新幹線、JR東海とJR西日本の「下らない領土争い」…無駄な迂回で建設費増大

Business Journal / 2017年03月31日06時00分

そのうえ、北陸新幹線は豪雪地帯を多く抱える。冬季の保守費用は馬鹿にならない。少しでも収益を確保するために、北陸新幹線の豪雪地帯区間を短くして新大阪駅までつなげたい。そんな思惑がJR西日本にはある。地元自治体の滋賀県にとっても北陸新幹線が米原駅に来ることは大歓迎。両者の思惑は一致していた。●領土争い しかし、そう簡単に事は運ばない。東海道新幹線は、JR東海が [全文を読む]

青山のファーマーズマーケットが“種”について考える2日間のイベントを開催!

FASHION HEADLINE / 2017年02月17日11時00分

また、2月18日の10時から16時までは新潟県長岡市特設ブースを設置し、新潟県でも有数の豪雪地帯である長岡の食材や伝統工芸を出展。豪雪地帯の長岡だからこその雪の恩恵を受けた、郷土が誇る冬の魅力を感じることのできる機会となっている。イベント出店者の活動など詳細はオフィシャルFacebookページ(https://www.facebook.com/farme [全文を読む]

雪の日の運転や雪国旅行の前に必見!【雪道ドライブの常識】〇×クイズ7問!

TABIZINE / 2017年01月20日07時30分

厳しい雪道や豪雪地帯を運転する予定のときは、あらかじめ交換しておきたいですね。カー用品店であれば数千円で売っていますよ。お店によっては雪用ワイパーブレードなどと表示されています。 問題2:車に積もった雪は、窓だけでなく天井の上も全部落とすべき 〇か×か 雪の降る日に屋外で自動車を停めると、車全体に雪が積もってしまうと思います。特に豪雪地であれば、ほんの1 [全文を読む]

困った雪の「JRだのみ」。やっと威力を発揮できた北海道新幹線

まぐまぐニュース! / 2017年01月18日17時00分

同メルマガ著者で鉄道に詳しい作家の冷泉彰彦さんは、北海道という豪雪地帯における「新幹線の威力」は決して低くないと評価しつつ、一方で「豪雪地帯ならではの課題」も存在していることを指摘しています。 北海道新幹線、雪との戦い(鉄道論) 北海道は現在も寒波に見舞われていますが、特に昨年のクリスマス直前の23日の大雪は記録的でした。札幌は十分に雪国だと思いますが、そ [全文を読む]

雪もパワー、精神的な支えにした青森山田、選手権史上最北の王者誕生

ゲキサカ / 2017年01月10日00時49分

雪国の豪雪地帯の中で選手たちが良く成長してくれたと思います」 今冬も11月末のある日、青森市内は一面雪に覆われていた。高校サッカー界を代表する強豪校のひとつとは言え、常に満足な環境でサッカーができる訳ではない。雪に加えて、プレミアリーグEASTのアウェー戦では関東まで600km、700kmある距離を9時間、10時間かけてバスで移動。過酷な環境にあるが、FW [全文を読む]

「家の教科書 ~住宅のプロはどんな家に住んでいる?~」第2回放送 新潟豪雪地帯の“雪とともに暮らしていく家”

PR TIMES / 2016年07月12日18時24分

今回の場所は日本有数の豪雪地帯である新潟県十日町市。2m~3mもの積雪とともに冬を過ごすことも珍しくありません。約142トンの雪の重さに耐える堅牢な家の構造体の秘密や、温かく暮らす工夫等、豪雪地帯ならではの家づくりについてお聞きします。暑い季節ですが、しんしんと降る白い雪を想像しながらご覧ください。放送日時: 2016年7月17日(日) 19:30~19: [全文を読む]

広島の豪雪地帯で米農家が育てたスッポン!休暇村吾妻山ロッジが「地元高野産スッポン鍋プラン」を4月8日に提供開始

@Press / 2016年04月07日13時30分

春から秋にかけて、期間限定で運営を行う休暇村吾妻山ロッジ(所在地:広島県庄原市、支配人:中島 真治)は、2016年の営業を開始する4月8日(金)より、豪雪地帯では珍しいスッポン養殖場で育てられた「地元高野産スッポン鍋プラン」を、11月30日(水)まで販売します。▼休暇村で提供するスッポン鍋https://www.atpress.ne.jp/releases [全文を読む]

博報堂アイ・スタジオのHACKistが、博報堂のスダラボと“雪かき”をゲーミフィケーションするIoTデバイス「Dig-Log」を共同開発!

