連城三紀彦のニュース

乃木坂46・高山一実が「この夏読みたいサスペンス&ミステリー」とは?

ananweb / 2017年07月01日20時00分

(高山一実さん[乃木坂46]) 『夜よ鼠たちのために』連城三紀彦 妻を手にかけた画家は、ラブホテルで妻の他殺死体が見つかったと電話を受け…(「二つの顔」)、長い愛人生活に終止符を打つために、女は夫婦を葬る完璧な計画を立てるのだが…(「二重生活」)など、サスペンスたっぷりの9編を収録。「一作一作が面白い!!! 初めて読んだ連城さんのこの作品集で、一気にファン [全文を読む]

観月ありさより顔が目立つ!烏丸せつこ、“女の業”がにじみ出る濃厚な色香

アサ芸プラス / 2016年10月12日17時59分

連城三紀彦の同名小説のドラマ化で、ヒロイン・上島通子の義父の元不貞相手・鶴代を好演している。「ヒロイン役は25年間連続ドラマ主演記録を持つ観月ありさが演じており、和装姿の女将役が話題になっています。また芸能界で不貞問題が多発しているこの時期に、緒川たまき、松本典子、烏丸の3人がそれぞれ違ったタイプの女性を演じて愛憎劇を展開していることも注目されています。烏 [全文を読む]

「隠れ菊」で好演中の前川泰之「旬平にほれ込みました」

Movie Walker / 2016年10月06日05時00分

連城三紀彦の同名小説を原作に、浜名湖畔の料亭「花ずみ」に嫁いだ通子(観月ありさ)の奮闘と男女の人間模様を赤裸々に描くドラマだが、中でも通子の元夫・旬平を前川泰之が好演している。旬平は、通子の下で「新生・花ずみ」の板長となり、通子(元妻)と愛人(現妻)の多衣(緒川たまき)の2人の女性から愛されてしまう役どころだが、職人気質で寡黙な男からにじみ出る大人の色気が [全文を読む]

「隠れ菊」で好演中の前川泰之「旬平にほれ込みました」

Smartザテレビジョン / 2016年10月06日05時00分

連城三紀彦の同名小説を原作に、浜名湖畔の料亭「花ずみ」に嫁いだ通子(観月ありさ)の奮闘と男女の人間模様を赤裸々に描くドラマだが、中でも通子の元夫・旬平を前川泰之が好演している。旬平は、通子の下で「新生・花ずみ」の板長となり、通子(元妻)と愛人(現妻)の多衣(緒川たまき)の2人の女性から愛されてしまう役どころだが、職人気質で寡黙な男からにじみ出る大人の色気が [全文を読む]

25年連続連ドラ主演の観月ありさ、もう民放からの主演オファーは絶望的?

日刊サイゾー / 2016年07月13日11時00分

同作は、第9回柴田錬三郎賞を受賞した作家・故連城三紀彦さんの同名小説が原作。平凡な主婦(観月)が突然、離婚を突きつけられ、元夫やその愛人と仕事のパートナーとして働きながら、老舗旅館の女将として生き抜く波瀾万丈のストーリー。観月の主演作では初めて、不倫がドラマの主要テーマのひとつになるという。 観月といえば、昨年3月に建築関連会社社長・青山光司氏と結婚。ド [全文を読む]

観月ありさ、25年連続ドラマ主演の快挙達成

モデルプレス / 2016年07月07日10時58分

◆劇的な男女の人生を描く 同作は、連城三紀彦の同名小説が原作。突然の離婚通告、料亭の倒産に多額の負債、そして夫の愛人との奇妙な駆け引きなど、次々と降りかかる困難を切り抜けていくうちに、観月演じる主人公・上島通子が驚くほどの「強さ」を発揮していく。 観月のほか、通子の夫・旬平役に前川泰之、その愛人を名乗る女性・矢萩多衣役に緒川たまき、通子に思いを寄せるゼネコ [全文を読む]

“悪女”天海祐希を毒殺…8人の容疑者と究極のトリック ミステリーの金字塔ドラマ化<あらすじ/登場人物紹介>

モデルプレス / 2015年10月02日12時00分

同作は、映像化困難と言われた連城三紀彦の不滅の金字塔をドラマ化。突然殺害された世界的ファッションモデル・レイ子(天海)と容疑者たちを中心に、華やかな世界の裏の人間の欲望と殺意を描く本格サスペンスで、究極のトリックと究極のヒロイン、そして究極の騙りが一体となってはじめて完成された、日本ミステリー史に残る作品。 天海演じるレイ子は、東洋の小さな真珠とたたえら [全文を読む]

“東洋の小さな真珠”天海祐希、圧倒的美貌&オーラ活かし女優人生初の挑戦

モデルプレス / 2015年10月01日12時01分

同作は、映像化困難と言われた連城三紀彦の不滅の金字塔をドラマ化。教師、検死官、刑事、弁護士、キャスター、社長、ガーデンデザイナーなど数々の職業を多彩な表現力で演じ、多くの視聴者を魅了し続けてきた天海が、女優人生初のモデル役、そして悪女に臨む。 突然殺害された世界的ファッションモデル・レイ子(天海)と容疑者たちを中心に、華やかな世界の裏の人間の欲望と殺意を描 [全文を読む]

“悪女”天海祐希「持ちうる限りの色気で頑張ります」

Smartザテレビジョン / 2015年08月13日10時02分

「私という名の変奏曲」は、連城三紀彦作の日本ミステリー史に残る名作ともいわれる作品。華麗なファッション業界を舞台に、一人のモデルの死をめぐり、複雑な人間模様を描いていく。 天海が演じるのは、華やかさとどす黒い欲望が渦巻くファッション業界で、世界のトップモデルにまで上り詰めた美織レイ子(みおり・れいこ)。 台本を読んだ天海は「役柄的に私に合わないのでは、と [全文を読む]

天海祐希、初の悪女役は「持ちうる限りの色気で」 豪華キャストと本格ミステリー

モデルプレス / 2015年08月13日10時00分

映像化不可能と言われた連城三紀彦による『私という名の変奏曲』(10月2日午後9時~)が、フジテレビにてドラマ化されることが発表され、主演に天海が決定。天海は、華やかさとどす黒い欲望が渦巻くファッション業界で世界のトップモデルまで上り詰めた主人公・美織レイ子を演じる。 今作で初のモデル役に挑むこととなる天海は、合計20着を超える豪華絢爛な衣装を着用。「本物の [全文を読む]

フォーカス