獨協医科大学のニュース

リニューアルした日テレとTBSの深夜の報道番組 後塵拝す『NEWS23』の逆転は至難のワザ!?

日刊サイゾー / 2016年04月01日13時00分

代わりに、元NHK新潟放送局のアナウンサーで、獨協医科大学国際協力支援センター国際疫学研究室・助教の小正裕佳子(こまさ・ゆかこ)アナ(32)がサブキャスターに就任。2年間天気を担当した塩川菜摘キャスターが卒業し、新たに良原安美(よしはら・あみ)キャスター(20)と井上清華(せいか)キャスター(20)が加わった。 小正アナは2003年度の「ミス東大」「ミス・ [全文を読む]

家入レオ、全7か所にわたる学園祭ライヴがスタート

okmusic UP's / 2015年10月12日00時00分

家入レオが10月11日、獨協医科大学『獨協スーパーアリーナスペシャルLIVE 42』に出演。全7か所にわたる学園祭ライヴをスタートさせた。 【その他の画像】家入レオ満場御礼の約1,200人が訪れたこの日のライブは、7thシングル「純情」で幕を開け、立て続けに3曲披露。「獨協医科大学のみなさん、こんにちは、家入レオです。まだ3曲しか歌ってないのに、この盛り上 [全文を読む]

RIZAPグループ子会社 健康コーポレーションより、獨協医科大学 小堀善友医師 監修! 妊活したい方のバランスサプリ「CHARTY WOMEN」2017年5月29日(月) 定期販売スタート

PR TIMES / 2017年05月25日10時00分

獨協医科大学の小堀善友 医師より「妊娠を計画中の女性、妊娠の可能性がある女性向けサプリ」として監修いただいています。 [全文を読む]

報道にアイドルは不要?嵐・櫻井翔、メインキャスター昇格に”不要論”

デイリーニュースオンライン / 2017年02月01日19時00分

元NHKアナウンサーで獨協医科大学特任講師の小正裕佳子氏(33)がサブキャスターとして脇を固めている。もし櫻井のメインキャスター就任が実現すれば、政治経済の専門家や本職のアナウンサーを押しのけての昇格。週5で番組出演することになり、名実ともに日テレの報道の顔になる。 ところが、これにネット上の視聴者からは「ニュース番組にアイドルはいらない」「ちゃんとした報 [全文を読む]

降圧剤 一時的にやめて血圧安定するなら飲み続ける必要なし

NEWSポストセブン / 2016年12月22日07時00分

獨協医科大学循環器・腎臓内科主任教授の石光俊彦医師は、「ARBは若年から中年の人にはよく効くが、70代以上の人には効きにくい傾向がある」という。そして、この薬は逆に効きすぎて危ないことがある。 「体内の水分が減っている時に服用すると、血圧が下がりすぎることがある。特に夏場は注意が必要です。それでも若い人であれば、それほど血圧は変わりません。しかし高齢者の場 [全文を読む]

降圧剤ARB 若年や中年は効くが70代以上には効きにくい傾向

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

獨協医科大学循環器・腎臓内科主任教授の石光俊彦医師がいう。 「製薬会社としては高価な薬を売るほうが、売り上げが上がるので、『週刊現代』の言うように、高い薬を売り込もうとする面はあるかもしれません」 ただし、「それだけが売れている理由ではない」と石光医師は続ける。前述の〈古くからある薬より寿命を延ばす効果も少ない〉という言及は誤解を誘うものだという。 「利尿 [全文を読む]

2016年度秋の学園祭出演芸人ランキング3位はゴー☆ジャス、2位は流れ星、そして1位は…

@Press / 2016年12月15日14時00分

<8位 横澤夏子 14校>跡見学園女子大学、國學院大学、白百合女子大学、明治大学、名城大学、日本体育大学 等6位は同率で2組<6位 フルーツポンチ 15校>清泉女子大学、日本女子大学、明治学院大学、東京福祉大学、名古屋市立大学、甲南女子大学 等<6位 コマンダンテ 15校>大谷大学、京都文教大学、京都薬科大学、追手門学院大学、大阪工業大学 等<5位 NON [全文を読む]

