北朝のニュース

尊氏はこんなにムチャクチャだった。学校で教えてくれない南北朝時代

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日08時00分

京都と奈良に2つの朝廷が並立していた南北朝時代。この「異常事態」、歴史の授業ではわずかな時間しか触れられないことがほとんどですが、無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』の著者・伊勢雅臣さんは、「この時代にこそ日本の国柄を理解する上で重大なポイントが潜んでいる」とし、南朝・北朝それぞれを詳しく解説しています。 歴史教科書読 [全文を読む]

金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常

Forbes JAPAN / 2017年02月24日17時00分

「マレーシアだからこそ、北朝鮮は暗殺を敢行できた」そう語るのは、2016年4月まで5年間、国連安保理の北朝鮮制裁委員専門家パネルとして、捜査の現場に立っていた古川勝久氏である。経済制裁下にある北朝鮮。しかし、工作員は、なぜ自由に海外で活動できるのか。古川氏が緊急寄稿する。2017年2月19日、マレーシア警察は、金正男暗殺事件に関与した疑いで、4名を逮捕し、 [全文を読む]

呉智英氏 韓国を「南朝鮮」と呼ぶ人に反応

NEWSポストセブン / 2017年04月10日16時00分

北朝鮮と韓国をどう呼ぶのかの移り変わりについて、評論家の呉智英氏が考察する。 * * * 先日東京の新橋駅を降りると、右翼が街頭演説をやっていた。内容は例の調子だったが、一つだけ、おっ、面白い、と思った。まだ勢いがあった頃の日本共産党が使っていた言葉が使われていたのだ。右翼活動家はしきりに、南朝鮮、南朝鮮、と言っている。 共産党は二十世紀末まで「韓国」とい [全文を読む]

全国35万人の「きくちさん」を菊池一族のふるさとにご招待 「きくちさんいらっしゃい事業」をスタート!

@Press / 2016年09月29日15時00分

長い歴史の中で最も隆盛を誇ったのは後醍醐天皇(南朝)と足利尊氏(北朝)が争った南北朝時代でした。15代武光が宿敵少弐頼尚を破り、南朝方の九州制圧に王手をかけた筑後川の戦い(大保原の戦い)は、北朝方6万余騎、南朝方4万余騎と伝わる九州史上最大の合戦でした。これは、日本の歴史上で有名な関ヶ原、川中島と並ぶほどの大きな戦だったとされています。北朝方を破った武光は [全文を読む]

河北省の遺跡で北朝の舍利函を発見―中国

Record China / 2017年05月22日23時50分

(提供/人民網日本語版・編集/YF) [全文を読む]

金正恩氏がセリエAの18歳FWに熱視線?

ゲキサカ / 2017年04月27日20時54分

北朝鮮の最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)氏がセリエAでプレーする北朝鮮人のカリアリFWハン・グァンソンに熱視線を送っているようだ。英『デイリー・メール』が報じている。 18歳のハン・グァンソンは3月10日にカリアリと正式契約し、セリエA初の北朝鮮人選手となった。当初は下部組織でのプレーも検討されていたが、すぐに頭角を現し、トップチームに抜擢。デビ [全文を読む]

カリアリがセリエA初の北朝鮮人選手となった18歳FWとトップチーム契約! 先日のデビュー戦でいきなりゴール

超ワールドサッカー / 2017年04月14日02時28分

▽カリアリは13日、U-19北朝鮮代表FWハン・クァンソン(18)と、新たに2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽先月、カリアリの下部組織であるカリアリU-19に登録されたハン・クァンソンは、9日に行われたセリエA第31節のトリノ戦に81分からプレー。北朝鮮人初のセリエAプレーヤーとしてのピッチに立つと、後半アディショナルタイム5分 [全文を読む]

『地球の歩き方』から台湾のランキング本が新登場!! 台湾をよりお得に旅するための250のマル得テクニックを掲載!

