三陸海岸のニュース

Google、海からの「ストリートビュー」撮影開始、それはストリートなのか?

インターネットコム / 2014年06月18日19時10分

米国 Google は、三陸海岸の景観を船に乗って洋上から撮影する「海からのストリートビュープロジェクト」を開始した。過去にブラジルのアマゾン川をボートで撮影した実績のある同社にとってとっぴな手段ではないが、「ストリート」という枠からは完全に飛び出した印象だ。 今回のプロジェクト自体はきわめて真面目なものだ。Google では、2011年から東日本大震災で [全文を読む]

宮城の旨いものを味わえる『千代の蔵 新橋』 集大成を極めた「希少部位の牛たんとブランド肉、三陸海鮮の宮城三昧コース」期間限定7,000円⇒4,000円で提供!

@Press / 2017年04月27日11時00分

三陸海岸より直送の鮮魚石巻漁港、塩釜漁港など142もの漁港があり、全国屈指の水揚げ量を誇る三陸海岸。恵まれた水質で“世界三大漁場”とも称され、数多くの名産物が三陸から生まれています。仙台を拠点とする『千代の蔵』では、独自ルートを持つことで鮮度を落とさず低価格で都内まで運ぶことを実現させました。獲れたての美味しさを味わっていただけます。 [全文を読む]

クリスマスイヴに特別列車が三陸海岸を走る 話題の『東北レストラン鉄道』 TOHOKU EMOTION に酔いしれる旅

PR TIMES / 2015年09月30日11時05分

~クリスマスまであと3カ月!先着48名様限定~株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林朗 以下H.I.S.)では、東北三陸海岸を走る「東北レストラン鉄道」 TOHOKU EMOTIONを利用した3コースの販売を開始しました。 昨今では、列車を単なる交通手段としてではなく、列車での移動空間を楽しみにされ旅の目的とされる方が多くなっ [全文を読む]

東日本大震災から4年 三陸海岸で“邪魔な海藻”として嫌われたアカモクは女子の味方の万能食材!リゾット・サラダなど女性に向けたレシピをOisixで公開

PR TIMES / 2015年03月10日16時18分

宮城の漁業関係者に“邪魔モク”として捨てられていた海藻が実は高機能食材だった!オイシックス株式会社は、東日本大震災から4年を迎えるにあたり、知られざる三陸海岸の高機能食材“アカモク”の販売を促進するため、2015年3月よりOiSIXサイト内で、ご家庭で簡単にアカモクをお楽しみ頂けるレシピを公開いたしました。“アカモク”とう海藻をご存でしょうか?ワカメや昆布 [全文を読む]

東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクトで三陸海岸、海からのGoogleストリートビューを公開

ITライフハック / 2014年10月20日09時00分

Googleは、今年6月に開始した「海からのストリートビュープロジェクト」において、夏から秋にかけて撮影した三陸海岸の景観をとらえたストリートビューを本日より公開する。同プロジェクトは、2011年の東日本大震災で地震や津波による甚大な被害を受けた地域をストリートビューで撮影、その様子をパノラマ画像で記録する「東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクト」の一 [全文を読む]

Google、「海からのストリートビュー」公開--被災地の今を写す

インターネットコム / 2014年10月20日02時30分

東日本大震災で津浪による大きな被害に遭った三陸海岸の現状を、船上から撮影している。 「海」と「ストリートビュー」という語感の組み合わせは奇妙だが、Google はすでに南米アマゾン川をボートで撮影するなど水上活動の実績があり、今回の取り組みが際立って珍しいという訳ではない。 同社は6月にこの計画を発表。9月にかけて三陸海岸の景観を撮影した。従来の陸からのス [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 蒲澤利行・米澤 豊写真展「三陸復興国立公園『二人の三陸海岸』」 期間:2014年3月6日(木)~3月12日(水)

PR TIMES / 2014年03月03日10時42分

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)http://www.aidem.co.jp/が運営するフォトギャラリー[シリウス]http://www.photo-sirius.net/は、蒲澤利行・米澤 豊 写真展「三陸復興国立公園『二人の三陸海岸』」を3月6日(木)~3月12日(水)に開催いたします。 ■写真展案内 「壮美」 [全文を読む]

