辛坊治郎のニュース

-「信頼のマーク」普及キャンペーン-「ニッポンかばんの達人」イベント開催

PR TIMES / 2015年07月16日13時40分

各界の著名人愛用の日本製かばんをご紹介一般社団法人日本かばん協会(理事長:新川晧介、所在地:東京都台東区)では、「かばんの日(8月9日)」に向けて、7月1日(水)より開始した「ニッポンかばんの達人」キャンペーンの一環として、7月25日(土)クイーンズスクエア横浜、8月1日(土)阪急西宮ガーデンズにて、「ニッポンかばんの達人」イベントを行います。 本質を知る [全文を読む]

舛添元都知事が麻生太郎氏を学歴差別?辛坊治郎氏が証言

しらべぇ / 2016年06月28日07時00分

(画像は麻生太郎公式サイトのスクリーンショット)26日に放送された『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)で、司会の辛坊治郎氏が、舛添要一前東京都知事の「裏の顔」を暴露する一幕があった。■厚生労働大臣を歴任も裏では悪口?それは辛坊氏が舛添氏と、とあるテレビ番組で共演したときの話。当時、舛添氏は安倍内閣、福田内閣、麻生内閣と3代続けて厚生労働大臣を歴任して [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】辛坊治郎氏が明かす『そこまで言って委員会』復帰の舞台裏。「死せるたかじん 生ける辛坊を走らす」

TechinsightJapan / 2014年09月09日17時40分

辛坊治郎氏が『たかじんのそこまで言って委員会』の司会復帰の舞台裏を明かした。そこには、故・やしきたかじんさんの“ある思い”が隠されていたのだ。 9月7日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』に、辛坊治郎氏が1年3か月ぶりに“副委員長”復帰を果たした。番組タイトルが書かれた扉の前に姿を現した辛坊氏は、開口一番「どうも、恥ずかしながら戻って参りました。辛坊で [全文を読む]

世界初!太平洋横断に挑む全盲のセーラー 岩本 光弘によるセミナー「どんな時も『人生の航路』を自分で切り拓く方法」を9月6日新橋で開催

@Press / 2014年09月02日09時30分

Positive Life Internationalは、2013年にニュースキャスターの辛坊 治郎氏とタッグを組み、太平洋横断に挑んだ全盲のセーラー 岩本 光弘によるセミナー「どんな時も『人生の航路』を自分で切り拓く方法」を、2014年9月6日(土)に新橋で開催いたします。URL: http://positivelifeinternational.com [全文を読む]

生きるための知恵…辛坊治郎氏が推奨「遺言状を書きましょう」

WEB女性自身 / 2013年10月27日07時00分

先だって、目の不自由なセーラーと太平洋横断に挑戦したとき、「もし自分が死んだときに周りの人間がどうなるか?」を真剣に考え、遺言状を書いたという辛坊治郎氏(57)。「そのとき考えたんです。遺言状を書くっていう行為は、死ぬ準備じゃなくて生きるための行為なんだって」。そんな辛坊氏は、“生きるための知恵”として、遺言状を書くことを推奨する。 「皆さんも想像してくだ [全文を読む]

デタラメな「偏向メディア批判」の大嘘記事を拡散した国会議員

メディアゴン / 2017年09月14日07時30分

日本テレビも、読売グループであることから親安倍政権傾向が強いと受けとめる方も多いのですが、読売テレビ出身のキャスター・辛坊治郎氏が言うには、読売グループでは日テレは昔から左なのだそうです。同じく親政権傾向が強いと言われるフジ・サンケイグループのフジテレビですが、自衛隊日報問題で稲田朋美防衛大臣(当時)の発言が虚偽である可能性を示したメモを独自に入手するなど [全文を読む]

