太平洋プレートのニュース

【緊急警告】アリューシャン列島M7.8地震→日本で南海トラフ地震と富士山噴火か!? 過去データが示す恐怖の連鎖

tocana / 2017年07月20日07時30分

太平洋プレート境界、「リング・オブ・ファイア」上で起きた地震 まず、前述の“伏線”とは、過去2週間弱のうちに太平洋プレート境界付近、あるいは「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」上で、M6クラスの地震が何度か起きていたことだ。そして、南太平洋側の太平洋プレート境界付近で大きな地震が起きた場合、震源が時計回りに北上してきて、フィリピン、インドネシア、 [全文を読む]

内陸地震が起こる原因はフィリピン海プレートにあった - 産総研が解明

マイナビニュース / 2017年06月30日10時04分

産業技術総合研究所(産総研)は6月28日、日本列島の第四紀以降のおよそ300万年の間に生じてきた東西短縮地殻変動が、従来考えられていた太平洋プレートの運動によるものではなく、フィリピン海プレートの運動に起因するものであるとの研究成果を公開した。同成果は、産総研 地質情報研究部門の高橋雅紀 研究主幹によるもの。詳細は、産総研 地質調査総合センターが発行してい [全文を読む]

小笠原に“新島”出現! 今後も火山噴火連発で日本の領海が急拡大する?

週プレNEWS / 2013年12月05日10時00分

今回、海底火山が噴火した場所は太平洋プレートがフィリピン海プレートの下に沈み込む境界付近。 ところが、この太平洋プレートの沈み込む速さが年間10cmだったのが、東日本大震災以降は30、40cmと、実に3、4倍もスピードアップしているんです。 そのため、年に3cmほどしか移動しないフィリピン海プレートに異様なストレスがかかり、震災前よりも大量のマグマが生成さ [全文を読む]

懸念される富士山の噴火 1.3万人が死傷、被害総額2.5兆円の想定

NEWSポストセブン / 2014年10月03日16時00分

「東日本大震災以降、日本列島の北部を支える北米プレートとその南のフィリピン海プレートの境界に、太平洋プレートの圧力が強くかかっています。今回、御嶽山が噴火したのは、フィリピン海プレート境界への太平洋プレートの圧力が強くなっていることが原因です。 そして、このフィリピン海プレート境界のすぐ北側にあるのが、富士山なんです。当然、太平洋プレートによる圧力は富士 [全文を読む]

震源地から離れた千代田区で震度5弱 「異常震域現象」とは

NEWSポストセブン / 2014年05月09日07時00分

「今回の地震の震源は地下162kmと非常に深く、陸側のプレートの下に潜り込む太平洋プレートの内部で発生しました。太平洋プレートは非常に硬く地震の波が伝わりやすい。一方、震源の真上にはマントルという軟らかい層があるため、震動はその上の陸側のプレートには伝わりにくい。そのため、震源上より東側にある太平洋プレートに沿って大きな揺れとなってしまいました。京都や紀 [全文を読む]

静岡伊東沖群発地震は「富士山噴火」の前兆だ!(1)富士山噴火の引き金は海底地震?

アサ芸プラス / 2017年07月10日17時55分

琉球大学名誉教授の木村政昭氏の解説によれば、「太平洋プレートのプレッシャーが強まり、太平洋側全域でさまざまな現象が起こっている。伊東沖で群発地震が起きているのも、そのせいかと思います。富士山の噴火は、私が予想する伊豆・小笠原沖で巨大地震が発生してからのことになると思われます」 富士山噴火の引き金になりうる海底地震。それは、1912年、50年、そして86年と [全文を読む]

東日本大震災から5年 防波堤完成率は20%にとどまる

NEWSポストセブン / 2016年05月20日16時00分

さらに、東日本大震災以降、北米プレートと太平洋プレートの境界が10メートル以上滑り、ズレた分だけ北米プレートが太平洋プレートに新たに乗っかる形になった。これは南北400キロにもわたり、その重量に耐えきれなくなった太平洋プレートが割れれば、アウターライズ地震を引き起こす可能性がある。 この際注意しなければならないのは、地震によって発生する津波だ。地震学者の島 [全文を読む]

アメリカ西海岸で異常な地殻変動が頻発、メタン大量放出で世界が直面する脅威とは!

