山田康太のニュース

【ライターコラムfrom横浜FM】スターダムを駆け上がれ! 横浜FM山田康太、天皇杯で確かな一歩を踏み出す

サッカーキング / 2017年06月23日17時17分

天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦・FC大阪戦の先発に横浜F・マリノスユース所属の山田康太の名前があった。 すでに2種登録選手として2017JリーグYBCルヴァンカップ2試合に途中出場していた山田だが、プロの公式戦の先発に名を連ねたのはこの試合が始めて。「緊張はしなかった」と笑みをこぼした一方で「プロの試合の雰囲気はユースとは違うし、スタジアムなので声も [全文を読む]

ポルトガル遠征のU-18日本代表、負傷のMF山田康太が不参加《U18リスボン国際トーナメント》

超ワールドサッカー / 2017年06月10日16時20分

▽日本サッカー協会(JFA)は10日、同日からポルトガル遠征を行うU-18日本代表メンバーからMF山田康太(横浜F・マリノスユース)がケガのため不参加となったことを発表した。追加招集はない。 ▽U-18日本代表は2019年に行われるU-20ワールドカップを目指すチーム。ポルトガルでは、第23回U18リスボン国際トーナメントに出場し、U-18アメリカ代表、U [全文を読む]

U-18日本代表、ポルトガル遠征メンバーに東福岡DF阿部や青森山田MF郷家ら

ゲキサカ / 2017年06月02日17時58分

その他では5月に行ったU-20代表候補合宿にも選ばれていた東福岡高のDF阿部海大や横浜F・マリノスユースのMF山田康太らが選ばれている。 同代表は6月10日に出国。同14日よりポルトガルで開催される第23回U18リスボン国際トーナメントに参戦し、アメリカ、ポルトガル、ノルウェーと対戦する。 ▽監督 影山雅永 ▽コーチ 秋葉忠宏 ▽GKコーチ 土肥洋一 ■ [全文を読む]


[プレミアリーグEAST]横浜FMユースは主軸不在の中で奮闘も1点遠く、連勝ならず

ゲキサカ / 2017年07月12日20時13分

[7.9 高円宮杯プレミアリーグEAST第8節 浦和ユース 2-0 横浜FMユース 浦和駒場] 横浜F・マリノスユースは前節、DF西山大雅、U-18日本代表MF山田康太主将(ともに3年)、MF土佐陸翼(2年)のゴールによってFC東京U-18を破って今季初勝利。山田やU-18日本代表MF堀研太(3年)、U-17日本代表FW棚橋尭士(2年)らけが人を欠いた状況 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]「これから継続できるように」浦和ユースが開幕戦以来となる白星!

ゲキサカ / 2017年07月12日14時55分

浦和ユースはMF井澤春輝、横浜FMはMF山田康太主将、MF堀研太(全て3年)とそれぞれU-18日本代表を欠く中で行われた試合は3バックを敷いて守備的に試合に入った浦和ユースを横浜FMユースが押し込む形となった。 横浜FMユースは最終ラインからの組み立てにMF藤田一途(3年)やMF土佐陸翼(2年)が絡みながらボールを前進させ、FW山谷侑士(2年)が仕掛けも見 [全文を読む]

[7月10日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年07月10日06時00分

DF初瀬亮(G大阪、1997)*アップダウンの量と質や左右両足からの正確なキックを武器とするSB MF山田康太(横浜FM、1999)*高い技術と優れた戦術眼を持ち合わせるMF。 DF岸田悠佑(G大阪、1999)*足もとの技術が高く、カバーリングに長けたDF。 World MFガビ(A・マドリー、1983、スペイン)*長短を織り交ぜた独特のパスセンスが持ち [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]連勝ストップも青森山田が首位維持、京都U-18は後半AT弾で劇的勝利:第7節2日目

ゲキサカ / 2017年07月02日23時56分

以下、第7節結果と第8節日程(予定) 【第7節】 (7月1日) [日立柏総合グランド(人工芝)] 柏レイソルU-18 2-0 市立船橋高 [柏]加藤匠人(51分)、正田徳大(56分) [日産フィールド小机] 横浜F・マリノスユース 3-2 FC東京U-18 [横]西山大雅(5分)、山田康太(50分)、土佐陸翼(68分) [F]杉山伶央(16分)、今村涼一 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]柏U-18が開幕戦以来の勝利、横浜FMユースはシーソーゲームを制す:第7節1日目

ゲキサカ / 2017年07月01日23時08分

以下、第7節結果と日程 【第7節】 (7月1日) [日立柏総合グランド(人工芝)] 柏レイソルU-18 2-0 市立船橋高 [柏]加藤匠人(51分)、正田徳大(56分) [日産フィールド小机] 横浜F・マリノスユース 3-2 FC東京U-18 [横]西山大雅(5分)、山田康太(50分)、土佐陸翼(68分) [F]杉山伶央(16分)、今村涼一(54分) ( [全文を読む]

