西之島のニュース

巨大地震・富士山噴火の前兆だった!? 合体した小笠原の新島・西之島に、学者・予言者が警告

tocana / 2014年01月05日17時30分

11月20日に小笠原諸島・西之島の近くに海底火山噴火によって出現した新島の話題を。この新島はその後も成長を続け、海上保安庁の発表によると、12月26日にこの新島が西之島とつながったことを確認したという。 今ネット上では、この新島の合体後の姿が、「スヌーピーにそっくり!」だとして話題になっているが、今回紹介するのは、大災害に関わるシビアな内容だ。 火山噴火の [全文を読む]

西之島(小笠原諸島) 噴火警報

tenki.jp / 2017年04月20日17時29分

20日午後2時過ぎに、小笠原諸島にある西之島で噴火が発生。噴火警報が発表されました。20日午後2時過ぎに西之島において噴火が確認されました。また、19日夜から気象衛星ひまわりにより、西之島付近で周囲に比べて温度の高い領域が確認されています。 このため、火山予報(活火山であることに留意)から火口周辺警報(入山危険)に引き上げられました。 西之島では今後も噴火 [全文を読む]

小笠原に“新島”出現! 今後も火山噴火連発で日本の領海が急拡大する?

週プレNEWS / 2013年12月05日10時00分

東京から南に約1000km、小笠原諸島の西之島の南南東約500mの海上に“新島”が出現したのは11月20日のこと。以降、新島は“成長”を続け、直径約200m、標高約25mという大きさにまでなっている(11月24日時点)。 海底にある火山が噴火し、その噴火口から大量の溶岩が半島状に突き出す形で海面に流れ込み、新しい溶岩島ができたのだ。 西之島近海で海底火山の [全文を読む]

西之島また噴火!―写真と動画が豊富な「海域火山データベース」で成長を振り返ろう

インターネットコム / 2017年04月20日17時40分

太平洋上で成長する火山島「西之島」が再び噴火した。日本の領土がまたちょっぴり広くなるのではないか、などとインターネット上で話題になっている。神秘に満ちた島の成長の記録を、海上保安庁の「海域火山データベース」で振り返ろう。 西之島は、東京都小笠原村の父島から西方約130kmの距離にあり、わずかな植物が生えている無人島。 1973年にはもともとあった島のそばに [全文を読む]

中国PM2.5、西之島沖地震…“備えあれば憂いなし”日本を取り巻く自然災害を予測

アサ芸プラス / 2016年01月20日01時55分

実は代わって、伊豆・小笠原諸島の西之島を震源とするM9クラスの巨大地震が起きるのではないか。それが私の仮説です」 不気味な論を展開するのは、海洋地質学者で琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏だ。海底噴火によってできた西之島は今も噴火中で、島は拡大し続けている。 木村名誉教授は東日本大震災に次ぐ巨大地震が発生する場所として、独自の「地震の目」理論を駆使して、伊豆 [全文を読む]

チリ大地震後に日本大震災が発生するメカニズムとは?(2)活発化する太平洋プレート

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時56分

小笠原といえば、小笠原諸島の一つ、西之島の巨大化が進んでいる。そもそも西之島の火山活動が始まったのは1974年。小笠原諸島付近は、太平洋プレートがフィリピン海プレートに潜り込む境界付近に当たる。 木村氏は、 「西之島の火山活動は巨大地震の前兆現象」 と見ていると言い、こう続ける。 「地震が発生すれば、M8.5クラスの巨大地震になるでしょう。本州の場合、地震 [全文を読む]

日本にスヌーピー島が小笠原諸島に誕生。ネットで話題

FASHION HEADLINE / 2013年12月27日16時35分

小笠原諸島に新たにできた島が西之島とつながったことで「スヌーピー」に見えるとツイッター上で話題となっている。 海上保安庁が12月26日に西之島付近の新島の溶岩流が西之島南岸に到達し、両島が一体となったことを発表。公開された上空写真がスヌーピーに酷似しているとインターネット上で話題になり、様々な報道機関が写真・動画を公開している。 NHKニュースのツイートは [全文を読む]