PR TIMES / 2015年12月17日12時00分

●台湾 グルメランキング小籠包/鍋/飯/麺/湯/包子/カキ氷/夜市/昼ごはん/台湾料理店/スイーツ/ビューティフード/茶藝館/カフェ/タピオカドリンク●そのほかのランキングおみやげ/エリア/定番観光名所/開運5大スポット【第2特集】知って得する、とっておきマル得テクニック250!「台湾交通アプリ活用術」「台北朝市&夜市の早見表」「台湾まとめ買いの極意」「故 [全文を読む]

社員に「北朝鮮人帰れ」の張り紙! ブラック企業大賞を攻撃した「アリさん引越社」はブラックどころかヘイト企業だった

リテラ / 2015年12月03日19時00分

先日11月29日、「週刊SPA!」(扶桑社)のweb版が「ブラック企業大賞はただの企業イジメ」と題して、同賞にノミネートされていたアリさんマークの引越社の井ノ口晃平副社長のインタビューを先行配信し、「ブラック企業大賞をエサに企業恐喝まがいの行為をして、金銭を要求することが真の目的」などという副社長の言い分をそのまま掲載していた。 本サイトは翌日11月30日 [全文を読む]

金日成が心臓発作を起こした「いわくつきの場所」 ― 北朝鮮最恐の心霊スポット3

tocana / 2014年12月13日11時00分

北朝鮮は社会主義国であり、「主体思想」により一部宗教を除きオカルトなどの非科学的なものは御法度とされている。 しかし、人間あるところに霊魂あり。心霊体験談も後を絶たないのである。それもそのはず、朝鮮戦争時には全土が戦場と化し数千万人の死者が出た上、供養もろくにされていないとなれば死者がさまよい出ても不思議ではない。 そんな中、北朝鮮での心霊スポットをいくつ [全文を読む]

やっぱり夏の夜にはコレ!「夏休みこども電書まつり」第3弾は、85円、170円が多数あり!の「夏のこわい話まつり」&「まんが日本の歴史まつり 第2弾」!

PR TIMES / 2013年08月01日14時32分

鎌倉時代後期を描く『日本の歴史6 元寇のあらし』、室町時代を描く『日本の歴史7 南北朝の争い』、安土・桃山時代を描く『日本の歴史8 天下の統一』が、いずれも8月14日まで170円にて配信中です。 全対象商品、半額以下のセールとなっておりますので、是非この機会をおみのがしなく! ※「まんが日本の歴史まつり 第1弾」(~8月7日)、「夏の読書習慣まつり」(~ [全文を読む]

乱のデパート室町時代から新たな展開! 新書『観応の擾乱』に発売前から期待が高すぎて止まらない

おたぽる / 2017年06月08日21時00分

亀田氏はこれまでも『南朝の真実:忠臣という幻想』(吉川弘文館)や『高一族と南北朝内乱』(戎光祥出版)といった、歴史クラスタならば必ず読んでおくべき本を書いてきた歴史家である。そんな人物が手頃な価格の新書で「観応の擾乱」を論じるというのだから、注目されるのも当然である。 中公新書は、昨年には呉座勇一著『応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱』を刊行。こちらは、 [全文を読む]

北朝鮮、東京にミサイル攻撃の可能性も…米国のほうが追い込まれ、戦争開戦の危険

Business Journal / 2017年06月03日06時00分

北朝鮮は5月29日、今年だけで9度目になる弾道ミサイル発射を行った。すでに金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、実戦配備に向けて大量生産を指示している。とくにアメリカと北朝間の軍事的緊張が高まるなか、戦争に発展する可能性はあるのであろうか。軍事ジャーナリストの田岡俊次氏に聞いた。「アメリカが戦争を始める理由は、ほとんどウソか間違い。ベトナム戦争のき [全文を読む]

