佐藤慶のニュース

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(1)南野陽子がインタビューで答えたこと

アサ芸プラス / 2017年04月03日09時57分

女流画家に扮した名取は、師匠役の佐藤慶によって大人の階段を昇る。 ふとんの上で着物を脱がされ、手で隠していた胸も佐藤によって払いのけられ、その乳首にキスをされる。やがて、愛撫が十分になったところで佐藤はグイッと挿入する。 名取の目から一筋の涙がこぼれ、無事に“貫通”したことを証明。当時27歳の名取の肌も、ピンクの乳首も、極上の美しさだ。 [全文を読む]

愛染恭子 限定100冊10万円の写真集の思い出を語る

NEWSポストセブン / 2016年12月31日16時00分

1981年に主演した映画『白日夢』では俳優・佐藤慶との“本番”濡れ場を披露し注目を浴びた。2010年にヌードを封印し、映画監督、セックスカウンセラーとしても活動している。 撮影■佐藤健 ※週刊ポスト2017年1月1・6日号 [全文を読む]

【情報処理学会主催】11月11日開催セミナー 「モバイル・クラウド時代のデータプライバシー」のご案内

DreamNews / 2014年10月23日09時00分

http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2014/access.html【参加費】http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2014/fee.html【セミナー詳細・お申込・お問い合わせページ】http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2014/index.htm [全文を読む]

やなせたかしさん 創作への執念の裏に“天国の妻への愛”

WEB女性自身 / 2013年10月27日07時00分

一緒に食べたきのこ鍋でみんなが食中毒になったとき、奥様が先生を看病されて、愛が生まれたのでしょうか」(仙台アンパンマンこどもミュージアム&モールの佐藤慶夫館長) その後、やなせさんは上京。暢さんの下宿に転がり込み新婚生活が始まった。漫画家として独り立ちを目指すやなせさんに、「収入がなければ、私が働いて食べさせてあげるから」と、暢さんは励ました。しかし、40 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(5)究極の時代劇ベスト5

アサ芸プラス / 2013年03月15日09時54分

最終回でいよいよ最大の敵・柳生烈堂(佐藤慶)との一騎打ち。この戦いだけで1話まるまる終わってしまう。正味47分間を、ほぼ2人で向き合っている、すごい最終回です。その決着は、ネタばれになるのでここでは話しませんね。 さらに「必殺必中仕事屋稼業」(ABC・75年)もオススメです。奉行所で拷問を受けた政吉(林隆三)は、仲間をかばって自害してしまう。政吉ファンと [全文を読む]

フォーカス