帝都自動車交通のニュース

料金検索機能により、訪日外国人が持つタクシー料金への不安を解消 2020年に向けて 訪日外国人も手軽にタクシー タクシー配車アプリ英語版『COME ON TAXI』4月提供開始!

DreamNews / 2017年04月05日13時00分

帝都自動車交通株式会社(本社:東京都中央区、社長:神子田健博)、東京私鉄自動車協同組合(京王自動車、小田急交通、京急交通本部:東京都渋谷区、代表:山ノ上哲男)小田急交通南多摩株式会社(本社:東京都多摩市、社長:山ノ上哲男)京成グループタクシー11社は、2017年4月3日(月)からスマートフォン用タクシー配車アプリ『ココきて・TAXI』の英語版『COME O [全文を読む]

タクシーへ搭載のビーコンで画期的なインバウンドサービス!

PR TIMES / 2017年02月02日10時18分

異言語コミュニケーションアプリ「指さし会話JAPAN touch&talk」で、タクシーが訪日外国人に優しくなる! 帝都自動車交通株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:神子田健博)、株式会社情報センター出版局(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田村隆英)、株式会社テクノビーコン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤拡)は、情報センター出版局の [全文を読む]

帝都タクシー×Beaconによる「スマホアプリ連携サービス」の実地検証を開始

PR TIMES / 2016年01月28日09時33分

帝都自動車交通株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:神子田健博)と株式会社むすぶ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤宜範、以下むすぶ)は、帝都自動車交通が保有する全タクシーの車内でiBeaconを活用したスマホアプリ連携に関する実地検証を開始いたしました。 帝都自動車交通株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:神子田健博)と株式会社むす [全文を読む]

FCV「ホンダ・クラリティ」のタクシー運用開始!6月末をめどに全6台を投入予定

clicccar / 2017年05月22日08時03分

帝都自動車交通、仙台タクシー、大宮自動車、日野交通の4社の協力を得て実施するもので、同社ではFCVの本格普及に向けてタクシー運用を通じて得られた走行データなどの様々な情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組んでいくとしています。 満充填での走行距離が約750km、1回あたりの水素充填時間が3分程度と、ガソリン車と変わらない [全文を読む]

高齢タクシー運転手への「もみじマーク」義務化の会社はゼロ

NEWSポストセブン / 2017年02月09日16時00分

「年2回の健康診断で異常があった人や、73歳で再雇用する人には、脳MRI検査を実施」(西武ハイヤー) 「営業所に血圧計を配備するなどの健康管理」(帝都自動車交通) こうした独自の対応をしている会社もあるが、「特になし」と回答した会社も目立つ。 タクシー運転手も、70歳以上であれば、「もみじマーク(高齢運転者標識)」を表示する努力義務があるが、運転手に表示 [全文を読む]

なぜ町を走るタクシーに「もみじマーク」はついてない?

NEWSポストセブン / 2017年02月05日07時00分

理由を各社に訊ねると、「義務ではなく努力目標なので、当社は付けていない」(日本交通)ほか、大和自動車交通、帝都自動車交通も会社としてもみじマークは付けていないと説明した。 努力目標を守る努力をしないのは、高齢ドライバーであることが客にわかると、営業的にマイナスだとタクシー会社側が考えているからではないか。 無論、高齢タクシー運転手を一括りに安全面で問題が [全文を読む]

75歳以上のタクシー運転手 東京地区だけで約3000人もいる

NEWSポストセブン / 2017年01月30日11時00分

日本交通は70~74歳が86人、帝都自動車交通は70~74歳が45人で「75歳超のドライバーはいない」と回答(国際自動車は無回答)。関西、中京、九州などを拠点とする大手タクシー会社・組合6社も高齢ドライバーの人数は「回答せず」だった。 高齢者ドライバーによる事故は今や深刻な社会問題である。安全に最も配慮し対策を講じるべきタクシー業界が、「とりまとめを行な [全文を読む]

東京最大のタクシー共通配車アプリ『スマホdeタッくん』の対応車両が、タクシー無線8グループ約11,000台に拡大、シェア約55%へ。アプリ機能強化、英語版をリリース

PR TIMES / 2015年01月28日19時14分

2015年1月現在、東京23区および武蔵野市・三鷹市を対象エリアとして日本交通、大和自動車、共同無線、グリーンキャブ、日の丸自動車、イーエム無線、チェッカー無線の一部の車両を合わせた計約9,600台に対応し、さらに今後、帝都自動車交通、チェッカー無線が順次対応、2015年3月には計約11,000台で利用できる予定です。[画像1: http://prtime [全文を読む]

タクシー業界の隠語 流れ弾、ワカメ、大日本帝国の意味は?

NEWSポストセブン / 2014年06月29日16時00分

■大日本帝国 東京のタクシー会社大手4社、「大和自動車交通」、「日本交通」、「帝都自動車交通」、「国際自動車」の頭文字を繋げた表現。都内の法人タクシーの約3割が「大日本帝国」で占められている。 ※週刊ポスト2014年7月4日号 [全文を読む]

フォーカス