大阪府・松井知事 現職警官の「差別発言」を擁護も大阪府民が黙認の理由

アサ芸プラス / 2016年11月07日12時55分

「キャスターの辛坊治郎さん(60)は“擁護派”の中心。『朝生ワイド す・またん!』(読売テレビ)で『ヘリパッドを作ってほしいという人のほうが圧倒的に多い』と発言。松井知事の失言から話題をすり替えようとしているように見えました」(前出・放送作家) いわゆる“関西ローカル”と呼ばれる番組では、歯に衣着せぬ発言が好まれる傾向がある。かつて「たかじんのそこまで言っ [全文を読む]

高樹沙耶、逮捕3カ月前の討論番組でカメラが捉えていた「動揺の瞬間」

アサ芸プラス / 2016年10月27日13時50分

「司会の辛坊治郎さんが『現状、日本は(“葉っぱ”の)所持も栽培も厳禁でございます。私たちは法律遵守を旨としております』と言って締めたのですが、その時の高樹さんの表情がヤバかった。目が泳いで見るからに動揺しているんです。自身の逮捕を予期するような表情でしたね」 高樹が見せた「動揺の瞬間」をカメラは捉えていた──。(白川健一) [全文を読む]

梅宮辰夫、十二指腸がんだった…すでに手術済みで自宅療養中

しらべぇ / 2016年09月07日17時25分

辛坊治郎氏も罹患→克服今回、梅宮が罹患した「十二指腸がん」は、過去にニュースキャスターの辛坊治郎も罹患・克服している。2012年にがん検診で腫瘍が発見され、初期の段階で摘出。現在まで転移していない。そんな「十二指腸がん」だが、国立がん研究センターでも「希少がん」として扱われるほど、患者数が少ないのだ。■十二指腸がんとは...医師に聞いてみたしらべぇ編集部 [全文を読む]

2015年まぐまぐ大賞&MAG2 NEWS賞が発表!栄冠はどのメルマガに?

まぐまぐニュース! / 2015年12月30日23時00分

人気記事 NHKは地球温暖化でもヤラセ報道…NASAが南極の氷は増えていると報告 MAG2 NEWS賞5位 辛坊治郎メールマガジン 『そこまで言って委員会NP』などで司会を務める人気ニュースキャスター・辛坊治郎さんが、テレビでは話せない“ニュースの真実”を大公開。2015年は、夏ごろ大騒動となった新国立競技場デザイン問題に関して斬り込んだ記事が大きな反響 [全文を読む]

辛坊も松井も安倍も...注意!「百田尚樹の言論の自由」を叫ぶ者こそが言論弾圧を狙っている!

リテラ / 2015年07月03日06時00分

たとえば、ニュースキャスターの辛坊治郎氏は、関西ローカルの朝の情報番組『朝生ワイド す・またん!』(読売テレビ)で、毎日新聞の報道を相手取り、こんな反論をした。 〈発言内容がいいとか悪いとかっていう話ではないんですよ。ただね、毎日新聞が自民党の勉強会でプライベートな人間がやってきて好きなこと言ったということに関して、それを批判するような記事を書くのは、ち [全文を読む]

「情弱の高齢者が都構想をツブした」というデマをふりまく知識人達よ、情弱はお前らだ!

リテラ / 2015年05月20日22時00分

本サイトで既報のとおり、テレビキャスターの辛坊治郎氏が、この数字をもとに「将来の大阪を決めるという意味においては、今後何十年も住んでいく賛成の人たちは圧勝しているんだけども」などと主張し、生活保護者や老人を貶める下劣な負け惜しみを吐いていたが、しかし、なにもこのデータに飛びついたのは"橋下シンパ"の彼だけではない。他にも都構想賛成派や評論家が一斉に「結果は [全文を読む]

社員教育の見直しが急増中!! 朝礼専門冊子『月刊朝礼』の注文が69.7倍に!!

PR TIMES / 2014年06月10日09時44分

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 『月刊朝礼』6月号(6月1日発行)目次 ・マイウエー&マイヒストリー 「今、働く人たちへ」 讀賣テレビ放送株式会社 元解説委員長・ [全文を読む]

1000社以上の「朝礼」に使われている専門冊子『月刊朝礼』が創刊30周年!

