大野佑哉のニュース

関西王者・阪南大新入部員、選手権優秀選手の大野、中島、藤井や平石、種村、草野、川崎ら実力派が多数加入

ゲキサカ / 2015年04月24日07時59分

まだベンチ入りはしていないものの、高さとカバーリングにも優れた日本高校選抜CB大野佑哉(山梨学院高)や立正大淞南高(島根)の注目エースFW中島隆司と実力派ボランチのMF藤井潤太の3人はいずれも全国高校選手権優秀選手。野洲高(滋賀)の技巧派レフティー、DF平石健祐や札幌U-18のゴール前に君臨していたGK種村優志、13年U-17日本代表候補のDF金岡蓮(富 [全文を読む]

[関西]今季無敗の首位・びわこ大から近大が金星!!大体大が2連勝で3位浮上:第11節

ゲキサカ / 2017年06月20日22時54分

後半23分には得点ランキング首位に立つ関学大MF中野克哉(3年=京都橘高)に1点を返され、終了間際のアディショナルタイム2分にはDF大野佑哉(3年=山梨学院高)が二度目の警告を受けて退場。数的不利となったが、1点差を守りきった。敗れた関学大は2連敗で首位と勝ち点7差の4位へ下げている。 順位を上げたのが6位・大阪体育大。勝ち点2差の4位・関西大を3-0で下 [全文を読む]

阪南大vs大阪体育大、6.11のキンチョウスタジアムに関西のタレント集結!

ゲキサカ / 2017年06月09日23時07分

守備陣では、CB大野佑哉(3年=山梨学院大附高)と長谷川隼(2年=川崎F U-18)を中心に完封勝利を目指す。また、昨季は怪我に苦しみ、なかなか出場機会を得られなかったU-17日本代表歴を持つ、吹ヶ徳喜(2年=名古屋U18)の果敢な攻撃参加と献身的な守備にも期待が寄せられる。 その他にも、関西学生リーグを盛り上げるタレントが勢ぞろい。2015年ユニバーシ [全文を読む]

[デンチャレ]関西学生選抜メンバー

ゲキサカ / 2016年03月03日23時54分

関西学生選抜では、当初発表されていたメンバーからGK前川黛也(関西大3年=広島皆実高)、DF大野佑哉(阪南大1年=山梨学院高)、 FW岡佳樹(桃山学院大3年=東山高)が外れることが決まった。 メンバーは以下のとおり 【スタッフ】 監督:尾内伸行(近畿大) コーチ:北口雄一(京都外国語大) GKコーチ:櫛引実(大阪産業大) トレーナー:寺川尚希(阪南大) [全文を読む]

層厚い日本高校選抜CB陣、欧州遠征へ向けて渡辺剛「海外でどこまで通用するのか試す」

ゲキサカ / 2015年03月09日23時28分

山梨学院高の最終ラインを支えた渡辺剛と大野佑哉のコンビに加えて、青森山田のCB菊池流帆、そしてロアッソ熊本特別指定選手でもあるCB野田裕喜(大津高)。いずれもハイボール、対人で強さを発揮し、この日も含めて高校年代のチームとの対戦ではほとんど不安を覗かせていない。 この日、渡辺は広範囲のカバーリングを見せるなど無失点で試合を終えたが、納得のいく内容ではなかっ [全文を読む]

苦戦強いられた日本高校選抜、渡邊凌V弾で静岡県ユース選抜振り切る

ゲキサカ / 2015年03月09日14時51分

4-4-2システムの先発はGK吉田舜(前橋育英高)、4バックは右から久保和己(流通経済大柏高)、渡辺剛(山梨学院高)、大野佑哉(山梨学院高)、澤田篤樹(流通経済大柏高)。中盤は鈴木徳真(前橋育英高)と森島司(四日市中央工高)のダブルボランチで右MFが田場ディエゴ(日大藤沢高)、左MFが旗手怜央(静岡学園高)、2トップには一美和成(大津高)と青柳燎汰(前橋育 [全文を読む]

日本高校選抜選考合宿メンバー発表…選手権V星稜の4人や鈴木、渡邊、志村ら

ゲキサカ / 2015年02月02日22時00分

以下、メンバー 【スタッフ】 団長:松田司(平野高) 総務:菅沼孝一(仙台西高) 監督:大野聖吾(大垣工高) コーチ:小阪康弘(丸岡高) GKコーチ:セルジオ・アバレシド・ゴベッチ(岐阜県サッカー協会) トレーナー:小谷奉弘(東海医療学園) 主務:三井耕(葛飾商高) 主務:小高修一(所沢商高) 【選手】 ▽GK 吉田舜(前橋育英高/3年) 坂口璃久(星稜 [全文を読む]

[プリンスリーグ関東]マンC短期留学の横浜FM・和田先制弾も、山梨学院2度追いつきドロー

ゲキサカ / 2014年09月03日09時47分

対する山梨学院も守備の柱であるCB渡辺剛(3年)を累積警告で欠いていたが、CB大野佑哉(3年)中心に無失点で試合を進めると、MF大場祐樹(3年)の展開からいい形でサイドの高い位置までボールを運び、快足FW伊藤大祐やMF小川雄大(ともに3年)の突破力を活用。MF福森勇太(3年)が厳しいチャージを受けながらも前進してチャンスに絡むなどシュートシーンを増やして [全文を読む]

フォーカス