小笠原の新島が「トレース疑惑?」スヌーピーにそっくりだと話題に

秒刊SUNDAY / 2013年12月27日11時54分

完全に一致小笠原の新島、隣の西之島とつながった 上空から確認 - 朝日新聞デジタル (http://t.co/VrLcRhYhoH)http://t.co/SnjvuNNDYYpic.twitter.com/EGFJbOGFyT— てっけん / Hayato Ikeya (@tekken8810)2013, 12月 26写真を見てみるとこれはビックリ「確 [全文を読む]

【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる!! 学者たちも“不穏な兆候”に戦慄、噴火前には東京湾を巨大津波が襲う可能性も!

tocana / 2017年05月24日13時00分

そして4月20日には、西之島新島が1年5カ月ぶりに再度噴火した。ここで心配になってくるのは、同じ東日本火山帯に位置する日本最大の活火山、富士山の噴火だ。今回は、富士山が近く活動を開始する可能性について探ってみることにしたい。【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2017/05/post_13213.html】■複数の学者が危機感を表 [全文を読む]

西之島--「天地創造」を写真と動画で公開、 海上保安庁の海域火山データベース

インターネットコム / 2014年07月31日15時40分

太平洋にある絶海の孤島、西之島。2013年に突如として火と煙を噴き上げて拡大を始め、今や東京ドームの数十倍の広さになった。この自然の驚異を写真と動画で克明に記録、公開している Web サイトがある。海上保安庁の海域火山データベースだ。 海域火山データベースでは、北海道から沖縄まで、海上保安庁が全国36か所の火山を詳細に観察した記録を自由に閲覧できる。特に最 [全文を読む]

西之島新島拡大で、2017年までにスーパー巨大地震? 東京オリンピックは絶望的か!?

tocana / 2014年06月30日09時00分

昨年11月20日16時20分頃に、小笠原諸島の海底火山の噴火により突如出現した西之島新島は、その後、さらに面積を拡大しついに西之島と合体。それでも海底火山の活動はおさまらず、現在では東京ドーム18個分、東京ディズニーランドの約1.5倍の80万平方メートルにまで達した。 この新島の拡大が、大地震や火山噴火(富士山)を誘発する可能性があることを懸念する有識者か [全文を読む]

首都圏が揺れる理由「関東地方は免震・耐震機能がない四重の塔」

週プレNEWS / 2014年05月19日11時00分

「昨年、突如として噴火が始まり、面積が急拡大した小笠原諸島の西之島にも最大級の警戒を向ける必要があります。この西之島火山活動と足並みをそろえて、小笠原海域での海底地震活動も確実に勢いを増し、近々にM8~9級の巨大地震が起きる危険性が高いのです。 日本列島に影響を及ぼす海底地震といえば、東海・東南海・南海地方のトラフ型地震ばかりが取り沙汰されてきましたが、 [全文を読む]

米・有名予言者 ジョセフ・ティテル「2013年の予言」を検証!

tocana / 2014年01月06日16時00分

日本でも11月20日に小笠原諸島・西之島付近で新島が出現し、12月26日に西之島と合体したが、これは火山噴火によるもので、予言に該当するものではないかもしれない。 [全文を読む]

【フジテレビ】ライブ配信からVRまで! 全て無料のニュースアプリ『ホウドウキョク』5月24日より配信開始 どんなアプリなのか聞いてみた

ガジェット通信 / 2017年05月26日19時30分

360度見渡せるVR動画では「噴火でできた西之島に初上陸」や「種子島宇宙センターからのロケット打ち上げ」など報道ならではのコンテンツや「ピコ太郎さんも参加したハロウィーンのパレード」など、スキマ時間に楽しめる映像も随時更新。 アプリをダウンロードし、通知をオンにすると、地震や津波といった災害情報などの緊急ニュースがプッシュ通知されるため、タイムリーに情報 [全文を読む]

【フジテレビ】ライブ配信も。テキスト記事も。動画も。VRも。全て無料のニュースアプリ「ホウドウキョク」2017年5月24日(水)より配信開始!

