多摩ニュータウンのニュース

立地最強の「湾岸タワマン」が抱える不安要素 多摩ニュータウンの惨状から学ぶ対策とは?

東洋経済オンライン / 2017年06月03日08時00分

人口構造の類似性から、高齢化が進行して建物も老朽化すれば、現在の多摩ニュータウンのようなゴーストタウンになってしまうのではないかと予測する向きもある。■オフィス街へのアクセスの良さは大きな価値湾岸地区の30年後は、はたしてどうなるだろうか。結論から言うと、筆者は悲観的には考えていない。そもそも、立地が大きく異なる湾岸地区と多摩ニュータウンを単純に比較するこ [全文を読む]

櫛の歯が抜けるように人が減った“限界ニュータウン”現地ルポ

プレジデントオンライン / 2017年03月27日09時15分

昭和40年代から巨大開発が始まり、いまだに集合住宅が供給される人口22万人の多摩ニュータウンだ。住人の高齢化が進むなか、きつい坂道を上らなくてはならないうえ、エレベーターがない集合住宅、団地内の小売店撤退などで買い物が不便になり、できることなら転居したいという声も多い。 多摩ニュータウンの限界集落化はメディアで紹介されることが多いが、地方の過疎地とは交通事 [全文を読む]

なぜ特定の街で貧困が生まれるのか? “駅から徒歩7分以内か否か”で二極化する実態

日刊SPA! / 2017年08月05日08時44分

我々が訪れたのは、’70年代以降、首都圏で有数の新興住宅地として賑わいを見せた多摩ニュータウンの団地群。居住者の大半を占めた団塊世代の高齢化に対し、若い世代の流入は右肩下がり。“世代交代”が行われず、時代に取り残されたかのような物寂しい光景が広がっていた。⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1374 [全文を読む]

改修費用はひとり5万円!「第二のパルテノン多摩」は全国に―遠藤ちひろ多摩市議

政治山 / 2016年09月23日11時50分

多摩ニュータウンのシンボル的な施設で、1987(昭和62)年にオープンした。1400人収容の本格的な多目的ホール等があり著名な芸術家やミュージシャン、劇団などが招かれる。多摩ニュータウンにおける文化の殿堂となり、丘の上にある建物がギリシャのパルテノン神殿と似ているため、パルテノン多摩と名付けられた(wikipediaより。一部改) 開館から30年を迎えたパ [全文を読む]

新宿-多摩、小田急と京王のどっちが便利か 長年優位の京王を小田急が追い上げ

東洋経済オンライン / 2017年06月28日07時00分

東京都心から西へ約30キロメートルの丘陵地帯に広がる多摩ニュータウン。同地域と都心とを結ぶ鉄道は京王電鉄相模原線と小田急電鉄多摩線の2路線があり、永山と多摩センターの2駅は両線が隣接しているが、都心部への足といえば京王線というイメージが強い。以前から新宿方面や都営地下鉄新宿線に直通する列車が多数走る京王線に比べ、小田急は長らく折り返し列車が大半で「支線」の [全文を読む]

多摩ニュータウン 1棟50戸のうち5戸のぞいて空き家の物件も

NEWSポストセブン / 2015年02月07日07時00分

東京の多摩ニュータウンが典型的でしょう。1棟50戸のうち5戸しか入居していないという物件もある。空き家が多いマンションでは孤独死の恐怖とも隣り合わせです」 ※週刊ポスト2015年2月13日号 [全文を読む]

【新刊】『市民ベンチャー NPOの底力[増補新版]:まちを変えた「ぽんぽこ」の挑戦』発売のお知らせ

@Press / 2012年09月21日15時30分

東京・多摩ニュータウンを中心とした活動は、指定管理者制度を使いこなし、着実に成果を上げる事例として注目されています。そこには住民と住民の協働、指定管理者と行政の協働が不可欠となっています。 本書は「フュージョン長池」の歩みと成功の理由、そして今後の課題を掲げ、21世紀型の住民参画のまちづくりを紹介します。 ■著者について ・富永 一夫(とみなが・かずお) [全文を読む]

