大泉町のニュース

スポーツ支援クラウドファンディング「スポチュニティ」、7人制サッカー「ソサイチ」でリーグ制覇を目指す「New Central大泉」の支援プロジェクトを新たに開始。

PR TIMES / 2017年05月31日16時00分

スポーツ支援クラウドファンディング・サービスのスポチュニティ株式会社(東京都中央区)は、クラウドファンディング・サービス「スポチュニティ」において、「FOOTBALL7 SOCIETY LEAGUE」の関東リーグに所属するNew Central大泉(群馬県邑楽郡大泉町)の活動を支援するプロジェクトを新たに開始します。報道関係者各位2017年5月31日スポ [全文を読む]

アイドルユニット「リンダIII世」誕生の理由は「群馬県ブラジル町」にあり?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月25日12時10分

関連情報を含む記事はこちら なぜ群馬からブラジル人アイドルユニットが生まれたのか? その謎を解く手がかりのひとつが、「群馬県ブラジル町」と呼ばれ、ブラジルをはじめとする中南米の人々が人口の10%を占める町──大泉町にある。 1990年の出入国管理法の改正によって、ブラジルやペルーの日系人の日本での就労が可能になり、大手企業の工場がありながら人手不足に困って [全文を読む]

県内初!タウンコンシェルジュが見守る安心の暮らし 大型分譲地「スマートハイムタウン住吉ガーデン」販売開始~4月8日(土)・9日(日) まちびらきイベント開催~

@Press / 2017年03月28日13時00分

群馬セキスイハイム株式会社(所在地:群馬県前橋市、代表取締役社長:石割 大樹)は、群馬県邑楽郡大泉町住吉において、「スマートハイムタウン住吉ガーデン」(全73区画)を開発し、第一期分譲販売(20区画)を開始しました。完成した分譲地のお披露目の場として、4月8日(土)・9日(日)に「まちびらきフェスティバル」を開催します。 尚、一般販売に先駆けて実施された、 [全文を読む]

郊外の多文化主義(1)

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月07日16時05分

北関東のルゾフォニア 上毛カルタに「つる舞う形の群馬県」とある通り、地図上、南東に向かって羽根をひろげて滑空する鶴の形をした群馬県の右下、頸部のあたりに邑楽郡大泉町は位置している。この町への鉄路での玄関口は、東武小泉線の西小泉駅である。単線の電車に乗り、終点の西小泉駅で降りると、そこには「ルゾフォニア(Lusofonia)」がひろがっているのを目にすること [全文を読む]

適切な移民受け入れ政策は、日本の明るい未来につながる:イノベーションと世界の評価好転

NewSphere / 2015年03月03日17時41分

日系ブラジル人が集住する群馬県大泉町の村山俊明町長は「彼らは日本語をマスターしないで来日するので解雇されるケースが多い」と指摘し、その結果「税金の滞納率が高く、生活保護受給者が多い」と嘆く。しかし、これは彼らのせいではなく、一時的な労働者として日本語能力も確認せず、野放図に定住可能な在留資格を与えて入国させた日本政府に責任がある。日系人も大泉町も日本の中 [全文を読む]

日系ブラジル人はサンバを踊れない?

ニューズウィーク日本版 / 2016年03月12日15時12分

群馬県邑楽(おうら)郡、大泉町(まち)。県南東部の端っこ、利根川を挟んで埼玉県熊谷市と向き合うこの町は、全国で最も外国人の比率が高い市町村の一つとして知られている。 町民約四万人のうち、外国人住民の比率は十五パーセント。その約七割、すなわち町民の十人に一人が日系を中心としたブラジル人である。無論、ブラジル人の比率も日本で一番高い。(7ページより) 199 [全文を読む]

初日来場者数10,000人強 日本最大級のブラジルイベント「ブラジルカーニバル2015」 東京都青海地区にて3月29日(日)まで期間限定開催

@Press / 2015年03月27日16時30分

URL: http://www.nrg.co.jp/nikkenlease/brazil-carnival/stage.html <開催概要> 開催日時: 2015年3月27日(金)~3月29日(日) 11:00~21:00 会場 : シンボルプロムナード公園セントラル広場 (東京都江東区青海) 新交通ゆりかもめ「台場」駅・「船の科学館」駅より 徒歩約5 [全文を読む]

[細川珠生]【年間20万人の移民受け入れに待った】~日本社会の課題をまず見つめよ~

Japan In-depth / 2015年03月05日23時00分

笹川氏の選挙区である群馬県大泉町は日系2世や3世が多い。これはバブル期に労働者が不足し、ブラジルの日系人に第二の故郷に帰るような形で日本に来てもらったという背景がある。日系人である彼らは日本の文化・社会に理解があり、次第に定着して大泉町の中で大事なウェイトを占めていくようになった。今では人口4万人のうち15%がこうした移民だという。笹川氏は、外国人との共生 [全文を読む]

日本のブラジル街 群馬県大泉町で名物肉料理シュラスコ が食べ放題!

ぐるなび / 2014年06月19日19時10分

6月16日放送の「news every.」(日本テレビ系、毎週月~木曜午後3時50分、金曜午後4時50分)で、特集「ビックリ異国文化 探検!まさかの“ブラジル街”」と題して、リポーターの渡辺裕太さんと坂田陽子さんが、ブラジル料理店「ロデイオグリル」(群馬県大泉町)を訪れた。 同店は、大泉町に住むブラジル人向けスーパーマーケットの中にある。「シュラスココース [全文を読む]

東京から2時間で行けるブラジル

週プレNEWS / 2013年08月18日10時00分

ブラジルに行ってみたいけど、遠いし、旅費は高いし、無理! そこで目指したのが、電車で日帰りで行ける群馬県大泉町。日本有数のブラジリアンタウンでブラジル気分を満喫だ! ■お店は看板も挨拶も2ヵ国語対応! 人口の約1割が日系ブラジル人とペルー人といわれる日本有数のブラジリアンタウン、群馬県大泉町。その中心部にある西小泉駅までは、東京都心から電車で2時間弱。同駅 [全文を読む]

フォーカス