野依良治のニュース

<STAP検証実験>理研・野依理事長「検証計画を終了する」(コメント全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月19日10時37分

それにあわせて、来年3月末までを予定していた検証計画を「終了する」という野依良治理事長のコメントを公表した。 野依良治理事長のコメント全文は以下の通り。 ●STAP現象の検証結果の公表に際してのコメント 理化学研究所 理事長 野依良治 STAP細胞にかかる研究論文は、本年7月2日にNature誌論文二篇が撤回されました。これをもって記述された内容はすべて削 [全文を読む]

ノーベル賞学者野依良治氏も登壇…GSC全国研究発表会10/7・8

リセマム / 2017年09月08日13時45分

10月8日には、ノーベル賞受賞の野依良治氏による講演も行われる。一般参加も可能。 JSTは2014年度より、将来世界を舞台に活躍し世界をリードする科学技術人材を育成することを目的とした、高校生対象の科学教育プログラム「GSC」事業を推進。全国17の大学と協力し、高度な水準の講義・実験・演習や研究活動などの科学教育プログラムを実施している。この度、高校生たち [全文を読む]

[9月3日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年09月03日06時00分

Others 楳図かずお(漫画家、1936) 野依良治(科学者、1938) ジャン・ピエール・ジュネ(映画監督、1953) 中田久美(バレーボール、1965) 吉田秀彦(柔道、1969) 田村裕(麒麟:お笑い芸人、1979) 岸田メル(イラストレーター、1983) ショーン・ホワイト(スノーボード、1986) 水沢アリー(モデル、1990) 染谷将太(俳 [全文を読む]

「小保方晴子氏の事件が起きるまでは天国だった…」=理研に勤める中国人学者が見た日本の研究環境―中国メディア

Record China / 2016年11月02日07時50分

凌さんによると、野依良治・元理事長は、誰もやっていない研究をするように常に鼓舞し、自分が編み出した新しい研究の原点を基礎にそれを発展させていくようにと指示していた。理研は論文の数をむやみに追及することはなく、求めているのはクオリティの高い論文だ。最大で40〜50人が在籍するような研究室でも、1年に1つの論文も発表しないというケースもある。 [全文を読む]

ノーベル賞を受賞した大村智教授、成功の秘訣は「出会いを大事にすること」

まぐまぐニュース! / 2016年01月01日22時00分

この業績に、2001年のノーベル化学賞受賞者・野依良治氏は「大村先生は多くの人を感染症から救った。医学生理学賞を超えて平和賞がふさわしい」と語っている。 大村教授はノーベル賞受賞式に旅立つ前に、大学院時代を過ごした東京理科大で講演し、成功の秘訣を「出会いを大事にすることだ。つきあいを大事にする人としない人では大きな差が出る」、「袖触れ合う縁も生かす人が成功 [全文を読む]

<思想なき選挙互助会は「有権者騙し」だ>民主党に「権力の暴走は許さない」を主張する資格はない

メディアゴン / 2015年12月06日15時17分

仕分け人として、次世代スーパーコンピュータ開発の予算削減を決定した蓮舫議員による、 「世界一になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃダメなんでしょうか?」という発言は、野依良治氏をはじめ、ノーベル賞・フィールズ賞を受賞した日本を代表する5人の科学者が批判会見を開催するという異例の事態にまで発展した。この時に我が国が被った科学技術や安心・安全技術に与えた [全文を読む]

「社外取締役3000人マーケット」の勝者は官僚OB…増える天下り利権

デイリーニュースオンライン / 2015年07月10日07時00分

他には、宇宙飛行士の向井千秋(富士通)、ノーベル化学賞受賞者の野依良治(東レ)、作家の幸田真音(JT)、元サッカー日本代表監督の岡田武史(日本エンタープライズ)といった著名人を受け入れた企業があった。 官僚OBの次に多かったのは、大学教授などの学識経験者と、弁護士・公認会計士などの士族、報道記者、ジャーナリストなどマスコミ関係者だった。 本来、社外取締役 [全文を読む]

理研の松本紘・新理事長「小保方氏は研究者として基本的なリテラシーが足りなかった」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月01日19時36分

10年以上にわたり理研の理事長をつとめた野依良治氏(76)が、任期途中にもかかわらず、今年3月いっぱいで退任したため、後任として白羽の矢がたった。 ●「研究不正をおこさないような高い規範と倫理意識を保っていく」 松本理事長は会見冒頭、この一年間理研を揺るがしたSTAP問題に触れて、「研究不正をおこさないような高い規範と倫理意識を保っていく」と述べた。そのう [全文を読む]

理研の松本紘・新理事長「小保方氏は研究者として基本的なリテラシーが足りなかった」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月01日19時36分

10年以上にわたり理研の理事長をつとめた野依良治氏(76)が、任期途中にもかかわらず、今年3月いっぱいで退任したため、後任として白羽の矢がたった。 ●「研究不正をおこさないような高い規範と倫理意識を保っていく」 松本理事長は会見冒頭、この一年間理研を揺るがしたSTAP問題に触れて、「研究不正をおこさないような高い規範と倫理意識を保っていく」と述べた。そのう [全文を読む]

退任見込みの理研・野依理事長「研究機関で、組織の長が引責辞任をすることは皆無」

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月23日22時50分

その本部がある埼玉県和光市で3月23日、野依良治理事長の記者会見が開かれた。野依理事長は今月いっぱいで退任することが報道されている。会見でも、野依理事長の「退任と責任」に関する質問があいついだ。 しかし野依理事長は「人事に関わることなので申し上げられない」と歯切れの悪い回答に終始した。そのうえで、「一般的に大学や研究機関で、組織の長が引責辞任することは皆無 [全文を読む]

