小川諒也のニュース

鳥取vsF東23 試合記録

ゲキサカ / 2017年07月15日20時13分

【J3第17節】(とりスタ) 鳥取 0-6(前半0-1)F東23 [F]ユ・インス(28分)、山田将之(55分)、原大智2(81分、90分+5)、リッピ・ヴェローゾ(85分)、小川諒也(90分+2) [F]鈴木喜丈(49分)、リッピ・ヴェローゾ(84分) 観衆:1,875人 主審:上原直人 副審:谷本涼、西村幹也 [ガイナーレ鳥取] 先発 GK 33 杉本 [全文を読む]

広島vsFC東京 試合記録

ゲキサカ / 2017年06月28日20時57分

【ルヴァン杯プレーオフステージ第1戦】(Eスタ) 広島 0-1(前半0-1)FC東京 [F]阿部拓馬(45分) [F]森重真人(17分)、小川諒也(39分)、米本拓司(49分) 観衆:4,470人 主審:松尾一 副審:八木あかね、和角敏之 [サンフレッチェ広島] 先発 GK 34 中林洋次 DF 16 清水航平 DF 28 丸谷拓也 DF 15 稲垣祥 M [全文を読む]

清水vsFC東京 試合記録

ゲキサカ / 2017年05月31日21時09分

【ルヴァン杯グループA第7節】(アイスタ) 清水 2-1(前半1-1)FC東京 [清]北川航也(45分+1)、村松大輔(77分) [F]小川諒也(38分) [清]ミッチェル・デューク(49分)、松原后(85分) 観衆:4,633人 主審:ダニエル・ステファスキ 副審:マルチン・ボニエク、ダビッド・ゴリス [清水エスパルス] 先発 GK 21 高木和徹 DF [全文を読む]

櫛引、井手口、小川、高萩…ハリルが口にした未招集の代表候補

ゲキサカ / 2016年03月03日19時21分

「FC東京の19歳の左サイドバック」と、1日のビン・ズオン戦でプロデビューを果たしたDF小川諒也(FC東京)、「FCソウルの日本人選手も忘れてはいけない」と、MF高萩洋次郎(FCソウル)の名前も挙げた。 「高萩は守備でボールを奪うところ、組み立てのところでも存在感を発揮していた。彼のことはずっと追跡している。海外のフットボールを経験しているのは大きい」。今 [全文を読む]

[11月24日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2015年11月24日06時00分

DF小川諒也(F東京、1996)*スピードと左足キックの精度に定評のある左SB。 Others 大塚 明夫(声優、1959) 山本 太郎(俳優、1974) 池内 博之(俳優、1976) [全文を読む]

[MOM1404]流通経済大柏DF本村武揚(3年)_指揮官「エースみたいになれ」の檄に応えるDFリーダー

ゲキサカ / 2015年06月21日23時05分

そして(先輩DFの)小川諒也さんみたいに。身体能力プラス裏を読んでファウルなしでボール取ったりしたいですね」と理想像を語る注目DFが今年、名門を日本一へ導き、将来を切り拓く。 (取材・文 吉田太郎)▼関連リンク 【特設ページ】高校総体2015 [全文を読む]

FC東京が新背番号発表…前田遼一は20番、流経柏から入団DF小川は25番

ゲキサカ / 2015年01月17日13時06分

ルーキーでは流通経済大柏高から入団するDF小川諒也が25番、下部組織からトップチーム昇格するMF佐々木渉が24番となる。 ■選手背番号 1 GK 権田修一 2 DF 徳永悠平 3 DF 森重真人 4 MF 高橋秀人 5 DF 丸山祐市(←湘南) 6 DF 太田宏介 7 MF 米本拓司 8 MF 三田啓貴 9 FW 平山相太 10 MF 梶山陽平 13 G [全文を読む]

