鎧塚俊彦のニュース

“食”と“アート”と“元気なフランス”フェスタ~ フランスを見て、体験して、味わう1日 ~東京・丸の内ビルディングにて開催!!

@Press / 2016年05月12日15時00分

応募フォームQRコード https://www.atpress.ne.jp/releases/101685/img_101685_2.jpg詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press 【関連画像】 [全文を読む]

世界初!「Toshi Yoroizuka」オーナーシェフ鎧塚俊彦氏監修のパティシエ育成コース「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuka」2018年4月に開講!

DreamNews / 2017年07月26日13時30分

レコールバンタンは、人気パティスリー「Toshi Yoroizuka」のオーナーシェフ・鎧塚俊彦氏が監修する「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuka」を2018年4月に開講します。パティシエ、ブランジェ、カフェ、フードコーディネーター等の分野で即戦力人材を育成する“製菓・カフェ・調理の専門校” レコールバンタン(本 [全文を読む]

川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ

NEWSポストセブン / 2012年11月03日07時00分

妻の川島なお美(51才)の超過干渉にうんざりし、仕事場近くのサウナに泊まる回数が増えているという夫の人気パティシエ・鎧塚俊彦氏(47才)。 普段は川島の行動に我慢しながらも夫婦生活を続けているが、年に1回、堪忍袋の緒が切れて、大バトルをすることがあるという。 「川島さんは、鎧塚さんとの大喧嘩を“鎧塚祭り”と呼んでいるんです。最初に“祭り”が起こったのは、2 [全文を読む]

川島なお美さんの3回忌、夫・鎧塚俊彦さんに最近起きた心境の変化

週刊女性PRIME / 2017年09月22日16時00分

なお美さんは夫の鎧塚俊彦さんが経営するこの店を“私の夢”と言っていたそうです。広大なガーデンを自分の“生まれ変わり”として育ててほしいという願いがノートに綴られていました」(スポーツ紙記者) 碑には「あなたの作品として美味しくお皿の上にのります」という彼女のメッセージが刻まれている。花や野菜、果実の段々畑に囲まれ、相模湾を見下ろす場所。なお美さんの魂が安ら [全文を読む]

糖質制限食および食後高血糖啓蒙イベント「ロカボグルメフェスティバル」7月17日(金)・18日(土)丸ビルで開催 パスタにスイーツ、カツサンドも!糖質制限(ロカボ)メニューが大集合

@Press / 2015年07月09日12時00分

一般社団法人 食・楽・健康協会(理事長:山田 悟)は、糖質制限食推進啓発活動の一環として、2015年7月17日(金)・18日(土)の2日間、東京都千代田区の丸ビル1階 マルキューブにて、糖質制限食および食後高血糖啓発イベント「ロカボグルメフェスティバル―ロカボライフをおいしく楽しもう!―」を開催いたします。「ロカボグルメフェスティバル―ロカボライフをおいし [全文を読む]

鎧塚俊彦氏 川島なお美の過干渉に辟易してサウナに入り浸り

NEWSポストセブン / 2012年11月01日07時00分

その一角に、同店オーナーで、人気パティシエの鎧塚俊彦氏(47才)が通うサウナがある。 ここは、サウナ以外の設備も充実している人気店で、30人は入れる大浴場や天然鉱石を使った岩盤浴に加え、レストランやカプセルベッドまで併設されている。24時間年中無休なので、その気になれば、ここで“暮らす”ことさえできる。 妻・川島なお美(51才)との結婚前からここに通ってい [全文を読む]

ダレノガレ、「猫虐待」にブチ切れ! 川島なお美、杉本彩……“動物愛護”に熱心な芸能人

サイゾーウーマン / 2017年10月09日15時00分

先月 29 日には、「犬と猫の殺処分を少しでも減らしたい」との遺言を夫の鎧塚俊彦氏が受け継ぎ、「川島なお美動物愛護基金」が創設されている。 ダレノガレもクラウドファンディングサービスで、猫の保護施設を支援する資金を募集するなど、積極的に動物愛護活動を行っている。愛猫・愛犬家の芸能人たちの呼びかけが、社会を動かすきっかけになるかもしれない。 [全文を読む]