PR TIMES / 2017年05月24日11時00分

360度見渡せるVR動画では、「噴火でできた西之島に初上陸」や「種子島宇宙センターからのロケット打ち上げ」など報道ならではのコンテンツや、「ピコ太郎さんも参加したハロウィーンのパレード」など、スキマ時間に楽しめる映像も随時更新されていきます。 アプリをダウンロードし、通知をオンにすると、地震や津波といった災害情報などの緊急ニュースがプッシュ通知されるため [全文を読む]

【緊急警告】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明、「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致、これは超ヤバい事態!

tocana / 2017年05月10日11時00分

さらに4~5月にかけては、西之島新島(小笠原諸島)の噴火や桜島の噴火などの火山活動も目立つようになった。これらの状況を踏まえ、高橋氏は次のような警告を発しているのだ。「火山の状況と経験則を鑑みれば、福岡北部で地震があってもおかしくありません。連休明けの5月13日前後が要警戒です」(日刊ゲンダイ、同上)■過去の巨大地震発生パターンに合致 念のため、実際に日本 [全文を読む]

福島沖「11月22日M7.4地震は前兆」専門家が不気味警告

アサ芸プラス / 2016年12月05日12時55分

海底噴火で拡大を続ける西之島付近に当たるという。「フィリピン海プレートの東縁の地震の空白域です。先般起きた鳥取地震も、ここのプレッシャーの間接的な影響とニラんでいます」 では、もし伊豆・小笠原沖の空白域で巨大地震が発生したら、日本列島にはどのような被害をもたらすのか。木村氏が続ける。「地震動などの直接的な影響はさほどでもないでしょうね。大きな揺れといっても [全文を読む]

「次は尖閣の実効支配だ」明らかにされた中国軍関係者の極秘メモ

まぐまぐニュース! / 2016年08月22日04時45分

)孀婦岩の南の南方諸島(小笠原群島、西之島及び火山列島を含む。)並びに沖の鳥島及び南鳥島を合衆国を唯一の施政権者とする信託統治制度の下におくこととする国際連合に対する合衆国のいかなる提案にも同意する。このような提案が行われ且つ可決されるまで、合衆国は、領水を含むこれらの諸島の領域及び住民に対して、行政、立法及び司法上の権力の全部及び一部を行使する権利を有す [全文を読む]

2030年代、南海トラフ巨大地震が起こる―京大名物教授が明言

まぐまぐニュース! / 2016年07月30日07時00分

近年の雲仙普賢岳、東京の三原山、鹿児島の桜島、御嶽山、西之島の噴火等では大きな話題となった。マグニチュード9クラスの巨大地震が発生すると、同じ海域内で10年以上たってから大地震がおきることがある。たとえば、明治三陸沖地震(1896年)で死者2万1,000人以上を出したが、それから37年後に昭和三陸沖地震(マグニチュード8.1)が発生、3,000人の犠牲者を [全文を読む]

「東海・東南海・南海トラフ型」巨大地震を誘発する兆候が…浜岡原発は大丈夫か?

週プレNEWS / 2016年04月14日06時00分

2013年から続いてきた小笠原・西之島新島の火山活動はだいぶ落ち着いてきましたが、その一方、首都圏に近い伊豆大島三原山でも30年ぶりに本格的な噴火活動が再開する恐れがあります」 事実、前述の三重南東沖地震が起きた1300年代の三原山では、「御神火」信仰を生み出した大規模なマグマ噴火が長期間にわたって継続していた記録がある。また今回の地震でも、翌4月2日には [全文を読む]

フォーカス