原田泳幸のニュース

ソニー、役員人事のお知らせ

JCN Newswire / 2017年06月15日15時30分

Source: SonyCopyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. [全文を読む]

ソニー、役員人事のお知らせ

JCN Newswire / 2015年06月23日18時06分

Source: SonyCopyright 2015 JCN Newswire. All rights reserved. [全文を読む]

プロ経営者の魚谷雅彦・資生堂社長 マック原田氏との共通点

NEWSポストセブン / 2014年05月04日07時00分

そしてプロ経営者の代表格ともいわれてきた日本マクドナルドの元社長、原田泳幸氏(65)との共通点はあるのか。経済誌『月刊BOSS』編集委員の河野圭祐氏が比較する。 * * * よく聞く “プロ経営者”の定義は、雇われのサラリーマン社長で結果を出し続けるトップと言えるかもしれない。その多くは、外資系のようなドライで成果主義をモットーにする企業で鍛えられた経営者 [全文を読む]

ベネッセ新社長の原田泳幸氏を「天才には程遠い」と大前氏

NEWSポストセブン / 2014年04月25日16時00分

多くは新社長に期待するという論調だが、ベネッセホールディングスの代表取締役会長兼社長に就任した原田泳幸氏など、異業種、他社から抜擢された新リーダーは、本当に手放しで持てはやすべき人事なのかと大前氏が疑問を投げ掛けている。 * * * ベネッセホールディングス、武田薬品工業、ローソンなど日本企業の社長交代がマスコミで話題になっている。その多くは、業界や企業を [全文を読む]

糖尿病を克服!――金持ちの健康法に驚愕

HARBOR BUSINESS Online / 2017年07月28日08時45分

最近ではUSEN取締役会長の宇野康秀氏、ベネッセホールディングス会長兼社長の原田泳幸氏など超一流経営者や富裕層が多く参加していることでも注目を集めている。 「特に自転車(バイク)はシューズ、ヘルメットなど道具を揃えるのにお金がかかりますね。高い人だと1台200万円もする自転車を買ったりしている。僕も70万円ぐらいツッコミましたが、まだまだ大したことないです [全文を読む]

ポール与那嶺 × 原田泳幸 特別対談『成長へのリーダーシップとは?』

PR TIMES / 2017年07月03日13時02分

長年グローバルIT企業のトップを務めてきた二人― ポール与那嶺氏と原田泳幸氏は、いま何を考え、これからどう行動しようとしているか。対談を通じて語り合いました。※本記事は、2017年5月にGCAの会員制クラブセミナーにて行われたセミナー内容を再構成しています[画像1: https://prtimes.jp/i/18431/10/resize/d18431-1 [全文を読む]

経営学書のベストセラー「ストーリーとしての競争戦略」著者・一橋大学大学院 楠木 建教授による特別無料講座「経営者たちのストーリー」全3回シリーズ

PR TIMES / 2015年08月18日12時02分

第1章 Introduction 経歴 第2章 Philosophy 経営哲学 第3章 Turning Point ターニングポイント 第4章 Personality プライベート 第5章 Next Move 今後について■講座特設ページ: https://www.udemy.com/collection/jp-sp [全文を読む]

日本サッカー界をけん引してきた現FC今治オーナー岡田武史による動画講座「勝負する組織のチームビルディング」が、6月23日(火)よりオンライン教育プラットフォーム「Udemyユーデミー」で期間限定配信

PR TIMES / 2015年06月23日10時12分

●岡田武史の「勝負する組織のチームビルディング」動画講座概要[画像: http://prtimes.jp/i/120/474/resize/d120-474-665215-0.jpg ]■配信日:6月23日(火)■価格:10,000円(一部プレビューあり)■時間:約70分(1章10~15分×6章)■講座内容:第1章 ビジョンと目標設定 第2章 意識改革 第 [全文を読む]

ベネッセのプリペイドカード式オンライン学習プログラム「BenePa」のビューアにACCESSの「PUBLUS(R)Reader for Browser」が採用

PR TIMES / 2015年03月09日15時07分

-EPUB対応電子教材の普及拡大を支援-株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社のブラウザ版EPUB対応電子書籍ビューア「PUBLUS(R)(パブラス) Reader for Browser」が、ベネッセコーポレーション株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役会長兼社長:原田 泳幸、以下、ベネッセ) [全文を読む]

マックでは怪文書、ベネッセでは再就職斡旋パンフ…原田氏の破壊的切り捨て経営

Business Journal / 2015年01月25日06時00分

昨年6月にベネッセホールディングス(HD)会長兼社長に就任した原田泳幸氏が打ち出した構造改革は、ダイレクトメール(DM)に頼らない新しいマーケティング戦略と新規事業の展開だ。700人の配置転換で新規事業に大量の人材を投入する一方、300人の希望退職で社員数を適正化し、販売管理費の削減、高コスト構造の刷新を図り、業績をV字回復させるというシナリオだ。ベネッセ [全文を読む]

ペヤング騒動の広報対応は「空気」を読めていなかった? 広報コンサル社長に聞く

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月12日13時33分

ベネッセの個人情報流出問題でも、問題を公表した当初に原田泳幸・会長兼社長が『(情報を流出させたのは)当社グループ社員ではない』と発言したり、個人情報を入手したジャストシステムを批判したりしていました。加害者と思われているなかで、このようなコメントをすることは、『逃げているんじゃないか』『自分のことを被害者と思っている』とみられてしまいます」——ただ、今回の [全文を読む]

