アンデス山脈のニュース

【世界秘境の旅】富士山より高い場所にある世界の絶景駅3選

TABIZINE / 2015年11月10日16時00分

太平洋に面した港町カヤオ(カラロ)から出発し、隣接したペルーの首都リマを通ってアンデス山脈の方へ12時間程度掛けながら上がっていく、世界一標高差の激しい鉄道。 通常は鉱山の鉱物を輸送するだけの鉄道のようですが、定期的に観光客も専用列車で運んでくれるとか。 一見すると心躍る鉄道の旅になりそうですが、実際は真逆で、酸素ボンベを持った看護師が忙しく乗客を介抱し [全文を読む]

ネスプレッソ 数量限定カプセルコーヒー 「Peru Secreto(ペルー セクレート)」2015年6月4日(木)発売開始

PR TIMES / 2015年06月08日15時22分

アンデス山脈の恵みをたっぷりと受けた豆から生まれたコーヒー味わいと品質を追求し、プレミアムポーションコーヒーのパイオニアとして世界市場をリードする「NESPRESSO(ネスプレッソ)」(ネスレネスプレッソ株式会社 本社:東京都港区、代表取締役社長 アレクサンダー・シュネガー)は、23種類の定番カプセルコーヒー“グラン・クリュ”に加えて、カプセルコーヒー 「 [全文を読む]

南米・アンデス地域における農薬販売のホールディング会社設立について

PR TIMES / 2015年03月31日12時23分

2014年の市場規模は21億米ドル(世界農薬市場の5パーセント)であり、アンデス山脈に接する温暖な気候と多様な栽培作物による高い農業生産ポテンシャル等を受け、今後も長期間にわたり年率3~4パーセントの成長が見込まれます。多様な作物に対する高い効果のある商品を多く持つ日本農薬メーカーには適した市場であると捉えられます。 住友商事の農薬事業は、1970年代に日 [全文を読む]

アトランティス人の末裔は今も生きている!【前編】

週プレNEWS / 2014年11月29日11時00分

また、モホス平原の西側に連なるアンデス山脈では、3700年前頃に突如として「チリパ文化」が現れ、大規模な石造神殿が築かれたが、その神殿遺跡にはマルタ巨石文明とよく似た“4つの渦巻き文様”を彫った大型石板が残され、モホス平原のロマからも4つの渦巻きを描いた大型土器が見つかっている。この土器は埋葬された遺骨の頭部にかぶせられていたが、実はマルタ巨石文明の墓( [全文を読む]

産地のこだわりを楽しむワインテイスティングイベント、MHDが開催

FASHION HEADLINE / 2014年05月20日22時00分

「テラザス・デ・ロス・アンデス(TERRAZAS de los Andes)」はアルゼンチンのアンデス山脈に農園を持つ。海の影響を全く受けない大陸性の気候のため、標高差により平均気温が異るという地域特性を生かし、それぞれの場所に適した品種のブドウが育てられている。また、非常に乾燥した気候のため病害を受けず無農薬での栽培が可能。畑への給水にアンデス山脈の雪解 [全文を読む]

美女モデル・依吹怜、南米ロケでビキニ&背中ヌード! 腰回りの美しさに興奮の声

メンズサイゾー / 2017年05月15日21時00分

同国の北部にあるアンデス山脈のふもとを訪れ、かつて40年間1度も雨が降らなかった記録があるという、世界でもっとも乾燥した地帯ならではの魅力を伝えた。 まず依吹が向かった先は、「絶景の宝庫」といわれるアカタマ砂漠。ここは平均標高が2000メートルを超える砂漠で、その中には死海よりも塩分濃度が高い塩湖がある。死海といえば、濃い塩分によって生まれる浮力で、入った [全文を読む]

マンダリン オリエンタル ホテル グループ、南米に初進出 マンダリン オリエンタル サンティアゴを2018年夏に開業へ

@Press / 2017年05月11日15時30分

チリの伝統文化と、マンダリン オリエンタルならではの東洋のエッセンスを採り入れた現代的なデザインを採用する全310の客室および、23室のスイートルームからは、サンティアゴの街並みとアンデス山脈の雄大な眺望をお楽しみいただけます。7,562坪(25,000m2)の広大な敷地内には、屋外プールと鍛錬に整備された庭園があり、市街地にいながらリゾート滞在のような感 [全文を読む]