[選手権]PK戦の末に敗退、流経大柏DF廣瀧「今までの人生で一番濃い時間だった」

ゲキサカ / 2015年01月11日02時57分

最終ラインから見守っていた廣瀧が、「後半勝負と言われていて、相澤や福井が入ってから流れが少しずつ良くなった」と語ったように、攻撃にリズムが生まれ始め、後半27分にはDF小川諒也(3年)が鮮やかなループシュートを沈めて先制に成功した。 プラン通りの後半勝負で奪った1点。しかし、ここから歯車が狂い出す。「守備ブロックを築いて、前線に残っている選手の前のスペース [全文を読む]

[選手権]F東京入団内定・流経大柏DF小川、敗戦に肩落とすも「優勝する力はあった」

ゲキサカ / 2015年01月11日00時45分

試合後、流通経済大柏高DF小川諒也(3年)は「ベスト4まで来れたというのは、いい経験になった」と話しながらも、「監督を胴上げできないというのは残念」と肩を落とした。 0-0で迎えた後半27分、小川のゴールで先制に成功。MF相澤祥太(3年)が前線へ縦パスを送ると、DFと競りながら走りこんだ小川がGKの頭上を抜く左足ループシュートを決めた。このゴールを守りきり [全文を読む]

[DAYS×ゲキサカ連動企画vol.44]流通経済大柏MF渋谷峻二郎(3年)

ゲキサカ / 2015年01月10日21時57分

そして前半25分、MF小川諒也(3年)の左足FKがゴールを捉えると、GKが弾いたボールに誰よりも早く反応。「諒也なら絶対に枠に飛んでくると思っていた。運よく自分のところに来て、運良く取れたという感じです」とゴールへ押し込んで貴重な先制点を奪った。 キレのあるドリブルを武器とする渋谷は、プレミアリーグで先発出場も果たしていたドリブラーだが、なかなか結果を出す [全文を読む]

[選手権]後半45分の劇的同点弾、そしてPK戦勝利!前橋育英が5度目の挑戦で初の決勝進出!!

ゲキサカ / 2015年01月10日17時17分

後半27分にMF小川諒也(3年、F東京内定)のゴールで先制した流経大柏に対し、前橋育英は試合終了間際の後半45分にU-19日本代表MF鈴木徳真主将(3年)が同点ゴール。1-1で突入したPK戦を5-4で制した前橋育英が初の決勝進出を果たした。12日の決勝カードは前橋育英対星稜高(石川)に決定。どちらが勝っても初優勝となる。 ともに全国屈指の選手層の厚さを持つ [全文を読む]

[選手権]日大藤沢vs星稜、流経大柏vs前橋育英!10日に埼スタで4強激突!!

ゲキサカ / 2015年01月10日13時34分

F東京内定のMF小川諒也(3年)は前橋育英との準決勝へ向けて「(前橋育英は)攻守ともに強いし、パスワーク上手い。そのパスワークに対して自分たちのハイプレスがどこまで通用するか」。自分たちのサッカーをやり通して07年度以来7年ぶりの優勝に王手をかける。 [全文を読む]

[MOM1297]立正大淞南DF平田健人(3年)_打った本人も「パニック」の決勝ミドル

ゲキサカ / 2015年01月03日19時45分

今大会注目選手の一人であるDF小川諒也(3年=F東京内定)とのマッチアップに闘志を燃やしていた。 (取材・文 西山紘平)▼関連リンク 【特設】高校選手権2014 連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014 [全文を読む]

[選手権]F東京内定の流経柏DF小川、痛み止め服用し決勝アシスト

ゲキサカ / 2015年01月03日18時01分

流通経済大柏高のDF小川諒也(3年=F東京内定)は2回戦の矢板中央戦(1-1、PK5-3)で「最初の競り合いで伸びた感じだった」と腰を負傷。宿舎に戻ってから電気治療を受けるなど回復に努めたが、この日は大事を取ってベンチスタートとなった。 それでも痛み止めを服用し、後半開始から途中出場。3-5-2へのシステム変更に伴い、左サイドを一人でカバーした。守備時は最 [全文を読む]