【小池知事定例会見録】住民提案型予算編成「都民が提案し、都民が選ぶ」

産経ニュース / 2017年09月16日01時06分

例えば、サステイナブルなまちづくりで、多摩ニュータウンをはじめとする大規模団地の改修、建替えを促進していく。高齢者と若い世代の両方が魅力を感じるまちにしていく。二つ目は、東京の緑を、総量としてこれ以上減らさない。これは、結構大きな話です。もう、決意しなければどんどん減っていきますから。そこで、これを大原則にして、里山や木々の樹林地などを、自然環境の保全をし [全文を読む]

田園都市線で「負け組物件」が増え始めた

プレジデントオンライン / 2017年09月14日15時15分

よって、将来の湾岸エリアが、高齢化と空き家化の進む第二の多摩ニュータウンになるような事態は起こりづらいといえます。 ■「なだらかに下落し続ける不動産」の憂鬱 これまで見てきたような、都心3区、あるいは5区などの利便性が高いブランドエリアで、さらにタワーマンションなど、建物自体にブランド力がある不動産は、「価値を維持する、あるいは上げる不動産」といえるでしょ [全文を読む]

住むならどっち!? 多摩と湾岸で迷ったバブル時代と80年代雑誌の“ユルさ”

日刊サイゾー / 2017年09月12日23時30分

そして、高度成長期以降、多くの人々が夢を抱いて住んだ多摩ニュータウンは、もはや完全なオールドタウン。歩道と車道の完全分離のように考え抜かれた都市計画も、いざやってみると夜道が危ないなどの危険ばかりを生み出した。 片や湾岸地域は、タワーマンションが乱立する完全な未来都市。バブル時代は倉庫を改造したウォーターフロントの店が繁盛していた勝どきや芝浦の風景は、ガラ [全文を読む]

京王電鉄、相模原線の加算運賃引下げ - 新宿~橋本間420円、2018年3月から

マイナビニュース / 2017年08月30日16時32分

調布~京王多摩川間のみ戦前の開業で、他の区間は1960年代以降、多摩ニュータウンを縦貫する路線として建設が進められた。1971(昭和46)年に京王多摩川~京王よみうりランド間、1974年に京王よみうりランド~京王多摩センター間が開業。1988年の京王多摩センター~南大沢間開業、1990年の南大沢~橋本間開業をもって全線開業となった。 こうした経緯もあり、京 [全文を読む]

【著者に訊け】中澤日菜子氏 『ニュータウンクロニクル』

NEWSポストセブン / 2017年08月04日07時00分

1969年東京生まれの中澤氏は15歳まで八王子の現・宝生寺団地、高1からは本書のモデルにもなった多摩ニュータウンで育ち、本作でいう新住民にあたる。「特に多摩時代、団地内はほとんどが自分と似たような核家族だったので、地方ごとの文化や匂いを纏った大学の友人が、もう羨ましくて。でもある時、小名浜の醤油蔵の息子に言われたんです。『そうかな。古い町しか知らない俺に [全文を読む]

老朽マンション、建て替えタダは都市伝説だ ローンが組めず資金が捻出できない高齢者も

東洋経済オンライン / 2017年07月24日07時20分

国内最大の建て替え事案として知られる多摩ニュータウンの諏訪2丁目住宅では、建て替えによって640戸が1249戸へ倍増した。新規分譲分の売却益によって、ほとんどの住民は持ち出しがゼロになった。 [全文を読む]

都会の高齢者の社会参画意識を促す社会実験としての多摩大学主催「シルバー・デモクラシー企画」第1弾

Digital PR Platform / 2017年05月24日08時05分

2050年頃には、日本の人口の4割が65歳以上となる異次元の高齢化を迎える中、その象徴でもある多摩ニュータウンにキャンパスを構える多摩大学は、多摩市・多摩信用金庫と連携し、社会問題の課題解決として、地域のアカデミズムが先導して高齢者の社会参画のプラットホームを作るべく活動を開始。 都会の高齢化と田舎の高齢化の違いにみられる、1次産業が身近にある環境にバス [全文を読む]

