さよなら歌舞伎町のニュース

モテる女は何が違う? 男性が逃がしたくない“愛され女”になる5つのポイント

ウートピ / 2015年02月05日18時00分

映画『さよなら歌舞伎町』には、さまざまな職業や立場の女性が登場しますが、いずれもセレブとは正反対、どちらかといえば逆境に立たされている女性たちです。でも彼女たちは男性に愛されるモテ要素を持っています。それは何か? 映画『さよなら歌舞伎町』で愛される女のポイントを見てみましょう! 愛され女ポイント1:苦労を元気に変える 映画『さよなら歌舞伎町』には、韓国か [全文を読む]

前田敦子、ラブシーン「作品のためならば全然抵抗は無い」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月11日11時30分

1月8日、映画「さよなら歌舞伎町」の試写会が有楽町の日本外国特派員協会で行われ、記者会見に染谷将太、前田敦子、そして廣木隆一監督が出席した。 【動画】「さよなら歌舞伎町」予告編 本作は新宿・歌舞伎町を舞台に、ラブホテルの店長・徹(染谷将太)と有名ミュージシャンを目指す沙耶(前田敦子)。そこに集まる年齢も職業も違う訳有りな男女が交錯していく物語。 予告編では [全文を読む]

歌舞伎町のラブホテルで交錯する、男と女のかけがえのない一日

NeoL / 2014年12月30日22時58分

『100回泣くこと』、『海辺の町で』などで知られる廣木隆一監督の『さよなら歌舞伎町』が、1月24日より公開。 自らを一流ホテルマンだと周囲に偽る、歌舞伎町のラブホテル店長の徹。ミュージシャンを目指す沙耶と、ちょっぴり倦怠期を迎えつつ同棲生活を送っていた。その日も、勤め先のラブホテルで、いつもと同じように苛立つ一日を送るはずだった。が、そこに集まるワケありな [全文を読む]

週末だけ風俗で働く彼女が手に入れたものは何? 震災風俗嬢の日常『彼女の人生は間違いじゃない』

日刊サイゾー / 2017年07月07日21時00分

『ヴァイブレータ』(03)、『さよなら歌舞伎町』(15)など官能映画の名手として知られる廣木隆一監督のオリジナル作『彼女の人生は間違いじゃない』は、廣木監督の故郷・福島を舞台にした社会派官能ドラマとなっている。 近年は有村架純主演『ストロボ・エッジ』(15)や二階堂ふみ主演『おおかみ少女と黒王子』(16)など少女コミック原作の、いわゆるキラキラ映画のオファ [全文を読む]

前田敦子、ランジェリー姿で通天閣を闊歩!? ラブホで……、キャバレーで……刺激的な最新MVが公開

Entame Plex / 2016年06月09日13時34分

なお、今回監督を担当したのは、前田も出演した2015年公開の映画「さよなら歌舞伎町」を手掛けた廣木隆一。映像作品としては2度目のタッグとなっています。 そんなミュージックビデオに関して前田は「今回のMVは映画「さよなら歌舞伎町」でご一緒した廣木隆一監督とスタッフの方々に撮っていただきました。撮影で使用させて頂いたラブホテルが映画のときと同じ場所だったので、 [全文を読む]

TSUTAYAスタッフに聞いた「感動の涙があふれる映画&ドラマ」5選

Woman Insight / 2015年09月23日17時50分

パワフルに乗り切るために、ここらでちょっと一息いかがですか? 今回、TSUTAYAスタッフの方にお願いして、<胸キュン恋愛><ちょっとエロ><感動の涙>の3つのテーマで、各5作品を厳選していただきました! 心の栄養を満タンにしてくれる15作品から、最後は、「感動の涙あふれる映画&ドラマ」5選をお届け♪ ★TSUTAYAスタッフに聞いた「ちょっとエロな映画& [全文を読む]

女優・前田敦子に浴びせられる「ど根性を見せろ」コール

アサ芸プラス / 2015年07月22日17時59分

それもそのはず、前田は前作「さよなら歌舞伎町」で、映画関係者やファンを落胆させた「伏線」があるからだ。映画配給関係者が明かす。「実は『さよなら歌舞伎町』は、単館上映の宣伝費としては通常の約倍額となる2000万円を投入する力の入れようでした。製作費にも5000万円をかけて、興行収入は5000万円ほど。その半分が劇場の取り分となるため、製作サイドの儲けは250 [全文を読む]

映画「さよなら歌舞伎町」ロイ(5tion)舞台あいさつ、壁ドン披露でファン歓喜の悲鳴!