スタバ、コメダをしのぐ茨城の個人カフェ

プレジデントオンライン / 2017年05月11日09時15分

アンデス山脈のふもと、コロンビアのポパイアン地区で直営農園を始めたのは1998年で、まもなく20年となる。 一般にコーヒーの味は「豆の種類」「生産方法」「収穫」「焙煎」「淹(い)れ方」で決まる。鈴木氏によれば「豆はティピカ種とブルボン種をシェイドツリー(陰をつくる樹木)の近くで栽培し、収穫したら天日干しをするのが理想」だという。その理想を満たすために当地を [全文を読む]

新型ディスカバリーでペルーを走破できる「LAND ROVER EXPERIENCE TOUR PERU 2017」の日本予選がスタート

clicccar / 2017年05月04日08時03分

アンデス山脈の標高2,400mの尾根に広がるインカ帝国の遺跡マチュピチュなど、ペルーの世界遺産を巡るプログラムも含まれています。 人里離れた高山地帯や熱帯雨林のジャングルといった過酷なコースを通じて、最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンションシステムや「テレイン・レスポンス2オート」が搭載された新型ディスカバリーの卓越したオールテレイン走破性能、そし [全文を読む]

火星の過酷環境でも育つ“スーパーポテト”が発見される! 理学博士が衝撃暴露「NASAの狙いは火星移住ではなく…」

tocana / 2017年04月11日13時00分

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2017/04/post_12814.html】■とてつもなく過酷な火星の環境 ジャガイモは南米アンデス山脈の高地が原産で、そもそも過酷な環境下でもよく育ち、栄養価も豊富な農作物である。火星においては食糧としてだけでなく、燃料の生成などにも応用できると期待されてきた。しかし、火星の環境は地球と [全文を読む]

食べているところは茎? くぼみには法則が……ジャガイモのヒミツ

NHKテキストビュー / 2017年04月08日00時00分

ジャガイモは、アンデス山脈の高地生まれ。アンデスの高地では長い乾季があり、この期間に地下茎に養分をためてイモを作り、生きのびるように進化したと考えられます。■イモのくぼみには、法則がある!?ジャガイモの葉は、重なり合わないように、茎を回るように少しずつずれて生えます。じつはこれ、地下の茎であるジャガイモでも同じ。芽の出るくぼみは、らせん状に回ってついていま [全文を読む]

金星の「巨大な弓状模様」成因解明 探査機「あかつき」観測

sorae.jp / 2017年01月18日09時00分

この重力波は、地球のアンデス山脈などでも観測されることがあります。 今後、研究チームは弓状構造の出現の条件を探るとしています。そして、弓状構造の生成メカニズムの全貌の解明が期待されているのです。 Image Credit: Planet-C, 宇宙科学研究所 ■金星の巨大な弓状模様の成因を解明 ― 金星探査機「あかつき」の観測を数値シミュレーションで解析 [全文を読む]

【ガチ】冥王星で500メートルの氷搭「ペニテンテス」が激写される! NASA科学者も困惑

tocana / 2017年01月17日07時30分

■科学者が困惑する冥王星の「ペニテンテス」 地球上にも「ペニテンテス」と呼ばれる氷の搭がアンデス山脈など高緯度地域でみられるが、その大きさは数cmから5メートルほどに過ぎない。500メートルもの巨大な氷の搭が存在するのは太陽系の中で冥王星だけであり、さすがのNASAも「青色と灰色の突起物と、その間に挟まれた赤褐色の物質による複雑で、不可解なパターン」と、公 [全文を読む]

つらい糖質制限ダイエットに!ローラも注目するヘルシー麺&パスタ

アサジョ / 2017年01月13日10時15分

「スーパーフード事典BEST50」(主婦の友社)によれば、キヌアは南米のアンデス山脈原産の穀物で、必須アミノ酸がバランスよく含まれるタンパク質が、白米の約2倍も含まれているとか。 また、ビタミンB1、B2、カリウム、鉄など、女性が摂りたい栄養素がたっぷり。食物繊維も豊富なので、腹持ちもよさそうです。そんなキヌアがパスタになれば糖質オフダイエット中は重宝しま [全文を読む]

