米田隼也のニュース

[アミノ]順天堂大が初優勝!!米田&名古のゴールで筑波大に2発勝利、2部・神奈川大は3位入賞

ゲキサカ / 2017年07月11日16時57分

前半38分にFW旗手怜央(2年=静岡学園高)のアシストからMF米田隼也(4年=静岡学園高)のゴールで先制。1-0で折り返した後半終了間際の45分にはMF名古新太郎(3年=静岡学園高)が試合を決定付ける2点目。2-0の完封勝利で“関東王者”となった。 敗れた筑波大は連戦続きの上に、先の12日には天皇杯・福岡戦も控えている状況。この日は小笠原佳祐(3年=東福岡 [全文を読む]

[アミノ]ラスト1枠の全国切符は明治大がつかむ!決勝は筑波大vs順天堂大:順位決定戦

ゲキサカ / 2017年07月09日11時05分

FW米田隼也(4年=静岡学園高)のダメ押しゴールで6発快勝を飾った。9日に行われる決勝では筑波大と順天堂大が互いに初優勝をかけて対戦。3位決定戦では法政大と神奈川大が戦う。 結果は以下のとおり ■7・8位決定戦 駒澤大 0-1 明治大 [明]中川諒真(76分=補・渡辺悠雅) ■5・6位決定戦 流通経済大 2-1 青山学院大 [流]星野秀平(14分)、守田英 [全文を読む]

ユニバーシアード日本代表発表!!明治大FW木戸がサプライズ選出、FW山口一真が外れる

ゲキサカ / 2017年07月04日17時59分

今年3月に行われた全日本大学選抜のドイツ遠征招集メンバーからは、DF鳥海晃司(明治大4年=千葉U-18)、DF黒川圭介(関西大2年=大阪桐蔭高)、MF米田隼也(順天堂大4年=静岡学園高)、ドイツ遠征で負った負傷で長期離脱中のFW矢島輝一(中央大4年=FC東京U-18)、そして山口が選外。 また復帰も期待されたCB今津佑太(流通経済大4年=流通経済大付柏高 [全文を読む]


[関東1部]首位・順天堂大、9年ぶりのインカレ出場決定!残留争いは筑波大、中央大が勝利:第18節

ゲキサカ / 2014年10月22日21時04分

首位の順天堂大は前半8分に1年生FW米田隼也(静岡学園高)が先制ヘッドを決めると、後半にもFW佐野翼(2年=清水商高)が加点して桐蔭横浜大に2-0で勝利。順大は今節、5位以内を確定させ、9年ぶりとなる全日本大学選手権への出場を決めた。 順大を勝ち点3差で追っていた3チームは明暗が分かれた。2位の専修大は駒澤大と対戦。全日本大学選抜MF北出雄星(3年=三菱養 [全文を読む]

ユニバ代表が“仮想外国チーム”フィジカル自慢のいわきFCに5発勝利!

ゲキサカ / 2017年07月17日08時00分

MF守田英正(4年=流通経済大)、MF名古新太郎(3年=順天堂大)が中盤の底でコンビを組み、2列目は右からジャーメイン良(4年=流通経済大)、戸嶋祥郎(4年=筑波大)、米田隼也(4年=順天堂大)。1トップはFW中野誠也(4年=筑波大)が務めた。 天皇杯で見せた快進撃により注目度を高めるいわきFCと、未来のスター軍団である全日本大学選抜の対戦とあって、いわき [全文を読む]

ユニバーシアード日本代表vsU-20日本代表 試合記録

ゲキサカ / 2017年07月14日17時21分

【練習試合】(東金アリーナ) ユニバーシアード日本代表 2-2(前半2-1)U-20日本代表 [ユ]中野誠也2(5、32分) [20]田川亨介(26分)、小松蓮(64分) [ユニバーシアード日本代表] 先発 GK 1 永石拓海(福岡大4年=高川学園高) HT→23 オビ・パウエル・オビンナ(流通経済大2年=JFAアカデミー福島) DF 4 鈴木準弥(早稲田 [全文を読む]

