岡倉禎志のニュース

環境省の絶滅宣言が“絶対”ではない! 九州のツキノワグマもニホンオオカミも生き残っている?

週プレNEWS / 2017年09月12日17時50分

(インタビュー・文/樫田秀樹 撮影/岡倉禎志) ●宗像充(むなかた・みつる) 1975年生まれ、大分県出身。ジャーナリスト。一橋大学卒業。大学時代は山岳部に所属。登山、環境、平和、家族問題などをテーマに執筆を行なう。ニホンオオカミのほか、ニホンカワウソや九州のツキノワグマなど絶滅したとされる動物の存在について検証したルポルタージュを雑誌に発表。著書に『子 [全文を読む]

少子高齢化がもたらす衝撃の未来予想図--「縮むこと」を恐れるのではなく、次の世代にできること

週プレNEWS / 2017年08月08日10時00分

(インタビュー・文/川喜田 研 撮影/岡倉禎志) ●河合雅司(かわい・まさし) 1963年生まれ、愛知県名古屋市出身。産経新聞社論説委員、大正大学客員教授(専門は人口政策、社会保障政策)。中央大学卒業。内閣官房有識者会議委員、厚労省検討会委員、農水省第三者委員会委員、拓殖大学客員教授などを歴任、2014年、「ファイザー医学記事賞」大賞を受賞。著書に『日本 [全文を読む]

高級ロードバイク「連続バラバラ盗難事件」! 解体する犯人の心理と警察の対応は?

週プレNEWS / 2017年03月02日06時00分

今回の事件を契機に、盗難への意識を見直してみてはいかがだろうか? (取材・文/植村祐介 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

ネットでデマが拡大する“偽ニュース”の根源 「自己防衛術として情報【生産者】確認を!」

週プレNEWS / 2017年02月14日10時00分

この偽ニュースはいかに生まれ、いかに拡散されるのか? その背景と構造を明らかにし、Yahoo!やLINE、SmartNewsなど、5つのニュースメディアが繰り広げてきた攻防を徹底分析する (インタビュー・文/友清 哲 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

AIの脅威に直面するトップ棋士たちの苦悩…淘汰か共存か?

週プレNEWS / 2016年10月11日11時00分

今、将棋界を揺るがすソフトの台頭、その狭間で棋士たちは何を思うのか? 最前線で対峙する棋士11人のインタビュー (インタビュー・文/姜誠 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

世界のトヨタを上回る2兆4千億円。原発再稼働の流れに沿って息を吹き返す「原発広告」の特殊すぎる実態

週プレNEWS / 2016年06月07日06時00分

(インタビュー・文/川喜田 研 撮影/岡倉禎志) ●本間龍(ほんま・りゅう) 1962年生まれ。博報堂で約18年間営業を担当。2006年退職後、在職中に発生した損金補填にまつわる詐欺容疑で逮捕・起訴。服役を通じて刑務所のシステムや司法行政に疑問を持ち、出所後その体験をつづった『「懲役」を知っていますか?』(学習研究社)を上梓。著書に『電通と原発報道』『原 [全文を読む]

「交戦権」のない自衛隊を海外に送ってはいけない! 平和主義を守るための憲法「新9条論」

週プレNEWS / 2016年02月14日06時00分

第6弾となる『牡蠣工場』が2月下旬、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか、全国順次公開予定 (構成/川喜田 研 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

護憲派でも改憲派でもない、今こそ議論すべき憲法9条改正「第3の選択肢」とは?

週プレNEWS / 2016年02月13日06時00分

第6弾となる『牡蠣工場』が2月下旬、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか、全国順次公開予定 (構成/川喜田 研 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

内田樹×イスラーム法学者・中田考が語るテロとの戦い 「戦争に前のめりな政治家たちには絶望的な気分になる」

週プレNEWS / 2016年01月09日06時00分

著書に『一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教』(内田樹氏との共著)、『イスラーム生と死と聖戦』(ともに集英社新書)、『クルアーンを 読むカリフとキリスト』(橋爪大三郎氏との共著、太田出版) (構成/川喜田 研 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

