三菱化学のニュース

世界初“発光層塗布型”有機EL照明モジュールのサンプル出荷を開始

PR TIMES / 2013年09月25日14時40分

~発光層を塗布プロセスで成膜することにより、製造コストを大幅に低減~ 三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下「三菱化学」)とパイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:小谷 進、以下「パイオニア」)は、発光層を独自の塗布プロセスで成膜することにより製造コストを大幅に低減した、世界初の“発光層塗布型”有機EL照明モジュール(白単色 [全文を読む]

エーザイ、子会社株式の譲渡に関するお知らせ

JCN Newswire / 2015年11月26日16時31分

TOKYO, Nov 26, 2015 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、本日、当社が発行済株式の100%を保有する子会社エーザイフード・ケミカル株式会社(以下「エーザイフード・ケミカル」)の全株式を譲渡する旨の株式売買契約を、三菱ケミカルホールディングスグループで三菱化学株式会社の子会社で [全文を読む]

有機EL照明パネル販売のための共同事業会社の設立について

PR TIMES / 2013年06月03日13時50分

―販売・マーケティング機能を統合― 三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下「三菱化学」)とパイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:小谷 進、以下「パイオニア」)は、2013年6月3日付で、MCパイオニアOLEDライティング株式会社(本社:東京都新宿区、社長:室山 敏、以下「MCパイオニアOLEDライティング」)を設立いたしま [全文を読む]

【化学業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学

DreamNews / 2016年05月18日11時00分

集計の結果、2015年に最も引用された企業は、富士フイルムの5,174件、次いで花王の1,741件、三菱化学の1,418件となりました。 1位富士フイルムの最も引用された特許は、昨年に引き続き「無機結晶性配向膜」に関する特許(特許第5215158号)で、後発の特許39件の審査過程で拒絶理由として引用されており、この39件はいずれも半導体エネルギー研究所の [全文を読む]

【化学業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学

DreamNews / 2015年05月13日11時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、富士フイルムの5,852件、次いで花王の1,837件、三菱化学の1,776件となりました。 1位富士フイルムの最も引用された特許は、「無機結晶性配向膜」に関する特許(特許第5215158号)で、後発の特許21件の審査過程で拒絶理由として引用されており、この21件はいずれも半導体エネルギー研究所の特許となってい [全文を読む]

『「ラクリス(R)」生きた乳酸菌入りパウティーシリーズ』冬季からの4ヶ月で売上が2倍に!

@Press / 2017年05月26日10時30分

※ラクリス(R)耐熱・耐酸性グラフhttps://www.atpress.ne.jp/releases/104371/img_104371_4.jpg*「ラクリス(R)」は三菱化学フーズ株式会社の登録商標です。■『「ラクリス(R)」生きた乳酸菌入りパウティーシリーズ』開発の背景柳屋(株)はこれまで約30年間に亘り、インスタントティー(スプレードライ製法)の [全文を読む]

三菱ケミカルのお手本は「スリーエム」だった 日本最大の化学会社トップが語る成長戦略

東洋経済オンライン / 2017年05月02日10時00分

上流の石油化学基礎品から、液晶・半導体やリチウム電池などの材料まで手掛ける「三菱化学」。食品包装や工業用の高機能フィルムが主力の「三菱樹脂」。アクリル樹脂・原料の世界首位で、先端軽量素材の炭素繊維複合なども展開する「三菱レイヨン」ーー。これまで三菱ケミカルHDの化学系事業は、これらの有力3社を傘下に抱えながらも収益性の低さが指摘されてきた。「2010年に三 [全文を読む]

三菱化学のバイオエンプラ「デュラビオ」が ルノーの新型「Clio」のメーターカバーに採用

clicccar / 2016年08月12日16時33分

化学大手の三菱化学は、同社のバイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO:デュラビオ(いずれも登録商標)」が、ルノーの新型「Clio」(日本名:ルーテシア)のメーターカバーに、欧州車として初めて採用されたと発表しました。 同社では、デュラビオが今回初めて欧州車の部品に採用されたことを契機に、デュラビオの欧州での拡販を目指すものと見られます。 上の写真 [全文を読む]

1杯で約2億個の乳酸菌が摂取できるインスタントティー 既存2種に加え、ジャスミン茶・ルイボスティー発売

@Press / 2016年06月16日10時00分

※ラクリス(R)耐熱・耐酸性グラフhttps://www.atpress.ne.jp/releases/104371/img_104371_4.jpg*「ラクリス(R)」は三菱化学フーズ株式会社の登録商標です。■『「ラクリス(R)」生きた乳酸菌入りパウティーシリーズ』開発の背景柳屋(株)はこれまで約30年間に亘り、インスタントティー(スプレードライ製法)の [全文を読む]

【繊維・紙・パルプ業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は東レ、東洋紡、帝人

DreamNews / 2016年05月26日10時00分

3位帝人の最も引用された特許は、「ポリカーボネート」に関する特許(特許第5415685号)および「LED照明具」(特願2011-523594)で、前者は三菱化学の6件、後者はロームやシャープ、東芝ライテックなどの合計6件の審査過程で拒絶理由としてそれぞれ引用されています。 2015年に、帝人の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱化学の67件、 [全文を読む]

