富家孝のニュース

“医師に嫌われる医師”だからこそ書けた目からウロコのアドバイスと情報が満載。医者任せの時代はもう終わった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月15日06時30分

そんな夢見がちなあなたに〈医者任せの時代はもう終わった、覚醒せよ!〉とばかりに、喝を入れてくれるのが、『不要なクスリ 無用な手術 医療費の8割は無駄である(講談社現代新書)』(富家孝/講談社)だ。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 本書によれば、国は現在、医療保険負担の軽減(つまり国民の負担増)策を練るのに必死で、医療機関は患者メリットよりも、自分 [全文を読む]

悲惨すぎる医師の収入&過酷労働!過労死やバイトかけ持ちも…学費4千万円、十年勉強の末路

Business Journal / 2015年12月09日06時00分

●年収800万円で酷使される勤務医 医師免許を持つジャーナリストであり、『危ないお医者さん』『「死に方」格差社会』(ともにSBクリエイティブ)など、話題の著作をもつ富家孝氏に、・医師の過酷な勤務状況・勤務医、開業医などの収入・医師のメリットなどについて話を聞いた。--医師の平均的な収入はどれくらいなのでしょうか。富家孝氏(以下、富家) 概して、医療業界に属 [全文を読む]

「神の手」執刀医の心臓バイパス手術実況した患者 現状を解説

NEWSポストセブン / 2013年12月01日07時00分

医師でジャーナリストの富家孝(ふけ・たかし)氏の「不安定狭心症」の手術を録画し、執刀した「神の手」と称される心臓外科医・南淵明宏(なぶち・あきひろ)氏とともに実況中継するという企画が実現した。富家氏が、昨年12月26日の手術を振り返る。 * * * 手術は4時間19分。心臓バイパス手術としては非常に短い。私は、手術から数時間後にICU(集中治療室)で目を覚 [全文を読む]

親が通う「病院」は、信じられるか?

プレジデントオンライン / 2017年07月01日11時15分

医師でジャーナリストの富家孝氏は「先祖代々『この医者』『この病院』と決めていたり、大病院、大学病院ならば安心だと考えたりしていないだろうか。肩書や大学名などのブランド信仰は危険」と語る。年老いた親を安心して任せられる病院や医者とはどんなものか。見分けるためのポイントを解説する。 病院や担当医が決まっても、安心はできない。親世代の病院通いは長期戦になる可能性 [全文を読む]

「超一流」東大病院、なぜ単純な薬投与ミス・死亡事故が起きた?医療ミス頻発の実態

Business Journal / 2017年02月03日06時00分

医師でジャーナリストの富家孝氏は、次のように解説する。 「こういう単純なミスは、医療の現場では十分に起こり得ます。医療トラブルのなかで多いのが、技術の低い医師が手術した結果、患者が事故で死亡するというケースです。日本には『手術へたくそ罪』と呼べるような罪はないので、遺族は無念をなかなか晴らすことができません。警察も、業務上過失致死では立件するのが難しいのが [全文を読む]

今もやまぬ人工透析自己責任論の嘘を改めて指摘! 糖尿病の原因は体質遺伝、そして貧困と労働環境の悪化だった

リテラ / 2016年11月01日22時30分

そして、炎上の原因は「自業自得」や「殺せ!」などの言葉使いの問題が中心だったとしたうえで、さらに医師・ジャーナリストの富家孝氏や腎臓内科医のコメントを織り交ぜながら、このように伝えている。 ──2014年の人工透析患者は32万人。一人当たり年間500万円の費用がかかり、総額で年間1兆6000万円。一方、患者の自己負担は月1〜2万円程度で、透析患者は身体障害 [全文を読む]

大動脈解離 背中に鉄板乗せ潰されるような痛みも

NEWSポストセブン / 2016年08月10日16時00分

交差点の真ん中で急停車したのですが、大事故に至らなかったのが不幸中の幸いでした」(医療ジャーナリストの富家孝氏) ※週刊ポスト2016年8月19・26日号 [全文を読む]

「痛みの王様」「最も辛そう」と表現 死ぬ時に辛い病気は何か

NEWSポストセブン / 2016年01月30日16時00分

以前、運転中に急性膵炎になった50代の患者が、あまりの痛みでハンドルを握れなくなり、交差点の真ん中で気を失って停車してしまったことがありました」(医師でジャーナリストの富家孝氏) 重篤な急性膵炎の場合、命を落とすこともある。医師の多くが「最も辛そう」と話すのががんの骨転移だ。 「骨の周りには神経が束になっていて、そこまでがん細胞が侵食すると、強い痛みを生じ [全文を読む]

末期の肺がん 水中で溺れているような感覚が続き会話できず

NEWSポストセブン / 2016年01月28日16時00分

末期の肺がんは毎日この状態が続き、苦しさのあまり会話はもちろん寝返りさえできなくなる」(医師でジャーナリストの富家孝氏) いくら緩和ケアが発達しても、この「息苦しさ」を取り除くのは難しいという。肺がんのみならず、「肺」に関する病は苦しみが増す。 「気管支や肺胞に水が溜まる肺水腫や、インフルエンザにかかった高齢者が発症しやすい肺炎など、肺にかかわる病気は死に [全文を読む]

やはり腹腔鏡手術は危険?ミス続出、実験レベルの手術も…医師の腕が大きく左右

Business Journal / 2015年09月25日06時00分

(文=富家孝/医師、イー・ドクター代表取締役) [全文を読む]

フォーカス