丸大食品のニュース

丸大食品グループにストレスチェックサービスを導入

PR TIMES / 2017年05月19日10時30分

~「健康経営(*)」を実現するため、集団分析結果の有効活用を促進~ 株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二、以下「当社」)は、丸大食品株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長:百済 徳男、以下「丸大食品」)とそのグループ会社23社の従業員約6,600名に、当社が提供するストレスチェック義務化に対応し [全文を読む]

丸大食品グループ会社の安曇野食品工房株式会社から協賛品提供が決定いたしました!認知症ONLINE×未来をつくるkaigoカフェ共同イベント『未来をつくる認知症ケア』の参加者にココナッツプリンを無料配布

PR TIMES / 2016年10月05日18時15分

株式会社ウェルクス(代表取締役社長:三谷 卓也)が運営する認知症に関わる全ての方のためのWebマガジン「認知症ONLINE」と未来をつくるkaigoカフェ(代表:高瀬 比左子)が共同企画したイベント『未来をつくる認知症ケア』は、丸大食品グループ会社の安曇野食品工房株式会社(代表取締役社長:美野 卓司)から協賛品提供を受けることを発表いたしました。[画像1: [全文を読む]

認知機能改善に有効とされている鶏ムネ肉エキス-DG販売

認知症ねっと / 2016年09月26日12時00分

認知機能改善機能素材鶏ムネ肉エキス-DGをIHMが提供開始 丸大食品株式会は、社国産の鶏ムネ肉から抽出されるプラズマローゲンが12.5%以上にまで規格化された、鶏ムネ肉エキス-DGを株式会社IHMより販売を開始すると発表した。なお発売開始は、10月を予定されている。 脳内における抗炎症作用及びアミロイドβの蓄積量低下を確認 現在丸大食品及び九州大学は、プラ [全文を読む]

グリコ森永事件 未解決の一因は警察内部の足の引っ張り合い

NEWSポストセブン / 2014年04月17日07時00分

大阪・摂津市内の焼き肉店を舞台にした「現金の受け取り」に失敗した犯人グループは、グリコ本社への放火を皮切りに、丸大食品や森永製菓、ハウス食品に対して毒物入りの食品を送り付け、スーパーの店頭に毒入り菓子を置くなどの脅迫を続けた。事件は翌1985年、犯人グループの一方的な終結宣言によって幕を閉じたが、警察は何ひとつ解明できないままだった。 問題にすべきは、警 [全文を読む]

【ウインナーに関するアンケート調査】ウインナーを食べる頻度は「週1回」「月2~3回」がボリュームゾーン。購入時の重視点は「味」「価格」に続いて「食感」

PR TIMES / 2013年11月09日11時08分

伊藤ハム『チーズイン』『ロイヤルポールウインナー』利用者や丸大食品『おべんとうの赤』利用者では、週1回以上食べる人が多くなっています。◆ウインナーを食べる場面、直近1年間に食べた銘柄 ウインナーを食べる場面は、「朝食」「夕食」が各5割前後、「昼食」「お弁当」が各2~3割となっています。10代は「朝食」「お弁当」「夕食」が上位3位です。「お弁当」は女性の方が [全文を読む]

話題の「鶏肉の蒲焼き」食べてみた! 味も見た目もたしかに“うなぎ”

えん食べ / 2013年07月10日15時00分

7月22日の“土用の丑の日”が近づくなか、稚魚の仕入れ量が減少し価格高騰している“うなぎ”の代替品として、なんと「鶏肉の蒲焼き」(丸大食品)が発売されました。鶏肉が“うなぎの開き”のような形状に仕上げられた、国内初の商品。果たして本当にうなぎの代わりになるのでしょうか?えん食べ編集部で実食してみました! “うなぎの蒲焼のような形”は、丸大食品の特許製法によ [全文を読む]

国産鶏肉のみを使用した国内初うなぎの蒲焼状の商品 『鶏肉の蒲焼き』 新発売 本日7月8日(月)より全国スーパー等で販売開始

PR TIMES / 2013年07月08日10時30分

<7月22日は、土用の丑の日> 「うなぎ」のさらなる高騰で新たな形の蒲焼が本格ブームの予感!? 丸大食品株式会社(本社:大阪府高槻市、社長:百済 徳男)は、本日7月8日(月)より、 全国のスーパー等で、新商品『鶏肉の蒲焼き』を発売致します。 今年は稚魚の仕入れ量が昨年より21%も減少し、うなぎのさらなる高騰が懸念されます(水産庁調査より)。 夏の商戦を盛り [全文を読む]