破格にして奇想天外。天明屋尚が問う「日本の美意識」の行方

ZUU online / 2017年05月01日09時20分

北朝期の婆娑羅(ばさら)、戦国末期の傾奇者(かぶきもの)など、異端、悪趣味と貶められてきた華美(過美)で覇格(破格)な美の系譜に注目し、革新的な美術概念「BASARA」を提唱しています。2年ぶりとなる今回の個展では、「形質転換(Transformation)」と題して新作を発表。形質転換とは、遺伝情報に外部からのDNAを組み込み、個体の表現型を変化させる [全文を読む]

まちづくりの拠点になる開放的な空間&絵本・児童書が充実! 太田市美術館・図書館の魅力

ガジェット通信 / 2017年04月28日10時00分

鎌倉・南北朝期の武将・新田義貞の居城だった金山城から太田の街を俯瞰したような詩で、「工場」や「ショッピングモール」、さらには「飛行機」といったフレーズが織り込まれ、太田の歴史と現在が凝縮された格好。館内では、前野氏の歌も流されています。 1Fから2Fに至るスロープには、前述した清水が1930年に出した詩集『霜害警報』のまえがきが大きく描かれています。この字 [全文を読む]

北朝鮮ガソリン価格70%上昇、供給制限でー中国が異例の市民向け給油券を公開

Global News Asia / 2017年04月27日10時00分

2017年4月26日、『中国中央電視台(CCTV)』は、19日から北朝鮮がガソリン供給を制限していると現地からのレポートで伝えた。 それによると制限理由はまったく不明としながらも、19日から平壌市民へのガソリン供給を制限したため、ガソリンスタンドには長蛇の列ができ、閉店しているスタンドもあるなど、供給制限が市民生活へ影響を及ぼしており、外国の大使館関係者な [全文を読む]

習近平のことが好きだ。トランプが口にした衝撃告白の「真意」

まぐまぐニュース! / 2017年04月20日04時30分

トランプが衝撃告白、「私は習近平がとても好きだ!」 プーチンは? アメリカのシリア攻撃、北朝鮮問題でかすんでしまいましたが。習近平、トランプに会ったのですね。この件、「夕食中、トランプが習近平にシリア攻撃のことを伝えた」話ばかりです。二人の関係はどうだったのでしょうか? トランプの衝撃告白 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)4月13日付を見てみま [全文を読む]

北朝鮮の新星FW、カリアリと5年契約へ

ゲキサカ / 2017年04月14日22時14分

カリアリは13日、北朝鮮人の18歳FWハン・グァンソンと来季からプロ契約を結ぶことを発表した。22年6月30日までの5年契約を結ぶ。 同選手は先月10日にカリアリと契約。当初は下部組織でのプレーも検討されていたが、トップチームに抜擢されると、出場2試合目となった9日のトリノ戦で、北朝鮮人選手としてセリエA初となる歴史的なゴールを決めていた。 ●セリエA20 [全文を読む]

「みんなに感謝」18歳北朝鮮人FWがセリエAで歴史的初ゴール!!指揮官も絶賛

ゲキサカ / 2017年04月10日20時19分

カリアリでプレーする北朝鮮国籍の18歳FWハン・クァンソンが、9日にホームで行ったトリノ戦でセリエA初ゴールを決めた。後半36分から途中出場すると、後半アディショナルタイムに左クロスを頭で押し込んだ。なお試合はカリアリが2-3で敗れている。 ハンは2014年にAFC U-16選手権で優勝したU-16北朝鮮代表で4得点を記録。翌年チリで行われたU-17W杯に [全文を読む]

<サッカー>18歳北朝鮮人FW、セリエAデビュー2試合目で初ゴール=中国ネット羨望・失望「日韓に続き北まで」

Record China / 2017年04月10日14時10分

2017年4月10日、サッカーのイタリア・セリエAのカリアリに所属する北朝鮮人FWハン・グァンソン(18)がデビュー2試合目で初ゴールを記録したことが、中国でも大きく報じられている。 ハンは現地時間9日に行われた第31節のトリノ戦で後半途中から出場し、試合終了直前にゴールを決めた。 1998年生まれのハンは先月、カリアリに加入。2日に行われた第30節パレル [全文を読む]

フォーカス