小保方晴子のニュース

30代リケジョ小保方晴子さんがネットで人気沸騰!「写真集」ほしいとの声も

秒刊SUNDAY / 2014年01月31日13時24分

アイドルといえば10代20代の若い世代が中心とされてきたが、今はむしろ30代からが最もアツい!「万能細胞」の作製に成功し、一躍時の人となった研究ユニットのリーダー、小保方晴子(おぼかたはるこ)さんが今ネットで空前のブームとなり「カワイイ」「女子力高い」「リケジョカワイイ」などと人気沸騰中。多くのまとめサイトでも写真が掲載されており、「写真集がほしい」という [全文を読む]

【小保方さん騒動】マスコミの「女性」利用がひと目でわかる、ねつ造疑惑前後の各社の見出しまとめ

ウートピ / 2014年03月21日10時00分

筆頭著者である理化学研究所(理研)の小保方晴子さんへのマスコミ報道がひどいと話題だ。論文発表時は研究者が「女性」であることを強調して持ち上げる記事が乱立したが、ひとたびねつ造疑惑が浮上すると、まるで手のひらを返したようにその女性性を攻撃する論調が目立つ。新聞や週刊誌の見出しから、その報道姿勢をまとめてみた。 STAP細胞論文発表時の見出しは、「おしゃれ」「 [全文を読む]

瀬戸内寂聴が小保方晴子氏に熱烈エール!「必ずあなたはよみがえります」

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

瀬戸内寂聴氏(93)が、今月12日発売の「婦人公論」(中央公論新社)に掲載された連載エッセイ「わくわく日より」で、一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏にエールを送っている。 寂聴氏は作家でありながら得度し、大僧正の僧位を持つ。1958年に自身の体験に似せた主人公の奔放な生き方を小説『花芯』で描き、当時の風潮 [全文を読む]

同世代の著者が克明に描く、世代論の最終形!『1982 名前のない世代』4/20発売

PR TIMES / 2016年04月14日12時12分

『絶歌』(元少年A)や『あの日』(小保方晴子)で再び注目を集める彼らに、時代が名前を付け損なったのはなぜなのか――― 株式会社宝島社は、本格評論本『1982 名前のない世代』を2016年4月20日(水)に発売します。 [画像: http://prtimes.jp/i/5069/360/resize/d5069-360-416864-1.jpg ] 本書は、 [全文を読む]

あの佐村河内守氏の映画『FAKE』が傑作!? 小保方晴子氏と揃って「過去」を自ら蒸し返す無意味さ

Business Journal / 2016年04月04日21時00分

それにしても、同時期にSTAP細胞の「コピペ論文」で騒ぎになった元理化学研究所の小保方晴子氏も、最近になって『あの日』(講談社)という手記を発表したかと思えば、自身のホームページを立ち上げたりと、過去を自ら蒸し返す行動が目につく。やはり相当自身の言い分に確信があり、世間の認識を正したいと考えているのかどうなのか。 見方によっては小保方氏も佐村河内氏も過去 [全文を読む]

本物?「STAP」のWebサイトが登場―小保方晴子氏を名乗り

インターネットコム / 2016年03月31日16時45分

小保方晴子氏を名乗り、STAP細胞についての情報を提供するとしている。 小保方氏を名乗る制作者は、「Greetings(拝啓)」としてこのサイトを立ち上げた主旨を説明している。2014年に科学誌「Nature」に載った論文について強い責任感を覚えているとし、また自らのミスについて恥じているとも述べている。 一方でSTAP細胞については生成可能だとする考えを [全文を読む]

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明

Business Journal / 2016年03月19日06時00分

小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。 それは、米テキサス大学医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らが、負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集 [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年2月7日~2016年2月13日)

PR TIMES / 2016年02月16日09時23分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/129/resize/d11577-129-576160-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『姉と弟(文春文庫)』佐伯 泰英 文藝春秋(http://honto.jp/netstore/pd-book_2761 [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年1月24日~2016年1月30日)

PR TIMES / 2016年02月02日09時11分

~話題の小保方晴子氏の『あの日』が、総合ストアランキング第1位!~株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型書店サービス「honto(http://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2016年1月24日~2016年1月30日)を本日発表いたしました。[画像: http://prtimes.jp/i/11577/126/ [全文を読む]

大手版元と極秘交渉!小保方晴子さんがつきつけた写真集出版の「条件」

アサ芸プラス / 2015年04月10日09時58分

STAP細胞論文の不正問題で、昨年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子さん。理化学研究所は刑事告訴の見送りを発表したことで、騒動は一応の決着を見せた。しかし、気になるのは小保方さんの近況だ。「騒動発覚後は神戸市内のホテルに身を潜めていましたが、今ではそのホテルを出て、知人宅にいるそうです。といっても収入はゼロのままで、貯金を切り崩す生活には変わりない。 [全文を読む]

小保方晴子研究員が「退職願」を提出「疲れ切り、大変困惑している」

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月19日11時36分

STAP細胞の検証実験で存在が確認できなかったことを受け、理化学研究所は12月19日、小保方晴子研究員から12月21日付の退職願が提出されたことを発表した。理研は退職願を受理したという。小保方研究員の「与えられた環境の中で魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果にとどまってしまったことに大変困惑しています」とするコメントを発表した。 退職願を [全文を読む]