欠格のトップ・野依理研理事長、責任取らぬまま辞任 怠慢でSTAP問題の傷広げる

Business Journal / 2015年03月11日06時00分

理化学研究所の野依良治理事長(76)が、3月末で辞任することが明らかとなった。2003年10月から理事長を務め、3期12年目。現在の任期は18年3月までで、任期途中での辞任になる。理由として、在任が長くなったことなどを挙げているという。 文部科学省関係者は「STAP細胞論文問題の引責ではない」としているが、それが理事長の本心だとすれば、同問題に対する十分な [全文を読む]

小保方氏が「魂の限界まで取り組んだ」ことへの評価について

NEWSポストセブン / 2014年12月20日16時00分

小保方氏がどうとかSTAP細胞がどうとかは別として、大人として着目したいのは、小保方氏と野依良治・理研理事長がそれぞれに発表したコメント。 小保方氏は、まず「予想をはるかに超えた制約の中での作業となり」と無念をにじませつつ、「与えられた環境の中では魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果に留まってしまったことに大変困惑しております」と全力を [全文を読む]

小保方晴子研究員が「退職願」を提出「疲れ切り、大変困惑している」

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月19日11時36分

退職願を承認するに際し、野依良治理事長は「STAP論文が公表されてからこの10カ月余り、小保方晴子氏にはさまざまな心労が重なってきたことと思います、このたび退職願が提出されましたが、これ以上心の負担が増すことを懸念し、本人の意志を尊重することとしました。前途ある若者なので、前向きに新しい人生を歩まれることを期待しています」とコメントを発表した。 理研が発 [全文を読む]

ヒトの大部分の遺伝子多型を検出するプライマー/プローブ配列をカタログ化

PR TIMES / 2014年09月22日14時30分

株式会社ダナフォーム(社長:三谷康正)と理化学研究所(理事長:野依良治)は、共同開発したDNA検出法「PEM(PCR Eprobe Melting)法」を使い、ヒトの既知の遺伝子多型約6,000万箇所を検出するためのプライマーと蛍光プローブ(Eprobe(R))の最適な配列を全て計算し、世界最大規模となる約4,000万箇所に対するプライマーと蛍光プローブ [全文を読む]

理研、STAP細胞再現できず 組織改革案発表も、“手ぬるい”と識者批判

NewSphere / 2014年08月28日18時04分

理研の野依良治理事長は、「経営責任者のひとりとして、間違いを防ぐための危機管理ができていなかったことを深く反省している」と述べ、「誠実な研究を促進する」ための組織の再編をすすめると誓った。しかしながら、人員整理で誰が職を失うのかなど、詳細は不明のようだ。 [全文を読む]

トップの責任の取り方とは――なぜ理研の理事たちは「辞任」しないのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月27日20時58分

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長の自殺について、理研の野依良治理事長は8月27日の記者会見で、このような後悔の言葉を口にした。 笹井氏は小保方晴子ユニットリーダーの指南役として、STAP細胞論文の科学誌掲載に大きな役割を果たした。そのため、STAP論文の不正疑惑が発覚したあとは、論文の共著者および副センター長としての責任を追 [全文を読む]

理研CDB「多細胞システム形成研究センター」として再出発――野依理事長が会見

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月27日13時55分

野依良治理事長は冒頭、小保方晴子ユニットリーダーらのSTAP論文が研究不正認定されたことは、「慙愧にたえない」と述べたうえで、「有効な再発防止策を講じていく」とした。 理研は同日公表した「再生のためのアクションプラン」で、小保方晴子ユニットリーダーが所属し、STAP細胞研究の舞台となった発生・再生科学総合センター(CDB)について、「解体的な出直し」をする [全文を読む]

<STAP問題>理研「再生アクションプラン」発表 センターの「解体的出直し」宣言

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月27日10時48分

この「再生アクションプラン」について、野依良治理事長らは27日午後、東京都内で記者会見を開く予定だ。 理化学研究所が公開したアクションプランの全文が掲載されているウェブサイトのURLは下記のとおり。 http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140827_1/ (弁護士ドットコム トピックス) [全文を読む]

笹井氏の自殺 小保方氏守るため「最後の仕返し」との見方も

NEWSポストセブン / 2014年08月07日16時00分

すると理研の野依良治理事長(75才)は笹井氏に対して「立場上責任は重大」と発言。さらに理研が設置した外部有識者による「研究不正再発防止のための改革委員会」からは「辞任」を求められた。「笹井さんは“覚悟はできてるよ。責任は取らなきゃ”なんて気丈なことを言いながらも、時には“いろんな報道がされてイメージが悪くなっている。自分ひとりが悪者になっている”なんて愚 [全文を読む]

笹井氏死去に理研・野依理事長「世界の科学界にとって、かけがえない科学者を失った」

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月05日13時11分

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長が自殺を図り、死亡が確認されたことを受けて、理研の野依良治理事長は8月5日午後、コメントを発表した。 「世界の科学界にとって かけがえのない科学者を失ったことは 痛惜の念に堪えません」と述べ、哀悼の意をあらわしている。 野依理事長のコメントの全文は、以下のとおり。 ●笹井芳樹 発生・ [全文を読む]

フォーカス