Wow!Korea / 2015年02月18日09時50分

去る16日テアトル新宿にて、映画「さよなら歌舞伎町」の大ヒットを記念して、本作でアン・チョンスを演じたロイ(5tion)登壇の舞台あいさつ&バレンタインイベントが実施された。今回、本作を見る観客の前に立つのは初めてとなったロイ。会場には多くのロイファンが詰めかけ、会場は熱気に包まれた。ロイが登場すると会場内からは黄色い悲鳴が。この日が3度目の鑑賞となるリピ [全文を読む]

「ちょっとだけエッチな超感動作」染谷将太主演「みんな!エスパーだよ!」映画化決定

ダ・ヴィンチニュース / 2015年02月17日15時30分

ドラマ「みんな!エスパーだよ!」は「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」「TOKYO TRIBE」などの話題作を続々と世に贈り出し、国内外で絶賛される鬼才、園子温が監督・脚本を務め、「ヒミズ」で日本人初となるヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞し、若手俳優きっての実力派として「寄生獣」「さよなら歌舞伎町」などの話題作に次々と出演する [全文を読む]

「やっぱり映画っていいなあ」 ーさよなら歌舞伎町ー

アサ芸プラス / 2015年01月31日09時54分

──さよなら歌舞伎町── ●ストーリー 周囲には一流ホテルマンと偽るラブホテル店長の徹は、ミュージシャン志望の沙耶と同棲中だが、少々倦怠期。そんな彼の職場に訳アリの男女が集まる。 ●監督/廣木隆一 出演/染谷将太、前田敦子ほか ●配給会社 東京テアトル ●テアトル新宿ほかで全国公開中。 “世界最大級の歓楽街”の異名を取った新宿・歌舞伎町も、すっかり“浄化” [全文を読む]

期待の新鋭女優2人が熱演する映画「さよなら歌舞伎町」、明日公開

Entame Plex / 2015年01月23日13時33分

1月24日(土)よりテアトル新宿他にて公開の映画「さよなら歌舞伎町」。主演に染谷将太、さらには前田敦子、南果歩ら豪華キャストが登場するなか、今作には今後注目の新鋭女優2人、樋井明日香と我妻三輪子が出演。 「さよなら歌舞伎町」は、歌舞伎町のラブホテルを舞台に不器用ながらも懸命に生きていく男女の様子をリアルかつあたたかく描いた、笑って泣ける大人の群像劇。第39 [全文を読む]

全裸で臨んだ韓国人デリヘル嬢のプレイが衝撃的!

Movie Walker / 2015年01月14日16時00分

染谷将太と前田敦子の共演で話題の『さよなら歌舞伎町』(1月24日公開)。新宿歌舞伎町のラブホテルが舞台の群像劇で、染谷演じるラブホ店長や、前田演じるその恋人ら、個性的なキャラクターが揃う中、主演の2人にも負けない存在感を放っているのが、韓国人女優イ・ウンウだ。 その名前にピンと来た人もいるはず。そう、彼女は日本でも公開された鬼才キム・キドク作『メビウス』( [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子、ベッドシーンも「抵抗ない」。監督が「強さと弱さを持った人」と絶賛。

TechinsightJapan / 2015年01月09日18時15分

「ねぇ、しよ、して」と前田敦子演じる“飯島沙耶”が恋人におねだりする、ドキッとする台詞も印象的な映画『さよなら歌舞伎町』。新宿歌舞伎町のラブホテルを舞台にそこに関わる男女の群像劇が繰り広げられるが、AKB48を卒業後は女優として活躍を続ける前田が、今後ベッドシーンに挑戦するか否かに言及した。 8日、都内で同映画の「日本外国特派員協会」記者会見に出席した主演 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子がギター弾き語りで“月のあかり”。映画『さよなら歌舞伎町』で2曲を披露。