森永製菓、カゴメ、日清食品、日本ハム、日本水産(ニッスイ)など「食」に関わる企業が延べ60社以上が集結する特別就活イベント(2月下旬に開催)

PR TIMES / 2017年02月05日12時13分

(イベント参加予定企業)※追加で参加決定した企業も含む ◆食品メーカー 井村屋グループ、エースコック、カゴメ、カバヤ食品、神戸屋、テーブルマーク、日清食品グループ、日本ハム(ニッポンハムグループ)、日本水産(ニッスイ)、丸大食品、森永製菓、ヤマサ醤油 食品卸 伊藤忠食品、加藤産業、国分グループ、日本アクセス、日本酒類販売、三井食品 食品小売 アクシアルリ [全文を読む]

「つながり」から業界・職種が理解できるテーマ型学内業界セミナー

PR TIMES / 2017年01月29日10時22分

衣(ファッションビジネス):豊島、タキヒヨー、帝人フロンティア、オンワード樫山、グンゼ、ジョイックスコーポレーション、AOKI、ファーストリテイリング、 高島屋 等 食(食品流通):ハウス食品、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、丸大食品、ヤマサ醤油、日本水産、エバラ食品工業、日本アクセス、東洋冷蔵、日本酒類販売、山星屋、ヤオコー、マルト、イトーヨーカ堂、 [全文を読む]

ファミリーマートに生ハムが4種類も!?違いはあるのか食べ比べてみた

しらべぇ / 2017年01月29日08時30分

製造は丸大食品だ。他の3つと比べると、全体的に脂が入っている。実際食べてみると、口に含んだ時はしっかりとした塩味、その後から脂の美味しさが口に広がってくる。108円と抑えめ価格だが22gというボリューム、しっかりめの味でもあり、ミディアムからフルボディの赤ワインをハーフボトルで1人ワイン...といったシーンの食べきりサイズに、ちょうどよさそうだ。(2)ファ [全文を読む]

食品業界特化の業界&社風理解イベント開催!(東京・名古屋・大阪 3都市で開催)

PR TIMES / 2017年01月28日10時20分

(イベント参加予定企業) 食品メーカー 井村屋グループ、カバヤ食品、日清食品グループ、日本ハム(ニッポンハムグループ)、日本水産(ニッスイ)、丸大食品、森永製菓、ヤマサ醤油 等 食品卸 伊藤忠食品、加藤産業、国分グループ、日本アクセス、日本酒類販売、三井食品 等 食品小売 アクシアルリテイリング、イトーヨーカ堂、エコスグループ、コノミヤ東海、三徳、静鉄ス [全文を読む]

ココイチ廃棄カツ横流し事件、真相は闇のまま調査終了か…7割が身元不明の不気味さ

Business Journal / 2016年04月19日06時00分

それはびんちょうまぐろスライス(日本生活協同組合連合会)、今川焼き(ニチレイフーズ)、おさつ甘露(ニッセン)、たけのこ土佐煮(イオン)、インスタントみそ汁(マルコメ)、フローズンヨーグルト(ミニストップ)、豚バラ蒲焼(丸大食品)、糸きりごぼう(栗木食品)、串こんにゃく(関越物産)、炭火焼鳥モモ(フードリンク)、ハチミツ(岐阜養蜂)【編注3】など、実に多彩 [全文を読む]

東海林のり子“忘れられない猟奇事件”「容疑者にインタビューを試みると…」

アサ芸プラス / 2015年08月02日09時55分

この事件は振り回されて、あっちこっち現場を飛んで歩きましたが、江崎社長の豪邸を見て、『あの大きな浴室によく侵入できたな』と驚いたことを覚えています」 この事件を皮切りに、その後、丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋など食品企業を次々と脅迫する事件が発生した。しかし、結局、犯人の正体はわからなかったのである。 埼玉県熊谷市で起きた愛犬家連続殺人事件 [全文を読む]

養老孟司さん推薦!困った愛犬家、勢揃い!あなたの過剰な愛情が、愛犬を困らせている 改訂版 となりの「愛犬バカ」をリリース

DreamNews / 2015年03月11日18時00分

丸大食品に入社後、丸大ペットフードの設立、シービーフーズ取締役を経て独立。現在ペット総合コンサルタント、ペット総合プロデューサーとして、講演活動、ペット業界社員教育、ペットなんでも相談会などを積極的に行う。PSGジャパンペット総合スクール理事長、GLGグループペット国際コンサルタントを務める。■本書スペックタイトル :改訂版 となりの「愛犬バカ」販売価格 [全文を読む]

「カップヌードル」に追随し即席麺が円安ドミノ値上げ、もはや企業努力ではどうにもならない!

