尾木直樹のニュース

追門学院大学が11月5日に尾木直樹氏による講演会「尾木ママの『7つの人生力』」を開催 -- 大学祭「将軍山祭」の行事のひとつ

Digital PR Platform / 2017年09月05日08時05分

追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:河原俊明)は11月5日(日)に、「尾木ママ」の愛称で知られる教育評論家の尾木直樹氏による講演会「尾木ママの『7つの人生力』」を開催する。これは、同大学で11月4日(土)~5日(日)に実施される大学祭「将軍祭」の行事のひとつとして行うもの。尾木氏は「7つの人生力」をテーマに、若者の今を輝かせる力の引き出し方、大学生を持つ保 [全文を読む]

【DeNA】19日に尾木ママの特別授業「野球をみるっておもしろいわよ」開講!

ベースボールキング / 2017年07月05日13時41分

DeNAは、19日(水)のヤクルト戦で開催するスペシャルイベント『キッズSTAR☆NIGHT 2017 Supported by J:COM』のスペシャルゲストに教育評論家、尾木直樹氏が来場し、特別授業“尾木ママの「野球をみるっておもしろいわよ」”を開講すると発表した。 「キッズ STAR☆NIGHT」は横浜、夏の一大イベントとして行う「YOKOHAMA [全文を読む]

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏と共同作成『いじめの未然防止・早期発見を目的とするアンケートテンプレート』を提供開始

PR TIMES / 2015年04月23日14時49分

株式会社マクロミル (本社:東京都港区、代表執行役:小西克己、以下「マクロミル」)は、教育評論家の尾木直樹氏と共同で、『いじめの未然防止・早期発見を目的とするアンケートテンプレート』を作成し、マクロミルのセルフ型アンケートツール「Questant(クエスタント)」の中で、本日2015年4月23日より提供を開始しました。■『いじめの未然防止・早期発見を目的と [全文を読む]

錦織圭、羽生結弦…ゆとり世代は実は強い!?

ananweb / 2017年08月30日22時00分

解説してくれたのは、教育評論家の尾木直樹さん、スポーツライターの藤島 大さん、SNSコンサルタントの石井リナさんです。 ■ グローバルな視点 ネット社会がグローバル化を後押しし、世界はぐっと身近になった。なかでも特にインスタグラムやYouTubeの影響は大きいと石井さんは言う。 「このふたつの登場で、コミュニケーションが、テキストからビジュアルに変わりまし [全文を読む]

NEXT世代の強みは「しなやかなメンタル」 その理由は?

ananweb / 2017年08月30日20時00分

彼らが自分の才能と出合い、実力を伸ばせた理由は何?尾木ママでおなじみ教育評論家の尾木直樹さん、スポーツライターの藤島 大さん、SNSコンサルタントの石井リナさんの3人がNEXTジェネレーションの活躍の秘密を分析してくれました。 ■ しなやかなメンタル いつも冷静で柔軟、大舞台でも物おじせず自分をプレゼンテーションできるのは、NEXTジェネレーションの強みの [全文を読む]

尾木ママからいじめ被害者の親たちへ「モンスター・ペアレントでいいじゃない」

文春オンライン / 2017年08月29日11時00分

尾木ママとしてテレビや雑誌で活躍中の教育評論家の尾木直樹さん。2017年2月22日に法政大学で行なわれた最終講義は「いじめ非常事態宣言」と言えました。長年、教育の現場で子どもたちと接してきた尾木さんは、昨今のいじめ問題の深刻さに警鐘を鳴らしています。とりわけ、大人たち、加害者の子どもたちそのものが変容しているのでは、と心配します。子どもたちを守るためにでき [全文を読む]

ママモコモ&MAMAPLA(ママプラ)共催イベント開催!

イクシル / 2017年06月02日12時32分

ゲストは尾木ママでおなじみの教育評論家・尾木直樹さんとSOMOS & Co代表取締役社長の相馬円香さん。 第2部は企業で働くママさんの働き方や取り組みなどについてのトークセッションとなっています。 「TOKYO働き方改革宣言企業」であるANA(全日本空輸株式会社)に勤務するママ社員をゲストに招き、実際の企業内での取り組みなどについてのお話があります。 ■ [全文を読む]

将来を担う子どもと若者の課題克服に向け、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が熱弁!

