鎧塚俊彦のニュース

世界初!「Toshi Yoroizuka」オーナーシェフ鎧塚俊彦氏監修のパティシエ育成コース「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuka」2018年4月に開講!

DreamNews / 2017年07月26日13時30分

レコールバンタンは、人気パティスリー「Toshi Yoroizuka」のオーナーシェフ・鎧塚俊彦氏が監修する「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuka」を2018年4月に開講します。パティシエ、ブランジェ、カフェ、フードコーディネーター等の分野で即戦力人材を育成する“製菓・カフェ・調理の専門校” レコールバンタン(本 [全文を読む]

川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ

NEWSポストセブン / 2012年11月03日07時00分

妻の川島なお美(51才)の超過干渉にうんざりし、仕事場近くのサウナに泊まる回数が増えているという夫の人気パティシエ・鎧塚俊彦氏(47才)。 普段は川島の行動に我慢しながらも夫婦生活を続けているが、年に1回、堪忍袋の緒が切れて、大バトルをすることがあるという。 「川島さんは、鎧塚さんとの大喧嘩を“鎧塚祭り”と呼んでいるんです。最初に“祭り”が起こったのは、2 [全文を読む]

世界初!「Toshi Yoroizuka」オーナーシェフ鎧塚俊彦氏が監修するパティシエ育成コース鎧塚俊彦シェフ×レコールバンタン「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuka」2018年4月に開講!

@Press / 2017年07月26日12時45分

パティシエ、ブランジェ、カフェ、フードコーディネーター等の分野で即戦力人材を育成する“製菓・カフェ・調理の専門校” レコールバンタン(本部所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:石川広己)は、人気パティスリー「Toshi Yoroizuka」のオーナーシェフ・鎧塚俊彦氏が監修する「グラン パティシエコース produced by Toshi Yoroizuk [全文を読む]

東京ビアイベント特集2017!【随時更新】

CinemaCafe.net / 2017年07月06日16時00分

世界的パティシエ・鎧塚俊彦氏がプロデュースの極上のフードペアリング「ア・ラ・ティエンヌ」をはじめとする今回だけの限定メニューにはBlue Moonとのセットがお得になるものもあり、京橋エドグラン内の飲食店をハシゴして楽しむのも良いかも。 [全文を読む]

鎧塚俊彦氏の想い強い 川島なお美さんの納骨できず

NEWSポストセブン / 2016年03月03日16時00分

夫の鎧塚俊彦氏(50才)は、生前川島と暮らした都心の自宅を引き払い、昨年末、ひとりこのマンションに引っ越した。パティシエの仕事にも復帰し、都内各店舗や神奈川県小田原市の系列店に顔を出す多忙な日々が戻ってきた。 「仕事と並行して、ここ数か月は遺品整理に追われていたそうです。書籍や洋服、小物など全てを引っ張り出して、彼女が特別大切にしていたものは保存し、それ以 [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

「11月の初旬に、複数の業者を介して、ある熱心なファンの手に渡ったと聞いています」 その本は、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(50)が大量処分した「遺品」の一部だという。「鎧塚さんが業者に依頼して、川島さんが所蔵していた大量の本を買い取りしてもらったんです。日用品や衣服など愛着ある品は依然、手つかずのままだったようですが‥‥」(前出・古物商関係者) 11月10 [全文を読む]

死別した妻が美人であればあるほど男性は再婚できぬ確率上昇

NEWSポストセブン / 2015年10月08日16時00分

胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、昨年1月の手術前夜、夫の鎧塚俊彦氏(49)に「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」という遺書を綴ったとテレビ番組で明かしていた。受け止め方はさまざまだろうが、妻と死別した男性が悲しみを乗り越え、次のステップを踏み出すまでに要する時間は意外と長くない。2~3年で再婚を考えるケースも少なくないとい [全文を読む]

妻と死別した男性 2~3年で新たなパートナーを探す例が多い

NEWSポストセブン / 2015年10月07日07時00分

胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、昨年1月の手術前夜、夫の鎧塚俊彦氏(49)に「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」という遺書を綴ったとテレビ番組で明かしていた。手術が成功したためその遺書は破棄されたが、川島さんの急逝後にそのことが報じられると、夫への深い愛情を感じさせる逸話として国民の涙を誘った。 しかし、もし自分が妻から同 [全文を読む]

川島なお美さんの亡がらを前にマスコミ同士の怒鳴り合いが勃発、太田プロと遺族の確執も発覚で……

日刊サイゾー / 2015年10月06日11時00分

日付が変わった25日未明に、ストレッチャーに乗せられた川島さんと夫の鎧塚俊彦さんが車で帰宅。遺体が自宅エントランスに運び込まれる決定的瞬間を収めようと、カメラマンが自宅前駐車場で小競り合いを展開したのです」(テレビ局関係者) ケンカの原因は、スポーツ紙の男性カメラマンだったという。 「そのカメラマンがワイドショーのカメラの真ん前に陣取ったため、『しゃがめよ [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

9月24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さん(享年54)が、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(49才)に「一緒にお墓に入りたいからできれば再婚しないでね」と遺した言葉が話題だ。一般には、夫より自分が先に旅立つ場合、「再婚して幸せになってほしい」と伝える妻が少なくないなか、この遺言の内容には賛否両論が巻き起こった。 遺言を見れば、その人がどのような信念を持っ [全文を読む]

川島なお美さん 夫への「できれば再婚しないで」遺言が話題

NEWSポストセブン / 2015年10月03日16時00分

9月24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さん(享年54)が、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(49才)に遺した言葉が話題だ。それは、「一緒のお墓に入りたいからできれば再婚はしないでね」というメッセージだった。 一般には、夫より自分が先に旅立つ場合、「再婚して幸せになってほしい」と伝える妻が少なくないなか、この遺言の内容には賛否両論が巻き起こった。 「本当に [全文を読む]

