原田泳幸のニュース

ソニー、役員人事のお知らせ

JCN Newswire / 2017年06月15日15時30分

Source: SonyCopyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. [全文を読む]

ソニー、役員人事のお知らせ

JCN Newswire / 2015年06月23日18時06分

Source: SonyCopyright 2015 JCN Newswire. All rights reserved. [全文を読む]

プロ経営者の魚谷雅彦・資生堂社長 マック原田氏との共通点

NEWSポストセブン / 2014年05月04日07時00分

そしてプロ経営者の代表格ともいわれてきた日本マクドナルドの元社長、原田泳幸氏(65)との共通点はあるのか。経済誌『月刊BOSS』編集委員の河野圭祐氏が比較する。 * * * よく聞く “プロ経営者”の定義は、雇われのサラリーマン社長で結果を出し続けるトップと言えるかもしれない。その多くは、外資系のようなドライで成果主義をモットーにする企業で鍛えられた経営者 [全文を読む]

ベネッセ新社長の原田泳幸氏を「天才には程遠い」と大前氏

NEWSポストセブン / 2014年04月25日16時00分

多くは新社長に期待するという論調だが、ベネッセホールディングスの代表取締役会長兼社長に就任した原田泳幸氏など、異業種、他社から抜擢された新リーダーは、本当に手放しで持てはやすべき人事なのかと大前氏が疑問を投げ掛けている。 * * * ベネッセホールディングス、武田薬品工業、ローソンなど日本企業の社長交代がマスコミで話題になっている。その多くは、業界や企業を [全文を読む]

ポール与那嶺 × 原田泳幸 特別対談『成長へのリーダーシップとは?』

PR TIMES / 2017年07月03日13時02分

長年グローバルIT企業のトップを務めてきた二人― ポール与那嶺氏と原田泳幸氏は、いま何を考え、これからどう行動しようとしているか。対談を通じて語り合いました。※本記事は、2017年5月にGCAの会員制クラブセミナーにて行われたセミナー内容を再構成しています[画像1: https://prtimes.jp/i/18431/10/resize/d18431-1 [全文を読む]

経営学書のベストセラー「ストーリーとしての競争戦略」著者・一橋大学大学院 楠木 建教授による特別無料講座「経営者たちのストーリー」全3回シリーズ

PR TIMES / 2015年08月18日12時02分

第1章 Introduction 経歴 第2章 Philosophy 経営哲学 第3章 Turning Point ターニングポイント 第4章 Personality プライベート 第5章 Next Move 今後について■講座特設ページ: https://www.udemy.com/collection/jp-sp [全文を読む]

日本サッカー界をけん引してきた現FC今治オーナー岡田武史による動画講座「勝負する組織のチームビルディング」が、6月23日(火)よりオンライン教育プラットフォーム「Udemyユーデミー」で期間限定配信

PR TIMES / 2015年06月23日10時12分

●岡田武史の「勝負する組織のチームビルディング」動画講座概要[画像: http://prtimes.jp/i/120/474/resize/d120-474-665215-0.jpg ]■配信日:6月23日(火)■価格:10,000円(一部プレビューあり)■時間:約70分(1章10~15分×6章)■講座内容:第1章 ビジョンと目標設定 第2章 意識改革 第 [全文を読む]

ベネッセのプリペイドカード式オンライン学習プログラム「BenePa」のビューアにACCESSの「PUBLUS(R)Reader for Browser」が採用

PR TIMES / 2015年03月09日15時07分

-EPUB対応電子教材の普及拡大を支援-株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社のブラウザ版EPUB対応電子書籍ビューア「PUBLUS(R)(パブラス) Reader for Browser」が、ベネッセコーポレーション株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役会長兼社長:原田 泳幸、以下、ベネッセ) [全文を読む]

マックでは怪文書、ベネッセでは再就職斡旋パンフ…原田氏の破壊的切り捨て経営

Business Journal / 2015年01月25日06時00分

昨年6月にベネッセホールディングス(HD)会長兼社長に就任した原田泳幸氏が打ち出した構造改革は、ダイレクトメール(DM)に頼らない新しいマーケティング戦略と新規事業の展開だ。700人の配置転換で新規事業に大量の人材を投入する一方、300人の希望退職で社員数を適正化し、販売管理費の削減、高コスト構造の刷新を図り、業績をV字回復させるというシナリオだ。ベネッセ [全文を読む]

ペヤング騒動の広報対応は「空気」を読めていなかった? 広報コンサル社長に聞く

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月12日13時33分

ベネッセの個人情報流出問題でも、問題を公表した当初に原田泳幸・会長兼社長が『(情報を流出させたのは)当社グループ社員ではない』と発言したり、個人情報を入手したジャストシステムを批判したりしていました。加害者と思われているなかで、このようなコメントをすることは、『逃げているんじゃないか』『自分のことを被害者と思っている』とみられてしまいます」——ただ、今回の [全文を読む]

フォーカス