郊外住宅地には「夜の暮らしの充実」が必要だ 「月1回・夜9時まで」開かれるスナックの正体

東洋経済オンライン / 2017年04月18日10時00分

多摩ニュータウンでは、入居開始から20年ほど経った1996年にようやく「おちあい横丁」という小さな居酒屋街を多摩センター駅近くの小さなビルの地下に申し訳程度につくったが、あまり繁盛したとは思えなかった。それは、郊外住宅地が、子育て中心の健全な空間として整備されたことに起因するのだ。 [全文を読む]

中央大学と八王子市が包括提携に関する協定を締結

Digital PR Platform / 2017年04月18日08時05分

本協定の締結により、今後は同大の教育研究の成果が地域社会の発展に寄与することを目的に、多摩ニュータウンの再生や八王子市の学園都市づくりの推進について、シンクタンクとしての役割を担いつつ、総合大学として幅広い分野から専門的知見の提供を行う。 ■締結式概要 日時: 2017年4月19日(水)13:30~14:00 (13:00受付開始。お名刺をご用意ください [全文を読む]

東京・神奈川を中心に展開している成績保証のある個別指導塾 城南コベッツが、東京都八王子市内に「南大沢教室」を2017年3月27日(月)に開校します。

DreamNews / 2017年03月24日15時00分

南大沢駅を出て右側、多摩ニュータウン通りに出て京王堀之内駅方面に下っていくと右手に教室が見えます。この地にて個別指導の学習塾として、地域の皆様に貢献し必要とされる塾を目指して、スタッフ一同気持ちを新たに、地域へのさらなるブランド浸透を図るとともに、一層の成績向上並びにサービス向上に努めてまいります。 城南コベッツ南大沢教室開校 :2017年3月27日(月) [全文を読む]

発売10周年記念!黒糖どら焼き「日々是くろどら(R)」個装パッケージをリニューアルして7月30日に発売!~ 和のイメージと高級感が伝わるデザインに ~

@Press / 2016年07月28日13時30分

名称 :日々是くろどら(R) 価格 :1個 154円(税込) 販売店舗:青木屋店舗(フランチャイズ店含む)、都内デパートなど ■会社概要 商号 : 株式会社青木屋 代表者 : 代表取締役 多久島 治 本社所在地: 東京都府中市南町6丁目12番地の1 店舗 : <直営> 府中けやき並木通り店・武蔵野台店・小金井店・西調布店・ 調布柴崎店・国立大学通り店・三 [全文を読む]

「奥多摩より早く都庁に戻れる」―候補者の多摩・島しょ部“巡礼”は舛添発言の影響か

政治山 / 2016年07月27日11時50分

鳥越俊太郎氏(76)も23日、多摩市の多摩ニュータウンを視察。25日には伊豆大島を訪れ、街頭演説を行いました。 期日前投票は都心から離れるほど多い 東京都といえば23区ばかりが注目されますが、今回の選挙人名簿登録者数1127万4080人(2016年7月13日現在)のうち約3分の1にあたる353万6914人が26市3町1村からなる多摩地域と2町7村からなる島 [全文を読む]

バレンタイン・ホワイトデー向け新感覚のショコラもち「武蔵野とりゅふmochi」を発売!

@Press / 2016年02月10日11時00分

■「武蔵野とりゅふmochi」の特長 ~これが和菓子屋のバレンタイン~ 1. もっちり生地と一緒にとろける口どけのチョコ・クリーム 2. 素材のこだわり (ちょこ:ベルギー産チョコレートを贅沢に使用したガナッシュチョコ) (まっちゃ:京都府産の一番茶のみを使用した宇治抹茶) 3. 豊かな風味と香り (ちょこ:濃厚に感じるカカオの風味) (まっちゃ:濃厚で [全文を読む]

フォーカス