週プレNEWS / 2016年01月25日06時00分

ここ数年、日本でも地震や火山活動を活発化させている太平洋プレートの動きが原因だが、しかし今回の地殻変動はいつもと違うらしい。 異変はアメリカ北西部の沿岸海底でも起こっている。ワシントン州とオレゴン州の沖合に広がる水深1000m前後の大陸棚海底から大量の「メタンガス」が大気中へ放出されているというのだ。 非常に燃えやすいメタンは、地球上のあらゆる場所にいる [全文を読む]

首都圏が揺れる理由「関東地方は免震・耐震機能がない四重の塔」

週プレNEWS / 2014年05月19日11時00分

関東・東海地方の地殻は、厚さ30~40kmの北米プレート/フィリピン海プレートの下に太平洋プレートが潜り込む複雑な構造だ。そして最近では、フィリピン海プレートと太平洋プレートの間に「関東プレート」という第4のプレートが存在するとの見方も出てきた。 これは太平洋プレートの一部が割れ、フィリピン海プレートとの間に挟まってできたとみられ、約100km四方のプレ [全文を読む]

チリ大地震後に日本大震災が発生するメカニズムとは?(2)活発化する太平洋プレート

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時56分

太平洋プレートは全体が同時に活発化する傾向にあります。ニュージーランドでは11年2月にM6.1のクライストチャーチ地震が発生しましたが、昨年もM6.6の大地震が起きた。また、昨年M7クラスのスロー地震(被害はもたらさないほどゆっくりした地震だが、大地震の前兆となりうる地震)も起きている。南海トラフ地震に影響するフィリピン海プレートでは、昨年6月に台湾で [全文を読む]

巨大地震・富士山噴火の前兆だった!? 合体した小笠原の新島・西之島に、学者・予言者が警告

tocana / 2014年01月05日17時30分

木村氏は、「新島出現が富士山の活動と関係がある」という発言もしており、東側から太平洋プレートの力を受けている日本列島に関して、「週刊大衆」の取材に、こうコメントしている。 「今回の新島は、この力が日本の南側にあるフィリピン海プレートにかかった結果。同様に、富士山が乗っているユーラシアプレートも太平洋プレートからのプレッシャーを受け続けていて、そのストレスが [全文を読む]

【実録】ハムスターは完全に地震発生を予知することが判明!! アノ回数が増えまくっていたら… すぐに大地震が来る!?

tocana / 2017年07月25日13時00分

18日のアリューシャン列島(ロシア、コマンドル諸島)をはじめ、太平洋プレート境界付近あるいはリング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)上でM6以上の地震が相次いでいたため、日本の太平洋側でも同規模の地震が起こる可能性があったことはもちろん、地震の前兆現象と思しき出来事も起きていたのだ。それはズバリ、筆者宅で飼育しているハムスターの異常行動である。ハムスターが [全文を読む]

静岡伊東沖群発地震は「富士山噴火」の前兆だ!(2)日本最大の断層が活性化

アサ芸プラス / 2017年07月11日05時55分

これら広範囲で起きた地震は、太平洋プレートのプレッシャーによって生じた巨大なひずみが影響しているのではないでしょうか」(別の地震研究者) 折しも、6月25日には長野で震度5強の直下型地震が発生した。「この地震は火山性とも、中央構造線が近いことから、中央構造線絡みとも取れます。中央構造線は熊本地震で活性化していますからね。中央構造線は都内など首都圏にまで達し [全文を読む]

見所が盛りだくさん!科博の特別展「深海2017」開催

Walkerplus / 2017年07月10日14時47分

日本領土で唯一太平洋プレートに乗っている南鳥島周辺では、深海に眠る資源、マンガンノジュールやレアアース泥(高レアアース濃度の深海の泥)が見つかっている。南鳥島周辺でしか採取できない資源を要チェック。 高圧で暗闇の深海を調査するには、高性能の調査船や探査機の存在が欠かせない。本展では、今も深海調査で活躍する機器(実機・模型)を一堂に展示し、日本が世界に誇る [全文を読む]

アイスランドの海へと繰り出し シロナガスクジラをウォッチング!

