小保方晴子のニュース

30代リケジョ小保方晴子さんがネットで人気沸騰!「写真集」ほしいとの声も

秒刊SUNDAY / 2014年01月31日13時24分

アイドルといえば10代20代の若い世代が中心とされてきたが、今はむしろ30代からが最もアツい!「万能細胞」の作製に成功し、一躍時の人となった研究ユニットのリーダー、小保方晴子(おぼかたはるこ)さんが今ネットで空前のブームとなり「カワイイ」「女子力高い」「リケジョカワイイ」などと人気沸騰中。多くのまとめサイトでも写真が掲載されており、「写真集がほしい」という [全文を読む]

小保方さんの博士号「学位を取り消す」早稲田大学が「猶予付き」の決定・配布資料(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月07日16時38分

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの研究ユニットリーダー小保方晴子さんの「博士論文」の不正疑惑について審査していた早稲田大学は10月7日、小保方さんの博士号について「学位を取り消す」と結論付けた。ただし、一定期間の猶予を設け、博士論文として適切なものに訂正された場合には、学位を維持するとした。今回の決定に関する記者会見の会場で、記者向けに配布された [全文を読む]

STAP細胞騒動、小保方晴子氏を負傷させたNHKの追及は終わらない!? 取材本出版を画策か

日刊サイゾー / 2014年08月17日12時00分

追跡取材で理化学研究所の小保方晴子氏に対し全治2週間のケガを負わせたとする『NHKスペシャル』の取材クルーが、ある出版関係者と接触。手に入れた取材内容の出版化を相談しているという。 NHKの籾井勝人会長も「手法が不適切だった」と認めた問題の番組は、『STAP細胞 不正の深層』として、小保方氏と、論文の共著者である笹井芳樹氏の研究について厳しく追及したもの。 [全文を読む]

「前世はガリレオ・ガリレイか!?」会見に先立ち、小保方晴子氏の守護霊が心中激白

日刊サイゾー / 2014年04月09日13時39分

STAP細胞論文の捏造疑惑をめぐり、9日13時より小保方晴子氏の記者会見が行われているが、会見場に現れた小保方氏は、今にも泣きださんがばかりの必死の表情で会見に臨んでいる。 理化学研究所が小保方氏の論文を捏造・改ざん認定し、完全に四面楚歌状態だが、そんな彼女に思わぬ強力サポーターがついた。“守護霊インタビュー”シリーズでおなじみ、幸福の科学・大川隆法氏だ。 [全文を読む]

STAP論文捏造疑惑、小保方氏批判どう思う?「個人に責任押し付け」と理研への批判も

Business Journal / 2014年04月08日21時00分

この調査結果を受け、理化学研究所の研究ユニットリーダー・小保方晴子氏は、すでに不正な記述や画像については訂正済みだとし、不服申し立てをする構えをみせ、小保方氏の弁護士も「悪意を持ってやったのではなく、動機もない。調査委員会の決めつけは学者生命を奪う厳しさで、人権侵害だ」と主張している。 一連の騒動では、論文発表当初は「リケジョの星」と脚光を浴びた小保方氏に [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説『2016年honto 2月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2016年03月04日11時51分

■honto総合ランキング1位: 天才 /石原 慎太郎 /幻冬舎2位: 七つの会議 (集英社文庫) /池井戸 潤 /集英社3位: アドラー『人生の意味の心理学』 決めるのは、あなたです (NHKテレビテキスト 100分de名著) /岸見 一郎 /NHK出版4位: おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本 /カール=ヨハン・エリーン /飛鳥新社5位: あの日 [全文を読む]

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】小保方晴子手記出版の本音

デイリーニュースオンライン / 2016年03月02日18時35分

2本目の今回は、STAP細胞絡みで時の人なった小保方晴子氏の手記出版に関してだ。 ■行間から伝わる都合の悪さが話題に 中川淳一郎(以下、中川) 小保方さんの手記も話題になりましたね。 山本一郎(以下、山本) でたねー、おぼちゃんねー。本当ありがとうって感じですよ。なんかね、心が洗われる気分になりましたね。話題になった人の書く手記とか本って退屈なこと多いじゃ [全文を読む]

抑えきれない“嫉妬” ―その感情を処理する7つの方法

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月21日09時00分

先日、小保方晴子氏の博士号が取り消された。早稲田大学は研究指導、学位審査過程に欠陥があったことを認め、異例ながら1年間の猶予期間を設けたものの、十分に修正された博士論文が提出されなかったという。理化学研究所の優秀な研究者がバックアップし、世界の中でも権威のある科学雑誌『ネイチャー』に論文が掲載されたSTAP細胞。なぜ、そのずさんな研究の実態に周囲は気づかな [全文を読む]

欠格のトップ・野依理研理事長、責任取らぬまま辞任 怠慢でSTAP問題の傷広げる

Business Journal / 2015年03月11日06時00分

論文に対する外部からの疑惑の指摘、論文の撤回、小保方晴子氏の釈明会見、笹井芳樹・元理化学研究所CDB副センター長の自殺、調査委員会の設置や報告会、小保方氏の退職など、この事件をめぐる約15カ月の間には、国民の耳目を集める節目となる事象がいくつもあった。しかし、その時々に組織の最高責任者である野依氏が自らメディアの前に出て見解を述べたり反論したりするようなこ [全文を読む]


