會澤翼のニュース

【プロ野球】石原負傷の緊急事態に再燃する「カープ正捕手論争」

デイリーニュースオンライン / 2016年08月12日17時05分

■石原の代役は會澤翼をおいてほかにいない 正捕手・石原離脱の穴を埋めるのは、ここ数年、石原との併用が続く會澤翼をおいてほかにいない。 昨シーズンに掴みかけた正捕手の座を逃し、今シーズンはここまで2番手捕手としてチームを支えてきた。 しかし、會澤はここまで捕手として結果を残せていない。また、見せどころの打撃も石原離脱時点で打率.228と低迷。ここ数年ではワ [全文を読む]

【プロ野球】広島カープ・黒田復帰で専属捕手問題が浮上

デイリーニュースオンライン / 2015年02月01日08時50分

現在、カープの正捕手候補は、14年目の石原慶幸(35)、9年目の會澤翼(26)の2人が有力視されている。それに続くのが、野手最年長18年目の倉義和(39)、2003年のドラフト1位で、12年目の白濱裕太(29)となっている。2014年シーズン、カープはベンチ入り捕手を2人体制で戦ってきた。外野手で、捕手も可能な守備、走塁のスペシャリスト中東直己がベンチに [全文を読む]

【プロ野球】黒田博樹の穴は九里亜蓮が埋める!? カープを日本一に導くキーマンはこの3選手だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月31日17時05分

そのポスト石原の1番手は、近年、石原と競ってきた會澤翼を置いてほかにいない。會澤は打撃で頭角を現し、待望の「打てる捕手」誕生と期待されるも、ここ2年は守備面で苦戦。やや伸び悩んでいる。 2015年は會澤が70試合、石原が73試合とスタメン出場を分け合ったが、昨シーズンは會澤が50試合、石原が83試合と差をつけられてしまった。その原因は守備力の差に尽きる。 [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・野手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日17時05分

27 會澤翼 83試合:打率.239/7本塁打/26打点 通信簿:まぁまぁです(3) 今シーズンもレギュラー獲得には至らず。しかし、満塁弾を放つなど、持ち前の打撃を随所で見せた。出場数が83試合での7本塁打は、長打力をアピールするには十分の数字だ。課題の守備も安定感を増している。来季は期待したい。 31 石原慶幸 106試合:打率.202/0本塁打/17 [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりの優勝に現実味…広島カープファンの不安とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月09日18時05分

《1996年の打線》 主力選手 緒方孝市 打率.279 23本塁打 71打点 正田耕三 打率.235 2本塁打 35打点 野村謙二郎 打率.292 12本塁打 68打点 江藤智 打率.314 32本塁打 79打点 前田智徳 打率.313 19本塁打 65打点 ロペス 打率.312 25本塁打 109打点 金本知憲 打率.300 27本塁打 72打点 西山 [全文を読む]

【プロ野球】今年のカープ打線と歴代最強の赤ヘル打線を検証

デイリーニュースオンライン / 2016年05月06日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■今季の主なスタメンと成績(5月1日現在) ≪主なスタメン≫ (遊)田中広輔 打率.308/1本塁打/7打点/2盗塁 (二)菊池涼介 打率.352/4本塁打/19打点/1盗塁 (中)丸佳浩 打率.328/6本塁打/25打点/4盗塁 (一)新井貴浩 打率.321/1本塁打/23打点/0盗塁 [全文を読む]

【プロ野球】セ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月18日16時04分

■広島 ≪キャッチャー≫ 石原慶幸 先発9 會澤翼 先発7 ≪ライト≫ 天谷宗一郎 先発9 鈴木誠也 先発5 下水流昂 先発2 今年もキャッチャーは石原と會澤の2枚。7番ライトが日替わりで天谷と鈴木を対左右に関係なく日替わり起用している。 ■中日 ≪キャッチャー≫ 桂依央利 9 杉山翔大 8 不調で2軍落ちの遠藤一星のショートには、堂上直倫が収まった。平 [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパンは1年前からどう変遷したのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月05日16時00分

投手10名: 牧田和久(埼玉西武)、井納翔一(横浜DeNA)、澤村拓一(巨人)、松葉貴大(オリックス)、又吉克樹(中日)、西野勇士(千葉ロッテ)、大瀬良大地(広島)、武田翔太(福岡ソフトバンク)、藤浪晋太郎(阪神)、松井裕樹(東北楽天) 捕手4名: 嶋基宏(東北楽天)、會澤翼(広島)、伊藤光(オリックス)、小林誠司(巨人) 内野手7名: 松田宣浩(福岡ソ [全文を読む]