アルゼンチンワイン「ズッカルディ」シリーズに新商品 ~アンデス山脈の麓に、新ワイナリーを建設。プレミアムワインの製造開始!~

PR TIMES / 2017年01月10日12時38分

また表ラベルのデザイ ンは、数百年前にアンデス山脈が出現した際の様子とラ・アグリコーラ社の新しいウコ・ヴァレー・ワイナリーを描いています。1.柔らかく、絹のような口当たりに、タンニンがしっかり感じられ、骨格のしっかりした味わいに仕上がっています。2.フレッシュな口当たりにミネラル感と豊富な果実味が特長です。9.販売計画 1.150ケース (750ml×12 [全文を読む]

3869日間チャリで世界一周の男に、チャリで日本一周の悪魔も脱帽?

まぐまぐニュース! / 2016年12月04日10時29分

あとは、サハラ砂漠やアンデス山脈といった無人地帯もキャンプでした。 サハラ砂漠にもテントを張った 魔:そ、そうか。我輩は1年間、野宿で過ごしておったが、それは日本だからな。ガッハッハッハッハ!! 特別にアフリカでは野宿は止めておくとするか。ちなみに、エジプトのカイロのダウンタウン地区のホテルが500円程度だったのだ。 ・・これって、やっぱり怖いですかね? [全文を読む]

アマゾン川ツアーのスタート地点イキトスへ!ペルーで南国の雰囲気を楽しもう

TABIZINE / 2016年11月17日21時00分

アンデス山脈のイメージが強いペルーの、実に国土の50%は熱帯性密林が占めているという事実! その密林のまっただ中に位置する都市・・・。ワラスからトンボ返りで、ペルーの首都リマへ戻ってきました。そのままの足でバスターミナルから空港に向かい、ペルー航空の飛行機に搭乗! 滑走路を走り抜け、ゆっくりと地上を離れる機体。大都会のリマが少しずつ小さくなって消えていき、 [全文を読む]

ノーベル平和賞のコロンビア大統領、「今年末までの内戦終結」を決意=和平への連帯、国民が国際社会と共有できた―駐日大使

Record China / 2016年11月03日05時10分

アンデス山脈から太平洋岸まで多様性の宝庫である。50年間でマイナス成長は1年間だけで、経済は安定している。十数年前に比べ治安の悪さや暴力的傾向が改善され、社会的安定をもたらす中間層が拡大している。 ゲリラとの対立は武力では解決しない。政府は国内対話を進め、和平交渉を推進した。まず紛争を終結することが大前提となる。より包摂的で持続可能な和平としたい考えだ。大 [全文を読む]

【世界の絶景】人生で1度は見たい絶景、南米ボリビアのウユニ塩湖

GOTRIP! / 2016年10月19日10時00分

そんな富士山よりも高い場所にあるウユニ塩湖が塩の塊になった理由は、アンデス山脈が隆起した際に、大量の海水がそのまま山に残されてしまったことに由来しています。 またこのエリアに川が存在しなかったこと、そしてこの場所が「世界でもっとも平らな場所」であったことから、現在の塩の大地となっているという、まさに偶然が重なり、さらに長い年月をかけて出来上がった場所、そ [全文を読む]

“ゲラン最高峰“を超える「オーキデ アンペリアル ブラック クリーム」誕生 2016年10月1日(土)より全国発売

PR TIMES / 2016年09月30日11時10分

ゲランの研究機関オーキダリウムが今回新たに発見したのは、南米ペルーのアンデス山脈に原生する「ブラック オーキッド」。この類稀なる免疫力と生命力を持ったブラック オーキッドを中核に、肌細胞の自己防衛力を高め、ダメージを受けにくい肌環境を作り出す「ブラック イミューン テクノロジー」を開発しました。ゲランの叡智を結集したエイジングケア*、10月1日に新発売です [全文を読む]

フォーカス