日本テレビ内定取り消しアナがAV化!? STAP細胞、集団的自衛権……珍妙なるパロディAVの世界

日刊サイゾー / 2015年01月03日12時00分

今年、話題となった便乗AVは、小保方晴子氏のSTAP細胞問題を受けて8月に発売された『リケジョの美人リーダーが開発した新薬は、超絶媚薬だった!?』(DIY)もそのひとつ。ただ、内容は研究所が媚薬を発明した女性が淫らな女に変身するという、STAP細胞とはまるで合致しないものだ。AVライターの二郎氏によると「リケジョのキーワードがもっとブレイクしていれば、さ [全文を読む]

“時事おやじ”しりあがり寿がこの一年を振り返ってしみじみ…「来年は野党の皆さんをもっと描けるよう存在感がないとダメ」

週プレNEWS / 2014年12月27日06時00分

2014年春の叙勲で紫綬褒章を受章した ■週刊プレイボーイ1・2号(12月25日発売)では「時事おやじ」の拡大版で、しりあがり寿氏が描いた4コマをセレクトし再掲載、1年のニュースを振り返る! [全文を読む]

北川景子、柴咲コウ、竹野内豊、ダルビッシュ有…大物カップルの熱愛報道が年末に増えるワケ

アサ芸プラス / 2014年12月02日09時59分

この時期にナゼなのか? 芸能レポーターの井上公造氏が「スッキリ?」(日テレ系)で明かしたところによると、今年は佐村河内守氏、小保方晴子氏、野々村号泣議員など、いわゆる“素人”の当たり年で、大物芸能人の話題と言えば、ASKAの覚せい剤取締法違反での逮捕ぐらいだった。そこで危機感を感じたスポーツ紙各社の芸能記者が、温めていたネタの裏取りを急ぎ、現在のスクープ [全文を読む]

早慶W合格者の8割が慶応へ 「早稲田は滑り止め」と高3男子

NEWSポストセブン / 2014年11月02日07時00分

極めつきは、小保方晴子氏の早稲田大学博士論文不正問題だ。早稲田大学は7月17日、博士論文に不正の見つかった小保方氏の学位を取り消さない決定をしたが、10月7日に一転して学位取り消しを発表。ただし約1年の間に論文内容を訂正・再提出すれば学位を維持する猶予措置を設ける“大甘裁定”が批判されている。 この問題を巡るドタバタは、早稲田の学位の信用問題にまで発展し [全文を読む]

小保方さんは「シュレーディンガーの猫」状態?早大理工卒弁護士が「猶予処分」を分析

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月09日18時11分

理化学研究所の研究ユニットリーダー・小保方晴子さんの博士論文をめぐり、早稲田大学は10月7日、「猶予付き」で「博士学位を取り消す」という複雑な決定を下した。早大は、小保方さんが「不正の方法」で学位を授与されたと認定。その一方で、審査の過程にも欠陥があったとして、これから約1年の間に小保方さんが再教育を受け、博士論文を適切な形にした場合には、「学位を取り消さ [全文を読む]

佐村河内、片山祐輔、慰安婦騒動…騙す行為は、生物があらかじめ持っている機能?

Business Journal / 2014年10月07日20時00分

作曲家・佐村河内守氏、STAP細胞・小保方晴子氏、号泣県議・野々村竜太郎氏、遠隔操作事件の片山祐輔被告、さらには朝日新聞が記事を撤回した「慰安婦強制連行捏造」の張本人・吉田清治……今年一年は「詐」に満ちていたといって良いだろう。これだけ注意喚起がなされているにもかかわらず、毎日のように「振り込め詐欺」の逮捕、被害も伝えられてもいる。 人が人を「騙す」――多 [全文を読む]

<速報>小保方さんの博士号「学位を取り消す」 早稲田大学が「猶予付き」の決定

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月07日15時45分

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの研究ユニットリーダー・小保方晴子さんの博士論文について調べていた早稲田大学は10月7日、小保方さんの博士号について「学位を取り消す」と決定した。 ただし、論文の指導・審査過程に重大な不備があったとして、おおむね1年程度の「猶予期間」を設けた。小保方さんは、再指導・再教育を受けて、論文を訂正する機会を与えられ、それ [全文を読む]

精神科医Dr.林のimpress QuickBooks第二弾! 『虚言癖、嘘つきは病気か』世間を騒がせたあの人も

PR TIMES / 2014年09月01日16時19分

・どれが本当か嘘か自分でも分からない、など4章 虚言者?たち(Case42~44)・南アフリカの手話通訳者・金メダリストA氏の性犯罪・小保方晴子[全文を読む]

笹井氏自殺、世界も衝撃 一連のSTAP論文騒動、日本の科学界への信頼失墜と海外報じる

NewSphere / 2014年08月06日11時40分

笹井氏は、掲載誌『ネイチャー』から取り下げられたSTAP細胞論文の共著者で、小保方晴子氏の実験を基に、執筆を指導していた。 【事件の概要】 幹細胞研究、特にES細胞研究に関しては、笹井氏は世界のトップレベルの研究者であり、2012年にはマウスの細胞から目の網膜を生成するなど、再生医療に多大な貢献もあった。 理研理事長の野依氏は「世界の科学界にとってかけが [全文を読む]

STAP細胞、笹井芳樹氏の自殺 ― 囁かれる原因の1つにNHK?

tocana / 2014年08月06日08時30分

笹井氏は、カバンに3通の遺書を遺していたとされ、1通はSTAP論文筆頭著者の小保方晴子・研究ユニットリーダー(31)宛てだったそうだ。 これについて、海外大手メディア各紙も大々的に報じており、「(笹井氏は)論文の不正に対して『深く恥じて』いた」「論文が撤回されることは日本の科学研究の恥でもあった」「(笹井氏は)幹細胞分野でトップの科学者、多数のインパクト [全文を読む]

フォーカス