釜石市のニュース

「看護の力で街づくり」被災した岩手県釜石市での、看護の今を知るセミナー開催のお知らせ

PR TIMES / 2013年10月24日11時25分

釜石市のように津波の被害をうけた地域では、復興は進んできています。しかし、看護師の数はまだまだ震災前の水準に戻っていません。 釜石市の病院では、東日本大震災で病院が閉鎖されてしまった他の市町村からも患者を受け入れ、看護師は少しでも患者に寄り添ったよいケアを提供したいとの思いでがんばっています。 このたび、釜石市主催で、副市長や医療現場に近い方から、現地の状 [全文を読む]

釜石市とAirbnb、観光促進に関する国内初の覚書を締結

PR TIMES / 2016年10月20日16時03分

2016年10月20日 東京発 ― 岩手県釜石市と世界有数のコミュニティ主導型ホスピタリティー企業のAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb)は本日、覚書を締結しました。Airbnbが国内の自治体と締結する初の覚書であり、この覚書に基づき、釜石市とAirbnbは、同市を訪れる国内外からの訪問 [全文を読む]

東北を元気に!repipi armarioが期間限定『SHIBUYA109KAMAISHI』へ参加

PR TIMES / 2013年08月06日17時01分

SHIBUYA109KAMAISHIは、岩手県釜石市に在住の女子中学生から、渋谷のファッションビル・SHIBUYA109を運営する株式会社東急モールズデベロップメント(本社:東京都渋谷区道玄坂1-10-7、代表取締役社長:大石次則)宛に届いた1通の手紙をきっかけに実現した、期間限定ショップです。「復興に向けて前進している釜石市をもっと元気にしたい」といっ [全文を読む]

パソナ東北創生『ローカルプラスin釜石』2/7開始

PR TIMES / 2016年01月28日20時17分

釜石の「地域づくり」を通じ「キャリア作り」を考える 7週間のローカルステイ 東北被災地域での「研修ツーリズム」を通して、企業や団体の人財開発と事業開発支援を行う株式会社パソナ東北創生(本社:岩手県釜石市、代表取締役 戸塚 絵梨子)は、地域づくり体験を通じて自身の「キャリア作り」を考える7週間のローカルステイプログラム『ローカルプラスin釜石』を2月7 日( [全文を読む]

岩手県釜石市山火事に対する支援物資提供のお知らせ

PR TIMES / 2017年05月11日16時31分

5月8日(月)に岩手県釜石市で山火事が発生し、現在も消火活動が続いています。 災害発生により一時避難をされている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 イオンは釜石市からの要請にお応えし、速やかに下記の支援物資をお届けしました。避難された方々が一日も早く通常の生活に戻れるよう、今後もグループを挙げて支援活動に取り組んでまいります。 【ご提供内訳】 <5月8日 [全文を読む]

日立、新興事業創出機構と釜石市における地域の活性化に向けた取組に関する協定を締結

JCN Newswire / 2016年06月14日17時51分

TOKYO, June 14, 2016 - (JCN Newswire) - この度、釜石市(市長 野田 武則)、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO 東原 敏昭)、及び、一般社団法人新興事業創出機構(理事長 鷹野 秀征)では、相互の連携を強化し、釜石市におけるオープンシティ戦略を進めることにより、地域の活性化と社会イノベーションを実現することを目的に [全文を読む]

JASMINE、「SHIBUYA109KAMAISHI」で応援歌「HERO」を熱唱!

okmusic UP's / 2013年08月13日17時00分

JASMINEが東急モールズデベロップメントと釜石市によるプロジェクト「SHIBUYA109KAMAISHI」への参加を表明した。【その他の画像】JASMINE「SHIBUYA109KAMAISHI」は、釜石市在住の中学3年生・打越佳奈さんがSHIBUYA109あてに書いた手紙をきっかけとして発足したプロジェクト。手紙には「釜石市が復興に向け前進していく中 [全文を読む]

釜石大町飲食店街「釜石漁火酒場 かまりば」オープン

PR TIMES / 2017年01月20日17時35分

■東日本大震災により被災した飲食店を後押しする新たな施設が誕生 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田俊作)は、岩手県釜石市に釜石大町飲食店街「釜石漁火酒場 かまりば」を2017年1月27日(金)にオープンします。 当事業は、釜石市との公民連携事業として市有地を活用し、東日本大震災により被災した飲食店を後押しする場をつくるも [全文を読む]

「SHIBUYA109」が被災地へ JASMINE、Popteenモデルらが復興を応援

モデルプレス / 2013年08月13日13時31分

アーティストのJASMINEが8月18日、岩手県釜石市の「シープラザ釜石」内の期間限定ショップ「SHIBUYA109KAMAISHI」にてステージパフォーマンスを行うことがわかった。被災地の復興を応援すべく、自身最大の応援歌「HERO」を熱唱する。 「SHIBUYA109KAMAISHI」は釜石市在住の中学3年生・打越佳奈さんが、「SHIBUYA109」宛 [全文を読む]

【語り部の言の葉】岩手・三陸鉄道「震災学習列車」 社員が沿線の被災地案内 見て聞いて感じる震災の爪痕

産経ニュース / 2017年07月21日12時42分

盛駅(岩手県大船渡市)から釜石駅(同県釜石市)までを結びます。 開業は昭和59年。日本で最初の第三セクター鉄道です。三陸地方は明治29年の明治三陸津波で大打撃を受けました。当時は鉄道がなくて物資が届かず、住民は大変な思いをしました。鉄道開設は地域の悲願だったのです。 左手に盛駅の車両基地が見えます。東日本大震災の津波で1メートルほど浸水しました。3両の車両 [全文を読む]

フォーカス