葉室麟のニュース

葉室麟氏 イイ年したオヤジが初恋話で盛り上がれる理由解説

NEWSポストセブン / 2013年02月20日07時00分

【著者に訊け】葉室麟氏/『おもかげ橋』/幻冬舎/1680円 男にとって初恋の記憶は永遠に美しいままらしい。まして相手が憧れのマドンナなら、なおさらである。3人の男女の儘ならぬ人生を哀歓豊かに描いた時代小説『おもかげ橋』を上梓した葉室麟氏は、“初恋”についてこう語る。「実際は何もなかったくせに男はバカですね。今でもイイ年したオッサン同士が『あの視線は絶対オレ [全文を読む]

V6岡田准一「主演時代劇」で期待される共演・西島秀俊との筋肉美対決!

アサジョ / 2017年05月29日10時15分

来年公開の「散り椿」で、5年前、葉室麟氏が発表した同名小説の映像化だ。メガホンをとるのは、現在公開中の岡田の主演映画「追憶」で撮影を担当した木村大作氏。「劒岳 点の記」「春を背負って」に続く監督3作目で、初の時代劇となる。 5月15日にすでにクランクイン。岡田は2度目のタッグを組む木村監督に全幅の信頼を寄せており、「すべてを受け止めてくれる方なので、今回も [全文を読む]

なぜ下剋上を起こしたのか?美将・陶隆房の知られざる凄絶な人生とは!気鋭の歴史小説家 吉川永青著『悪名残すとも』、12月25日発売!

PR TIMES / 2015年11月26日11時08分

株式会社KADOKAWAより、歴史小説界で活躍中の吉川永青(よしかわ・ながはる)さんの最新作『悪名残すとも』を、2015年12月25日に発売いたします。戦国の世、その美貌から幼少期には大内義隆に可愛がられ、その後彼の重臣となり、一万の軍を率いた若き軍師 陶隆房(すえ・たかふさ)に焦点を当てた長篇です。[画像: http://prtimes.jp/i/700 [全文を読む]

第22回松本清張賞は吹奏楽部が舞台の熱血部活小説! 額賀澪著『屋上のウインドノーツ』 紙書籍・電子書籍同時発売

@Press / 2015年06月24日10時30分

過去には、横山秀夫さん(第5回)、山本兼一さん(第11回)、葉室麟さん(第14回)が受賞しています。 本年度の受賞作『屋上のウインドノーツ』は、吹奏楽部を舞台に奮闘する高校生の日々を描いた熱血部活小説です。引っ込み思案ながら、「何かが変わるかもしれない」と吹奏楽部に入部した新入生・給前志音と、過去の部活運営での失敗を心に抱えている部長・日向寺大志を軸に、東 [全文を読む]

役所広司 「誇りを守るために犠牲になるのが侍というもの」

NEWSポストセブン / 2014年10月05日07時00分

作家・葉室麟氏の直木賞受賞作『蜩ノ記』(ひぐらしのき)を黒澤明監督の愛弟子・小泉堯史監督のもと映像化。主演したのが役所広司(58)である。全編フィルムで撮影された映像は、独特の色合いを見せる。 郡奉行の身でありながら、大殿の側室と不義密通をしたという前代未聞の事件を起こした戸田秋谷(役所広司)。十年後の夏に切腹を言い渡され、その間に藩の歴史「家譜」の編纂を [全文を読む]

フォーカス