横浜FMvsFC大阪 試合記録

ゲキサカ / 2017年06月21日21時36分

【天皇杯2回戦】(ニッパツ) 横浜FM 3-1(前半1-0)FC大阪 [横]富樫敬真(43分)、前田直輝(71分)、遠藤渓太(90分+1) [F]舘野俊祐(90分+2) [F]岩本知幸(25分) 観衆:2,468人 主審:家本政明 副審:穴井千雅、宇治原拓也 [横浜F・マリノス] 先発 GK 31 杉本大地 DF 2 パク・ジョンス DF 15 新井一耀 [全文を読む]

横浜FMvsFC大阪 スタメン発表

ゲキサカ / 2017年06月21日18時38分

[6.21 天皇杯2回戦](ニッパツ) ※19:00開始 [横浜F・マリノス] 先発 GK 31 杉本大地 DF 2 パク・ジョンス DF 15 新井一耀 DF 23 下平匠 DF 27 松原健 MF 18 遠藤渓太 MF 25 前田直輝 MF 26 中島賢星 MF 28 高野遼 MF 41 山田康太 FW 17 富樫敬真 控え GK 30 鈴木彩貴 DF [全文を読む]

ポルトガル遠征を行うU-18日本代表、MF山田康太が怪我のため不参加

ゲキサカ / 2017年06月10日16時59分

日本サッカー協会(JFA)は10日、本日よりポルトガル遠征を行うU-18日本代表において、MF山田康太(横浜FMユース)が怪我のため不参加となることを発表した。なお、追加招集はない。 同代表は14日より第23回U18リスボン国際トーナメントに参戦し、アメリカ、ポルトガル、ノルウェーと対戦する。 [全文を読む]

ポルトガル遠征に臨むU-18日本代表が発表! 青森山田のFW中村駿太や甲府U-18のDF入間川景太ら《U18リスボン国際トーナメント》

超ワールドサッカー / 2017年06月02日18時07分

◆U-18日本代表メンバー GK 12.猿田遥己(柏レイソルU-18) 1.若原智哉(京都サンガF.C.U-18) DF 5.西洸瑠(アビスパ福岡U-18) 2.松田陸(前橋育英高) 13.入間川景太(ヴァンフォーレ甲府U-18) 4.宮本駿晃(柏レイソルU-18) 14.早坂翼(平塚学園高) 3.阿部海大(東福岡高) 6.荻原拓也(浦和レッズユース) [全文を読む]

横浜FMvs広島 試合記録

ゲキサカ / 2017年05月31日21時10分

【ルヴァン杯グループB第7節】(ニッパツ) 横浜FM 1-2(前半0-1)広島 [横]仲川輝人(61分) [広]工藤壮人(23分)、宮吉拓実(86分) [広]フェリペ・シウバ(19分)、丸谷拓也(54分)、千葉和彦(84分) 観衆:5,953人 主審:東城穣 副審:聳城巧、岡野宇広 [横浜F・マリノス] 先発 GK 31 杉本大地 DF 15 新井一耀 ( [全文を読む]

横浜FMvs広島 スタメン発表

ゲキサカ / 2017年05月31日16時54分

[5.31 ルヴァン杯グループB第7節](ニッパツ) ※19:00開始 主審:東城穣 副審:聳城巧、岡野宇広 [横浜F・マリノス] 先発 GK 31 杉本大地 DF 15 新井一耀 DF 4 栗原勇蔵 DF 2 パク・ジョンス DF 24 山中亮輔 MF 26 中島賢星 MF 8 中町公祐 MF 19 仲川輝人 MF 33 ダビド・バブンスキー MF 28 [全文を読む]

[MOM1713]大津MF田中匠(2年)_「公立の雄」の新10番が3発!1日で5ゴールの大量産

ゲキサカ / 2016年03月03日16時51分

「この大会点数取れていなかったので、きょうはもうゴールを常に意識していました」という田中は1-0の前半32分、「(鵬翔高の)DFラインがボールウオッチャーになっていたのでそこを狙って」DFを外すと1タッチでMF山田康太(2年)の左クロスを合わせて1点目。さらに前半アディショナルタイムには相手GKが頭でクリアしたボールを予測して落下点に入る。そして1タッチ [全文を読む]

[国体少年男子]福岡と引き分けで2連覇達成!神奈川県選抜登録16選手優勝コメント

ゲキサカ / 2015年10月02日20時39分

10月中旬から選手権があるので、その期間の前にチーム抜けてこっちにこさせてもらっているので、自分の経験を上手くチームに落とし込んで選手権出て、去年のようにベスト4以上、日本一を取れるように頑張ります」●5.MF山田康太(横浜FMユース、1年)「正直、単独優勝が良かったなという思いが大きいです。しっかり自チームでも3年生の試合に食い込んでいけるように頑張って [全文を読む]

[国体少年男子]雨中のファイナルは互いの堅守崩れず0-0ドロー、神奈川県、福岡県が両県V!!

ゲキサカ / 2015年10月02日17時48分

中盤は山田康太(横浜FMユース、1年)と藤本寛也(東京Vユース、1年)のダブルボランチで右MF堀研太(横浜FMユース、1年)、左MF伊藤優世(横浜FMユース、1年)、トップ下が村田聖樹(川崎F U-18、1年)、1トップを和田響稀(湘南ユース、1年)が務めた。一方の福岡はGKが緒方翔平(東福岡高1年)で4バックは右SB中村駿(東福岡高1年)、CB西洸瑠(福 [全文を読む]

フォーカス