PR TIMES / 2014年12月17日09時22分

第1部の基調講演には、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が登壇し、“いじめの実態がこれまで以上に顕在化している今、改善に向かって学習機会を増やすべき”また、“一斉主義や競争主義を変革し、個性をありのままに受け入れてサポートする教育に転換すべき”など、「グローバル化時代の子どもと教育」をテーマに現在の教育の課題に言及されました。文部科学省が取り組んでいる、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】尾木直樹氏、佐世保高1女子殺害事件の弁護人発表に不信感。「加害者の父親を応援するためか」

TechinsightJapan / 2014年08月02日18時15分

教育評論家の尾木直樹氏が自身のブログで長崎県佐世保市の高1女子殺害事件を取り上げ、女子生徒の弁護人の発表に違和感を示した。「加害者の父親を応援するためか」と踏み込んだ意見を述べている。 7月31日の報道によると、同級生を殺害したとして逮捕された佐世保市の高校1年の女子生徒は“父親を尊敬している”、“父親の再婚には賛成だった”などと、接見した弁護人が直接聞い [全文を読む]

「尾木ママ」直伝!パパと子どものコミュニケーションイベントを11月25日開催(参加無料)~イーウェル主催『第5回ワーク・ライフ・バランス・デー』~

@Press / 2012年09月05日09時30分

http://www.ewel.co.jp/company/seminar/20120901_01/index.html■申込締切 :2012年10月22日(月)■主催 :株式会社イーウェル 親子で楽しむワーク・ライフ・バランス・デー事務局■特別協賛 :東急グループ■協力 :東急不動産株式会社、楽天トラベル株式会社 [全文を読む]

全国で推定700万人「発達障害」はまず知ることが大切――尾木ママ

文春オンライン / 2017年09月21日17時00分

大きな第一歩を踏み出したワ! (尾木 直樹) [全文を読む]

尾木ママ「日野皓正さんの"中学生ビンタ事件”に言いたいこと」

文春オンライン / 2017年09月14日17時00分

(尾木 直樹) [全文を読む]

尾木ママも驚いた!?あのメジャーな歴史用語が教科書からなくなりかけている!

アサ芸プラス / 2017年09月13日17時58分

その中で、尾木ママ(教育評論家・尾木直樹)が「小学校の教科書では聖徳太子(厩戸王/うまやどのおう)、中学校の教科書では厩戸王(聖徳太子)って書かれてるのよね」と発言したのを聞き、「若い世代の子たちとは歴史の話も通じなくなるのか」と驚いた向きも多かったのはないだろうか。 実際、今年2月に文科省は「次期学習指導要領改定案」にこの内容を盛り込んでいたが、「現場 [全文を読む]

「子育てを相談したい有名人」北斗晶が1位 “イクメン”意識に男女差鮮明

ORICON NEWS / 2017年09月13日12時00分

総合では北斗を首位に、2位・つるの、3位・尾木直樹氏(尾木ママ、70)、4位・木下優樹菜(29)、5位・木村佳乃(41)という結果に。北斗はがん闘病以降もテレビやブログなどを通じ積極的に家族の日常を発信しており「頼りがいのある母の姿」が支持された。つるのは「子だくさんでイクメン」のイメージ、尾木氏は教育評論家という立場から「的確なアドバイスをくれそう」とい [全文を読む]

尾木ママ苦言「最後までクリアにさせる必要はあったのか」

スポニチアネックス / 2017年09月12日05時40分

◇斉藤由貴、不倫認め謝罪 今回の騒動について教育評論家の尾木直樹氏は「一番傷つくのは子供たち。離婚問題が起きた家庭の子供が荒れるケースを、これまで何度も目にしてきた」と指摘し、双方の子供たちをおもんぱかった。 尾木氏は「不倫は良くない」とした上で「女優やタレントは公人ではない。税金で働く議員とは種類が違う。最後までクリアにさせる必要はあったのか」と苦言を呈 [全文を読む]

尾木ママ「古希からのスマホデビューに四苦八苦」

文春オンライン / 2017年09月09日17時00分

(尾木 直樹) [全文を読む]

尾木ママが解説! 藤井聡太、サニブラウン…NEXT世代強さの秘密は?

ananweb / 2017年08月30日12時00分

長年、教育現場に携わってきた尾木直樹さんは言う。 「いま活躍する10代から20代前半は、受け身ではなく、自ら考えて行動する主体性を身につけています。自分で課題を見つけ、それを解決するべく毎日精進している。自分主導で動いているからこそ、才能が実を結びやすいのです」 また、スポーツライターの藤島大さんは次のように話す。 「スポーツで活躍しているのは、幼い頃から [全文を読む]

尾木ママ「いじめにあっている子供たち、スマホを捨てて学校休んで!」

文春オンライン / 2017年08月23日17時00分

つらかったら、迷わず学校からもラインからも逃げて! (尾木 直樹) [全文を読む]

尾木ママ「高校野球は学びの宝庫 佐賀北を忘れない」

文春オンライン / 2017年08月09日17時00分

甲子園でどんなドラマが生まれるのか、今年も目が離せないわ! (尾木 直樹) [全文を読む]

フォーカス