植松晃士のニュース

「下品に見えない」 植松晃士氏が語る『花子とアン』伝助萌え

NEWSポストセブン / 2014年09月17日16時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんは、同作の大ファンだという。植松さんは『花子とアン』に登場する、あるキャラクターに注目します。 * * * 私の大好きな、NHK連続テレビ小説『花子とアン』が、ある現象を巻き起こしていることをご存じですか? 「伝助萌え」というそうです。「伝助」というのは、裸一貫、一代で財を築いた石炭王、嘉納伝助のことで、主人公の親友 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】山田花子 “クールなモードスタイル”に挑戦も「こういうオバちゃん、大阪におるで」

TechinsightJapan / 2017年07月19日19時14分

「素敵なコーデで真似したくなりました!」「花子さんの魅力を引き出したなーって思いましたよ」との声も入っているが、ファッションプロデューサー・植松晃士氏の軍配は大和田に上がっている。「20代のモデルみたいに、スラッとした人は似合う」コーデであり、身長150cmの山田が着こなすのは難しい―と指摘していた。 ネット上でも「山田花子は体育のおばさん独身先生」「パチ [全文を読む]

植松晃士氏 「かまってちゃん」の対処法は、近寄らないこと

NEWSポストセブン / 2015年11月20日16時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバさま方が美しく健康に生きられるようにアドバイス。今回は「かまってちゃん」の対処法を伝授していただきました。 * * * 皆さん、ご機嫌よう! 今回は私の周囲に生息する、“かまってちゃん”についてお話ししたいと思います。“かまってちゃん”とは、常に「私の話を聞いて!」「私に注目して!」というオーラを周囲に振 [全文を読む]

加齢と共に低下するオンナ度 声のトーンを上げる意識が得策

NEWSポストセブン / 2015年06月20日16時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバさんに美しく生きるためにアドバイス。今回は、オンナとしての人生を楽しみ続けるには、声を意識することが大切だと教えてくれた。 * * * 老化の波にさらされた女性が”“オンナとしての人生”を捨ててたら、オジさんとして生きる以外、道は残されていません。“オジさん化したオバさん”の特徴は、ダボッとしたズボンに、 [全文を読む]

大人のダイエットにトレンドなし 自分に合う方法見つけるべき

NEWSポストセブン / 2015年04月27日16時00分

今回は、ファッションプロデューサーの植松晃士さんが正しいダイエットについて解説してくれました。 * * * 皆さん、ご機嫌よう! 爽やかな風が頬をなでる素敵な季節がやってまいりました。今年のファッショントレンドは、ぱ~っと気分が明るくなるようなキレイ色ですが、こういう陽気だと、そんな色の洋服に袖を通したくなるのではないでしょうか。 とはいえ、薄着になる春は [全文を読む]

老いに逃げ道はない 松田聖子もライブでかわいく「よいしょ」

NEWSポストセブン / 2015年03月15日16時00分

ファッションアドバイザーの植松晃士さんが、周囲のアラフィフ女性たちを対象に、「2015ザ・オバサン」と銘打って、「あなたがオバさんになったと実感するのは、どんなとき?」というアンケートを実施。今回はその第4弾の結果をご報告します。 * * * 皆さま、ご機嫌よう! あたたかい日差しに春の訪れを感じる今日この頃です。先月、開催されたアカデミー賞の授賞式を、テ [全文を読む]

オバサン実感する時 暴飲暴食しなくなる、体にいいもの選ぶ

NEWSポストセブン / 2015年03月09日16時00分

ファッションアドバイザーの植松晃士さんが、周囲のアラフィフ女性たちを対象に、「2015ザ・オバさん」と銘打って「あなたがオバさんになったと実感するのは、どんなとき?」というアンケートを実施した。今回は、第3弾の結果を報告します。 ■自分より年上の男性に対する興味が薄れた これは当たり前。ただでさえ自分が枯れ…いえ、大人になっているんだから、パートナーに、さ [全文を読む]

植松晃士 昼ドラ『花嫁のれん』に注目「嫁姑バトルは王道」

NEWSポストセブン / 2015年01月30日16時00分

ファッションアドバイザーの植松晃士さんは、あの新昼ドラマに注目しているという。植松さんがその魅力を解説します。 * * * 皆さま、ご機嫌よう。少し前に新年のご挨拶をしていたのに、もうすぐ1月も終わり。「月日の経つのが早く感じられるのは大人になった証拠」と申しますが、新年の宴の後、社会復帰に時間がかかったかたも多かったようです。 知人の女性経営者(50代前 [全文を読む]

斎藤工、「女性を超えた色気」で日本No.1ビューティを受賞! 講談社『VOCE』(ヴォーチェ)が“ビューティ界のアカデミー賞”開催

PR TIMES / 2015年01月28日15時50分

■会場中の女性の頬がピンクに上気!「斎藤工の存在はもはや天然のチーク」ビューティ誌の主催するアワードを受賞したことについて驚きを隠せなかったという斉藤工さんですが、古くからの知人であり共演経験もあるMCの植松晃士さんは「斉藤さんが登場した途端、会場中の女性がみんな顔が赤くなった。これは斉藤さんの存在がもうチーク(ほお紅)ってことよ!」と“たくみチーク”を絶 [全文を読む]

人生の黄金期 早い時期に迎えるのは人生前借りしたようなもの

NEWSポストセブン / 2015年01月03日07時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、オバさんたちが美しく健康に生きられるようにアドバイスを送るこのコーナー。今回は、人生の黄金期についてのお話です。一体いつ「黄金期」があるのが幸せな人生なのでしょうか。 * * * 私は時折、「その人の黄金期が、人生のどの時期に訪れるか」というのは、かなり大きな問題ではないかと思うことがあります。 小学校時代を思い [全文を読む]