男性も妊娠力低下!35歳からひそかに進む「精子の老化」とは

WEB女性自身 / 2016年11月23日06時00分

「卵子より精子の方が老化は遅いですが、精子も35歳を超えると徐々に老化していきます」 厳しい現実を口にするのは、男性不妊の専門医である獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授の岡田弘医師だ。 日本生殖医学会の報告によると、男性でも35歳を過ぎると生殖補助医療による出産率が低下したり、自然流産の確率が上昇したりするという。さらに自然流産に与える影響は男性の40 [全文を読む]

注射剤への不安にも配慮した新しい治療オプションは2型糖尿病の治療強化に影響する?

QLife / 2016年09月06日16時00分

2型糖尿病の治療オプションと最新研究結果に関するセミナーを開催 獨協医科大学病院 内分泌代謝内科主任教授 麻生好正先生 糖尿病患者さんとその予備軍は、日本人の6人に1人と推定されています。そのため糖尿病患者さんの生活スタイルも多岐にわたり、患者さんの望む治療スタイルや環境づくりが必要とされます。 そうした中、2015年9月に日本イーライリリー株式会社が発売 [全文を読む]

今話題の“水素”で病気は治るのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月11日09時00分

獨協医科大学医学部卒。リウマチ医・整形外科医としてスポーツ選手の栄養・ホルモン・運動生理学に携わる一方で、アンチエイジングの総合医療を研究する。クリニックの治療方針は「細胞へのアプローチ」。1エイジマネージングとしてのメタボリックシンドローム治療、2エイジマネージメントの推進、3細胞レベルで「真の美」をかなえる、をコンセプトに、持続的に内側からわき出る美と [全文を読む]

業界最大!医学生向け 臨床研修病院説明会「レジナビフェア 2016 東京」 開催! 【医療分野の子会社 メディカル・プリンシプル社】

PR TIMES / 2016年07月08日11時43分

=========================================民間医局 レジナビフェア 2016 東京 ~臨床研修プログラム~ 概要=========================================【イベント名】民間医局 レジナビフェア 2016 東京 ~臨床研修プログラム~【 日 時 】2016年7月17日(日) 10 [全文を読む]

医学大学と産学連携で「女性検査用パンツ」を開発 検診の恥ずかしさ軽減し、子宮頸がんの早期発見に貢献

@Press / 2016年06月21日10時30分

※「女性検査用パンツ」は獨協医科大学病院 乳腺センター センター長 渡邉 久美子准教授が考案し、福島県立医科大学の知的財産として登録されています。■女性検査用パンツ開発背景従来の婦人科検査は開脚する内診台に座り、検査着がなく「恥ずかしくても我慢する」しかありませんでした。「女性検査用パンツ」は、そのような状況を変化させるために、露出部を減らし、着用したまま [全文を読む]

減塩はいらない。いい塩をもっと摂ることが健康につながる。『すごい塩―――長生きできて、料理もおいしい!』著者白澤卓二が、キンドル書籍ストアにてリリース

DreamNews / 2016年06月07日18時00分

獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座特任教授。米国ミシガン大学神経学客員教授。1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年~ [全文を読む]

降圧剤効かない高血圧 突然死のリスク増大

NEWSポストセブン / 2016年05月25日07時00分

血管を広げ、血流の圧力を下げる降圧剤がなぜ効かないのか? 獨協医科大学の石光俊彦氏(循環器・腎臓内科教授)の解説だ。 「主な理由は、腎機能の低下にあります。腎臓は摂り過ぎた塩分を尿と一緒に体外に排出することで塩分量を調整しています。 血液中の塩分濃度が高くなると、体内の水分が血管内に流れ込み、塩分濃度を下げます。血液量が増えるため、この時、高血圧になります [全文を読む]