茨城マロン・スイーツ・フェア2015

PR TIMES / 2015年10月03日10時28分

Toshi Yoroizuka 鎧塚俊彦×パティスリー ポタジエ 柿沢安耶×HATAKE CAFE 神保佳永による珠玉の”笠間栗”スイーツ! 茨城県は10月12日(月)まで「笠間栗」を使った特製スイーツを ヨロイヅカファーム・トーキョー(渋谷),パティスリー ポタジエ(中目黒) HATAKE CAFE(新宿)の3店舗で期間限定販売する 「茨城マロン・スイー [全文を読む]

急逝・川島なお美が「女優」を貫き通した壮絶闘病

アサ芸プラス / 2015年10月03日09時57分

川島が、パティシエの夫・鎧塚俊彦氏(49)と久しぶりにメディアの前に姿を現したのは、9月7日のことだった。「黒いワンピースからのぞく素肌は骨格が浮き出るほどやせ細っていて、以前の面影は影を潜めていました。闘病生活の過酷さを感じずにはいられませんでした」(芸能記者) 川島自身はその会見で、「普通に元気です。特に板の上(舞台)では人が変わるみたい」 と答えた [全文を読む]

パティシエ鎧塚俊彦が監修した可愛すぎる猫スイーツ

Walkerplus / 2015年10月02日20時32分

旅行情報誌「じゃらん」のキャラクター、にゃらんと、あの有名パティシエの鎧塚俊彦氏がコラボした秋限定の“にゃらんスイーツ”が登場した。 愛知県・蒲郡のラグーナテンボスにあるラルブルヴェールでは、鎧塚氏監修の、地元産フルーツなどを使ったさまざまなスイーツを提供。今回はラブリーな「にゃんぶらん」(1300円)を製作した。ケーキの甘さと、添えられたカシスアイスの酸 [全文を読む]

川島なお美さん がん闘病で最後にすがった“純金の棒”

WEB女性自身 / 2015年10月01日06時00分

つきっきりで看病していた夫の鎧塚俊彦さんと2人きりになった瞬間に、夫の目を見つめて息を引き取ったそうだ」(知人) 女優・川島なお美(享年54)が9月24日夜、亡くなった。川島に肝内胆管ガンが見つかったのは一昨年7月の人間ドックでのこと。「さまざまな病院でセカンドオピニオンを受け、有名な近藤誠さんにも話を聞いていた。このころ、余命1年を宣告されていた」(同じ [全文を読む]

川島なお美さん 急逝直前「夫をよろしく…」と病床からメール

WEB女性自身 / 2015年09月29日00時00分

病状を明かさず弱みをけっして人に見せなかった川島さんが唯一甘えることができたのは、6年前の’09年に結婚した夫・鎧塚俊彦さん(49)だった。「鎧塚さんが最近フェイスブックに『暫くの間いつもより少し女房と一緒にいる時間を長く取らせて頂く所存であります』と書き込んでいるのを見て、心配していました。川島さんのがんが発覚してから2年になりますが、そんな言葉を彼が発 [全文を読む]

川島なお美さんがテリー伊藤に語っていた「最愛の夫との恋愛、そして結婚」

アサ芸プラス / 2015年09月28日17時59分

パティシエの鎧塚俊彦氏との馴れ初めや、幸せいっぱいのエピソードを語ってくれていた。 恋愛に奔放だった川島さん。その中で鎧塚さんは特別だったそうで‥‥。「普通はこういうことをしないっていう例外が、いっぱい続いたんですよね。例えば、初めてのデートで男の人を自分の家に招き入れるなんて絶対しないけど、彼はすんなり私の家に来たりとかね。(中略)彼が『シナモンとココナ [全文を読む]

川島なお美 遺骨とともに仕事場へ…亡き“愛娘”にやまぬ涙

WEB女性自身 / 2015年01月22日06時00分

震える肩を夫・鎧塚俊彦氏(49)がそっと抱きしめていた――。 1月9日、川島が“魂のパートナー”と呼び続けたミニチュア・ダックスフントのシナモン(史奈紋・15歳♀)が天国に旅立った。シナモンは11日に東京都内のペット専用の斎場で荼毘に付された。「食欲がないということで、川島さんがシナモンちゃんを連れて来院されたのは8カ月前の昨年5月のことでした」(シナモン [全文を読む]

川島なお美 誕生日に感涙…パティシエ夫が「愛の特大ケーキ」

WEB女性自身 / 2014年11月21日07時00分

11月11日夜8時過ぎ、東京・銀座のイタリアンレストラン『ラ・ベットラ・ダ落合』に高級外車で向かったのは、川島なお美(54)と夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(49)。 その前日、11月10日が川島の54歳の誕生日。ソプラノ歌手の中丸三千繪(54)や山田まりや(34)ら親しい友人も呼んで、夫妻は誕生パーティーを深夜まで楽しんだ。 川島が肝内胆管ガンの手術を受けた [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『SUPER GIRLS EXPO -最強美少女博覧会-』台北開催が決定。“女子の欲しいものを全て集めた”体験型エキスポを実現。

TechinsightJapan / 2014年09月29日18時55分

グルメ&スイーツ部門では大西誠氏、川越達也氏、鎧塚俊彦氏など有名シェフやグルメ通が7名そろった。 台湾の女子は日本のアイドルやファッションに詳しいので、それに応える意味でも今回は『日本女子博覧会』をさらに上回るメンバーが出演することとなりそうだ。 ■SUPER GIRLS EXPO 【名称】 SUPER GIRLS EXPO 最強美少女博覧会 【日時】 2 [全文を読む]

フォーカス