内田樹×イスラーム法学者・中田考がテロに揺れる世界を語る「一方が悪で一方が正義というような単純な話ではない」

週プレNEWS / 2015年12月24日06時00分

著書に『一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教』(内田樹氏との共著)、『イスラーム生と死と聖戦』(ともに集英社新書)、『クルアーンを読むカリフとキリスト』(橋爪大三郎氏との共著、太田出版) (構成/川喜田 研 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

ガラパゴス化する東京モーターショーのマニア受けする魅力とは

週プレNEWS / 2015年11月09日06時00分

(取材・文/佐野弘宗 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

多くの証言をもとに明らかにされる長州力の魅力、在日コリアンという出自

週プレNEWS / 2015年09月01日06時00分

(インタビュー・文/姜誠 撮影/岡倉禎志) ●田崎健太(たざき・けんた) 1968年生まれ、京都府京都市出身。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年に退社。近著に『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カン [全文を読む]

低燃費ランク1、2位の軽自動車をガチで実走比較してみたら圧倒的な結果に!

週プレNEWS / 2015年02月28日06時00分

ニクイね、スズキ! (取材/佐野弘宗 友清 哲 取材協力/森 慶一 撮影/岡倉禎志[全文を読む]

ちっちゃくてもオトコたちを魅了した!「軽スポーツ」歴代コレクション・後編

週プレNEWS / 2014年10月13日06時00分

ついに軽スポーツのバトル再来か!? (文/佐野弘宗 写真/岡倉禎志[コペン ローブ、ビート]) [全文を読む]

気鋭の工学者・田中浩也氏が語る3Dプリンターの可能性と未来予想図

週プレNEWS / 2014年06月24日06時00分

(構成/友清 哲 撮影/岡倉禎志) ■田中浩也(たなか・ひろや) 1975年生まれ、北海道出身。京都大学総合人間学部、同大学院人間環境学研究科、東京大学工学系研究科社会基盤学専攻修了。マサチューセッツ工科大学建築学科客員研究員などを経て、現在は慶應義塾大学環境情報学部准教授 ■『SFを実現する─3Dプリンタの想像力』 講談社現代新書 840円+税 3Dプ [全文を読む]

江戸時代に平賀源内が恐龍と対峙! 夢枕獏の怪獣冒険小説が誕生

週プレNEWS / 2014年03月18日06時01分

今、長い小説はダメだというけど、長いモノって本当は面白いというのを、この本でアピールしたいよね」 (取材・文/小峯隆生 撮影/岡倉禎志) ●夢枕獏(ゆめまくら・ばく) 1951年生まれ、神奈川県出身。東海大学文学部卒業。77年にデビュー。『餓狼伝』『陰陽師』などのシリーズ作品で人気を博す。『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞 [全文を読む]

「鳥取連続不審死事件」ウソで固められた裁判で死刑判決が下される現実

週プレNEWS / 2013年12月17日06時00分

しかし、私の手紙に返事をよこさなくなったことを考えると、それもウソで、控訴審でも本当のことを話す気はないのかもしれません」 (取材・文/西島博之 撮影/岡倉禎志) ●青木 理(あおき・おさむ) 1966年生まれ、長野県出身。ジャーナリスト、ノンフィクションライター。共同通信社で警視庁公安部、ソウル特派員などを務めた後、2006年からフリーに。主な著書に『日 [全文を読む]

軽自動車税が適正化されると年額2万4500円になる?

週プレNEWS / 2013年11月26日16時00分

(取材/植村祐介、撮影/岡倉禎志) ■週刊プレイボーイ49号「総額20万円以上の負担額がユーザーを直撃!? 軽自動車消滅の危機!!」より [全文を読む]

元外務省国際情報局長、孫崎享「秘密保護法で自衛隊がアメリカの戦争に利用される」

週プレNEWS / 2013年11月19日20時00分

そうした流れが国の進む道を大きく歪めてしまうことにつながる可能性があるのです」 (取材・文/川喜田研 撮影/岡倉禎志) ●孫崎享(まごさき・うける) 1943年生まれ。66年、外務省入省。駐ウズベキスタン大使、国際情報局長などを経て、09年まで防衛大学校教授。著書に『戦後史の正体』『日本を疑うニュースの論点』など [全文を読む]

フォーカス