ユニバ代表、木戸選出の理由や離脱中の重廣の状況は?今月中旬の合宿で最終判断へ

ゲキサカ / 2017年07月05日22時50分

間に合わないと判断された場合には、バックアップのMF渡邉新太(流通経済大4年=新潟U-18)、MF米田隼也(順天堂大4年=静岡学園高)、MF戸嶋祥郎(筑波大4年=市立浦和高)、MF西澤健太(筑波大3年=清水ユース)から招集される。 同代表を率いる宮崎純一監督は「基本的にはこのメンバーでやっていきたい」と前置きしつつ、「(最終エントリーの)7月19日の前に一 [全文を読む]

ユニバーシアード男子代表が発表…浦和内定の柴戸海ら20名選出

サッカーキング / 2017年07月05日14時11分

■ユニバーシアード日本代表メンバー20名 ▼GK 1 永石拓海(福岡大4年) 12 小島亨介(早稲田大3年) ▼DF 13 坂圭祐(順天堂大4年) 4 鈴木準弥(早稲田大4年) 19 岩崎尚将(桃山学院大4年) 5 宮大樹(びわこ成蹊スポーツ大4年) 20 岩武克弥(明治大3年) 2 小池裕太(流通経済大3年) 3 菊池流帆(大阪体育大3年) ▼MF 8 [全文を読む]

ユニバーシアード日本代表が発表! Jクラブ加入内定者やU-20W杯出場のGK小島亨介が招集《第29回ユニバーシアード競技大会》

超ワールドサッカー / 2017年07月04日20時10分

◆ユニバーシアード日本代表 GK 1.永石拓海(福岡大) 12.小島亨介(早稲田大) DF 13.坂圭祐(順天堂大) 4.鈴木準弥(早稲田大) 19.岩崎尚将(桃山学院大) 5.宮大樹(びわこ成蹊スポーツ大) 20.岩武克弥(明治大) 2.小池裕太(流通経済大) 3.菊池流帆(大阪体育大) MF 8.重廣卓也(阪南大) 15.守田英正(流通経済大) 14 [全文を読む]

[アミノ]2部から神大と青学が8強入り!流経大が早稲田大を、順大が国士舘大を下す:2回戦

ゲキサカ / 2017年07月04日13時01分

前半27分にMF米田隼也(4年=静岡学園高)のアシストからルーキーMF望月陸(1年=清水ユース)が頭で決めて先制に成功。後半開始直後の1分にはDF柳澤亘(3年=八千代松陰高)のクロスからFW旗手怜央(2年=静岡学園高)がヘディングシュート。旗手の2戦連続弾で2-0に突き放し、そのまま勝利を飾った。 筑波大はトーナメント大会での強さに定評ある桐蔭横浜大に2- [全文を読む]

[関東]順大が上位対決を制して2位浮上!!流大はMF渡邉新太2発も及ばず…

ゲキサカ / 2017年06月12日22時04分

MF米田隼也(4年=静岡学園高)から左サイドで受けた左SB毛利駿也(4年=山梨学院高)がスルーパス。受けたFW浮田健誠(2年=柏U-18)が右足で流し込み、順大が先制する。 その後も終始順大ペース。前半15分には素早いリスタートから開幕戦以来の先発となったFW旗手怜央(2年=静岡学園高)がPA左からシュート。これは枠を外れる。同22分にはMF名古新太郎(3 [全文を読む]

[関東]首位・流大はMF守田英正の活躍で4発勝利、昇格組の東京国際大&東洋大の奮闘光る:第7節

ゲキサカ / 2017年05月31日11時15分

PK失敗後に先制を許したが、10番・MF米田隼也(4年=静岡学園高)のゴールで追いつき、負傷から復帰したFW旗手怜央(2年=静岡学園高)の今季3点目で勝ち越しに成功。そのまま逃げ切った。日体大はまたも連勝ならずに10位のままとなっている。 上位に食らいつきたい3位・筑波大は法政大に3-0で勝利し、4戦ぶりの白星獲得。前半33分にMF西澤健太(3年=清水ユー [全文を読む]