【プロ野球】オールスターに広島カープ最多選出の裏にスクワット応援

デイリーニュースオンライン / 2015年07月11日11時50分

チームとしては、 投手部門:黒田博樹 捕手部門:會澤翼 一塁手部門:新井貴浩 二塁手部門:菊池涼介 外野手部門:丸佳浩 の5名が選出された広島カープが、昨年に続き最多選出となった。例年、オールスターに選ばれる選手は、その年活躍中の選手や、上位チームの選出されることが多い。しかし、今年のカープはどうだろう。大混戦とは言え、投票期間中のチームは下位に沈み、個人 [全文を読む]

カープ芸人 バリントンの穴埋まったと感じ捕手・會澤に注目

NEWSポストセブン / 2015年04月08日07時00分

尾関氏は、捕手の會澤翼に注目する。 「2006年の高校生ドラフトで3位指名された会見では、短ラン&ボンタン姿で出てきて関係者を驚かせた。度胸満点でルーキーイヤーの二軍の試合では、頭に死球を受けて相手の完全試合を阻止したというツワモノです。二塁への送球は1.8秒台(平均は2.0秒といわれる)という強肩に加え、パンチ力のある打撃が魅力。打てる捕手・會澤に期待 [全文を読む]

プロ野球「オープン戦」で感じた“メジャー帰り4人”の評価は?(2)広・黒田自身の調整は順調だが…

アサ芸プラス / 2015年03月10日09時54分

「ブルペンに入っただけで、投球を受けた正捕手候補の會澤翼(26)もインコースに決まるツーシームの精度に感激していた。投手陣からも『勝てるピッチャーというのはこういうことか』との声が上がっていますね」 黒田フィーバーの経済効果は52億超えとも言われるが、ファンもマスコミも黒田ばかりを追いかける。2月21日には巨人vs広島のオープン戦が沖縄・那覇で行われたが [全文を読む]

広島優勝巨人2位を予想する片岡篤史氏 「セは捕手に注目」

NEWSポストセブン / 2015年02月26日16時00分

特に石原慶幸というベテラン捕手の控えで、若手の會澤翼が育ってきたのが頼もしい」 そこに立ちはだかるのが、広島と並んで優勝候補に推す巨人だ。巨人のキーマンも捕手。 「若い小林誠司と移籍組の相川亮二が、どのように補い合い、どれだけやれるかにかかっていると見ています」 阪神も同様である。 「2年目の梅野隆太郎がしっかりと定着できるかどうかにかかっていると思います [全文を読む]

広澤克実氏「中日は何もかもが不安で最下位もある」と予想

NEWSポストセブン / 2015年02月25日07時01分

その間に丸佳浩や菊池涼介といった若手が伸び、捕手の會澤翼も1年を通じてマスクを被るなど、選手層が厚くなった。それに若手の精神的支柱になる黒田博樹の加入が大きい。だが、黒田が機能しない場合はBクラス転落もある。それでも期待を込めて1位にしました」 2位は阪神。補強が上手くいかず顔ぶれに変化はないが、「それで優勝を逃すことに繋がるわけではない。投では最多勝のメ [全文を読む]

広島カープ・黒田博樹はなぜ「“男気”復帰」に動いたのか?(2)復帰への障壁がなくなった?

アサ芸プラス / 2015年01月21日09時55分

表向きは監督に花道を飾らせようと、菊池涼介(24)、丸佳浩(25)、堂林翔太(23)、會澤翼(26)といった“野村チルドレン”を鼓舞する目的のように見えました。しかし、早期の監督辞任発表の真の目的は、黒田に対する受け入れ態勢のアピールだったんですよ。ちょうどヤンキースもプレーオフ進出を逃し、黒田も去就を考える時期だった。『野村監督はいなくなるから、帰ってこ [全文を読む]

捕手併用の阪神と広島 鶴岡と倉中心の起用を考えるべき理由

NEWSポストセブン / 2014年07月07日11時00分

阪神と同じく石原慶幸(3.92)、白濱裕太(3.55)、會澤翼(5.10)、倉義和(2.04)の4捕手を併用する広島では、主に石原がメインで起用されている。しかしcERAを見ると、倉のズバ抜けた数値が目を見張る(広島のチーム防御率は3.69)。 「倉は今年は開幕から二軍暮らしが続いたために出場試合数が少ないが、もともと石原と正捕手を争う選手です。最近、彼 [全文を読む]

プロ野球スタートダッシュ「熱いぜVS暗いぜ」(2)野村監督が賭ける無名の若手

アサ芸プラス / 2012年04月25日10時59分

會澤翼(24)という打てる捕手が育ってきています。今は打撃を優先して外野を守ることがありますけど。91年に西山秀二が台頭してきたパターンと同じです。打撃から注目され、その後、正捕手になった」(風見) そして、隠し玉的な若手が三塁手・堂林翔太(20)である。シーズン前に著書「神さま、そろそろカープに優勝を!」(宝島社)を出版した広島テレビ・コメンテーター [全文を読む]

フォーカス