週プレNEWS / 2014年10月23日06時00分

直近では7月に日本ハムがハム・ソーセージ135品目の納品価格を値上げし、8月には丸大食品が同108品目の値上げや減量に踏み切った動きがあるが、今後、豚肉の値上げが加速するとみられている。 都内の食肉卸会社の幹部社員がこう打ち明ける。 「最近の豚肉の値上げの理由はほかと同様、原材料費の高騰なのですが、今後そこに別の要因が重なってきそうなのです。実は、昨年10 [全文を読む]

食料品が一斉値上げの夏 「PB商品がさらに台頭」と識者予測

NEWSポストセブン / 2014年07月01日07時00分

それに伴い、伊藤ハム、丸大食品、プリマハムといった同業他社も8月にかけて揃って値上げに“便乗”する。また、雪印メグミルクも7月1日出荷分から家庭向けバター4品目を2.1~2.3%値上げするという。 価格を据え置く商品も値上げに変わりはない。【ハムのスライスを薄くして2g減(日本ハム)】、【ミルクチョコレートの縦横1cmずつ小さくして5g減(明治)】、【ミニ [全文を読む]

丑の日うなぎ高騰で過熱するポストうなぎ戦争〜代替商品でヒット続出?鶏、パン、ナス…

Business Journal / 2013年08月02日07時00分

丸大食品では、うなぎに代わる新たな蒲焼商品として「鶏肉の蒲焼き」を販売するなどし、虎視眈々と、ドジョウならぬ「二匹目のうなぎ」を狙っているようだ。 だが、そこまでして、土用の丑の日にうなぎ(のようなもの)を食べたいのだろうか? その売れ行きのほどを各社に聞いた。 昨年より、「豚バラ蒲焼」を販売している伊藤ハムでは「昨年比の1.5倍の売れ行きです」とホクホク [全文を読む]

うなぎ高騰でなす、いわし、豚バラ、鶏肉など代用蒲焼が人気

NEWSポストセブン / 2013年07月28日07時01分

また、丸大食品は、『鶏肉の蒲焼き』を発売し、これも売り上げは好調だ。 他にもタレントの速水もこみち(28才)が「れんこんの蒲焼き風料理」をテレビで紹介して話題を呼んだり、レシピサイト『クックパッド』では、豆腐やごぼう、ちくわなど、数多くのうなぎの蒲焼き風料理が紹介されている。今では、スーパーの蒲焼きの売り上げの1割は、うなぎ以外が占めるようになっているとも [全文を読む]

「食べるならどっち!?」名指し告発本の戦慄内容(3)発がん性物質に変わる添加物

アサ芸プラス / 2013年07月04日09時58分

その3項目の全てイオン・トップバリュグリーンアイというプライベートブランドが勝利を収め、丸大食品の「ロースハム」、プリマハムの「タコさんウインナー」、日本ハムの「ハーフベーコン」という食肉メーカーの商品が〈ダメ〉となっているのだ。 勝敗を分けたのは、発色剤として使われている亜硝酸Naという添加物だ。 「亜硝酸Naは発色をよくするだけでなく、風味もよくします [全文を読む]

西友、9月13日より食品・日用品合わせて700品目の拡大値下げ 2012年の年間“EDLP”商品計画 第二弾実施

PR TIMES / 2012年09月11日10時32分

【主な値下げ商品】・UCC ゴールドスペシャル スペシャルブレンド(400g)値下げ前価格:498円/新価格:477円(割引率約4%)・キリン 午後の紅茶ミルクティー(1.5L) 値下げ前価格:168円/新価格:155円(割引率約8%)・山崎製パン ダブルソフト(6枚) 値下げ前価格:175円/新価格:157円(割引率約10%)・丸大食品 本焼工房焼豚(3 [全文を読む]

フォーカス