谷口英喜のニュース

谷口 英喜 医師 編著(済生会横浜市東部病院 周術期支援センター長)『術後回復を促進させる周術期実践マニュアル』真の周術期チーム医療が学べる一冊!4月17日(月)発売

PR TIMES / 2017年04月17日11時21分

[画像: https://prtimes.jp/i/25409/2/resize/d25409-2-889378-0.jpg ] ■目次 第 1 章 術後回復促進策について知り尽くそう 第 2 章 術前チームが行う術後回復促進策 第 3 章 術中チームが行う術後回復促進策 第 4 章 術後チームが行う術後回復促進策 おわりに 術後回復促進策のすばらしさ [全文を読む]

確かなエビデンスに基づく確かな健康管理。飲料アカデミー「水分補給セミナー」プレス用事後レポート ~熱中症急増の季節、到来!正しい知識で予防と啓発~

PR TIMES / 2015年07月16日11時55分

当日は神奈川県立保健福祉大学の谷口英喜教授をゲストにお迎えし、同氏と共に日本コカ・コーラ株式会社 技術・サプライチェーン本部の金平努が、管理栄養士を目指す学生計60名を対象に、脱水症のメカニズムや効果的な水分補給について講演を行い、質疑応答も交えて盛況のうちに終わりました。 下記は、登壇者による講演の要約となります。[画像1: http://prtime [全文を読む]

女性のほうがリスク大!15個の「熱中症」チェックリスト

WEB女性自身 / 2016年07月27日06時00分

確かに、蒸し暑い環境で仕事をすることが多い男性の発症率のほうが高くなっていますが、実は女性のほうが熱中症にはなりやすいのです」 そう語るのは、熱中症治療に詳しい済生会横浜市東部病院周術期支援センターの谷口英喜センター長。熱中症で病院に運ばれるのは7対3で男性が多いと聞くが、それでも女性のほうがなりやすいという。その理由を谷口先生は次のように解説する。 「筋 [全文を読む]

味の素株式会社「宴会・飲み会に関する実態調査」第2報 宴会・飲み会を若年層と変わらない頻度で参加する元気な70代!飲み会後の「体調に変化はない」が約8割、「脱水になりやすい自覚」は約1割~楽しい飲み会の後は、経口補水液による“水活”で、水と塩分(電解質)の補給を~

@Press / 2016年03月03日11時00分

超高齢社会に進む日本。2015年の総務省の統計によると、総人口に占める高齢者(65歳以上)の割合は、過去最高の「3.7人に1人」と先進国でも群を抜いており、就業者総数に占める高齢者の割合も、10.7%と過去最高を記録しています。味の素株式会社 ウェルネス事業部では、宴会・飲み会での体調の変化や脱水に関する意識の実態を把握するため、年に1回以上、宴会・飲み会 [全文を読む]

オリラジ中田が“水分補給トリビア”をイベントで紹介!

Walkerplus / 2016年01月26日13時07分

お笑いコンビ、オリエンタルラジオの中田敦彦、フリーアナウンサーの木佐彩子、神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科の谷口英喜教授が登壇し、来場者に“水分補給の大切さ”を伝えた。 同イベント「ESSE presents のむとき5(ファイブ)水分補給セミナー」は、1日5回の水分補給タイム「のむとき5」を提唱するキャンペーンの実施を記念して行われた。会場で [全文を読む]

フォーカス