ネットユーザーが選ぶ2014年の「ワースト謝罪会見」、 1位は「理研・小保方晴子氏」

PR TIMES / 2014年12月04日15時22分

広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(宣伝会議刊)が調査3トップは小保方晴子・佐村河内守・野々村竜太郎企業部門はマクドナルド・ベネッセ・朝日新聞が上位に広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(株式会社宣伝会議発行、月刊)は11月、2014年に発生した企業や個人の不祥事や謝罪会見に関し、全国の男女500人(20~80代)を対象に「印象に残った出来事」「ニュ [全文を読む]

小保方さんの博士号「学位を取り消す」早稲田大学が「猶予付き」の決定・配布資料(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月07日16時38分

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの研究ユニットリーダー小保方晴子さんの「博士論文」の不正疑惑について審査していた早稲田大学は10月7日、小保方さんの博士号について「学位を取り消す」と結論付けた。ただし、一定期間の猶予を設け、博士論文として適切なものに訂正された場合には、学位を維持するとした。今回の決定に関する記者会見の会場で、記者向けに配布された [全文を読む]

STAP細胞騒動、小保方晴子氏を負傷させたNHKの追及は終わらない!? 取材本出版を画策か

日刊サイゾー / 2014年08月17日12時00分

追跡取材で理化学研究所の小保方晴子氏に対し全治2週間のケガを負わせたとする『NHKスペシャル』の取材クルーが、ある出版関係者と接触。手に入れた取材内容の出版化を相談しているという。 NHKの籾井勝人会長も「手法が不適切だった」と認めた問題の番組は、『STAP細胞 不正の深層』として、小保方氏と、論文の共著者である笹井芳樹氏の研究について厳しく追及したもの。 [全文を読む]

「将来は文化人タレントに!?」小保方晴子さんに群がる人々……会見“ドタバタ”舞台裏を追う

日刊サイゾー / 2014年04月11日16時00分

STAP細胞の論文をめぐり、渦中の人となった理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが9日、大阪市内のホテルで会見に臨み、あらためて故意による論文改ざんを否定。「研究者として、STAP細胞の再現実験に今後も関わっていきたい」と、涙ながらに訴えた。会見場には、500名近い報道陣が殺到。その“ドタバタ劇”をお届けする。 午前8時。開場まで4時間以上あるにもかか [全文を読む]

「前世はガリレオ・ガリレイか!?」会見に先立ち、小保方晴子氏の守護霊が心中激白

日刊サイゾー / 2014年04月09日13時39分

STAP細胞論文の捏造疑惑をめぐり、9日13時より小保方晴子氏の記者会見が行われているが、会見場に現れた小保方氏は、今にも泣きださんがばかりの必死の表情で会見に臨んでいる。 理化学研究所が小保方氏の論文を捏造・改ざん認定し、完全に四面楚歌状態だが、そんな彼女に思わぬ強力サポーターがついた。“守護霊インタビュー”シリーズでおなじみ、幸福の科学・大川隆法氏だ。 [全文を読む]

STAP論文捏造疑惑、小保方氏批判どう思う?「個人に責任押し付け」と理研への批判も

Business Journal / 2014年04月08日21時00分

この調査結果を受け、理化学研究所の研究ユニットリーダー・小保方晴子氏は、すでに不正な記述や画像については訂正済みだとし、不服申し立てをする構えをみせ、小保方氏の弁護士も「悪意を持ってやったのではなく、動機もない。調査委員会の決めつけは学者生命を奪う厳しさで、人権侵害だ」と主張している。 一連の騒動では、論文発表当初は「リケジョの星」と脚光を浴びた小保方氏に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『森のくまさん』替え歌問題 鈴木奈々と三木秀夫弁護士に注目集まる

TechinsightJapan / 2017年01月19日10時56分

また2014年のSTAP細胞の論文問題では、小保方晴子氏の代理人を務めるなど敏腕弁護士として知られる人物である。そのためネット上では「森のくまさんトラブル、一番のポイントは訳詞者でもなくパーマ大佐でもなく、訳詞者の代理人関西法曹界の大物」「これは手強いぞw パーマ大佐、お逃げなさい」といった声があがっている。 さらにパーマ大佐による『森のくまさん』のMVに [全文を読む]

プロレス小説を最後に引退した作家・樋口毅宏 「オカダ・カズチカがいなかったらこの本は書いてなかった」

週プレNEWS / 2016年11月04日11時00分

瀬戸内寂聴さんは、小保方晴子さんや乙武洋匡さんに「小説を書きなさい」と勧めてましたが、猪木もいろんな人をリングに上げて再生させてきましたからね。 そんなプロレスという、そもそも現実離れした世界を小説にすることに難しさはなかったんですか? 樋口 それはありますよね。どうやっても超えられないジャンルではあるけど、ミッキー・ローク主演の映画『レスラー』ってあるじ [全文を読む]

岡田有希子はなぜ飛び降りた? 不可侵の“タブー”へ切り込む『闇に葬られた「怪死」の真相』

日刊サイゾー / 2016年08月01日18時00分

14年、小保方晴子氏の一連のSTAP細胞騒動では、小保方氏の師であった笹井芳樹氏の自殺に大きな衝撃が走った。小保方氏との怪しすぎる“師弟愛”を大々的にバッシングされるなど、執拗なマスコミの煽りに心が折れた結果、自殺したとされているこの事件。本書によれば笹井氏を追い込んだ黒幕は、理研そのものであるとされる。 では、どうして理研が笹井氏を殺したといえるのか? [全文を読む]

フォーカス