「川島なお美動物愛護基金」設立 遺志継がれ…夫・鎧塚氏「喜んでくれたと」

スポニチアネックス / 2017年10月04日14時39分

2015年に亡くなった女優・川島なお美さん(享年54)の夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(51)が4日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)にVTR出演。川島さんの遺志を継ぐ「川島なお美動物愛護基金」設立の舞台裏を明かしたほか、亡き妻との思い出を涙ながらに語った。 犬や猫の殺処分ゼロを目指し設立した基金。番組の独占取材に応じた鎧塚氏は、川島さんの思 [全文を読む]

妻に先立たれた夫たちが「基金」設立にかける想い

NEWSポストセブン / 2017年10月01日07時00分

* * * 15年9月24日、肝内胆管がんのため亡くなった女優の川島なお美さん(享年54)の遺言による寄付を元に、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏と、夫妻が所属する文化人団体『エンジン01文化戦略会議』の「動物愛護委員会」が引き継ぎ、設立された「川島なお美動物愛護基金」。 その設立発表会見と、グランプリにあたる「第一回 川島なお美賞」(女優の浅田美代子が代表を [全文を読む]

「川島なお美動物愛護基金」設立記者会見が行われました。

PR TIMES / 2017年09月29日16時55分

[画像1: https://prtimes.jp/i/28405/1/resize/d28405-1-985637-3.jpg ]エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議「動物愛護委員会」委員長の湯川れい子さんをはじめ、委員の勝間和代さん、金惠京さん、小六禮次郎さん、東海林良さん、倍賞千恵子さん、山田美保子さん、鎧塚俊彦さん、和田裕美さんが記者会見に参加いたし [全文を読む]

「川島なお美動物愛護基金」を設立 夫・鎧塚俊彦も尽力「各自ができることを」

エンタメOVO / 2017年09月29日16時27分

「川島なお美動物愛護基金」設立記者会見が29日、東京都内で行われ、エンジン01文化戦略会議の動物愛護委員会メンバーから湯川れい子氏、小六禮次郎氏、倍賞千恵子、鎧塚俊彦氏ほかが出席した。 「川島なお美動物愛護基金」は、エンジン01文化戦略会議の「動物愛護委員会」で長年にわたって活動してきた故・川島なお美さんの遺志を継いで設立された。基金はイヌ・ネコの殺処分を [全文を読む]

『川島なお美動物愛護賞』創設 第1回川島なお美賞は浅田美代子団体が受賞

ORICON NEWS / 2017年09月29日14時47分

2015年9月に亡くなった女優・川島なお美さんの夫でパティシエの鎧塚俊彦氏、女優の倍賞千恵子、経済評論家の勝間和代氏らが29日、『川島なお美動物愛護基金』設立記者会見に参加。同基金が創設した『川島なお美動物愛護賞』のグランプリにあたる「川島なお美賞」に女優・浅田美代子の動物愛護チャリティ団体・Tier LOVEが選ばれた。 【写真】なお美さんと鎧塚氏、仲睦 [全文を読む]

川島なお美さん三回忌 夫・鎧塚氏が『川島なお美動物愛護基金』設立へ

ORICON NEWS / 2017年09月24日13時09分

また、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏のエッセイも紹介され、川島さんの遺言に基づき「『川島なお美動物愛護基金』設立に向けて奔走しております。女房の犬(猫)の殺処分を少しでも減らしたいという素直な思いの実現のためです」と活動していることを発表。動物の安楽死について思い悩むこともありながら、「悪徳ブリーダーへの規制や犬や猫の不法投棄禁止などを訴え続けていく事により [全文を読む]

世界初!「Toshi Yoroizuka」オーナーシェフ鎧塚俊彦氏が監修するパティシエ育成コース鎧塚俊彦シェフ×レコールバンタン「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuka」2018年4月に開講!