TechinsightJapan / 2014年12月17日21時35分

映画『さよなら歌舞伎町』でヒロイン役を務める前田敦子が、劇中で桑名正博さんのヒット曲『月のあかり』をギター弾き語りすることが分かった。同曲の歌詞を書いた下田逸郎の楽曲『ラブホテル』も弾き語るようだ。2015年1月24日に公開される映画『さよなら歌舞伎町』で、染谷将太演じる主人公の徹と同棲する沙耶役を務める前田敦子。沙耶は有名ミュージシャンを目指すことから、 [全文を読む]

前田敦子は“濡れ場するする詐欺”!? 映画『イニシエーション・ラブ』松田翔太とのベッドシーン解禁も……

日刊サイゾー / 2014年12月08日17時00分

過度な期待はしないほうがよさそうです」(芸能ライター) 前田といえば、ラブホを舞台にした『さよなら歌舞伎町』(来年1月24日公開)の予告映像でも、「ねえ、しよ」と、染谷将太演じる主人公を誘うシーンや、着衣のまま“駅弁”をする場面が確認できる。 「『さよなら歌舞伎町』はR-15指定ですが、脱ぐのはほかの女優ばかり。前田は露出を拒否している。“元AKB48”の [全文を読む]

全国にファン急増中の5tion(オーション) に注目!

okmusic UP's / 2014年12月05日12時00分

また、来年1月24日に全国ロードショーになる「さよなら歌舞伎町」にメンバーのROYが日本映画では初の出演をしており、話題を呼んでいる。俳優として「トン・イ」など数々のドラマなどに出演してきたROYの歌手とは違った一面を是非とも見逃さないでほしい。■5tion 映像はこちらまでhttp://5tion.co.jp/movie_list.php■「さよなら歌舞 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子、大人の恋愛・群像劇に初挑戦。「歌舞伎町はいるだけで不思議な気持ちになれる」

TechinsightJapan / 2014年11月23日19時56分

23日、東京・有楽町にて第15回東京フィルメックス 特別招待作品 映画『さよなら歌舞伎町』舞台挨拶が行われ、前田敦子、南果歩、廣木隆一監督が登壇した。廣木監督初参加となる前田は、「呼んで頂いて本当に嬉しくて、名前を聞いただけでお願いします!という気持ちでした」と嬉しそうに語った。 キャスティングについて「理由はない。難しい、いいところのないダメダメな役で [全文を読む]

山田涼介が魅せた生々しい無防備な表情にくぎ付け!『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

Woman.excite / 2017年09月22日07時00分

『ヴァイブレータ』(03)や『さよなら歌舞伎町』(14)など、官能系の人間ドラマから、『ストロボ・エッジ』(15)や『オオカミ少女と黒王子』(16)、『PとJK』(16)などの青春ラブコメディまで、幅広いジャンルの映画で、役者からリアルな表情を引き出してきました。若手俳優に愛のムチを与えることで知られる廣木監督。撮影前に彼ら3人を呼び出し、3日間かけて、全 [全文を読む]

辛口の観客たちも称賛!脚本家親子、それぞれの作品に映画祭沸く

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月29日08時20分

映画『Wの悲劇』『さよなら歌舞伎町』など数々の名作を生み出してきた脚本家・荒井晴彦の最新作『幼な子われらに生まれ』(三島有紀子監督)と、彼のまな娘・荒井美早が脚本を担当した『空の瞳とカタツムリ』という、父娘それぞれが手がけた作品が、大分県由布市で開催された第42回湯布院映画祭の最終日を彩った。 俳優ワークショップのアクターズ・ヴィジョンが制作した『空の瞳と [全文を読む]

高岡早紀&忍成修吾らが参加! 『最低。』公開日決定

CinemaCafe.net / 2017年08月24日19時00分

平凡な日常から新しい世界へ足を踏み入れる森口さん演じる主婦・美穂の夫・健太を『ヘブンズ ストーリー』『さよなら歌舞伎町』の忍成さんが演じる。 そのほか、俳優であり映画監督も務める森岡龍、『亡国のイージス』『ディアーディアー』の斉藤陽一郎、現在放送中のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」や連続テレビ小説「マッサン」などに出演し、毎回印象的な役を演じている江口の [全文を読む]

フォーカス