CREA WEB / 2017年05月21日12時00分

アイスランドの地熱を利用したエネルギー・システムは学ぶべきところが多いのでは? 日本の周辺ではユーラシアプレート、太平洋プレート、北米プレート、フィリピン海プレートの4つが押し合いながら海溝へと沈みこんでいます。 一方、アイスランドはユーラシアプレートと北米プレートがぶつかって盛り上がり、海嶺となった地勢。つまり、日本で地球の奥深くへとプレートが沈み、移 [全文を読む]

日本列島が物理的に中国から離れている? 中国ネット「喜ばしい!」

サーチナ / 2017年04月29日13時12分

日本列島は太平洋プレート、フィリピン海プレートなど複数のプレートの付近に存在するゆえ、絶えず移動を続けているが、東日本大地震の後に顕著な異変が生じた。 こうした地質上の異変について、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の一部地域は5年間で東に向かって6.4メートルも移動した」と伝え、日本が中国から物理的に「離れていっている」と伝える記事を掲載した。 記 [全文を読む]

福島沖「11月22日M7.4地震は前兆」専門家が不気味警告

アサ芸プラス / 2016年12月05日12時55分

太平洋プレートは北から南までまんべんなく押してくるんですよ。その圧力がかかった結果、弱い部分が割れて地震が発生する。3.11の東日本大震災は、ニュージーランド地震から17日目に発生しましたが、今回もひずみがたまった弱い部分が割れるだろうと注意を呼びかけていたら、案の定でした。しかし、これは前兆にすぎません。“本命”とも言うべき巨大地震が近く、日本近海で発 [全文を読む]

2017年は「死者1億人」のカルデラ噴火と南海トラフ地震に注意!? 科学者&予言者が危惧する地震・噴火まとめ

tocana / 2016年11月28日08時00分

地震学者や気象庁の見解では、一般的にスーパームーンと地震の関係について否定される傾向にあるが、はたしてこれを偶然の結果として済ませてよいのだろうか? また、ニュージーランドで大きな地震が起きた後は、日本の周辺、特に東北から関東にかけての太平洋側、すなわち太平洋プレート沿いで大きな地震が起きることが多い。これは所謂「ニュージーランド→日本の法則」といわれる現 [全文を読む]

鳥取地震で再注目…「福島原発直下に活断層」驚愕レポートがあった!

アサ芸プラス / 2016年11月07日12時55分

巨大地震に誘発された、あるいは太平洋プレートのプレッシャーで活断層が動いたとも考えられる。地震による津波で福島第一原発の原子炉は崩壊したと言われていますが、私は直下地震のパワーで壊れ、原子炉の炉心が溶融してしまったと見ています」 この科学者は東日本大震災後、産業技術総合研究所のレポートを読み返し、原発直下に活断層が存在することを確認。巨大地震と同時に直下地 [全文を読む]

“マリアナの法則”での発生確率は22%? 巨大“地震エネルギー”日本列島接近説の信憑性は…

週プレNEWS / 2016年08月13日06時00分

グアム島などが連なるマリアナ諸島は日本から2千キロ以上南東に位置し、太平洋プレートの東端にある。そこから硫黄島やその周辺にある小笠原諸島を直線で結ぶと、その先にあるのが日本だ。太平洋プレートは日本列島の沖合を並行しているため、同じプレート上でM6以上の大地震の震源がだんだんと日本に近づいていることになる。そこで気になるのがネット上を賑(にぎ)わしている“ [全文を読む]

フォーカス