[MOM1296]流通経済大柏FW高沢優也(3年)_大迫でイメトレの9番が決勝ヘッド

ゲキサカ / 2015年01月03日17時58分

流通経済大柏高(千葉)は後半36分、DF小川諒也(3年=F東京内定)の右CKにFW高沢優也(3年)が合わせる決勝点。作陽との1回戦(3-3、PK8-7)以来、2試合ぶり大会2ゴール目となった高沢だが、「1試合1点じゃ満足できない」と表情を引き締めた。 前半28分には左足でループ気味のミドルシュートを狙ったが、惜しくも右ポストを直撃。同33分にもMF渋谷峻二 [全文を読む]

[選手権]「いつも崖っ縁」流通経済大柏が3戦連続の接戦制し8強へ

ゲキサカ / 2015年01月03日17時13分

腰痛を抱えるMF小川諒也(3年=F東京内定)、右足首を痛めているMF久保和己(3年)をベンチに温存したが、序盤はなかなかリズムをつかめなかった。 本田裕一郎監督が「(代わって先発した選手が)初出場だったりして、本当はもっとできる選手だけど、力を出せなかった」と振り返る誤算。前半21分には相手FKに飛び出したGK瀬口隼季(2年)がパンチングしたボールをMF水 [全文を読む]

[選手権]F東京内定、流経大柏MF小川が大会初得点!厳しいマークにあうも「打開できなければプロとしてやっていけない」

ゲキサカ / 2015年01月02日23時55分

今大会注目のひとり、流通経済大柏高(千葉)のMF小川諒也(3年=F東京内定)は、待望の選手権初得点を振り返る。 得点のシーンではゴール前に顔を出していた小川が、主戦場は左サイド。この日は4-4-2の左SHとして先発すると、矢板中央は人数をかけて小川のドリブルを警戒した。「マークが厳しくなると思うんですけど、そこで打開できなければプロとしてやっていけないと思 [全文を読む]

[選手権]瀬口が2試合連続PK阻止!!小川の初得点も生まれた流経大柏が3回戦進出

ゲキサカ / 2015年01月02日23時03分

後半に入ってMF小川諒也(3年=F東京内定)のゴールで流経大柏が先制した試合は、FW関岡亮太(3年)のゴールで1-1の振り出しに。そのままPK戦までもつれると、GK瀬口隼季(2年)が2試合連続でPKをストップ。流経大柏が5-3でPK戦を制し、3回戦へと駒を進めた。 先制パンチは白いユニフォームの流経大柏。右サイドへの浮き球に抜け出たFW高沢優也(3年)がD [全文を読む]

[選手権]ポジション別注目選手(東日本編)

ゲキサカ / 2014年12月27日09時07分

▽DF深井祐希(北海道大谷室蘭高3年)小坂悠登(青森山田高3年)矢作万裕(東海大山形高3年)星キョーワァン(矢板中央高2年)川上優樹(矢板中央高2年)渡辺星夢(前橋育英高3年)小川諒也(流通経済大柏高3年)内藤健太(國學院久我山高3年)鴻巣良真(國學院久我山高3年)渡辺剛(山梨学院高3年)高橋颯人(開志学園JSC高3年)高森康平(水橋高3年)鈴木大誠(星稜 [全文を読む]

[選手権]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権注目の11傑」vol.1

ゲキサカ / 2014年12月20日07時00分

星(184cm)、川上(185cm)、笹原(185cm)が並べば、さしずめ人間山脈3バックとなる」 DF小川諒也(流通経済大柏高3年、FC東京内定) 「高性能な左足を持つ彼は、左のウィングバックに起用したい。180cm近い高さと、スピードを持ち合わせた彼は、高いアップダウン能力と正確なクロスでチャンスを量産する」 MF増山朝陽(東福岡高3年、ヴィッセル神戸 [全文を読む]

フォーカス