PR TIMES / 2014年03月01日11時34分

3月号には竹田恒泰、辛坊治郎などと豪華な執筆陣が登場!株式会社コミニケ出版(本社:大阪市西区 代表取締役社長:下井謙政 http://kominike-pub.co.jp/)が発行する朝礼専門冊子『月刊朝礼』(毎月1日発行)が創刊30周年を迎えます。そこで30周年特別企画第1弾として、過去にご寄稿をいただいた皆さまの記事や、お祝いのメッセージをHPで特別に [全文を読む]

専門家語る「あの人の“謝罪会見”が反感持たれるワケ」

WEB女性自身 / 2013年11月11日07時00分

最近ではヨット救助の辛坊治郎さんは真摯な姿勢で謹慎も重く、いい例に加えられそうです」『遺憾です』『世間をお騒がせし』『知らなかった』という企業や人は信用してはならないと、田中さんは言う。「危機管理は私たちの生活にも大事なのです。考え方は企業とすべて同じ。謝罪会見は反面教師にもなりえます。謝る姿勢が問われるのです」 [全文を読む]

辛坊治郎氏語るクレーマーへの最終手段「戦略的な土下座」を

WEB女性自身 / 2013年10月21日07時00分

火付け役は『半沢直樹』だろうが、古代日本について記述した中国の歴史書にも出てくるそうで、これを「まさに『日本の文化』だ」、と語るのはニュースキャスターの辛坊治郎氏。 先ごろ北海道警札幌東署が43歳の介護職員の女を強要の疑いで逮捕した。女はショッピングセンターで買ったタオルケットに穴が開いていたとクレームをつける際に、商品代金だけでなく店までの交通費も要求、 [全文を読む]

辛坊治郎氏が解説する橋下人気凋落「原因はアベノミクス」

WEB女性自身 / 2013年10月11日07時00分

ニュースキャスターの辛坊治郎氏は次のように解説する。 「橋下徹という政治家にとっての問題は、これが堺の特殊性の結果なのか、ほかの地域でも同じ現象が起きているのか、という点です。私は今の状況では、どこのどんな選挙でも維新は負けると思います。なぜなら、今、誰もその存在に期待していないからです。最大の理由はアベノミクスです」 維新の会のプランの前提は「日本が沈没 [全文を読む]

ビジネス系コンテンツ配信サービスの「ビジスパ」が有料メールマガジンの単号販売を開始

@Press / 2012年11月13日10時00分

WebサイトURL : http://biz-spice.jp/ Twitterアカウント: @biz_spice http://twitter.com/biz_spice 【会社概要】 社名 : 株式会社ビジスパ 所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-11 銀座参番館IIビル 主要事業 : デジタルコンテンツの企画、制作、販売及び配 [全文を読む]

辛坊治郎が解説「大阪市の税収の半分は生活保護費に使われる」

FLASH / 2012年05月31日01時09分

そのなかで、昔から圧倒的に認定基準が『緩い』といわれていたのが大阪市なんです」 そう解説するのは、ニュースキャスターの辛坊治郎氏。日本では憲法第25条で、『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』と明記されている。そのため、ご飯が食べられないほど貧しい人が税金で救済されるのは当然の権利とだと辛坊氏は言う。だが......。 「数年前に [全文を読む]

やしきたかじんの後任候補に上岡龍太郎の名前が浮上したトホホな理由とは

日刊サイゾー / 2012年02月09日08時00分

元読売テレビ解説委員でフリーキャスターの辛坊治郎氏や関西圏で人気のある北野誠、"関西のみのもんた"こと宮根誠司、そしてなぜか2000年に芸能界を電撃引退した上岡龍太郎氏......。引き際のポリシーを持つ上岡氏がそう簡単に表舞台に帰ってくるとはとても思えないのだが、このウワサには何ともトホホな後日談が隠されていた。 某週刊誌記者が真相を明かす。「実は、大阪 [全文を読む]

フォーカス