オバさんが「女の開店休業」になってもヒールで再デビュー可

NEWSポストセブン / 2014年11月26日07時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、オバさんが美しく生きられるようにアドバイスを送ります。今回は、この冬のトレンド「スポーツMIX」についてのお話です。 * * * スポーティーなアイテムを身につけるときには、華奢なヒールとか、タイトスカートなど、必ずエレガントなアイテムを加えてください。ヒールやスカートは、女性しか身につけられない貴重なアイテムで [全文を読む]

植松晃士 仕事で「…けど」「…と思う」と話す人にイラつく

NEWSポストセブン / 2014年11月19日16時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、オバさんたちが美しく生きるためにアドバイス。今回のテーマは「話し方」です。 * * * 皆さま、ご機嫌よう! 米シカゴのGPシリーズ第1戦で町田樹さんが優勝。幸先よく、フィギュアスケートシーズンが始まりました。 町田選手の演技はもちろん、インタビューにも注目しています。“氷上の哲学者”といわれるだけあって個性的だ [全文を読む]

植松晃士「景気良かったバブル経験できたことは貴重な宝物」

NEWSポストセブン / 2014年10月24日07時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバさんたちに、美しく健康に生きるためのアドバイスを送ります。今回は、観劇についてのお話です。 * * * 皆さま、ご機嫌よう。爽やかな風と共に、「芸術の秋」の到来です。私は以前から宝塚フリークを自認してまいりましたが、この秋は宝塚だけでなく、歌舞伎やバレエ、オペラにも積極的に参戦するつもり。今までは「観劇好 [全文を読む]

きれいな男子は目の保養 お手は触れないのが正しいたしなみ

NEWSポストセブン / 2014年09月30日16時00分

こうしたオバさんの若い人へのスキンシップ事情について、ファッションプロデューサーの植松晃士さんが解説します。 * * * 錦織圭くん、格好よかったですね。「いい夢見せていただきました」とお礼を言いたい気分です。でも「準優勝おめでとう」とは言いません。だって、ご本人はすごく悔しい思いをしているはずですから。ぜひ、表彰台のてっぺんを(テニスは表彰台って乗らない [全文を読む]

文字を読もうと眉間に皺寄せるより老眼鏡の方が1万倍は得策

NEWSポストセブン / 2014年09月03日16時00分

頑なに「遠視です!」と言い張る人もいますが、『ヒルナンデス』(日本テレビ系)などで活躍するファッションプロデューサーの植松晃士さんは、老眼を認める方が良いと語ります。 * * * 実は私、最近、近くを見るための眼鏡を作りました。というのも、文字が見づらくなったせいでLINEやメールでの業務連絡が億劫になった自分を反省したからです。 「文字が見えにくい」とい [全文を読む]

エルメスのバーキンはカジュアルバッグ フォーマルな席ではNG

NEWSポストセブン / 2014年07月26日07時00分

店頭で幸運にもゲットできたときのために、失敗しない持ち方を、ファッションプロデューサーの植松晃士さんに“おしゃれのプロ”の目線で語ってもらいました。 * * * バーキンは、持っているとクラス感が増す、女性にとっての勲章みたいなもの。移り気な人も、サイズや素材、金具違いなど集めたくなるパワーがあります。サイズは25cmから5cm刻み。バブルの頃は大きめの3 [全文を読む]

植松晃士氏 日常生活で一番困るのはトイレの水が流れないこと

NEWSポストセブン / 2014年06月18日16時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバサマたちが清く正しく生きるためにアドバイスを送ります。今回は妖術使いのお話です。 * * * さて、まだまだ続く、「くノ一入門」。今回は、現代によみがえる“妖術使い”のお話です。妖術とは、人を惑わすあやしい術のことで、他人をねたんだり、憎んだりすると、その人に災いをもたらすような力が働くとか。 あなたの周 [全文を読む]

頼まれて人気歯医者紹介したのに「別の歯医者行った」に唖然

NEWSポストセブン / 2014年06月08日07時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、おばさまたちが美しく生きるためのアドバイスをしてくれます。今回は「他人への配慮」についてのお話です。 * * * 少々前のお話ですが、ある女性に「歯医者さんを紹介して」と頼まれてご紹介しました。とても人気の歯医者さんなので予約も取りにくいから、私から「○○さんというかたから予約が入るのでよろしくお願いします」とご [全文を読む]

小保方氏 会見でTPOと「自分の立場」理解のほぼ完璧な装い

NEWSポストセブン / 2014年05月21日07時01分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、おばさまたちが美しく生きるためのアドバイスをしてくれます。今回は「女性の魅力」についてのお話です。 * * * 今回から数回にわたり、オバさまたちが自らの商品価値を高めるための講座を開設したいと思います。名づけて“くノ一入門”。「どうしてクノイチ?」ですって? はっきり言って、何となく(笑い)。でもほら、忍者って [全文を読む]

主婦のドタキャン「子供」「夫」を黄門の印籠のように示す人も

NEWSポストセブン / 2014年05月13日07時00分

ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、おばさまたちが美しく生きるためのアドバイスをしてくれます。今回はドタキャンについての話。 * * * 先日、お食事を約束した女友達からドタキャンされたんです。忙しいさなか、「お食事しましょう」と言い出したのはお友達のほう。でも、彼女はノーアイディアだったから私がお店を考えて、予約して差し上げたんですよ。 キャンセ [全文を読む]

フォーカス