[MOM443]順天堂大FW旗手怜央(2年)_復帰戦でエースが示した熱、「勝つために一秒でも時間が欲しい」

ゲキサカ / 2017年05月29日11時37分

チームがMF米田隼也(4年=静岡学園高)の得点で1-1に追いついた後半17分、集中応援ということで多くの関係者が詰め掛けたスタンド前で仲間たちは歓喜に沸いた。しかし旗手は頬緩ますことなく、険しい表情で「ボール!!!」と叫んだ。「集中応援だからって点を決めて喜んでいる場合じゃないし、本当に優勝を目指すなら、引き分けくらいでいいやってことはないので。勝つために [全文を読む]

[関東]復帰のFW旗手が逆転弾!順大が日体大下し4戦ぶり勝利、首位・流大と勝ち点並ぶ

ゲキサカ / 2017年05月28日18時15分

日体大がセットプレーから先制も、順大がMF米田隼也(4年=静岡学園高)と負傷から復帰したFW旗手怜央(2年=静岡学園高)のゴールで逆転に成功。2-1の勝利で4戦ぶりの勝ち点3を獲得した。日体大は今季初の連勝はならず、10位のままとなっている。 3戦連続ドローながらも開幕無敗(3勝3分)を維持して、第6節終了時点で2位につけている順天堂大。この日は左太腿肉離 [全文を読む]

[デンチャレ]関東選抜Bメンバー

ゲキサカ / 2016年03月03日23時56分

メンバーは以下のとおり 【スタッフ】 監督:石川健太郎(国士舘大) コーチ:川津博一(日本大) GKコーチ:青木智也(拓殖大) トレーナー:須田智博(早稲田大) 主務:中祐斗(東洋大) 【選手】 ▽GK 1 後藤雅明(早稲田大3年=國學院久我山高) 12 奥津亮哉(国士舘大3年=日本航空高) ▽DF 2 永戸勝也(法政大3年=八千代高) 3 附木雄也(国 [全文を読む]

[デンソーカップチャレンジ]関東大学選抜B、関東1部L優勝の早稲田大からGK後藤、MF平澤、1年生MF相馬選出

ゲキサカ / 2016年01月15日18時38分

メンバーは以下のとおり 【スタッフ】 監督:石川健太郎(国士舘大) コーチ:川津博一(日本大) GKコーチ:青木智也(拓殖大) トレーナー:須田智博(早稲田大) 主務:中祐斗(東洋大) 【選手】 氏名(所属・学年) 生年月日 身長/体重 前所属 ▽GK 後藤雅明(早稲田大3年) 1994.5.24 190cm/80kg 國學院久我山高 奥津亮哉(国士舘大 [全文を読む]

[関東]国士舘大、慶應義塾大、早稲田大が勝ち点30で並ぶ大混戦、最下位・中央大は7連敗…

ゲキサカ / 2015年10月05日13時40分

【第16節】(10月3日) [たつのこフィールド] 早稲田大 2-0 駒澤大 [早]堀田稜(6分=補・宮本拓弥)、金澤拓真(11分=補・田中太郎) 流通経済大 2-0 専修大 [流]渡邉新太(62分)、相澤祥太(69分=補・小池裕太) [千葉県総合スポーツセンター東総運動場] 明治大 0-0 神奈川大 国士舘大 1-2 順天堂大 [国]松本孝平(25分= [全文を読む]

1部4連覇・専修大のFW前澤が関東大学リーグMVP!

ゲキサカ / 2014年11月19日14時00分

以下、各賞受賞者 ■MVP 前澤甲気(専修大4年) ■ベストヒーロー賞 仲川輝人(専修大4年) ■フェアプレー賞 専修大 ■特別賞 室屋成(明治大2年)、越智大和(産業能率大1年) ■最多出場(4年間88試合における出場時間試合数および出場時間の長い選手) 車屋紳太郎(筑波大)、北爪健吾(専修大)、増田湧介(慶應義塾大)、仲川輝人(専修大)、太田一輝(関 [全文を読む]

Iリーグ関東王者・国士舘大U-22A、関東決勝戦後のコメント

ゲキサカ / 2014年11月06日08時05分

Iリーグの関東チャンピオンはあくまで通過点にすぎないので、1試合1試合まじめに戦って、チームのために点をとって勝っていきたい」 [全文を読む]

フォーカス