羽生和紀のニュース

サインについて考える(1)【大阪ガス行動観察研究所のコラム】

PR TIMES / 2014年02月24日10時25分

「サービスサイエンス」の考え方に基づき、心理学や人間工学等をもとに独自のマーケティング技法を開発・実施する、「大阪ガス行動観察研究所」(大阪市西区、所長:松波 晴人 / 指定会社 株式会社エルネット)のウェブサイトにて、和歌山大学システム工学部 教授 山岡先生による掲載コラム「観察工学の概念と方法 第43回」を更新しました。■観察工学の概念と方法 第43回 [全文を読む]

表示を観察する【大阪ガス行動観察研究所のコラム】

PR TIMES / 2013年12月24日10時23分

「サービスサイエンス」の考え方に基づき、心理学や人間工学等をもとに独自のマーケティング技法を開発・実施する、「大阪ガス行動観察研究所」(大阪市西区、所長:松波 晴人 / 指定会社 株式会社エルネット)のウェブサイトにて、和歌山大学システム工学部 教授 山岡先生による掲載コラム「観察工学の概念と方法 第41回」を更新しました。■観察工学の概念と方法 第40回 [全文を読む]

「なんとなく」な意思決定の背後にある心理:交渉場面を題材に(2)【大阪ガス行動観察研究所のコラム】

PR TIMES / 2013年12月16日11時58分

「サービスサイエンス」の考え方に基づき、心理学や人間工学等をもとに独自のマーケティング技法を開発・実施する、「大阪ガス行動観察研究所」(大阪市西区、所長:松波 晴人 / 指定会社 株式会社エルネット)のウェブサイトにて、九州大学大学院 人間環境学研究院教授 山口先生による掲載コラム「行動観察と社会心理学 第41回」を更新しました。■行動観察と社会心理学 第 [全文を読む]

「なんとなく」な意思決定の背後にある心理:交渉場面を題材に(1)【大阪ガス行動観察研究所のコラム】

PR TIMES / 2013年11月18日11時10分

「サービスサイエンス」の考え方に基づき、心理学や人間工学等をもとに独自のマーケティング技法を開発・実施する、「大阪ガス行動観察研究所」(大阪市西区、所長:松波 晴人 / 指定会社 株式会社エルネット)のウェブサイトにて、九州大学大学院 人間環境学研究院教授 山口先生による掲載コラム「行動観察と社会心理学 第40回」を更新しました。■行動観察と社会心理学 第 [全文を読む]

さりげない“もてなし”を観察する(4)【大阪ガス行動観察研究所のコラム】

PR TIMES / 2013年10月21日10時41分

「サービスサイエンス」の考え方に基づき、心理学や人間工学等をもとに独自のマーケティング技法を開発・実施する、「大阪ガス行動観察研究所」(大阪市西区、所長:松波 晴人 / 指定会社 株式会社エルネット)のウェブサイトにて、和歌山大学システム工学部 教授 山岡先生による掲載コラム「観察工学の概念と方法 第39回」を更新しました。■観察工学の概念と方法 第39回 [全文を読む]

自己実現の欲求がモチベーションを刺激する?:チーム力、組織力とは何かについて考える(4)-プロアクティブな実践の基盤-【大阪ガス行動観察研究所のコラム】

PR TIMES / 2012年12月14日16時17分

「サービスサイエンス」の考え方に基づき、心理学や人間工学等をもとに独自のマーケティング技法を開発・実施する、「大阪ガス行動観察研究所」(大阪市西区、所長:松波 晴人 / 指定会社 株式会社エルネット)のウェブサイトにて、九州大学大学院 人間環境学研究院 教授 山口先生による掲載コラム「行動観察と社会心理学 第30回」を更新しました。■行動観察と社会心理学 [全文を読む]

観察データから、対象者の価値観や考え方を論理的に推測するには?--消費者のインサイトに仮想コンセプトを使って観察する (その2)【大阪ガス行動観察研究所のコラム】

PR TIMES / 2012年11月29日16時32分

「サービスサイエンス」の考え方に基づき、心理学や人間工学等をもとに独自のマーケティング技法を開発・実施する、「大阪ガス行動観察研究所」(大阪市西区、所長:松波 晴人 / 指定会社 株式会社エルネット)のウェブサイトにて、和歌山大学システム工学部 教授 山岡先生による掲載コラム「観察工学の概念と方法 第29回」を更新しました。■観察工学の概念と方法 第29回 [全文を読む]

社会と広く関わる意味--コミュニティの再生とは(2):ソーシャルキャピタル【大阪ガス行動観察研究所のコラム】

PR TIMES / 2012年11月09日16時00分

■環境心理学で考える 第29回/日本大学文理学部教授 羽生和紀「コミュニティの再生とは(2):ソーシャルキャピタル」広く、浅く、緩い人間関係の重要性について、環境心理学の立場から解説します。http://www.kansatsu.jp/column/2012/11/post-85.html?=prt121109_lb-29hnu【第1回~第28回までのコラ [全文を読む]

フォーカス