メイト 国内企画旅行 紅葉の旅東北 新コース登場

PR TIMES / 2013年09月19日14時50分

近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社(本社:東京都墨田区 社長:岡本 邦夫)の、国内企画旅行商品メイトでは、2013『紅葉の旅 東北』で、新コース「下北半島と三陸海岸3日間」を設定、販売を開始しましたのでお知らせします。 毎年好評をいただいている『紅葉の旅 東北』では、本年は10月1日から11月10日までの出発設定で、全5コースを展開します。その中で、今年、 [全文を読む]

あのウニ丼を求めて…ロケ地で味わう『あまちゃん』地元名物

WEB女性自身 / 2013年05月11日07時00分

塩味のあっさりとしたスープに、具は三陸海岸でとれたウニ、ホタテ、エビなどがのっている。 最後に紹介するのが、久慈名物の『海女丼』(レストラン山海里・2,980円、手ぬぐい付き)。ボリューム満点のごはんの上に海の幸がたっぷり。手巻き寿司にしたり、ごはんをくずして食べたりと、お好みで楽しめる。また、ごはんのなかに入っている具材を発掘する『琥珀丼』(2,300円 [全文を読む]

東北・宮城県三陸海岸を舞台に、クビをかけた講師と学生6人の挑戦を描く『ライジング・ロード』を刊行

PR TIMES / 2013年03月08日13時06分

本書は、東北・宮城県の三陸海岸を舞台に、「太陽光エネルギー=ソーラーカー」にかけた希望を描く感動の小説です。物語がスタートするのは、東北・宮城県のある三流大学。主人公・野口陽子(のぐち・ようこ)は、学生6人と一緒にソーラーカー作りに情熱を燃やしていました。トラブルを乗り越えながら開発が進むなか、彼らを大きな苦難が襲います。陽子たちは傷つきながらも、地元の人 [全文を読む]

フジワラ産業社長、防災対策や水処理関連の独自技術開発の足取りをまとめた「津波避難タワー - 命を守るフジワラ -」を3月4日に出版

@Press / 2013年02月22日17時30分

■東日本大震災を目の当たりに見て 東日本大震災にともなって発生した大津波は、三陸海岸をはじめとする広い地域に甚大な被害をもたらしました。その後、全国規模で防災の見直し再検討が行われ、そのひとつの手段とし注目されたのが「津波避難タワー」です。 当社は震災以前から、西日本を中心に津波避難タワーを建設してきました。周囲の人たちから「ようやく社長のアイディアが世間 [全文を読む]

かくも美しい福島。ボランティアに参加して判った不足している力

まぐまぐニュース! / 2017年06月09日12時36分

北には、牡蠣の産地として有名な三陸海岸もある。あの海岸線沿いの土地は、元々がどれも美しい土地なのである。 今、福島に「最も足りていないもの」とは? 今、被災地に足りないのは、若いエネルギーである。若いエネルギーが注がれれば、元の美しさを取り戻せる。高齢の方々だけでは、成り立たない。ただでさえ限界集落が多い中、正直厳しい面があるとは思うが、若者が土地に根付く [全文を読む]

高精度デジタル地図「GEOSPACE電子地図」 最新版(2017年版)リリース 主要道路などの詳細情報を更新

PR TIMES / 2017年04月20日17時42分

今回の2017年版では、2017年3月末供用開始までの情報を反映し、道路情報は首都高速神奈川7号横浜北線[生麦JCT~横浜港北JCT]、三陸自動車道(南三陸道路)[志津川IC~南三陸海岸IC]、第二阪和国道[淡輪ランプ~深日ランプ]などを含む、主要道路約3,000箇所の更新情報を日本全国に反映いたしました。また、島嶼部情報は南鳥島、沖ノ鳥島を含め主要な約 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

舞台は岩手の三陸海岸。そう、この時点で視聴者は物語の未来を予見する。3年後にやってくる「3.11」――東日本大震災を。それは日本人にとって、戦争と同じくらいの歴史的インパクトを持つ。そして、『あまちゃん』の物語は進んでいく。そこには平凡で、何気ない、ほのぼのとした日常が描かれている。だが、お茶の間はその先に「3.11」が来ることを知っている。だからこそ、そ [全文を読む]

全国で使える「まちキュン・ご当地届シリーズ」から新バージョン! 岩手県のご当地婚姻届が登場!