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、花王、日東電工

DreamNews / 2015年10月27日11時00分

日東電工のほか、前年から順位を上げた企業には、DIC、信越化学工業、三菱化学、BASFが挙げられます。DICは「高速応答性に優れ、表示不良の発生が少ない特徴を有し、優れた表示特性を有するFFSモードの液晶表示素子」、信越化学工業は「CCDやCMOS等の固体撮像素子シリコン基板と保護ガラスの貼り合わせに適した接着剤組成物」、三菱化学は「耐熱性、成形性、及び [全文を読む]

製造コストを低減した塗布型有機EL照明の調光・調色型パネルを開発

PR TIMES / 2015年08月26日14時20分

~2016年初めより量産出荷予定~ 三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下「三菱化学」)とパイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:小谷 進、以下「パイオニア」)は、製造コストを従来比で約1/3以下に低減※1した塗布型有機EL照明の調光・調色型パネルを開発しました。今回開発したパネルは、92mm×92mm、 69mm×66mm [全文を読む]

有機EL照明初、ブルーライトレス有機EL照明モジュールを開発

PR TIMES / 2015年07月30日13時58分

~8月よりサンプル出荷を開始~ 三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下「三菱化学」)とパイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:小谷 進、以下「パイオニア」)は、有機EL照明として初※1のブルーライトレス塗布型有機EL照明モジュールを開発し、8月1日よりサンプル出荷を開始します。 ブルーライトとは、自然光や人工光源に含まれる波 [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2015年05月22日11時00分

1位パナソニックの引用された件数の多い特許は、「LED駆動装置」に関する特許(特許第5237727号)や、三菱化学との共同保有となっている「非水電解質二次電池(特許第3193342号)」が挙げられ、前者は三菱電機と三菱電機照明の共同出願6件のほか、東芝ライテックによる2件の合計8件、後者は三菱化学の5件、ソニーと日立化成の各1件の合計7件の審査における拒 [全文を読む]

三菱重工メカトロシステムズ、三菱化学向けに高度排水処理技術「二相式活性汚泥システム」を受注

JCN Newswire / 2015年03月23日15時42分

MHI-MS、最大で処理能力2倍・余剰汚泥量8割削減が可能にTOKYO, Mar 23, 2015 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工メカトロシステムズ株式会社(MHI-MS、社長:渡邊 望、本社:神戸市兵庫区)は、三菱化学株式会社 四日市事業所(三重県四日市市)向けに、独自の高度排水処理技術「二相式活性汚泥システム」による排 [全文を読む]

有機EL照明モジュール「VELVE(ヴェルヴ)」が「ECHO CITY製品大賞2014」において特別賞を受賞

PR TIMES / 2015年02月12日12時16分

三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下三菱化学)とパイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:小谷 進、以下パイオニア)が出資するMCパイオニアOLEDライティング株式会社(本社:東京都新宿区、社長:室山 敏、以下MPOL)の有機EL照明モジュール「VELVE(ヴェルヴ)」が、日経アーキテクチュア・日経ホームビルダーが主催する「 [全文を読む]

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学工業

DreamNews / 2014年10月17日11時00分

上位10社の中で、前年から順位を上げた企業は、日立化成、信越化学工業、三菱化学、BASFの4社です。日立化成は「回路接続材料」、信越化学工業は、「機能性材料、医薬・農薬等の原料として有用なアセタール化合物」、三菱化学は「有機電界蛍光発光素子」、BASFは「再生バイオポリマー」などが、注目度の高い特許として挙げられます。 詳細については、ランキングデータ「 [全文を読む]

発光層塗布型有機EL照明モジュールの量産出荷を開始

PR TIMES / 2014年03月19日16時09分

三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下三菱化学)とパイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:小谷 進、以下パイオニア)は、発光層塗布型有機EL照明モジュールの量産出荷を3月より開始しました。 両社は、昨年9月より発光層塗布型有機EL照明モジュールのサンプル出荷を開始するとともに、同モジュールの量産技術の確立に取り組んできました [全文を読む]

中国リスク警戒、産業界に広まる〜中国経済減速で打撃受ける機械、化学、カメラ業界

Business Journal / 2013年09月06日07時00分

三菱化学、田辺三菱製薬、三菱樹脂、三菱レイヨンを傘下にもつ総合化学メーカーの三菱ケミカルホールディングス(HD)は営業利益が同50.5%増の235億円、経常利益は2倍の245億円、最終損益は110億円の黒字(前年同期は55億円の赤字)に転換した。偏光板の主要部材に使う光学用フィルムが、全体の収益のアップに貢献した。 これまで三菱化学は中国事業を拡大してきた [全文を読む]

Palisade、2013年東京リスクコンファレンスに向け三菱化学・日立と提携

JCN Newswire / 2013年04月30日09時03分

このイベントでは主要なビジネスリスクに関して協議され、無料でご参加いただけますTokyo, Apr 30, 2013 - (JCN Newswire) - リスクおよび決断分析ソフトウェアで市場をリードするPalisade Corporationは、2013年東京リスクコンファレンス開催に向け、三菱化学株式会社およびHitachi, Inc (マーシュブロ [全文を読む]

フォーカス