上九一色村のニュース

過去の"重大事件"にピンと来ない若者たち

プレジデントオンライン / 2017年06月06日15時15分

結局、地下鉄サリン事件発生により山梨県上九一色村の教団施設に強制捜査が入るまで、一連の事件がオウムによるものとは断定されていなかったのだ。さまざまな拉致や殺害事件がオウムによるものであることが次第に明らかになっていった際、「まさか1990年代の日本にこんな狂暴なカルト集団がいたなんて……」といった驚きを持って受け止められた。 ■ドラマ以上にドラマチック ま [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(2)オウム真理教の「金と性」

アサ芸プラス / 2017年01月04日09時51分

オウム真理教の上九一色村の化学プラントで大量の覚醒剤を製造し、全国のヤクザ組織に横流しして、教団の資金源としてたという極秘情報だった。 接触を図ったシャブ売人から得た情報だった。〈「ワシは去年から卸値が150万と聞いとったから、『150万で入りまっか?』いうて聞いてまわった。ところが皆が皆『もう、安売りは当分ないよ』と口をそろえる。どうも3月ごろから、じり [全文を読む]

KDDIの「ケーブルプラス電話」、甲府などがサービスエリアのCATVも参加

インターネットコム / 2015年10月31日12時00分

日本ネットワークサービスのサービスエリアは、甲府市 (旧 上九一色村は除く)、韮崎市、南アルプス市 (旧 八田村)、甲斐市、北杜市 (一部地域)、笛吹市、中央市、中巨摩郡昭和町、西八代郡市川三郷町、南巨摩郡身延町 (旧 中富町・旧 身延町)。 月額基本料金は1,330円(税別、以下同)、市内、県内市外通話は3分8円、県外は3分15円。「ケーブルプラス電話」 [全文を読む]

麻原彰晃の三女アーチャリー“何もわからない“から謝罪なし? 娘の中の真実とは?

tocana / 2015年03月28日13時00分

教団の歴史でいえば、山梨県の富士宮市およびサティアンのある上九一色村(当時)にサティアン(教団施設)が建設された頃にあたる。 さらに、教団が被害を主張していた外部機関からの毒ガス攻撃に関しても、興味深い記述がある。「父は明らかに幻覚、幻聴があり、一九九三年ごろからは、アメリカから毒ガス攻撃を受けていると本気で言っているように見えました。車に空気清浄機をつけ [全文を読む]

麻原彰晃 死刑執行のXデーとして逮捕日の5月16日説も浮上

NEWSポストセブン / 2015年03月23日07時00分

1995年、地下鉄サリン事件をオウムによる無差別テロと断定した警視庁は山梨県上九一色村の教団施設に度重なる強制捜査をかけ、5月16日に麻原を逮捕した。その節目に死刑執行の可能性があるとの情報だ。 オウム事件では逃亡犯の存在が麻原の死刑執行を難しくしていた。 民主党政権時代の2012年6~10月に法務大臣を務め、在任中に4人の死刑執行命令書にサインした滝実 [全文を読む]

サリン事件 作家・麻生幾氏が明かす「知られざる捜査の内幕」

NEWSポストセブン / 2015年03月23日07時00分

事件の2日後には、山梨・旧上九一色村の教団施設へ強制捜査が入り、約2か月後、教祖・麻原彰晃(松本智津夫・現死刑囚)が逮捕された。現在、麻原ら幹部13人の死刑と5人の無期懲役が確定。裁判によって、東大を筆頭とした高学歴の教団幹部たちが、麻原の洗脳によって凶行へと突き進んだ過程が明らかになった。 強制捜査初日には2500人以上が動員されるなど、日本の公安・警察 [全文を読む]

オウム真理教裁判のデタラメを林泰男の弁護士が告発! 量刑の不平等、封印された取調の暴行...

リテラ / 2015年03月20日20時00分

(略)彼らは原料の入手者である買い手を絞っていくとカムフラージュされているものの、オウム教団にサリン生成に必要な原材料が多量に搬入されていることを、少なくとも九四年十月の時点では、はっきり掴んでいた」 さらに特別チームの何人かを上九一色村に張り込ませ内偵までしていたというのだ。もちろんこれらは地下鉄サリン事件以前のことだ。その上でこう記している。 [全文を読む]

元自衛隊陸将補池田整治が世界金融支配体制の裏工作を明らかにする! 『離間工作の罠 日本を分断する支配者の手口』 出版記念 特別講演会開催を3月8日(日)に開催

DreamNews / 2015年02月16日10時00分

90年半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、引き続くオウム真理教上九一色村サティアン強制捜査に自衛官として唯一同行支援した体験などから独自に世の中の本当の情勢を勉強する。さらに北海道単身赴任時代、太古から残る大自然に感動し、生まれてから一度も一緒に生活したことのない長女を含む4人の子どもたちへ、万一の時、父の想いを残し伝えるためにエッセイ「心のビ [全文を読む]

STAP細胞やゴーストライター問題をいじり倒す...“不謹慎ゲーム“はどこまで許容されるのか?

おたぽる / 2014年04月05日07時00分

オウム絡みでは地下鉄でサリンをばらまくゲーム『霞ヶ関地下鉄サリンゲーム』や、サティアン(教団施設)で危険物を取り扱うゲーム『倉庫番 in 上九一色村』などがあり、9.11テロ絡みではビルに飛行機を激突させ死者数を競うゲーム『旅客機でGO!』、また逆の立場でビンラディン氏を射殺するゲーム『Bin Laden Liquors』も製作された。 これらはネット掲示 [全文を読む]

オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(2)

アサ芸プラス / 2012年07月04日11時00分

着々と東京、首都圏に、かつて上九一色村にあったようなサティアンを作る準備をしていると見ていい。足立区の施設も一種のサティアンです」(前出・中村弁護士) 【関連記事】 オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(1) オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(3) オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(4) オウム残党「首都圏にサティアン建設」 [全文を読む]

フォーカス