PR TIMES / 2017年01月10日13時31分

婚姻届 世界遺産と雄大な自然景観がふたりを祝福![画像1: https://prtimes.jp/i/10032/245/resize/d10032-245-955499-0.jpg ]<岩手県:ご当地婚姻届のデザインについて>世界遺産「平泉」を始め、宮沢賢治が愛した岩手山や絶景が広がる三陸海岸など、魅力いっぱいの岩手県。SL銀河や三陸鉄道に乗って、豊かな [全文を読む]

東京と石巻を6年間で600往復、全国の個人・企業・行政を巻き込み、新しいまちづくりに挑む元商社マンの奮闘記『ひとりの力を信じよう』を1月に発行いたします。

DreamNews / 2016年12月22日16時30分

宮城県石巻市雄勝町について リアス式の美しい三陸海岸に面した雄勝町は森と海と水に恵まれ、雄勝湾では、ホタテ・ホヤ・牡蠣・銀鮭・ワカメの養殖が盛ん。また、国内生産量の90%を占める雄勝硯(東京駅 の復元改修工事の際に雄勝産の天然スレートが使われました)や、国の重要無形文化財である室町時代から伝わる雄勝法印神楽など、自然と文化、そして生活の営みの凝縮がありまし [全文を読む]

【世界津波の日】注目の判例「大川小津波訴訟」の争点を読み解く

シェアしたくなる法律相談所 / 2016年11月05日16時30分

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う津波が、三陸海岸・追波湾の湾奥にある新北上川(追波川)を遡上してきました。この津波が、河口から約5kmの距離にある同校を襲い、校庭の内外にいた児童78名中74名と、教職員13名中、校内にいた11名のうち10名が死亡しました。■過失が認定された2つの視点とは判決は、学校側の過失を2つの点からみて判断しています。 [全文を読む]

【連載】カップルや友達、家族でも! 旅行気分で行きたいおすすめスポット!〈東北編〉

マイナビ進学U17 / 2016年09月14日13時12分

今回は東北編でお届け!■黒崎展望台【岩手県】みなさんも学校の授業で一度は「リアス式海岸」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか? ここ岩手県普代村にある黒崎展望台では、間近にリアス式海岸はもちろん、普代浜と三陸海岸線の雄大なパノラマを望むことができます。特に5~7月には「ヤマセ」と呼ばれる、北東風が海から陸へ吹きつける幻想的な様子を見ることがで [全文を読む]

宇宙人にも教えてあげたい! 青森・八戸で花が咲き乱れるファンタジックな海岸と絶品海鮮を食べる旅

ガジェット通信 / 2016年07月31日17時00分

蕪島神社は八戸から福島県相馬市までの三陸海岸約700kmをつなぐ『みちのく潮風トレイル』の北端でもある。ここからさらに海岸沿いを移動してみよう。 ウミネコウォッチングから種差海岸に向かう途中、立ち寄りたいのが『小舟渡食堂』。 磯の岩の上にある、海抜0mの珍しい食堂。 ここも震災時には2階の窓ガラスまで津波が来たそうだ。(写真は1階部分)。 名物は『磯ラー [全文を読む]

三菱商事:ひろの屋 水産加工場「北三陸ファクトリー」の開設について

JCN Newswire / 2016年07月07日15時39分

** 岩手県の三陸海岸沿い地域のうち、久慈市や九戸郡を中心とする地域を「北三陸」と呼びます。*** 北三陸ブランドでは紫ウニの他にも、わかめ、ほや、蝦夷鮑、鮮魚等の商品を販売いたします。概要:三菱商事株式会社詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。Source: Mitsubishi CorporationCopyright [全文を読む]

フォーカス