穂村弘のニュース

小泉今日子に講談社エッセイ賞、穂村弘さんとともに受賞

スポニチアネックス / 2017年07月21日07時03分

第33回講談社エッセイ賞は20日、小泉今日子(51)の「黄色いマンション 黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)と穂村弘さんの「鳥肌が」(PHP研究所)の2作品に決まった。 第39回講談社ノンフィクション賞は、梯久美子さんの「狂うひと」(新潮社)と中村計さんの「勝ち過ぎた監督」(集英社)に。第33回講談社科学出版賞は中川毅さんの「人類と気候の10万年史」(講 [全文を読む]

小泉今日子「黄色いマンション 黒い猫」で講談社エッセイ賞

スポーツ報知 / 2017年07月21日07時00分

第33回講談社エッセイ賞は20日、女優・小泉今日子(51)の「黄色いマンション 黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)と、歌人・穂村弘さん(55)の「鳥肌が」(PHP研究所)の2作品に決まった。 「黄色い―」は、小泉が82年のデビュー当時に住んでいたことがある原宿の街を歩きながら、半生を回想する34編の自伝的エッセー集。賞金は各100万円。贈呈式は9月14日 [全文を読む]

講談社エッセイ賞に小泉今日子さんと穂村弘さん

読売新聞 / 2017年07月20日20時35分

第33回講談社エッセイ賞は20日、小泉今日子さん(51)の「黄色いマンション 黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)、穂村弘さん(55)の「鳥肌が」(PHP研究所)に決まった。 また、第39回講談社ノンフィクション賞には梯(かけはし)久美子さん(55)の「狂うひと」(新潮社)、中村計さん(43)の「勝ち過ぎた監督」(集英社)、また、第33回講談社科学出版賞に [全文を読む]

話題の藤田貴大さん「昔から、観察の対象が女子だった」

ananweb / 2017年06月28日12時30分

「そういう意味で言えば、穂村弘さんの本は、読むと無条件に泣いてしまいます」。いっぽうの映画は『トレインスポッティング』。「内容はそれほど好きなわけではないけれど、あのテンポにすごく刺激を受けて、こういうものを演劇でできたらと思った」作品なのだとか。 また、ananでの連載当時についての質問もちらほら。「当時は、どうやって書いていたんですか?」との問いに対し [全文を読む]

『花椿』11月号はロカボな美食特集 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中

PR TIMES / 2015年10月05日11時30分

つづく歌人・穂村弘の対談連載「Talk」のゲストはフードスタイリストの飯島奈美。人気フードスタイリストの仕事の流儀に迫ります。短編連載「Story」は作家、三山桂依が書きおろす「男の子と女の子は何で出来ているの」。ミヤマケイの奇妙な挿絵が物語を盛り上げます。ほか、美術家・森村泰昌の「美の毒な人々」やイラストレーター・浅生ハルミンによる「きれいの顕微鏡」な [全文を読む]

いくえみ綾 公式ファンブック第2弾3月25日(水)発売!まるっと「いくえみ男子」!『いくえみ男子スタイルBOOK love with you』

DreamNews / 2015年03月18日13時00分

さらにいくえみ先生が敬愛する歌人・穂村弘氏の解説寄稿も掲載されます。好きなタイプから読むもよし、頭からたっぷりひたるもよし…端から端までいくえみ男子を堪能できる“ゼイタク”な一冊を、ぜひご賞味ください。いくえみ綾 公式ファンブック第2弾発売を記念して、 ツイッタープレゼントキャンペーンを3/18(水)~実施中! ★クイズに答えて、いくえみ綾 直筆サイン入り [全文を読む]

角田光代と穂村弘が本音を語り疑問を投げかけ合うエッセイ集

NEWSポストセブン / 2014年11月17日07時00分

【書籍紹介】『異性』角田光代・穂村弘/河出文庫/530円+税 女は男を理解できず、男もまた女の気持ちがわからない。それでもひかれあう男と女について、それぞれの立場で本音を語り、また疑問を投げかけ合ったエッセイ集。異性に「好き」といえるか? 別れた相手は不幸になってほしいか? など24テーマ。 ※週刊ポスト2014年11月28日号 [全文を読む]

『花椿』12月号は荒木経惟による愛のストーリー 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中

PR TIMES / 2014年11月05日18時14分

歌人・穂村弘の対談ゲストはエッセイストのメレ山メレ子。会社員でありながらブロガー、「昆虫大学」学長として活躍する彼女の魅力に迫ります。ほか、美術家・森村泰昌の「美の毒な人々」やイラストレーター・浅生ハルミンによる「美肌歳時記」などの人気連載もどうぞお見逃しなく。(文中敬称略)■本誌の主なコンテンツWords / 高橋順子 「見たことのない野原」Creati [全文を読む]

『花椿』8月号はブラジル・ファッション特集 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中

PR TIMES / 2014年07月17日14時17分

(文中敬称略)■本誌の主なコンテンツWords / 石田瑞穂 「Rose」Creation / WOMAN and MAN, FOREST and CITY, CHANGE and CONSTANCYStory / 星野智幸 「南部」Beauty&Fashion / SurpriseTalk / 穂村弘×大西麻貴(建築家)Science & Art / 光 [全文を読む]

『花椿』6月号特集は、大相撲の力士にフォーカス!『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中

PR TIMES / 2014年05月13日10時22分

好評連載・穂村弘の対談「Talk」のゲストは、絵描き兼歌人の陣崎草子。ほか、挑発的な女性像を提案するビューティー&ファッションや、神の領域に挑み続けたバレエダンサー、ニジンスキーを取り上げた連載・森村泰昌の『美の毒な人々』もどうぞお見逃しなく。(文中敬称略) ■本誌の主なコンテンツ Words /三角みづ紀「地上の告白」 Creation /「肌を鍛えよ」 [全文を読む]

フォーカス