日テレ『NEWS ZERO』が、お天気キャスターに2人の美人女子大生を起用! ゴタゴタのTBS『NEWS23』潰しへ

おたぽる / 2016年03月22日19時00分

同番組は、同日から、サブキャスターに元NHK新潟放送局で、2003年度の「ミス東大」&「ミス・オブ・ミス・キャンパス・クイーン・コンテスト」グランプリの小正裕佳子氏(獨協医科大学助教)を抜擢するが、現役の美人女子大生2人を投入することで、さらなるテコ入れを図る。 その2人の女子大生とは、「2015年度ミス立教」の良原安美(よしはら・あみ=20)と、「20 [全文を読む]

『NEWS ZERO』『NEWS23』に対抗できるか? フジが深夜に異色の報道番組を放送へ

日刊サイゾー / 2016年03月02日21時00分

今春、両局ともキャスターを刷新し、『NEWS ZERO』は月~木曜サブキャスターの久野静香アナに替わり、元NHK新潟放送局アナウンサーで、2003年度の「ミス東大」&「ミス・オブ・ミス・キャンパス・クイーン・コンテスト」グランプリの小正裕佳子氏(獨協医科大学助教授)を抜擢。久野アナスポーツ担当となる。『NEWS23』はMC・膳場貴子アナ、アンカー・岸井成格 [全文を読む]

電撃復帰の華麗すぎる元NHKアナが、全国区出演でビキニ姿より鮮烈な衝撃!?

週プレNEWS / 2016年02月21日06時00分

現在は獨協医科大学の助教を務めている。 華やかな経歴だが、何よりも注目されたのが、その美貌だった。 「東大1年生の時に『ミス東大』に選ばれ、その後は女子大生モデルとして雑誌からTVまで多岐にわたって活躍。そして東大大学院進学後の2008年、『ミス・インターナショナル日本代表大会』に出場。惜しくもグランプリは逃したものの、審査過程で鮮烈なビキニ姿を披露してい [全文を読む]

“清楚版”藤原紀香!?「NEWS ZERO」抜擢の32歳・小正裕佳子の気になるアノ事情

アサ芸プラス / 2016年02月17日09時58分

現在は獨協医科大学助教を務めており、今回の起用により約3年8カ月ぶりのテレビ復帰となる。 同番組のサブキャスターには、昨年10月から同局の久野静香アナが月曜から木曜、杉野真実アナが金曜を担当するなど、番組誕生から2人の女性キャスターで分担して担当するのが基本形だったが、今回はそれを一新。メインキャスターの村尾信尚キャスター同様に小正は平日全てに出演する予定 [全文を読む]

日テレ『NEWS ZERO』の新キャスターは無名の大学助教 その思惑とは?

日刊サイゾー / 2016年02月13日09時00分

13年5月より、獨協医科大学国際協力支援センター・国際疫学研究室の研究員となり、14年から同研究室の助教を務めている。 同番組のサブキャスターといえば、昨年10月1日まで、山岸舞彩キャスターが務めていたが、結婚により電撃降板し、芸能界から身を引いた。後任は局アナの久野アナとなったが、あくまでもショートリリーフで、小正氏に引き継がれることになった。 3年8カ [全文を読む]

「NEWS ZERO」新キャスターは元ミス東大!

Smartザテレビジョン / 2016年02月08日06時00分

'09年からNHK新潟放送局でアナウンサーを務めた後、現在は獨協医科大学国際協力支援センターで助教として活動するという異色の経歴を持つ。 今回の抜てきについて、小正は「自分ができることは限られていると思いますが、『NEWS ZERO』を見ている方々が物事を考える際の判断材料になるよう、できる限り丁寧に、一生懸命伝えていきたいと思います」と意気込みを語った。 [全文を読む]

フォーカス