@Press / 2016年03月07日15時00分

Dig-Logは、HACKistと博報堂のスダラボ、そして日本有数の豪雪地帯である新潟県にある長岡技術科学大学・工学部の上村 靖司教授(日本氷雪学会・評議員)と共同開発したもので、既存の雪かきスコップにアタッチメント式の感圧センサーを取り付けることでIoT化するデバイスです。感圧センサーによって除雪した雪の重さや消費カロリーを算出し、連動したスマホアプリ [全文を読む]

豪雪地帯・青森のご当地麺「つゆ焼そば」

ぐるなび / 2016年02月17日11時10分

国内でも有数の豪雪地帯である青森県だからこそ誕生したメニュー、出身者ならずとも食して欲しい一品だ。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。 [全文を読む]

2月は雪崩が最も多発する時期です。あらためてご注意を!

PR TIMES / 2016年01月26日11時43分

我が国は、国土の約半分が「豪雪地帯」(※)に指定されており、特に日本海側に集中しています。また、雪崩の危険箇所が人家5戸以上の集落を対象に指定されていますが、その総数は全国でおよそ2万か所を数えており、雪崩は暮らしに身近な危険のひとつです。 ※豪雪地帯豪雪地帯対策特別措置法にもとづいて指定。 雪崩は大きく「表層雪崩」と「全層雪崩」の2つのタイプに分けら [全文を読む]

「世界イグルー選手権 in 安芸太田」がゲレンデが溶けるほどアツい

デイリーニュースオンライン / 2016年01月23日11時00分

「そこに雪はあるか」広島なのに豪雪地帯!? ──広島は暖かいイメージですが、イグルーを作れるほど雪があるのですか? 柏崎さん 広島県といえば「みかん! 瀬戸内! あたたかい!」とイメージされる方が多いと思います。しかし、ここ広島県安芸太田町は“日本最南端の豪雪地帯”。町内には良質なパウダースノーが人気のスキー場が2か所あり、冬は多くのスキーヤーやスノーボ [全文を読む]

日光街道まるっと学び舎プロジェクトの記念講演「会社と街のかかわり方とかわり方を考えるダイアログ」~つながりを生み出す、会社と自分の未来コミュニティ~

DreamNews / 2015年05月14日15時00分

井口氏は、日本有数の豪雪地帯である越後湯沢の地域で旅館「HATAGO井仙」を経営している。周辺7市町村で構成される、「一般社団法人雪国観光圏」の設立にプランナーとして尽力し、「雪国食文化研究所」を設立した。岩井氏は、宇都宮を舞台に、若者の力を活かし社会課題を解決することを目指し、地域の中小企業と連携し、コミュニティづくり実践型インターンシップやビジネスプラ [全文を読む]

カナダの豪雪地帯にUFOが不時着?目撃情報が相次ぎ、ネット上でも大騒ぎに

AOLニュース / 2015年03月01日10時00分

2月末にカナダで未確認飛行物体UFOが飛来したという目撃証言が相次ぎ、ソーシャルメディアなどで話題になっている。 https://www.youtube.com/watch?v=0YWkhZwHK8s <関連動画はこちら> 2月18日マニトバ湖周辺で、巨大な光る物体をみたという証言が市民から多数寄せられたが、カナダ軍は軍隊の予行演習中だったと主張、カナダの [全文を読む]

カナダの豪雪地帯の住民が撮ったトンデモ映像が世界中で話題に【動画】

AOLニュース / 2015年02月26日22時00分

大西洋沿いのニューブランズウィック州南東部のディエップの豪雪地帯の模様を伝えた住民のビデオが話題となっている。 明るく話し始める男性だが、入り口のドアを開けると、すでに膝元より上まで雪に埋まった状態。さらに雪を掻き分けると男性の背丈よりも上まで雪が積もっている。 さらに自動開閉式の車庫を開けると雪に完全に埋まった車や、裏庭のドアを開けたら真っ白な雪しか見え [全文を読む]

フォーカス