マック、客離れ&業績悪化招いた内部要因 本部と現場の意思不通、打開策が軒並み裏目

Business Journal / 2014年10月23日01時00分

カサノバ氏は今年3月、前任の原田泳幸氏から社長ポストを引き継ぎ、すでに既存店売上高減が続く逆風の中、女性・家族客向け商品開発や宅配サービス拡充などに取り組んだが、既存店売上高減を止めることができなかった。 カサノバ氏は業績悪化要因について記者会見で、次のように釈明した。「当社は100円のコーヒー提案や24時間営業などを先駆けた業界のリーダーだった。ただ、 [全文を読む]

“お殿様統治”ベネッセ、米国流の原田新社長で再建なるか?日米企業元社長が体験的分析

Business Journal / 2014年09月02日13時00分

アップルコンピュータ(現アップルジャパン)社長や日本マクドナルドホールディングス(HD)会長(現職)を歴任した原田泳幸氏が6月、ベネッセホールディングス会長兼社長へ就任し話題を呼びました。 原田氏はベネッセに着任した直後の7月、会員の個人情報大量流出事件発覚という経営危機に直面し、さっそく「修羅場くぐり」が原田氏に襲いかかりました。 その原田氏ですが、マク [全文を読む]

ベネッセ流出事件、原田社長の経営改革に追い風?高まる求心力、躊躇なく組織に大なた

Business Journal / 2014年08月06日01時00分

記憶に新しいのが、元アップルコンピュータ(現アップルジャパン)社長や日本マクドナルドホールディングス(HD)会長(現職)を歴任し、6月にベネッセホールディングス会長兼社長へ就任した原田泳幸氏の例です。 原田氏はベネッセに着任した直後の7月、会員の個人情報大量流出事件発覚という経営危機に直面。若手経営者なら買ってでもするべき「修羅場くぐり」が原田氏に襲いかか [全文を読む]

ベネッセ流出事件 1人1万円補償なら6年分の利益消える計算

NEWSポストセブン / 2014年07月25日16時00分

同社の原田泳幸・会長兼社長は「200億円の原資を用意している」とした上で、補償額について「過去の事例では、1人あたり500円の金券」と答えた。 しかしこれは、あくまでも企業が自主的に決めた補償額に過ぎず、判例と照らせば十分とはいえない。京都府宇治市の住民情報流出で、2002年に最高裁が下した慰謝料額は1件1万円だった。2004年のソフトバンクBBの情報流出 [全文を読む]

マック、トップ交代で復活なるか?新施策連発するも、止まらない客数減と競合の台頭

Business Journal / 2014年02月21日01時00分

日本マクドナルドホールディングス(HD)は、中核事業会社・日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長兼CEOを社長兼最高経営責任者に就け、現会長兼社長兼CEOの原田泳幸氏は取締役会長にとどまるものの、在任10年で実質的に経営の第一線から退く人事を固めた。3月25日に開催される株主総会とその後の取締役会で正式に決定する。カサノバ氏はマレーシア・シンガポール担当の責 [全文を読む]

マック、復活の切り札・宅配市場開拓は至難の業?他業種とも競合で激戦、顧客の攻略…

Business Journal / 2014年02月01日01時00分

業績不振が長引く日本マクドナルドで、原田泳幸氏からバトンを受け取った新CEOのサラ・カサノバ氏は、2期連続で前年割れが続く既存店売上高を、2014年12月期にはプラスに転じさせるという固い決意を述べました。 その切り札として力を入れるのが宅配事業。現在マクドナルドは1500円以上の注文であれば、宅配料300円で自宅まで届けるサービス「マックデリバリー」を [全文を読む]

マクドナルド、PC開くと追い出され、狭くて硬い椅子…効率優先が招いた客離れと質低下

Business Journal / 2014年01月31日01時00分

同記事は「8月に事業会社のトップが原田泳幸氏からサラ・カサノバ氏に替わり、新たな取り組みを進めてきたが、目に見える効果が表われるには、まだ時間がかかりそうだ」として、「新社長の下で、マクドナルドはどう進化していくのか。その一端は、12月25日に予定されている新年度のメニュー発表で明らかになるかもしれない」とまとめている。 その25日、マクドナルドは1月7 [全文を読む]

マック業績回復占う100円“焼き”バーガー、1000円バーガーより美味しい?

Business Journal / 2013年10月04日12時00分

5月には前任の原田泳幸氏(現会長)が、既存店の売上増を狙い、5年ぶりとなる大幅な価格改定を実施。定番メニューのハンバーガーを100円から120円に値上げする一方、ドリンクなど低価格メニューを拡充した。 7月にはマクドナルド初となる1日限定の高級ハンバーガー「クォーターパウンダージュエリー」3種類を3週連続で発売し、その1個1000円という価格も手伝い話題 [全文を読む]

マック苦境見たファストフード業界 脱バーガー路線にシフト

NEWSポストセブン / 2013年06月04日07時00分

「社長(日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸氏)は3.11後の消費行動の変化を挙げていますが、100円マックの価格インパクトはそれ以前になくなっていましたし、『ビッグアメリカ』など期間限定の高価格バーガーも商品企画やマーケティング面でうまく消費者にアピールできなかった」 そもそも既存メニューのハンバーガー類を値下げして、サイドメニューのポテトやジュー [全文を読む]

フォーカス