@Press / 2017年07月26日12時45分

パティシエ、ブランジェ、カフェ、フードコーディネーター等の分野で即戦力人材を育成する“製菓・カフェ・調理の専門校” レコールバンタン(本部所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:石川広己)は、人気パティスリー「Toshi Yoroizuka」のオーナーシェフ・鎧塚俊彦氏が監修する「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuk [全文を読む]

がん患者 治療中断した方が25%長生きするという調査結果も

NEWSポストセブン / 2017年02月04日16時00分

危篤状態に陥っても、“カミさんはよけいなことをいうと全部信じるからよけいなこと、こいつに吹き込まないでくれ”と医師に頼み、美由紀さんが泣いていると、“お前、何泣いてんだ、泣くんだったら外へ出て行け”と」(同前) 2014年1月に肝内胆管がんの手術を受けた半年後、再発して「もって1年」と宣告された川島なお美(享年54)は最期まで女優業を全うする一方、夫の鎧 [全文を読む]

鎧塚俊彦氏の想い強い 川島なお美さんの納骨できず

NEWSポストセブン / 2016年03月03日16時00分

夫の鎧塚俊彦氏(50才)は、生前川島と暮らした都心の自宅を引き払い、昨年末、ひとりこのマンションに引っ越した。パティシエの仕事にも復帰し、都内各店舗や神奈川県小田原市の系列店に顔を出す多忙な日々が戻ってきた。 「仕事と並行して、ここ数か月は遺品整理に追われていたそうです。書籍や洋服、小物など全てを引っ張り出して、彼女が特別大切にしていたものは保存し、それ以 [全文を読む]

渋谷駅周辺再開発現場へ潜入! <第1弾> 渋谷トリビア「最後の玉電アーチ」と「地下工事現場」探検「渋谷ヒカリエ」ShinQs 3大パティシエのスイーツ食べ比べ付!

PR TIMES / 2016年02月12日16時58分

また、渋谷ヒカリエでは、地上70メートルから街を一望できる宙空の劇場「東急シアターオーブ」を見学し、その後は、渋谷ヒカリエShinQs地下2階で店舗を展開する3大パティシエ(辻口博啓氏、鎧塚俊彦氏、青木定治氏)のスイーツでコーヒーブレイクをしながら渋谷駅周辺再開発にまつわる“トリビア”話をお楽しみいただきます。さらには、本プラン参加者だけのお土産付と、盛り [全文を読む]

都内百貨店最大級のレストラン街がグランドオープン!

Walkerplus / 2016年01月30日10時00分

新たにオープンする11階は、人気パティシエの鎧塚俊彦氏による新業態店「TOSHI STYLE(トシ スタイル)」などが出店。買い物途中のちょっとした休憩としてのカフェ利用だけでも使えるような、開放的なフロアに生まれ変わっている。 また12階は、池袋初出店となる赤坂の人気店「赤坂うまや」などが登場。先にオープンした13階とともに、バラエティダイニングとして [全文を読む]

船越英一郎、今よみがえる亡父の忠告

NewsCafe / 2016年01月26日16時00分

昨年10月7日、松居は新刊自著の出版記念会見で、本をPRしたいがために結婚3年目に船越と女優、川島なお美さん(享年54)の交際が発覚したと話し始めた」 あれには周囲が凍り付いたって! 「川島さんが2週間前に亡くなったばかりで、残されたパティシエの夫、鎧塚俊彦さん(50)の気持ちも考えずにこんな不謹慎な話をするなんて、非常識すぎます。普段温厚な船越も、さすが [全文を読む]

フジ・川島なお美さん追悼番組、6.4%で民放4位! 「なぜイブのゴールデンに」と疑問の声

サイゾーウーマン / 2015年12月28日12時45分

9月7日、夫・鎧塚俊彦氏とともにイベント出席した際には、その痩せ細った体に「体調が心配」「休んでほしい」といった声が多数上がっていたが、そのわずか17日後に急逝。あまりにも早すぎる死に、日本中が驚きと悲しみに包まれたが、今回のフジの番組編成については、ネット上で疑問の声が噴出しているようだ。 今回の追悼番組は、鎧塚氏のインタビューや死の直前まで出演していた [全文を読む]

フォーカス